もうあいつ1人でいいんじゃないかな。 あいつ|川緒かよ|note

NEWSメンバー「もうあいつとはやってられない!」手越に激怒で解散も

もうあいつ1人でいいんじゃないかな

「マスター、申し上げにくいのですが彼女はもう転生者に乗っ取られています。 」 ルーアから告げられたのはクレンが転生者の器にされたと言うことだった。 「っ!?どうにかならないのか?」 僕は焦りのあまりルーアをゆすった。 「一つだけあります。 」 「教えてくれ!!」 「それは、転生者を送っている神を倒すことです。 」 「神!?」 「はい。 根源である神、女神エターナルを倒せばなんとかなります。 」 神は恐らくというか転生者の親玉だから絶対強い。 僕に神を倒せるのか……? いや、出来るか出来ないかじゃないな。 クレンを助けるって決めたじゃないか。 何を迷っていたんだろうか? 「とにかく性能は確認したから戻ろうかな。 」 そう思い出ると空から魔物、いや、転生者が生み出した魔物、魔物の雨だ。 「何をぼっとしているハルト!」 ルシファーが僕に声をかける。 「ごめん。 ちょっと考えごとをしていた。 〈 案内人 ( ルーア )LV1〉」 スキルを発動させると服を着たルーアが現れた。 「マスター、私も戦わせていただきます! 〈真・限界突破・改 LVMAX〉 〈真・身体強化・改 LVMAX〉 〈真・思考加速・改 LVMAX〉 〈真・分身・改 LVMAX〉 〈真・影分身・改 LVMAX〉 〈真・並列思考・改 LVMAX〉 〈真・経験値増加 全 ・改 LVMAX〉」 するとルーアは僕が〈タキオン粒子取込みLV5〉〈超光速度移動LV5〉を使ったスピードの全力よりは遅いが僕のスピードを目で追える速度で行動している。 さらにルーアが分身したかと思うとさらに分身したルーアの影から分身1人につき5人の影のルーアが現れた。 そして次々と転生者が生み出した魔物を倒していく。 ルーアの分身は増え続ける。 「何だアイツは?」 「僕のスキル。 」 「「………。 」」 僕とルシファーはお互いの方を向いて同時に言った。 「「もう全部 ルーア ( あいつ )一人でいいんじゃないかな!?」」 「ちゃんとマスターも戦ってくださいよっ!」.

次の

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなの元ネタ

もうあいつ1人でいいんじゃないかな

概要 が変身能力を駆使して万能に立ち回る様子を見て、とが「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」とこぼす有名な画像。 本編の一コマと勘違いされがちだが、 実は画像である。 元ネタ 元ネタは1989〜91年にかけて『』で連載された『』の1シーン。 溶岩に逃げ込んだ敵に対し、スーパー1が「 おれが行く! 溶岩に耐えられるのは惑星探査用のおれだけだ! 」、続いてZXが「 おれも行けるぞ! 」と返すが、結局RXが「 スーパー1もZXもせいぜい数分しかもたない。 おれが行く」とで言い放ち、 誰も「任せた」とは言っていないのにに変身してで一撃。 さらにに変身して追い討ちをかける。 まさに八面六臂の活躍を見せたRXに対し、スーパー1が一言。 「 もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」 ちなみに、本来のセリフは「 ここはRXに任せよう」。 セリフの意図を「自分たちの 出る幕ではない」から「自分たちの 出る幕がない」にすり替えることで、 を持つ後輩を前に、自分たちの存在意義が揺らいでいく先輩の心情を代弁している。 念のため言うと、スーパー1は昭和ライダーではRXに次ぐチートスペックの持ち主として定評があり、ZXはそのスーパー1とを(互いを敵と認識していたとはいえ)圧倒する実力を持つ。 そして原作ではがラスボスの透明化能力を無効化したり、全員のライダーキックでラスボスを撃破したりしてるので、本当にRX一人でよかったというわけではない……はずだ。 余談だが、この三人のチームがのCPUチームとして登場したことがある。 しかも、 RXがゼンエイで。 そして『』では、ついにこのネタを番組内で。 そして2019年、が誕生した。 派生 他のにも同様に使われるのはおろか、仮面ライダーでなくとも、特定のキャラが目立った活躍をしたり、無双しているイラストによく付けられている。 特に後述する様に関連のイラストが多い。 これはシリーズの途中で登場するが、仲間になった最初の頃は異常に強く描かれる……というのが伝統となっているためである。 まぁ…強く演出されるのは、が新発売される関連グッズのだが……(汗) そこ!「」とか言わない。 ちなみに、30年後には ではあるが が登場し、 平成ライダーの集団を単騎で殲滅する圧倒的な戦闘を披露している。 しかもも 非発光時はどう見ても剣だが 使うし、の能力でゲル化まで可能。 ・「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」 近年人気の『』にも派生が登場。 本来なら最大6隻のが艦隊を組み各々の得意・不得意な分野を埋めあって戦闘を行うのだが、敵となる・は一隻で、、、と全ての艦船の能力を持つ化け物である。 本当に「こいつ一人でいい」のだ。 余談 この有名なコラ元の次のページの展開は• 敵を追ったRX、硫酸の海に辿り着く• しかし、やはりRXには効かない。 「 おお、これは硫酸の海だ! しかし俺は平気だぞ! 敵、反撃のためにを撃つ• で防いで無効化• そして追撃して敵の目を潰す ……やっぱり、こいつ一人でいいんじゃないの? 関連タグ () - :このコラが皮肉を込めて現実となった存在 :この言葉が形となった存在 関連記事 親記事.

次の

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

もうあいつ1人でいいんじゃないかな

欠けた人物とは、緊急事態宣言の最中、女性らと飲み会を開いていたことが2度にわたって報じられ、すべての芸能活動を自粛することになった手越祐也のこと。 自粛中には母子家庭に弁当を届けるボランティア活動を行っていることがわかり、応援する声も増えている。 しかし身内からは相変わらず厳しい声が多いようで……。 「 今年3月~6月にかけて、コンサート4部作の集大成である『NEWS LIVE TOUR 2020 STORY』が行われる予定だったこともあり、手越さんも今年はグループ活動に全力を尽くすことをメンバーに約束していたそうなんです。 しかし新型コロナの感染拡大でツアーは中止に。 それが事実なら、NEWSの解散は避けられないのでは……と音楽番組ディレクターは打ち明ける。 「9人組グループとして出発しましたが、メンバーの不祥事や山下智久さんがソロ転向のため脱退するなどして、現在の4人体制になりました。 日テレ系『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めた'16年には、小山慶一郎さんが発起人となり、今後のグループについての会議が行われたとか。 「 しかし今回の手越さんは、本人が退所すると言っているそうですからね。 本当に解散ということになってしまうかもしれません……」(同・音楽番組ディレクター) そんな手越のことを、最も心配していたのが小山だった。 「 昔から仲がよかったですからね。

次の