お役立て頂けますと幸いです。 お役に立てて幸いですって英語でなんて言うの?

静岡県掛川市にぬくもりあるケーキ屋をオープンしたい!!

お役立て頂けますと幸いです

「幸いです」の意味は? 「幸いです」という言い回しは、ビジネスシーンでよく使われます。 メールの文面で見かけた事がある普段何気なく使っている「幸いです」の意味とはどのようなものなのでしょうか。 「幸いです」は 相手への依頼、つまりこちらからのお願いの念を込めて使われます。 相手が実行してくれたらこちらが嬉しい、助かる、といった意味合いです。 自分本位ではなく、相手ありきの喜びの表現です。 また、「幸せです」は、相手に贈り物をする場合にも使われます。 喜んでいただければこちらも嬉しいです、といった意味で使います。 相手が喜んでくれる事、相手の役に立てることを期待する気持ちを伝える事が目的です。 自分の都合で勝手ながら喜んでくれればありがたい、といった気持ちを込める事ができます。 「幸いです」は上の立場の人や目上の人へのメールで使う 「幸いです」は 立場が上の人や職場の先輩、親しい間柄の会社関係の人にあてて使われます。 また、より一層相手に敬意を払い、確実に尊敬の意を示したい場合は、「思います」の敬語である「存じます」を用いて、「幸いと存じます」や「幸いに存じます」という言い回しを使った方が良いとされています。 相手との距離が近く、親しい同僚や会社関係の人には「助かります」を使う事もできますが、上司にあてて使うのは失礼なのでやめておきましょう。 「幸いです」を形式だけのものだと捉えて好ましくないと考える人もいますが、ビジネスにおけるメールなどの文面で多用されているので、その点に関してはそれほど気にかける必要はないでしょう。 「幸いです」を使用する際に気を付けておきたいのは、あくまでも 相手への期待よりも自分の希望を伝えるに留まる言い方であるという事です。 この言い方は、お願いの優先順位が低くなってしまいます。 そのため、相手には「しなくてもいいのか」「後回しにしてもいいのか」といったように受け取られてしまいがちです。 よって、「してほしい」という強い気持ちよりも、「してくれれば良い」というくらいの気持ちしか伝わらないため 本当に急ぎの用事や、どうしてもやってもらわなくては困るという場合は使わない方が良いでしょう。 「幸いです」を他の言葉で言い換えたい場合は? 「幸いです」を言い換える言い回しはいくつかあります。 「 ~して頂ければ幸いです」「 ~して頂けますでしょうか」「 ~して頂きたくお願い申し上げます」などが挙げられ、形を変えて自分の希望や要望を伝える事ができます。 「~して頂ければ助かります」「都合が良いです」などといった言い回しも可能ですが、これは目上の人に対して使うと失礼にあたる事もあるので、注意が必要です。 なお、「幸いに存じます」という言い回しを使いたい時は、相手の立場に気を付けましょう。 「存じます」は謙譲語です。 謙譲語は動作の対象となる人に対して自分がへりくだり、相手に直接敬意を表すためのものです。 そのため「存じます」を使う時は、謙譲語を使うべき相手かどうかを見極める必要があります。 「幸いです」の類語は? 類語としては「不幸中の幸い」や「幸いにも~できる」など、運の良さや都合の良さ、幸福を表す言葉があります。 「感謝感激です」「何よりの朗報です」「ありがたく存じます」など、「幸いです」以外にも、こちらから相手に喜びの念を伝えるための言い方がある事を覚えておくと、ビジネスにおけるメールのやり取りに役立つでしょう。 「幸いです」と「幸甚です」の使い方の違いは? 「幸いです」という言葉の代わりに、 「幸甚(こうじん)です」という言い方が使われる場合も少なくありません。 では、「幸甚です」とは、どのような時に使うべきなのでしょうか。 「幸いです」よりも丁寧に伝えたい時に使う 通常「幸甚です」は、目上の人に対して 「幸いです」よりも更に丁寧な言い方として使われます。 相手が上司や役員、大事なクライアントなどである場合は「幸いです」よりも「幸甚です」を使うべきだと考えて問題ないでしょう。 「幸甚に存じます」という言い方でメールなどの文面では硬さを加える事ができ、主にこちらを使う事が多いです。 「幸甚です」は、それよりも少し硬さをやわらげた言い方と言えます。 「幸甚」の由来は「甚だ(はなはだ)幸せ」 「幸甚」という言葉は、「甚だ(はなはだ)幸せ」という言葉に由来するものです。 「甚だ」とは、程度が激しく大きい事を指し、非常に、酷く、などというように状態や物事を強調することを意味します。 ですので、「幸甚」は非常にありがたく、この上なく幸せであるといった最大限、最上の幸福の表現の仕方であると言えます。 「幸甚」を使った文例 実際に「幸甚」という言葉を使った例文としては、「ご連絡頂ければ幸甚です」や「当方までご一報頂ければ幸甚に存じます」、「お会いできまして幸甚の至りでございます」といったものが挙げられます。 どれも重要な取引先などを相手にした時に、間違いなく使えるようにしておきたいところです。 「幸いです」は口語でも使える? メールを送ったり、書面に記したりする場合、「幸いです」という言い方はとても重宝されますが、口頭では使われる事はありません。 「幸いです」はあくまでも書面の上でのやり取りにのみ使われる言い回しで、会話の中では使われません。 「幸いに存じます」など、文に起こす事で相手に気持ちを伝える事ができる言い方でも、口に出すと違和感を与えてしまいます。 では、「幸いです」という気持ちを口頭で伝えるには、どのような言い方をすれば良いのでしょうか。 例はいくつか挙げられます。 基本的には口語としても使う事ができる「です」や「ます」、「ございます」といった、従来よく使う語尾をつけても失礼にあたる事はありません。 他にも「 ありがたいのですが」といったように、語尾を曖昧にしてぼやかすような言い回しもできます。 また、「 ありがとうございます」や「 本当に助かります」、「 恐縮です」なども口語として使っても問題ありません。 普段口にしている何気ない言葉が相手にとって失礼にならないかどうか考えてみると、意外と「幸いです」という言葉を使って気持ちを伝える事に支障がないという事がわかります。 無理に難しい言葉を使おうとしたり、改まった言い回しを考えると会話がぎこちなくなり、かえって自分の気持ちを相手にわかってもらう事が難しくなってしまいます。 あくまでも失礼のない程度に敬語を使えれば問題ないという事を忘れないでください。 「幸いです」を英語変換すると? 「幸いです」という気持ちを英語で表すには、どのような言い回しをすれば良いのでしょうか。 一般的には、以下のような文を使います。 「I would appreciate if you could 動詞. 」 動詞の部分に相手にお願いしたい行為を当てはめて、「(動詞)して頂ければ幸いです。 」という文を作ります。 また、 「could」を使うという事に注意してください。 「もし~してくれたら」という仮定を表すために必要な分詞として使用する事を忘れないようにしましょう。 文末に「as soon as」を加えて、「できるだけ早く」「早急に」という意味を付け足す事もできます。 ただし、英文であっても日本語と意味は変わりありませんので、この場合も優先度が高いお願いではない表現であると捉えられる可能性が高いという事を充分考慮してください。 「幸いです」はメールで使いすぎないようにしよう 「幸いです」という言い回しを正しく使うためには 使いすぎてはいけないという事も頭に入れておきたいところです。 いくら丁寧で相手に敬意を払っているからといって、敬語を乱発しては逆効果です。 また、「~いたします」や「~してもらう」といった言葉を使う時は、ひらがなを使う方が良いでしょう。 これらの言葉は謙譲語ではなく補助動詞なので、漢字に変換する必要はありません。 「幸いです」という言葉を使う時に一緒に使う事が多い言葉なので、覚えておくと役に立ちます。 「幸いです」という言葉は敬語を使う事があまりない英文にも言い換えることができるように、相手にこのようにしてくれたら自分も幸せであるという気持ちを伝える事ができる数少ないものです。 用法を間違えずに使うようにしましょう。

次の

「お役立て頂けましたら幸いです」意味と使い方・メール例文

お役立て頂けますと幸いです

お役立て = 役立てること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「お役立ていただければ幸いです」の意味は… 「役立ててもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「役立ててほしい!!」ということなのですが「~してもらえたらと嬉しいです」というようにして、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お役立ていただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「役立てる」• 仮定「たら・れば」で 「お役立ていただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お役立てしていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「役立てていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お役立ていただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】依頼・お願いビジネスメール 「お役立ていただければ幸いです」の使い方 上司や社外取引先・目上に何かしら役立ててもらいたいとき。 お願いのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】お役立ていただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「役立ててもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「お役立て をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 このたび、社員の皆さまのご要望を受け、来客用会議室が一部リニューアルいたしましたので下記のとおりお知らせいたします。 ぜひお役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 このたび、弊社では投資信託の販売サービス「ハイパー投信」を開始いたしましたので、下記のとおり仔細につきお知らせいたします。 少額からはじめられることに加え、契約もウェブ上だけで完結し、いつでも売買可能なサービスとなっております。 これを機にぜひお役立て頂けましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 もとになる単語「役立てる」• 仮定「たら・れば」で 「お役立ていただけたら」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも… 「お役立ていただければ幸いです」と似たようなフレーズには、• ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「お役立て くださいますようお願い致します」• 例文「お役立て いただきますようお願い申し上げます」• 例文「お役立て いただけますようお願い申し上げます」 もあります。 どちらも言いたいことは結局のところ同じで「役立ててほしい」という意味。 とくにビジネスメール締め・結びにつかわれることの多いフレーズですね。 謙譲語「いただく」なのか尊敬語「くださる」をつかうかの違いはありますが、どちらを用いても丁寧です。 なお「お願い申し上げます」は「お願い致します」に言い換えOK。 可能形にして「お役立ていただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「お役立て」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「お役立ていただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】お役立ていただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「お役立て」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお役立ていただければ幸いです」 例文「 どうかお役立ていただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お役立ていただければ幸いです」 例文「 何卒お役立ていただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 ぜひお役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 ぜひお役立てくださいますようお願い致します」 例文「 ぜひお役立ていただければ幸いです」 例文「 ぜひお役立ていただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」 【まとめ】結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お役立てください• お役立てくださいませ• お役立ていただけますか?• お役立てください• お役立てくださいませ• お役立ていただけますか• お役立ていただけますでしょうか• お役立ていただきたく、お願い致します• お役立ていただきたく存じます• お役立ていただければと存じます• お役立てくださいますようお願い申し上げます• お役立ていただきますようお願い申し上げます• お役立てくださいませ• お役立てをお願い致します• お役立ていただきたく、お願い致します• お役立ていただきたく存じます• お役立ていただければと存じます• お役立ていただきますようお願い申し上げます• お役立ていただけますようお願い申し上げます• お役立てくださいますようお願い申し上げます• お役立ていただければ幸いです• お役立ていただければ幸甚に存じます• お役立ていただけましたら幸いです• お役立ていただけますと幸いです• お役立ていただけますと幸甚に存じます• お役立ていただけましたら幸甚でございます• お役立ていただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「お役立て をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「幸いです」の意味ビジネスメールで使える言い回しは?

お役立て頂けますと幸いです

お役立て = 役立てること• ご・お~いただけますと = 「〜してもらえたら」の意味の敬語• すると「お役立ていただけましたら幸いです」の意味は… 「役立ててもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「 役立ててほしい!」「 役立ててください!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて目上や上司・取引先につかうにはイマイチです。 そこで「~してもらえたらと嬉しいです」というように遠回しにして、 とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 「お役立ていただけましたら幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 難しいので敬語についてくわしく学ぶ必要のない方はスキップしてください。 もとになる単語「役立てる」• 可能形にして「 お役立ていただける」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お役立てしていただけましたら幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「役立てていただけましたら幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが… 長くなるため理由は省略。 漢字表記「お役立て 頂けましたら」vs. ひらがな表記「お役立て いただけましたら」の両方ともOK。 「〜いただける」は謙譲語「いただく」の可能表現。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 ちなみに敬語「お(ご)」は…• 「自分がお役立てする」「相手にお役立ていただく」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がお役立てくださる・お役立てになる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 難しく感じるかたは 「お(ご)〜いただく」のセットで謙譲語とおぼえておきましょう。 【使い方】役立ててほしい時の依頼・お願いビジネスメール つづいて「お役立ていただけましたら幸いです」の使い方について。 ようは「 役立ててほしい!」「 役立ててください!」という意味なので、そのような依頼・お願いビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 例文 たとえば、• 【例文】お役立ていただけましたら幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。 よろしく」 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 ビジネスメール例文(全文) こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お役立ていただけましたら幸いです」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 なおビジネスメールにおいては以下の敬語もオススメです。 このたび、社員の皆さまのご要望を受け、来客用会議室が一部リニューアルいたしましたので下記のとおりお知らせいたします。 これを機にぜひお役立ていただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。 このたび、弊社では投資信託の販売サービス「ハイパー投信」を開始いたしましたので、下記のとおり仔細につきお知らせいたします。 少額からはじめられることに加え、契約もウェブ上だけで完結し、いつでも売買可能なサービスとなっております。 これを機にぜひお役立ていただきますよう お願い致します。 【例文】お役立て いただけますと幸いです もあります。 言いたいことは「役立ててほしい」であり、どちらも丁寧な敬語なので使い分ける必要はありませんが… いちおう意味と違いについて考えてみます。 「いただけますと」に仮定の「たら」をくっつけると「いただけましたら」という敬語になります。 用言・助動詞について、それよりまえの語句をあとの語句に接続し、前後の語句の意味上の関係をしめすはたらきをする。 どちらも丁寧であり使い分けの必要はない これまで見てきたように、どちらの敬語もこのうえなく丁寧なフレーズです。 上司など社内の目上はもちろんのこと、社外取引先にもつかえる素晴らしく丁寧な敬語です。 どちらかお好きな方を使えばよく、使い分けする必要はありません。 大変ありがたいこと。 ただ、幸甚(こうじん)というフレーズのほうがよりカチッとした表現になりますので、文書や手紙・公式なビジネスメールなど本当に堅苦しい文章にしたいときにオススメです。 普段づかいのメールであれば「幸い」で十分に丁寧です。 いちおう意味と違いについて簡単に解説しておきます。 つまり「幸甚です」とすると意味は・・・ 「 とてつもなく嬉しいです!」「 大変ありがたいです!」「 この上なく幸せです!」という感じになりますね。 手紙や公式なビジネスメールにおすすめ これまで見てきたように、どちらの敬語もこのうえなく丁寧なフレーズです。 上司など社内の目上はもちろんのこと、社外取引先にもつかえる素晴らしく丁寧な敬語です。 ただ、より堅苦しいというかビジネス文書や手紙むけというか・・・ カチッとした表現は「幸甚(こうじん)」のほうです。 本当に死ぬほど丁寧なメールや文書にしたいときに使いましょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも・・・ 似たような言い換え敬語で、おなじように丁寧なフレーズをまとめておきます。 どれも「 役立ててほしい!」「 役立ててください!」と依頼・お願いしたいときのビジネスメールに使えます。 『お役立ていただければ幸いです』 「お役立て頂けましたら幸いです」だけじゃない丁寧なビジネス敬語• 幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 「存じる」は「思う」の謙譲語 「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」 「いただけましたら」は謙譲語「いただく」+可能形+丁寧語「ます」+仮定「たら・れば」 『お役立て賜れましたら幸甚に存じます』など 「お役立て頂けましたら幸いです」だけじゃない丁寧なビジネス敬語 「いただく」よりもカチッとした敬語「賜る(たまわる)」をつかい、• 幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「お役立て」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「お役立ていただけましたら幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで結びにつかう時にはうしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】お役立ていただけましたら幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】お役立ていただけましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「お役立て」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか/どうぞ 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお役立ていただけましたら幸いです」 例文「 どうかお役立ていただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒(なにとぞ) 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お役立ていただけましたら幸いです」 例文「 何卒お役立ていただければと存じます。 「お役立て」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがお役立て〜」 「大変恐縮ではございますがお役立て〜」 「たびたび恐縮ではございますがお役立て〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがお役立て〜」 「大変恐れ入りますがお役立て〜」 「たびたび恐れ入りますがお役立て〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがお役立て〜」 「大変お手数ではございますがお役立て〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがお役立て〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがお役立て〜」 結局どれがもっとも丁寧?.

次の