米寿色。 傘寿(80歳)のイメージカラーが黄色の理由は?おすすめの黄色の花のプレゼントや選ぶ際に意識することもご紹介!

米寿祝い(88歳)とは?基礎知識とお祝い方法・マナーをご紹介

米寿色

米寿祝いの色の意味と由来 米寿のシンボルカラーは「金色」、「金茶色」、「黄色」の3色とされています。 一般的に3色とも、明るいイメージがありますが、各色どんな意味があるのかご紹介していきます。 金色 その名の通り金をイメージさせる色で、主に豊かさや高級感を表す色です。 他の単色とは違い輝きがあるため、豪華・高価・プレミアム・成功など、派手さや特別感に関するイメージを抱きやすいと言われています。 また、自分に自信が持てるようになる、意欲的な気持ちにさせる等のポジテイブな心理効果があるともされています。 金茶色 金茶は別名山吹茶とも言います。 金色に近い色合いで、明るく黄色がかった茶色です。 こちらの色も金色と同じく高級感や気高さをイメージさせる色ですが、光沢がないので落ち着いた雰囲気や和の趣をイメージさせる色でもあります。 昔は黄色を指す言葉でした。 黄色 有彩色の中でも最も明るい色で、好奇心・向上心・明るい・活発・ユーモア等、よいイメージを連想させる色です。 また環境学の風水では、黄色は幸福・金運アップとして使われています。 プレゼントなどでは、ビタミンカラーで若々しさを感じる色のため「いつまでも若々しくお元気でいてください」という願いを込めてこの色のものを贈る方も多くいらっしゃいます。 3色、明るくポジテイブな意味合いが強い色ですが、反面どちらかと言うと人々の注目を集めやすい色の為、米寿を迎える方が派手な事、きらびやかな事がお好きでない場合は、同じシンボルカラーでも少し落ち着いた色合いを選んだり、ワンポイントに米寿のシンボルカラーを使ったプレゼントを選ぶ等、考慮をしましょう。 米寿カラーの由来 実は、米寿は日本の米文化と深い結びつきがあります。 日本人の生活にとって、欠かすことができない食べ物である「米」と言う字に表された88歳のお祝いは、とてもめでたいとされ、米寿祝いは「米(よね)のお祝い」とも名づけられています。 この「米」の文字から、稲穂の色・田んぼで実入りの季節を迎えた稲が黄金のように光り輝く様子が連想され、米寿のお祝いに「金色」や「金茶色」、「黄色」のものが贈られるようになったといわれています。 他の長寿祝いとの色の違い 長寿祝いには、それぞれシンボルカラーがあります。 長寿祝いの贈り物には、それぞれのシンボルカラーを使ったプレゼントを贈るのが定番ですが、必ずしも守らないといけないわけではありません。 シンボルカラーであってもご本人が好きではない色の場合、わざわざ不愉快なお気持ちにさせてしまうのは本意ではありません。 長寿のお祝いはご本人に一番喜んでいただきたいものです。 ご本人が心から喜ぶものをプレゼントしましょう。 すでに米寿のシンボルカラーについては前述でご紹介しましたが、参考までに各長寿のシンボルカラーをご紹介します。 米寿のシンボルカラーとの違いを参考にしてください。 長寿祝いのシンボルカラー 還暦祝い(60歳)赤 緑寿祝い(66歳)緑 古希祝い(70歳)紫 喜寿祝い(77歳)紫 傘寿祝い(80歳)金・金茶・黄(紫で祝う場合もある) 米寿祝い(88歳)金・金茶・黄 卒寿祝い(90歳)紫 白寿祝い(99歳)白・桃 百寿祝い(100歳)白・桃 米寿祝いには黄色のちゃんちゃんこが定番 米寿を迎えた方はシンボルカラーのものを身に着けて米寿の祝福を受けるのが一般的な米寿祝いです。 ですので、通常は黄色や金色のちゃんちゃんこや大黒頭巾などが衣装として用いられます。 衣装と言っても羽織ったり、被ったりするだけのものなので派手な色が苦手な方でも比較的身に着けやすいものになっています。 とはいえ、金色や黄色はかなり明るい色のため、注目をあまり浴びず静かな雰囲気のお祝いをしたい方には不向きともいえます。 お祝いの主役は米寿を迎えたご本人ですから、そのご本人の意向や気持ちを尊重してみんなが笑顔になれるお祝いを企画しましょう。 米寿祝いにおすすめのちゃんちゃんこ・小物 米寿祝いの定番ちゃんちゃんこ&大黒頭巾セット こちらの名前詩は長寿祝いに特化した名前詩です。 プロの詩作家が一つ一つ考え、素敵な詩を作り上げてくれます。 もし変更やイメージが違う場合でも、こちらのショップでは事前確認や詩の変更などの対応を行っているので安心です。 背景の招き猫も可愛らしく温かみのあるデザインになっています。 贈る側も贈られる側もお互いほっこりするような名前詩です。 「離れて暮らしているのでなかなか会えない祖母なのでいつも近くに感じてもらえるような詩をお願いします。 」 という要望をお伝えしたところ、ピッタリの詩を作ってもらうことができました。 祖母に喜んでもらうために作っていただきましたが、私自身がとてもうれしく、祖母といつも心はつながってるんだ、という安心感と元気をもらうことができました。 もちろん祖母にも喜んでもらえました。 似顔絵&お名前ポエム 持ち手の部分にフクロウの絵が描かれた夫婦箸です。 絵柄部分には細かなラメがちりばめられているのでほのかにキラキラしていて綺麗です。 もちろん米寿カラーもしっかりと入っています。 日常生活で頻繁に使ってもらえるようなプレゼントをお探しの方はぜひいかがでしょうか? 米寿のお祝いにはシンボルカラーを上手に使って ここまで米寿のシンボルカラーについてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか? 金色、金茶色、黄色と言うカラーは、一般的に前向きで明るさをイメージするため、華やかな長寿のお祝いにぴったりです。 しかしながら、派手なイメージの色のため、落ち着いた色合いがお好きな方には強すぎるかもしれません。 お祝いをするご本人の性格や好みに合わせて、上手にシンボルカラーをワンポイントに使いながらお祝いの席を作られることをおすすめします。 米寿のシンボルカラーを使った素晴らしいお祝いになりますことを、お祈りいたします!.

次の

米寿祝い(88歳)とは?基礎知識とお祝い方法・マナーをご紹介

米寿色

米寿の年とお祝いの色! 10~50代には、数字としての年齢の他に、自分の年を意識するということはあまりないかも知れません。 強いて言うならば、20才になった時の成人式でしょうか。 この日を境に、親の保護下にあった子供から何事も自己責任を問われる大人への変化を感じますよね。 しかし、それ以前もそれ以後も年齢に関する目立った行事はありません。 ところが、60才の還暦を契機に、70才の古希、77才の喜寿、80才の傘寿と、年齢を重ねるごとにお祝いごとが増えていきます。 現在、世界一の長寿国と言われる日本ですが、その日本人を以てしても寿命が40~50才と言われる時代がありました。 60才を迎えられることは珍しく、70才を迎えられる人は非常に稀とされていました。 それから時は流れ、今は60~70代を元気に迎えている方は大勢いらっしゃいます。 そういう意味では、長寿のお祝いとしてより実感が湧くのは80才の傘寿以降、なのかも知れませんね。 では、傘寿の次の長寿のお祝いとして有名なのは何かご存知でしょうか。 それは、 米寿です。 では、米寿とは一体いつお祝いをし、どのような意味があるのでしょうか。 そこで今回は、米寿について調べてみました。 米寿のお祝いの仕方や喜ばれるプレゼントは?お祝いの色は何? 米寿では、 金色、もしくは金茶色、黄色のちゃんちゃんこや座布団、扇子、頭巾などを用意してお祝いします。 お祝いの贈り物として、ちゃんちゃんこや扇子を贈る方が多いようですが、同様に金色や金茶色の衣類や日用品を贈る場合もあるようです。 さらに、米寿にちなんでお米に纏わる物を贈る方もいらっしゃるようです。 また米寿は、古くは「米のお祝い」と呼ばれており、その当時では米寿を迎えた本人への贈り物ではなく、お祝いの席の招待客に枡の斗掻や火吹竹を贈っていたそうです。 米寿とは?お祝いにはどういう意味があるの? 米寿の「 米」という漢字を分解すると、 八(ひっくり返して)、十、八となり、末広がりの八が2つ重なることで大変めでたい年とされ、昔からお祝いをされてきました。 日本では米寿を始めとして、、古希、、のように、年齢の節目に長寿をお祝いする行事を行いますが、これを「年祝」と言います。 日本は農耕文化(お米文化)であるため、他の年祝は覚えていなくても、この米寿だけは知っているという方も以外と多いようです。

次の

米寿祝いのプレゼントおすすめ27選。喜んでもらえる贈り物を

米寿色

日本は世界有数の長寿国として知られています。 長寿の「寿」とは長命の意味もあり、素晴らしいことですよね。 その長寿を祝う風習を「賀寿」と言います。 長寿を祝う節目の年齢にはそれぞれ呼称があり、呼称それぞれ由来があるようです。 賀寿は還暦からはじまり数々の長寿祝いがあります。 今日は賀寿のひとつ、米寿について考えてみました。 一般的には、米寿のお祝いをするのか、するとしたらどんなことに注意するべきかなどを解説しています。 ぜひ、ご覧くださいね! 米寿とは 米寿は賀寿のひとつで88歳の長寿を祝うことです。 賀寿は還暦からはじまり250歳を祝う「天寿」までたくさんの種類があります。 年齢 呼び名 読み方 60歳 還暦 かんれき 70歳 古希 こき 77歳 喜寿 きじゅ 80歳 傘寿 さんじゅ 81歳 半寿 はんじゅ 88歳 米寿 べいじゅ 90歳 卒寿 そつじゅ 99歳 白寿 はくじゅ 100歳 百寿/紀寿 ひゃくじゅ・ももじゅ/きじゅ 108歳 茶寿/不枠 ちゃじゅ/ふわく 111歳 皇寿/川寿 こうじゅ/せんじゅ 119歳 頑寿 がんじゅ 120歳 大還暦/昔寿 だいかんれき/せきじゅ 250歳 天寿 てんじゅ 2020年の米寿の年齢 【数え年で祝う:88歳1933年(昭和8年)】 【満年齢で祝う:87歳1932年(昭和7年)】 数え年と満年齢 米寿は88歳を祝う節目の年齢ですが、数え年で祝う方と満年齢で祝う方がいます。 数え年とは、生まれた瞬間からすでに1歳と数え、元旦の1月1日になった瞬間から2歳になること。 極端な例では、12月31日の大晦日に生まれた赤ちゃんは翌日の1月1日には2歳になってしまいます。 何だか、早く老いるようで損した気分ですよね。 そして、満年齢とは私たちが通常使っている年齢の数え方。 誕生日が来るとひとつ年が増える考え方です。 昔(1949年)、満年齢で年齢を数える方法が法で定められたとか。 それまでは、数え年で年齢を数えるのが一般的だったようです。 現在でも、高齢者が数え年で年齢をいう人が多いのはこのような経緯があっからなのですね。 また、七五三や厄年なども数え年の年齢が使われています。 最近では、長寿祝いを満年齢でお祝いする方が増えているようです。 米寿の由来 賀寿にはたくさんの種類があり、それぞれの呼称に由来があります。 88歳を祝う米寿は、 「米」の字を分解すると八十八になることからだと言われています。 長寿祝いは元々、日本と中国(明)が貿易をしていた頃にはじまり、中国の風習が日本にも伝わり影響されたようです。 ところが、中国の風習で伝わってきたのは奈良時代の還暦や古希まで。 それ以降の77歳の「喜寿」など 「寿」がつくお祝いは日本が起源で室町時代からの風習だとされています。 米寿も日本ではじめられた風習なので米という字が使われているのですね。 米寿の色 米寿のお祝いカラーは傘寿と同じ「黄色や金茶」。 長寿カラーには決まりではありませんが、テーマカラーだとされています。 皆さんがよく知られているのは、還暦の「赤」ではありませんか? そして、喜寿や古希は「紫」などというのも有名ですよね。 米寿の場合は「黄や金茶」でとっても元気が出る色、なんだかパワーアップできそうですね ですが、最近では還暦の「赤」以外のお祝いではあまりこだわりがなくなってきているようです。 もちろん、長寿者のお好きなカラーが1番ですよね! 88歳の方が生まれたころの日本 88歳の方が生まれたころは昭和の初めのこと、皆さん、想像がつきますか? このころは日本と中国の戦争や世界でもあちこちで戦争が起きていた時代でもあります。 1929年にアメリカで起きて世界中を巻き込んだ世界恐慌。 その影響が日本にも及び、1930~1931年にかけて日本の経済は危機的な状況に陥りました。 これが、戦前の日本における もっとも深刻な昭和恐慌と呼ばれているものです。 企業の倒産やリストラも相次ぐなど失業者の数も増大。 北海道では大凶作に見舞われ、東北地方の農村では欠食児童や女子の身売りが急増したと言われています。 悲しい時代だったのですね。 その欠食児童や身売りの女子などを救う法、 児童虐待防止法が公布されたのが1933年の4月。 相次ぐ飢餓や恐慌などから子供の身売りが多く曲馬団や曲芸団、酌婦や女給に酷使される児童が多かったため、 14歳以下の児童の虐待や重労働を禁じたとされています。 このころの婦人(女性)の人権はほとんどなく、ようやく人権が問われる時代でした。 女性の人権がないような時代なので子供の人権などさらに低かったようです。 曲馬団や曲芸団はいわゆるサーカス団のこと。 最近ではあまり聞きませんが、「悪いことをするとサーカスに売り飛ばすよ!」と大人たちが脅かしたのはこのような事実からだったようです。 その後、この年の 10月に児童虐待防止法が施行されます。 こんな時代に生まれた88歳の方はさぞご苦労が多かったのでしょうね。 戦前、戦中、戦後を生き抜いてきてこられた米寿の方たちに改めて感謝と尊敬の意を表したいと思います。 米寿(88歳)は日本人の平均寿命よりも上 日本人の平均寿命は現在、過去最高。 厚生労働省によると、男性が81. 25歳、女性が87. 32歳となっています。 ということは、 米寿の88歳は平均寿命以上ということになり、さらにおめでたいですよね。 とは言え、米寿の方はかなりのご高齢であることからお祝をするにも気をつけなければならないことがあるようです。 米寿のお祝いで注意すること 最近の高齢者は本当に若く見えるため88歳の方でも70代に見えることもあります。 しかし、やはり高齢は高齢なのでお祝いをするときには 体調に十分注意してあげましょう。 米寿のお祝いだからと、家族旅行など遠出を計画しても高齢なだけに急に体調を崩しかねません。 旅行に行けたとしても、体に負担をかけ過ぎないように十分に気をつける必要があります。 それでは、米寿の方のお祝いはどんなお祝いが喜ばれるでしょう。 米寿祝いはいつがいい? 米寿のお祝いをいつするのか決まりはありません。 ご本人の誕生日にすることもあれば、敬老の日でもかまわないのです。 米寿のお祝いに参加する家族や親族が集まりやすいお正月や休日に選ばれることが多いようです。 長寿者ご本人の体調も含めて家族の皆さんで話し合って決めましょう。 米寿のお祝いはしないほうがいい? 米寿など長寿のお祝いを 周りの誰かが主催すると「死んでしまう」または「縁起が悪い」などという迷信や言い伝えがあるようです。 長寿の高齢者のお祝いなだけに怖い話ですよね。 その考え方としては、「一段落して気が抜けてしまい亡くなってしまうのでは?」と言われています。 しかし、そのような場合でも長寿者本人がお祝いを主催すれば難を逃れるのだとか。 その信憑性はともかく、長寿のお祝いは誰が主催しても問題ありません。 長寿者ご本人が主催するケース、家族が主催するケース、または、周りの友人がするケースと色々なケースがあります。 お祝いをしない選択 長寿のお祝いをすると亡くなる、と言うより 節目の年齢で亡くなる人が多いということも言われているので、ご本人があまり気にされるなら無理してお祝いをしない選択もあるのではないでしょうか。 私たちが考えている以上に 縁起をかつぐ年代の方のため経験的にそんな出来事が多かったのかもしれません。 地域で違う米寿祝い 長寿のお祝いである米寿を歓迎しない人もいるようですが、地域によっては米寿に重きをおいているところもあるようです。 どんな地域なのでしょう。 北海道 北海道では他の地域で盛んにおこなわれている還暦祝いより米寿祝いが盛ん。 還暦で有名な赤いちゃんちゃんこを着てお祝いするのだとか。 米寿のテーマカラーの黄色や金茶にこだわりがないのが特徴です。 東北地方 むしろ還暦祝いをあまりしないという東北地方。 米寿のお祝いに重きをおいています。 また、お祝いには青い座布団をプレゼントするという珍しい贈り物が特徴。 山形県(内陸部) 山形県の内陸部でも一部地域では、東北地方と同じように米寿のお祝いに重きをおいています。 ただし、プレゼントや贈り物をするのではなく手形を色紙にとって米びつに張り付け、記念にするというユニークなお祝いが習わしだとか。 こちらもかなりな特徴ですね。 米びつなのがミソなのでしょうか? 栃木県 栃木県では、米寿のお祝いを「はちぼこ祝い」、喜寿のお祝いを「しちぼこ祝い」と呼び、長寿祝いの中でも特に重要なお祝いと考えられているようです。 こちらも、それぞれの由来に基づいた呼び方をされているようですね。 群馬県 こちらの群馬県も米寿のお祝いに重きをおいています。 なかなかユニークな特徴のようですが、意味があるのでしょうね。 そして、米寿に紅白のお餅と手ぬぐいを近所に配るそうです。 三重県 三重県では還暦、米寿ともに盛大なお祝いをします。 還暦では赤いちゃんちゃんこではなくても赤いものを身に着ければOKなんだとか。 特徴は豪華なお祝いをすることだということです。 中国地方 中国地方では東北地方のように座布団のプレゼントが一般的な習慣。 東北地方が青い座布団に対して、中国地方では紫色の座布団。 ほかの地域でも違う色の座布団があれば【笑点】ができそうですね(笑) 福岡県 福岡県の米寿のお祝いは、ご近所さんに長生きの印として長さを測る物差しとお餅を配るそうです。 こちらの発想もかなりユニークな特徴。 佐賀県 佐賀県も米寿のお祝いに座布団をプレゼント。 しかし、色の決まりがないのが残念。 沖縄県 沖縄県の米寿のお祝いは島豆腐の「とーかちすーじ」をスライスして揚げた「るくーじゅ」という料理を食べるのだとか。 沖縄県はやはり、独特なお料理でお祝いをされるようですね。 米寿のお祝いは全国各地でユニークな特徴がありました。 各地域の伝統や習慣が重んじられているのでしょうね。 お祝いは本人の意思を尊重 上記にあるような各地域の伝統や習慣を基準にお祝いをするケースもありますが、特にそのような伝統や習慣がない場合もあります。 そういった場合はどのように米寿のお祝いをすれば良いのでしょう。 ただ、お祝いをするかしないかは ご本人の意思を尊重してあげましょう。 長寿者に「してあげる」より「頼る」方が喜ばれるかも? 米寿は88歳のお祝いです。 88歳の方が喜んでくれることってなかなかおもいつきませんよね。 そのようなときは無理にお祝いの席を設けたりせずに、自宅で好きな食べ物を作ってあげたり、お孫さんのお写真をプレゼントするだけでも喜んでいただけるのではないでしょうか。 今後も元気で生活していただくためには無理をさせないことが1番だと思います。 また、意外なことに 高齢者は頼りにすると喜んでくれます。 何かお願いをするのも米寿の方に喜んでもらえる方法かもしれませんよ! まとめ ここまで、88歳の方のお祝い米寿を解説してみました。 米寿を祝う方法は色々あると思いますが、やはりご本人の体調が1番気になるところです。 もちろん、お元気で健康な方もたくさんいますが、88歳という年齢は体力も免疫力も万全とは言えません。 そして、米寿のお祝いをしたがらない長寿者もいるようです。 米寿のお祝いで大事なことは 本人の意思を尊重すること、 長生きしてくれたことへの感謝の気持ちをしっかりと伝えることではないでしょうか。

次の