為替 リアルタイム チャート。 FXに役立つリアルタイム為替レート・チャート

リアルタイム為替レート&フィスコ為替ニュース

為替 リアルタイム チャート

107. 19 107. 04 107. 16 107. 35 106. 80 120. 21 120. 21 0. 00 120. 20 120. 29 119. 81 1. 1214 1. 0000 1. 1213 1. 1239 1. 1195 132. 22 132. 23 -0. 84 133. 04 133. 25 132. 04 73. 54 73. 54 -0. 25 73. 78 73. 91 73. 31 68. 79 68. 80 -0. 08 68. 88 69. 10 68. 64 986476. 00 -11606. 00 998082. 00 998082. 00 977515. 00 9148. 6000 -84. 9000 9233. 5000 9285. 0000 9028. 6000 8170. 5000 -75. 8000 8246. 2000 8283. 4000 8081. 0000 6. 20 6. 21 -0. 04 6. 24 6. 25 6. 17 15. 63 15. 02 15. 61 15. 65 15. 57 15. 12 15. 00 15. 12 15. 14 15. 07 113. 05 113. 13 112. 92 113. 07 112. 65 78. 26 78. 27 -0. 31 78. 56 78. 64 78.

次の

FX[ドル円]チャート記録|羊飼いのFX記録室

為替 リアルタイム チャート

そして、始値よりも終値のほうが高かった場合は実体部分を赤色で表示し、「陽線」と呼びます。 「陽線」は上昇基調が続いたことを物語っているわけですが、実体部分が短いケースは買いの勢いが弱く、長いケースは買いの勢いが強かったと判断できます。 反対に、始値よりも終値のほうが安かった場合は実体部分を青色で表示し、「陰線」と呼んでいます。 下落基調だったことを意味する「陰線」においても、実体部分が短いケースは売りの勢いが弱く、長いケースは売りの勢いが強かったと推察できます。 (ローソク足の色は業者によって異なるため各社のチャート画面をご確認ください。 ) ローソク足には、日足、週足、月足、年足などといったいくつかのバリエーションがあります。 1本のローソク足が1日につけた始値、高値、安値、終値を示しているのが日足です。 そして、1本で描く時間軸を1週間としたものが週足、1ヶ月間としたものが月足、1年間としたものが年足です。 時間軸が短いローソク足は短期的な値動きの傾向を分析するのに用いられ、時間軸が長いローソク足は長期的な方向性を探るうえで有効です。 1日のうちに取引を完結させるデイトレードや数日〜数週間のスイングトレードによく用いられるのは分足で、1分足は1分間、5分足は5分間のうちにつけた始値、高値、安値、終値を表しています。 その中から、主要なものについて説明していきましょう。 ・移動平均線 移動平均線(Moving Average)はFXだけでなく株式投資などでも広く用いられており、ローソク足とともに最もポピュラーなテクニカル指標の一つだと言えるでしょう。 移動平均線とは、一定期間ごとにおける「終値の平均値」がどのように変化していったのかをグラフで示したもので、その推移の傾向(ラインの上向き・下向き・横ばい)から為替相場の方向性(トレンド)を判断できます。 大半の為替チャートでは、平均値の計算期間の異なる2本の移動平均線が表示されています。 日足では、5日ごとの平均値の推移を結んだ5日線、25日ごとの平均値の推移を結んだ25日線の組み合わせのパターンが一般的です。 週足では13週ごとの13週線と、26週ごとの26週線が描かれているケースが主流となっています。 計算期間の短い移動平均線(短期線)は目先の展開を把握しやすいものの、大きな方向性は読みづらいものです。 これに対し、計算期間が長い移動平均線(長期線)は緩やかなカーブを描きがちで、目先の情勢はわかりづらい反面、その向きから為替相場の潮流を探ることができます。 2本の移動平均線の位置関係から、トレンドの変化を掴むことも可能です。 短期線が長期線を下から上へと突破する現象は「ゴールデンクロス」と呼ばれ、上昇トレンドに入ったことを示唆する「買いサイン」だと位置づけられています。 逆に、短期線が長期線を上から下へと割り込む現象は「デッドクロス」と呼ばれ、こちらは下降トレンド入りの可能性が高まるので「売りサイン」だと考えられています。 ・ボリンジャーバンド.

次の

為替チャート(FXチャート&レート)

為替 リアルタイム チャート

そして、始値よりも終値のほうが高かった場合は実体部分を赤色で表示し、「陽線」と呼びます。 「陽線」は上昇基調が続いたことを物語っているわけですが、実体部分が短いケースは買いの勢いが弱く、長いケースは買いの勢いが強かったと判断できます。 反対に、始値よりも終値のほうが安かった場合は実体部分を青色で表示し、「陰線」と呼んでいます。 下落基調だったことを意味する「陰線」においても、実体部分が短いケースは売りの勢いが弱く、長いケースは売りの勢いが強かったと推察できます。 (ローソク足の色は業者によって異なるため各社のチャート画面をご確認ください。 ) ローソク足には、日足、週足、月足、年足などといったいくつかのバリエーションがあります。 1本のローソク足が1日につけた始値、高値、安値、終値を示しているのが日足です。 そして、1本で描く時間軸を1週間としたものが週足、1ヶ月間としたものが月足、1年間としたものが年足です。 時間軸が短いローソク足は短期的な値動きの傾向を分析するのに用いられ、時間軸が長いローソク足は長期的な方向性を探るうえで有効です。 1日のうちに取引を完結させるデイトレードや数日〜数週間のスイングトレードによく用いられるのは分足で、1分足は1分間、5分足は5分間のうちにつけた始値、高値、安値、終値を表しています。 その中から、主要なものについて説明していきましょう。 ・移動平均線 移動平均線(Moving Average)はFXだけでなく株式投資などでも広く用いられており、ローソク足とともに最もポピュラーなテクニカル指標の一つだと言えるでしょう。 移動平均線とは、一定期間ごとにおける「終値の平均値」がどのように変化していったのかをグラフで示したもので、その推移の傾向(ラインの上向き・下向き・横ばい)から為替相場の方向性(トレンド)を判断できます。 大半の為替チャートでは、平均値の計算期間の異なる2本の移動平均線が表示されています。 日足では、5日ごとの平均値の推移を結んだ5日線、25日ごとの平均値の推移を結んだ25日線の組み合わせのパターンが一般的です。 週足では13週ごとの13週線と、26週ごとの26週線が描かれているケースが主流となっています。 計算期間の短い移動平均線(短期線)は目先の展開を把握しやすいものの、大きな方向性は読みづらいものです。 これに対し、計算期間が長い移動平均線(長期線)は緩やかなカーブを描きがちで、目先の情勢はわかりづらい反面、その向きから為替相場の潮流を探ることができます。 2本の移動平均線の位置関係から、トレンドの変化を掴むことも可能です。 短期線が長期線を下から上へと突破する現象は「ゴールデンクロス」と呼ばれ、上昇トレンドに入ったことを示唆する「買いサイン」だと位置づけられています。 逆に、短期線が長期線を上から下へと割り込む現象は「デッドクロス」と呼ばれ、こちらは下降トレンド入りの可能性が高まるので「売りサイン」だと考えられています。 ・ボリンジャーバンド.

次の