をたぶろ。 ヲタブロ!

炎炎ノ消防隊

をたぶろ

画像一覧 OP映像 尻餅を搗き、M字開脚する寧音。 パンチラするゆかな。 巨乳胸谷間を見せる蘭子。 第1話「はじめての土下座」 パンツ・股間・胸谷間を見せ、ジュンイチを蔑むゆかな。 ランドセルを背負って押し倒される寧音(男子生徒たちによるエロ妄想) 「だ、だめぇ…お兄ちゃん、まだ私には早いよ~…」(赤面涙目) エロ本を観賞する慎平たち。 パンチラしながら、ジュンイチを蔑むゆかな。 「あのさぁ…こういうのはさぁ、家で一人の時に読めば?マジ、キメェし」 「す、すみませーん…」 ジュンイチに騎乗位で跨るゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「八女さん、いきなり何を…!?」 「何って…ナニをするんじゃん。 も~…最初から、そのつもりだったくせに」 「触りたくない?おっぱい…」(ワイシャツ開襟) 「…ゴクリッ」(おっぱいガン見) ジュンイチのアソコを弄るゆかな。 「あれ~?触る前に見ただけで、何かが固くなってるんですけど~?」 「はうっ!?」 「クスッ…可愛い、声出すじゃん。 はむっ」(耳朶甘噛み) 「あうっ」 ジュンイチを押し倒すゆかな。 「ここは…こことか…どう?」 「やっ…ちょっ…あっ…!?」 脱衣し、全裸になるゆかな。 「あんな本なんかじゃなくてさ…あーしが本物を教えて、ア・ゲ・ル…」(性交準備完了) 「じゃあ、いただきまーす…はむっ」 「うおおおおおっ!」 半裸姿で押し倒されるゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「ら、らめぇ~…」 「しつこいってば~…」 ゆかなのパンツを観賞するジュンイチ。 「言っとくけど。 あーし、そういうのマジ、ガード固いから」 (下はノーガードだけどね!) (うおおおお!ウッヒョーッ!) 胸谷間とパンチラを見せつけ、ジュンイチを弄ぶゆかな。 「ねえ…今、蹲んでるから、さっきより見やすいよ」 「ねえ、見なくていいの?正直に答えてくれたら、もっと近くで見て…い・い・よ?」 「あっ、今見た?見たよね、絶対。 ぷっぷーっ…」 「スケベ過ぎだし、ウケるんですけど~」 「ねえ…アタシのこと、本当に好きなの?」 「えっ…」 ジュンイチに壁ドンするゆかな。 「アタシは結構、好きだよ…アンタのこと」 「いいよ…付き合おうか、ウチら」 (なっ…マジかーッ!?) 第2話「はじめてのカラオケ」 夕暮れ時の教室にて性交直前の、ジュンイチとゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「やっぱいけないよ、八女さん。 こんな所で…」 「いけないって…これから、イケないことするんじゃん」 「あむっ…」(舌ペロ) 「ヒャハッ!?」 「イケないことやってから、考えよ…ねっ?」 舌に指を当て、スカートを押さえてヤンキー座りをするゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) バスローブ姿のゆかなの自撮り画像。 ジュンイチにキスしようとするゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「お早うのチュウだよ。 ちゅ~…」 ジュンイチの腕を胸に当てるゆかな。 「おっはー、ジュンイチ!」(おっぱい密着) 「おっぱあああっ!?」 ジュンイチの顔面に迫る、ゆかなの巨乳。 「んっしょ…」(おっぱい接近) 「うおおっ!?」 ジュンイチの股間に尻を密着させるゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「うりうりっ…よっ…えへっ」 「あふっ!?」 「ジュンイチ、もうガチガチじゃん」 「ダ、ダメだって…」 「もっとリラックスしないと、歌えないよ?」 「こんな状態で、歌えるわけないじゃん…」 「じゃあ…リラックスできるように、マッサージしてあ・げ・る…」 第3話「はじめての黒ギャル」 パンチラするゆかな。 蘭子の股間・パンチラ。 ジュンイチの匂いを嗅ぐ蘭子。 「クンクン…ふーん。 お前、童貞だろ?」 「なっ!?」 ジュンイチに巨乳を密着させる蘭子。 「彼女じゃない女の子で、こんなドキドキして…イケないんだぁ」 蘭子に押し倒されるジュンイチ。 「遊んでこうよ~…」 (マジで…こんな所で、童貞卒業しちゃうの!?) 蘭子に乳揉みされるゆかな。 「子供の時から、おっぱい大きかったよね~ほれほれ」(おっぱい揉み揉み) 「ちょっ、いきなり…やめてよ…あんっ!」 「ハァ、ハァ…はあんっ」 「童貞君とは、どこまでシたのかな~?」 腋チラ・ノースリーブ姿のゆかなと、胸チラ・チューブトップ姿のゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「ジュンイチ…あーしと、気持ちいいこと…しよ?」 ジュンイチに対面座位で跨る蘭子。 「ほら…体は、もう我慢したくないよって言ってるよ…」 蘭子に押し倒されるジュンイチ。 「童貞君も悪いんだからね。 女の子と、部屋で二人っきりになるなんて…」 (俺も、悪い…?) 「ゆかなにお預けされ続けるか…今ここで、サクッと卒業するか…ねえ、どうするの?」 「こういう事は、好きな人としたいんですよ。 俺は、俺は…八女さんと童貞を卒業したい!」 「それがダメだって言ってんだ、このモヤシが!」 キレた蘭子に罵倒されるジュンイチ。 「格好付けてんじゃねえぞ、クソボケ!そんな汚えもん、ゆかなに向けてんじゃねえよ!」 「何で、こんな奴がいいの?ウチの方が、ゆかなのことが…」 「お前なんかに、ウチのゆかなを渡したくない!」 (まさか蘭子さん、八女さんのこと…) 「メチャクチャにしてやる。 もう二度と、女に興味持てなくなるくらい…メチャクチャに!」(嫉妬爆発レズ) 第4話「はじめての清楚ギャル」 ワイシャツを脱ごうとするギャル娘。 「えー…ダメだよ~、これ以上は…やばいってぇ」 咥えた苺をジュンイチに口移しするゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「あ~ん…」 「いただきまーす!」 夕暮れ時の喫茶店で、ジュンイチを誘惑する結衣(ジュンイチによるエロ妄想) 「マスターは買い出しに行っちゃったから、どんなに声を出しても…大・丈・夫」 「ダ、ダメだよ、こんな…」 ジュンイチの首筋を舐める結衣。 「ンフッ、美味しそう…ペロッ」 「どうして皆そうやって舐めえええ!」 第5話「はじめてのパギャル」 寝ているジュンイチに騎乗位で跨るゆかな(ジュンイチによるエロ夢想) 「男の子は何で朝は、ここがこんなにカチカチになっちゃうんだろうね?」 「これは、朝だからって訳じゃなくて、八女さんが…」 謎のピンク髪ギャルの爆乳を揉み、目を覚ますジュンイチ。 「んっ?」(おっぱい揉み揉み) 「や~ん…」 「っていうか君、誰!?何で俺の部屋に居るの!?」 「お兄、あーしは寧音だよ!」 「何だ寧音だったのか。 それなら、俺の部屋に入ってるのも納得…できないよね!」 「寧音だってえええ!?」 「アハッ」 ジュンイチに腕を絡ませ、爆乳を密着させる寧音。 「よせって。 腕を組むと、お前のおっぱいが当たるんだよ…」 「わざとだよ?」 ジュンイチの頬を舐める寧音。 「あれ、ほっぺに食べカスが残ってるよ。 ペロッ…お兄の味がする~」 ゆかなと乳相撲をする寧音。 「どう?私の方が大きいんだから!」 「わあ…あーしよりおっぱい大きい子、初めて見たかも」 乳相撲をする、蘭子・ゆかな・寧音。 「ちょっと、蘭子…」 「擦れる…!」 夜、ジュンイチの寝込みを襲う、全裸の寧音。 「どうしたんだ?こんな真夜中に…」 「おおお…お前、何ですっぽんぽんなんだよ!?」 ジュンイチに全裸求愛する寧音。 「お兄…こうするしかないの。 抱いて…」(発情赤面) 「抱いてって、お前!」 「あーしを…ウブなネンネから、大人の女にして…」 「それは出来ない…」 「何で?こんなに、お兄ちゃんの気持ちを想ってるのに…」 「だからだよ。 俺は、その気持ちを利用して、童貞を卒業したくない」 「私はそれでもいいの。 初めてを、お兄ちゃんに貰って欲しいの!」 ゆかなに抱きつかれるジュンイチ。 「なーに朝から黄昏れちゃってるのかなー?エヘッ」 「うわっ」 ゆかなの胸に顔が埋もれるジュンイチ。 「そんな、つれないジュンイチは…こうだ!えいっ」 「もがっ」 第6話「はじめての八女さん家」 脱衣して下着姿になるゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) 「皆が来る前にさ…卒業しちゃおっか?」 「や、八女さん…!」 生脚・胸元を見せる、部屋着姿のゆかな。 (それにしても、八女さんの部屋着…エロい!) 「もう!ジュンイチ、見すぎ」 「あ、いやっ…見てない…見た…御免!」 巨乳胸谷間を見せつけ、ジュンイチを誘惑するゆかな。 「ねえ、ジュンイチ…そんなに、あーしのおっぱい、好きなの?」 「あっ…その…あの…!」 パンチラ・生脚太腿を見せるゆかな。 「ねえ、ジュンイチ…もっと、近くに来る?」 ジュンイチの腕を爆乳胸谷間に挟む寧音。 「あーしなら、いつだって触らせてあげるし~」 「おい…寧音、離れろ…」 エロポーズを取り、パンチラと爆乳胸元を見せる寧音。 「お兄、どうかな…あーしの悩殺ポーズは?」 制服姿でセクシーポーズを取る、ゆかな、蘭子、結衣、寧音。 第7話「はじめてのバイト」 コスプレ喫茶で給仕中、転んでパンツ丸見えになる結衣。 「きゃあっ!」(転倒) 「痛ッ…はうっ!?」 「クッ…私が、こんな恥を曝すなんて…」(羞恥赤面) 更衣室にて、下着姿の結衣を目撃するジュンイチ。 「おはようございま…あっ」 「えっ?」 「いやああああっ!」 パシン!(平手打ち) エロラノベを朗読し、羞恥赤面する結衣、ゆかな。 ビキニ上部を外して寝そべる、蘭子とゆかな。 「童貞君、カモーン!」 「早くしろし…!」 ジュンイチに日焼け止めローションを塗られ、善がり悶える、蘭子とゆかな。 「ひゃんっ!」 「あはんっ!」 「童貞君、凄ッ…!」 「ジュンイチ…何か、手つきエロい…」 「あ~ん!童貞君、もっと激しくして~!あんっ、ああんっ!」 「いや、わざと変な言い方してるでしょ!」 温泉入浴中のギャルたち。 「はぁ…気持ち良い…」 「眺めも良いよね~」 「そんな所に居ると、誰かに見られるんじゃないの?」 「ふええっ、覗き!?」 蘭子に乳揉みされるゆかな。 「あんっ!もうっ」 「この揉み心地、まさにヘヴン…」(おっぱい揉み揉み) 「寧音ちゃ~ん…ちょっと、お姉さんが診察してあげようか~?」(おっぱい揉み揉み) 「あ、あの…ひゃあんっ!?」 蘭子とゆかなに乳揉みされる寧音。 「うわ、何これ!?」 「でしょ、でしょ!」 ゆかなに乳揉みされる結衣。 「へ~、結衣のも結構あるね」(おっぱい揉み揉み) 「ひゃあああんっ!?」 第9話「はじめてのケンカ」 ゆかなに壁ドンし、キスしようとする御手洗大(ジュンイチによるNTR妄想) パンチラする蘭子。 第10話「はじめての告白」 ジュンイチに抱き上げられ、M字開脚するゆかな(ジュンイチによるエロ妄想) ジュンイチにキスするゆかな。 第11話(OVA)「はじめての文化祭」 パンチラする結衣。 更衣室にて着替え中・下着姿の女子生徒たち。 ゆかなの胸に手を伸ばす蘭子。 「グワシッ」(おっぱい鷲掴み) 「ひゃんっ!?」 蘭子に乳揉みされ、悶えるゆかな。 「それにしても…ま~た、ゆかなのおっぱい、育ってんじゃないの?」(おっぱい揉み揉み) 「ひゃんっ…あんっ…やめっ…!」 「ゆかなさんのおっぱいは、Gカップで間違いないかな~?」 「ハァ、ハァ…うん…」 ゆかなと蘭子に乳揉みされ、喘ぐ寧音。 「アンタのこれ、やっぱデカ過ぎぃ!」 「マジ、柔らかいんですけど!」 「だ、だめぇ…私のおっぱいを触っていいのは、お兄ちゃんだけなんだから~!」(イキ顔) 「ハァ、ハァ、ハァ…」 「はい、Hカップでした~!」 寧音の爆乳に驚嘆する女子生徒たち。 「Hカップで、間違いない?」 「もう一個、上かな…?」 「ひええ…Iカップなんて、初めて触った…!」 着替え中の結衣の胸に手を伸ばす蘭子。 「グワシッ」 「えっ?」 結衣のブラジャーを脱がそうとする蘭子。 「結衣にゃんの…見ちゃおうかな~?」(おっぱいお触り) 「そ、それは…幾ら何でも…」(イキ顔) 結衣のアソコを観察する、寧音とゆかな。 「はい、ペローン!」 「ひゃあんっ!?」 「凄い…まるで桜を連想させる色だね」 「ハァ、ハァ、ハァ…」(喘ぎ声) 「で、結衣のカップ数は?」 「うむ、Cカップですね」 カップサイズを問い詰められる結衣。 「どうなんですか、香椎さん?」 「答える義務は無いでしょ…」 「義務は無いけど…答えないと、もう一回だよ?」(わしわし) カップサイズを自白させられ、赤面涙目の結衣。 「C…」 「えっ?」 「Cカップで合ってるから!だから、もう揉まないで!」 ジュンイチに抱きつき、パンチラ・発情赤面する結衣。 「男の子の体、触れるの初めて。 羽柴君って、意外と逞しいんだ…」 「香椎さん?む、胸が…」 ED映像 下着姿で口紅を塗るゆかな。 キャミソール・パンツ姿のゆかな。 臍出しチアリーダー衣装のゆかな。 巨乳胸谷間を見せる、寧音と蘭子。 エンドカード 第1話:制服半脱ぎのゆかな(絵師:桂井よしあき) 第2話:胸谷間を見せるゆかな(絵師:此ノ木よしる) 第3話:胸谷間・臍を見せる蘭子(絵師:小玉有起) 第4話:靴下を穿く結衣(絵師:珈琲貴族) 第5話:結衣の背中に乳載せする寧音。 パンツ尻を見せる結衣。 (絵師:中田ゆみ) 第6話:ソファーに座り、足組みする蘭子(絵師:うかみ) 第7話:乳合わせをする、蘭子・ゆかな(絵師:Hisasi) 第8話:水着姿の蘭子、結衣、寧々、ゆかな(絵師:のぶし NOB-C ) 第9話:バニーガール姿の寧音(絵師:古川博之) 第10話:登場人物たちの集合絵(絵師:植野メグル) 人物一覧• 羽柴 ジュンイチ(はしば ジュンイチ)• 八女 ゆかな(やめ ゆかな)• 本城 蘭子(ほんじょう らんこ)• 香椎 結衣(かしい ゆい)• 藤ノ木 寧音(ふじのき ねね)• 坂本 慎平(さかもと しんぺい)• 石田 景吾(いしだ けいご)• 小早 川稔(こばやかわ みのる)• 御手洗 大(みたらい だい).

次の

[B! アニメ] つぐももBD第1巻「リミッター解除で桐葉ちゃんの乳首解禁!桜色の美乳がたまんねぇぜ♪」レビュー・解禁 : ヲタブロ

をたぶろ

特殊消防隊の新人隊員の技能を競うその大会にシンラたちが参加する様子が描かれる今回となっています。 そんな消防官新人大会で幼い頃に火事から救ってくれたと思われる第1特殊消防隊の大隊長・レオナルド・バーンズの姿を見つけるシンラ。 そこで当時のことを聞き出そうとする彼だったが、なぜか覚えていないと言われてしまう・・・ そのことに不信感を持つシンラ。 なにか隠していると疑惑が高まる中で大会中に事件が発生し、怪しい男が暗躍を始める。 著作権法第三十二条(引用) 『 公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 』の定義に基づき画像を引用させていただいております。 引用している画像の著作権は各著作権者さまにあり、無断転載を禁止致します。 また著作権者さまから左上に記載のメールにお問い合わせがありました場合、その内容を確認致したうえで対応させて頂きます。 当ブログはAmazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 Count per Day• 354307総閲覧数:• 22今日の閲覧数:• 222396総訪問者数:• 21今日の訪問者数:• 2現在オンライン中の人数:• 2019年4月20日カウント開始日:.

次の

神田川JET GIRLS 第1話『エロい蒼井ミサの着替え!』感想

をたぶろ

」 区立浅草女子高校1年の蒼井 ミサの朝はジョギングから始まります! なんと胸がポロリ!! ノーブラで寝るタイプのようです。 ここテストに出ます。 『神田川JET GIRLS』(かんだがわジェットガールズ)は、KADOKAWA・マーベラス・EGG FIRMによるメディアミックス作品。 『閃乱カグラ』や『VALKYRIE DRIVE』を手掛けた 高木謙一郎がメインプロデューサーを務め、 鳴子ハナハルがキービジュアルやゲーム、テレビアニメのキャラクター原案を務めるメディアミックスプロジェクトである。 」 なんとVRで蒼井 ミサがジェットスキー!! シューティングも合わさってFPSのスポーツになってます!! 見えた!紫のパンツ!!! 「Wピースして。 」 なんとギャルにWピースを要求される波黄 凛(なみき りん)!! いつかアヘ顔Wピースになる日も近い。 「どろぼー!!」 なんと波黄 凛が巨乳を揺らしながら置き引きにあいます! 泥棒に足を引っ掛けた・・・ 将来の相棒とも言える蒼井 ミサと出会います! 百合パートナーでしょう!! 「ナミ君!」 かばんの中にはナミ君という抱き枕! 「今日から一緒に住む波黄 凛(なみき りん)ちゃんでーす!」 なんと蒼井 ミサが百合な同居生活スタート!! なるほど、名前から見ても青と黄がモチーフになってますね。 「ジェットに乗ってると風がすごく気持ちよくてね!」 波黄 凛はジェットスキーに並々ならぬ思い入れがあるようです。 蒼井 ミサが神田川で釣りを楽しみます。 その竿が意味するのはエロ漫画的にどういう意味なのか、健全な僕たちはまだ知りません。 「あなたに教えて差し上げましょう。 」 高飛車な紫集院 かぐやと神田川の使用権を賭けて勝負します!! なんと 着替えシーン!! しかも乳首描写ありです!! 「きつかよー。 」 波黄 凛が巨乳すぎて服が入りません!! パイオーツ・オブ・トレビアン! 「こんな大きいの、私初めて。 」 あくまでジェットスキーの大きさのことですが俺たちのなかではベットの上のセリフです。 頭にhをつけて頭をHにしてご覧ください。 jpg Message メールアドレスが公開されることはありません。 名前 メールアドレス ウェブサイト 上に表示された文字を入力してください。

次の