海外 旅行 免許 証。 海外で運転免許は取得できる?切り替えと国際免許どっちがいい?

海外旅行には運転免許を!国際運転免許証の取得方法などを紹介

海外 旅行 免許 証

2020年3月31日 2020年4月2日 国際免許の取り方 手続き30分程度 海外旅行先でレンタカーを借りたい。 そんな時に国際免許(正式名称:国際運転免許証)が必要となります。 ハワイなどの一部の国や地域では、日本の運転免許証だけでも運転できますが、警察から取り調べを受けた際に、無免許として処理されてしまうこともあるようです。 そのため、安全のためにも国際免許を取得しておきましょう。 この記事では取り方(必要書類、取得費用、取得場所、手続き時間)について、解説いたします。 意外と簡単に取れてしまいますので、海外旅行先でレンタカーの旅も検討してみると、いつもの旅と違った景色が見えてくると思います。 2020年4月2日現在の新型コロナウィルスに関係する、 「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」は 、以下のとおり。 詳細情報は、外務省の「 」を参照してください。 日本の運転免許が持っていれば、誰でも簡単に申請ができるのです。 ただし、海外旅行中に日本の運転免許証の有効期限が切れる場合には、 日本の運転免許証を事前に更新しておく必要があります。 国際免許の申請書類• 日本の運転免許証• パスポート• 有効期限切れの国際免許証(保有している場合)有効期限切れの免許は返納すること。 国際免許の申請場所 都道府県の免許試験場・免許センター・指定の警察署に窓口があります。 詳細は各都道府県のホームページで確認してください。 東京都の場合は、以下の場所で申請可能です。 30分程度で手続きが終わり、国際免許が取得できました!• 府中運転免許試験場• 鮫洲運転免許試験場• 神田運転免許更新センター• 新宿運転免許更新センター• 世田谷警察署• 板橋警察署• 立川警察署 国際免許の申請費用 取得費用は、2,400円です。 国際免許の有効期限・注意点 国際免許の有効期限 国際免許を取得した日から1年間となります。 国際免許で運転できる国 日本で発給された国際免許は、ジュネーブ条約締約国などで運転できます。 (注)【 日本の免許証も一緒に携帯すること】 具体的には、アメリカやオーストラリア、韓国、ヨーロッパの国々 (イギリス、フランス、イタリアなど)で運転ができます。 なお、中国では運転ができないので注意してください。 運転できる国の詳細は、 を参照ください。

次の

海外旅行に免許証・保険証は必要?パスポート以外の身分証明書と紛失時のコピー

海外 旅行 免許 証

海外旅行でも、レンタカーを借りると行ける場所の幅がぐっと広がります。 しかし、国際運転免許証の取得やレンタカーの借り方などわからないことも多いでしょう。 そこで、今回は海外でレンタカーを借りるための基礎知識をご紹介します。 国外運転免許証の取得方法 公安委員会の運転免許を受けた人が日本国外で自動車の運転をする場合、国外運転免許が必要となります。 この免許は、国外では「国際免許」と呼ばれ、免許証は「国際運転免許証」と表示されています。 国外運転免許証の申請場所は、運転免許試験場、運転免許更新センター、または指定警察署にて申請が可能です。 申請の際には下記の持ち物が必要となります。 国によっては、日本の運転免許証を提示するだけで運転が認められる国もありますので、国外運転免許証を取得する前に、渡航先での要否を確認しましょう。 レンタカーの借り方 現地のレンタカー会社で直接交渉する借り方もひとつの手ですが、現地での言葉の問題等、急なトラブルで車を借りることができないのは避けたいものです。 そんな方には、インターネットでの予約がおすすめ。 Rentalcars. 日本語サポートもあるので安心ですね。 レンタカーにかかる費用は、シーズンやその日の車の予約状況によって大幅に変わってきます。 安く借りたい場合は、相場を調べてから時期を変えて比較してみても良いでしょう。 なお、追加オプションで必ず「カーナビ」の要否があるかと思いますが、海外のカーナビは古い機種が多く、あまり使い物にならないこともあります。 ルートを確認する際は、現地でルートマップを購入するか、スマートフォンやタブレット端末などをお持ちの方は、オフラインで使用可能なアプリのGoogle Mapsなどを活用すると良いでしょう。 運転をするにあたっての注意点 海外での運転は、交通ルール等を含め、日本での運転とは異なることを念頭に置いておく必要があります。 ご存じの通り、ほとんどの国が左ハンドル・右側通行。 まずこの点にはすぐに慣れたいものです。 さらに赤信号でも右折可能な信号や、日本とは違う道路標識もあるので、交通ルールや道路標識を調べ、当日の運転に備えましょう。 海外でレンタカーを借りる際の保険 保険に関して言えば、前述したRentalcars. 運転に不安がある方はこちらも合わせて検討してみてはいかがでしょうか。 なお、万が一事故などが発生した場合のトラブル対策として、携帯電話は必携です。 事故は対人だけとも限らず、海外の広大な土地では対動物の事故も多く発生しています。 こういった場合自分が携帯電話を持っていないと連絡もできずに立ち往生、なんていうことも起こりえますので、必ず携帯電話は用意しておくことをおすすめします。 時間の経過によって変化する場合があります。 ご了承下さい。

次の

日本の運転免許証は、海外旅行に行く時に携帯する必要があるの?|海外WiFiレンタルなら【JALABC】国内WiFi・携帯レンタル

海外 旅行 免許 証

海外で車を運転する場合は、必ず自動車免許証が必要になります。 ショートステイであれば、公共交通機関やタクシーなどを利用した方が賢明です。 しかしロングステイの場合や、公共交通機関が発達していない国の場合、自分で自動車を運転できると便利。 この記事では、海外における運転免許証の扱いや、海外で自動車を運転する際の注意点についてご紹介します。 国際運転免許証が必要 日本人が海外で運転する場合は、国際免許証が必要となります。 日本で取得した自動車運転免許証だけでは法律違反となり、運転できません。 しかし国際運転免許証を取得している場合には、その国際運転免許証が認められる国であれば、現地でレンタカーなどを借りて運転することができます。 国際運転免許証の取得は簡単! 国際運転免許証は、日本では国外運転免許証と呼ばれています。 ジュネーブ条約に加盟している国の間で、国際運転免許の制度が認められており、他にもドイツやスイスなどは日本との二国間条約によって認められている場合もあります。 各都道府県の運転免許センターで発行すると、条約に加盟している国々での自動車の運転が認められます。 有効期間は1年間です。 国際免許を取得するための条件 国際免許を取得するための条件は、日本で普通自動車免許を取得していて、免許証の有効期間が残り1年以上あることです。 運転免許センターや警察署で国際運転免許証の発行の手続きを行えば、国際運転免許証が発行されます。 もし、免許証の有効期間が残り1年を切っている場合には、免許証更新手続きを同時に行う必要があるので注意してください。 国際運転免許証の発行手続き 国際運転免許証の発行に要する日数は、運転免許センターなら即日発行、警察署なら2週間程度かかります。 発行されたら、パスポートと一緒に管理しましょう。 申請の際には、現在の運転免許証、パスポート、顔写真(タテ5. 0cm、頭上を4から5ミリ開けたもの)、手数料(2,400円程度)、パスポートまたは海外渡航を証明する書類、ボールペン等が必要なります。 念のため申請の際には、運転免許センター・警察署のホームページ等で必要なものをチェックして、準備しておきましょう。 旅行先の免許事情 まずは旅行の計画段階で、訪れる国が国際運転免許証を認めている国かどうかを確認しましょう。 国によっては、その国で自動車運転免許を取得することを義務付けている国もあります。 特にジュネーブ条約の加盟国ではない場合には、確認が必要です。 たとえばドイツやスイスは、ジュネーブ条約の加盟国ではないので、許可条件が異なります。 国際運転免許で運転が可能な期間はドイツ6ヶ月、スイス3ヶ月となっていますが、短期間の旅行の場合でも、許可条件を必ずチェックしましょう。 運転できる車両のタイプにも決まりがある 運転できる車両の記載については、国際運転免許証に、英語、スペイン語など6か国語で記されています。 旅行先の国によっては、運転できない車種もあるので、注意が必要です。 国によって異なる交通ルール 海外で運転する場合は、たとえ国際運転免許証を取得していたとしても、交通ルール、標識、交通システムなどが異なります。 日本では左側通行ですが、国によっては右側通行の国があります。 場合によっては、国境を越える場合もあるのでパスポートを携帯する必要があるでしょう。 その際、外貨の準備、制限速度や交通標識の確認も必要です。 日本ではあまり見られないラウンドアバウト ラウンドアバウトとは、交差点の一種で、円形をしています。 オーストラリアは右回り、アメリカ・フランス・ドイツは左回りです。 ラウンドアバウトを利用する際は、ラウンドアバウトから出る車が優先されます。 また、ハイウェイなどでは、料金の支払いの際に釣り銭が必要かによって利用するレーンが異なります。 海外でも自動車保険に加入することを忘れずに 海外旅行先でレンタカーを借りる際には、必ず自動車保険へ加入することをおすすめします。 自分が加入する海外旅行保険サービスに自動車保険が含まれているか確認しましょう。 含まれていない場合には、必ず現地の保険に加入してください。 レンタルする際には、海外旅行保険証やパスポート、クレジットカードなどが必要となります。 まとめ 国によって、標識や右折の方法なども異なるので、基本の交通ルールをしっかりと確認してから、運転をするように心がけましょう。 海外へ旅行した際には、極力、事故やケガなどの可能性は避けたいもの。 ちょっとした移動であれば、タクシーや公共交通機関を利用するのも手です。

次の