プルームテック 新型。 評価が逆転!?プルームテックプラスとプルームエスを1ヵ月使った感想

新型プルームテックプラスとプルームSが1月29日に発売!予約方法や値段・機能のまとめ|リメンズ

プルームテック 新型

遅れを取っているプルームテック 2018年になってからプルームテックの販売網が拡大しています。 し、更に市場展開を広げています。 が、競合の並びにはそれ以上の速度で展開を進め、を行いましたが「やっとか・・・」という状態であったのは間違いありません。 このシェア争いに負けている現状に対して、JTは非常に問題意識があるようで、先日のJTの株主総会でもJTの株価低迷の原因は程です。 そこでプルームテックがこの状態を打破するために取り組む施策が、 プルームテック本体の3タイプ化です。 プルームテック本体が3タイプ化 プルームテックの新型!?という話題は、でも既に出ていましたが、「まさか3種類とは・・!」という感じでこの発表にはびっくりしました。 気になる3タイプにはどのような違いがあるのか・・というと、以下のような違いがあるようです。 専用たばこ 温度 タイプ1 たばこカプセル 低温度 タイプ2 たばこカプセル 低温度 タイプ3 たばこスティック 高温度 要は、• 専用たばこはどのようなタイプ?• 加熱温度は低い?高い? この二つの観点で違いが出てくる模様。 それぞれどのようなものになるのか、現時点では予想になりますが見ておきましょう。 タイプ1:通常型プルームテック はじめにタイプ1、通常版プルームテックは、つまるところこれまでのプルームテックと同じものです。 そう、今回の3タイプ化は、 これまでのプルームテックが旧型になるわけではないのです。 多分ここが一番重要なところかもしれません 例えばアイコスの場合、今ではいわゆる旧型の「IQOS 2. 4」が2016年に発売され、その後が発売した際、旧型から新型への 乗り換えが発生しました。 それを考えると今回新型プルームテックが出たとしても、「新しいものの方が優れている」という位置づけではなく、 あくまで選択肢を増やすということのようです。 なのでこれまでのプルームテックは、これまでのように製造販売されます。 タイプ2:煙量増型プルームテック 続いてのタイプ2、煙量増型プルームテックは、新しいタイプのプルームテック本体となります。 「煙増」と書いていますが正しくは「水蒸気量増」という意味です。 プルームテックは水蒸気が発生する加熱式タバコですが、特徴としてアイコスがグローに比べてより排出される水蒸気量が少ないという特徴があります。 これはメリット…でありつつも人によってはもっと吸った感が欲しいという声もあるのでデメリットでもある。 そのような方向けに発生する煙量が多いタイプの発売をするということですね。 Vapeなどはいわゆる「爆煙」という名称があるほどに水蒸気が発生します。 そのような形になるのか?はまだ不明。 タイプ2はあくまでプルームテックの カートリッジと電池の容量を増やすことで水蒸気量を増やすそうなので、通常型と同じくたばこカプセルをそのまま利用します。 煙増タイプも、たばこカプセルは同様 タイプ3:高温加熱型プルームテック 最後がタイプ3、は、もちろん新しいタイプのプルームテック本体となります。 タイプ1のプルームテック、つまり現在発売されているプルームテックはいわゆる低温加熱の加熱式タバコと呼ばれています。 発生温度は実に30度程度。 一方、アイコスやグローは300度程度も本体加熱がされています。 プルームテックの約10倍の高加熱ということなんですね。 つまり、高加熱型プルームテックとは、文字通り専用たばこを加熱する温度がアイコスやグローと同じ程度の温度になることになります。 そのために、「専用たばこ」が現在の「たばこカプセル」ではなくなり、ヒートスティックやネオスティックなどの紙巻たばこ状のたばこスティックを本体に差し込む形になります。 新型プルームテックの発売日・価格は? ここまで3種類の新型プルームテックを見てきました。 改めて一覧にすると以下のとおりです。 特徴 専用たばこ 温度 タイプ1 通常 たばこカプセル(これまでと同様) 低温度(約30度) タイプ2 煙増量 たばこカプセル(これまでと同様) 低温度(約30度) タイプ3 高温加熱 たばこスティック(アイコスやグローと同様) 高温度(約300度) 気になってくるのが発売日と価格ですね。 改めて、プルームテックの全国展開は2018年9月と発表されています。 新型プルームテックはその後の発売とのことですが、おそらく2018年年末となるでしょう。 たばこ増税後の発売? 実は2018年10月、たばこ業界に大きな変革が起こります。 それは、加熱式タバコの増税です。 アイコス・プルームテック・グローなど加熱式タバコを対象にした 段階増税が10月より開始されます。 もちろんその際に専用たばこの価格が上昇する予定です。 この 増税後、市場動向を見ながら2018年末〜2019年初頭にかけて発売を行うそうです。 新型プルームテックの価格は未定 価格についてはまだ未定です。 ただ間違いないのはタイプ3である高温加熱型についてはより高い値段となるでしょう。 現状プルームテックはとなっています(3,000円)。 一方、(本来の定価は8,000円)です。 各加熱式タバコメーカーともに値下げ戦略をとっていますが、本来はプルームテックが一番安い形でした。 この 価格差はもちろん必要加熱に伴う性能差から生じています。 そこから予想するに、高温加熱型のプルームテックにいたっては、6,000円〜10,000円の間くらいが妥当でしょうか? し段々と存在感が増してきたプルームテック。 新型プルームテックについて価格含めて更に詳細が出てきたら、毎月プルームテックの最安値価格をまとめている記事でも更新していきたいと思います。

次の

評価が逆転!?プルームテックプラスとプルームエスを1ヵ月使った感想

プルームテック 新型

JTの「 プルーム・テック」が バージョンアップして「 プルーム・テック・スターターキット・1. 5」になり 10月1日 火 に全国で発売。 スターターキットに含まれる「プルーム・テック・バッテリー・1. 5」、「プルーム・テック・USBチャージャー・1. 5」も、同日よりそれぞれ単体で発売されます。 「プルーム・テック」はたばこ葉を燃やさない、JT独自の低加熱方式により、紙巻きたばこのようなにおいがほとんどなく、クリアなたばこの味わいを楽しめる加熱式たばこ用デバイス。 今回、ユーザーの要望に応えるべくVer. 25からVer. 5にバージョンアップし、充電時間の短縮、電池残量インジケーターによる3段階表示が搭載された。 10月10日追記 いくつかのセブンの店舗を見て回りましたが、レッドとピンクの両方の在庫がありました。 旧プルームテック2000円 税込 も、まだ残っていました。 コンビニとしては、まず、旧プルームテックか、限定カラーの方を売りたいようで、通常の白と黒の新プルームテック 3000円 税込 は、見えないように後ろの方に隠しているのが、いくつかの店舗で見受けられました。 通常の白か黒が欲しい場合は、店員さんに言えば出してくれます。 新型プルームテックVer. 5の変更点• 充電時間の短縮 約90分から約60分に短縮• 電池残量インジケーター搭載 電池残量20%でLEDが紫色に変化• LEDの視認性アップ• バッテリー全長が1. 5㎜増加• USBチャージャーのフル充電時のLED色が白色から青色に変更 バッテリー、USBチャージャーも単体で発売 複数のバッテリーを持ち歩きたい、同時に複数のバッテリーを充電したい、そういう方にはありがたいですね。 新製品ラインナップ プルーム・テック・スターターキット・1. 5 バッテリーと充電器がセット [内容物] プルーム・テック・バッテリー・1. 5 プルーム・テック・USBチャージャー・1. 5 プルームブランド専用 ACアダプター [価格] 3,000円 税込 [カラー] ブラック、ホワイト ACアダプタは従来のものと変更がないので、既にお持ちの場合は流用することができます。 プルーム・テック・バッテリー・1. 5 [内容物] プルーム・テック・バッテリー・1. 5 識別ステッカーを3カ月程度貼付 プルーム・テック・USBチャージャー・1. 5 [内容物] プルーム・テック・USBチャージャー・1. 5 [価格] 900円 税込 [カラー] ブラック、ホワイト 各製品の発売日 [発売日] 2019年10月1日 火 [販売店] 全国のコンビニ、一部たばこ販売店等 プルーム・テック・USBチャージャー・1. 5の注意点 ・1. 5のUSBチャージャーで旧バージョンのバッテリーを充電すると、フル充電にならない可能性がある。 ・旧バージョンのUSBチャージャーで、1. 5のバッテリーを充電すると、90分かかる。 それぞれのバージョンで充電する方が良さそうだ。 USBチャージャーの見分け方 接続時に白く光るのが旧バージョン、 青く光るのが新バージョン。 旧バージョン Ver. 5」にはACアダプタが付属されています。 新規に購入される方は、あると何かと便利。 一方、既にACアダプタを持っておられる方は、限定カラーのシンプルスターターキットを購入する方がいいかも。 ACアダプタは新型でも変更はないので、問題なく流用できます。 もしくは、プルームテックは初めてだけど、USBで充電するので、ACアダプタなんて不要という方なら限定カラーでもいいですね。 まとめ 電池残量がわかるようになったのは有難いですね。 いつ電池が切れるか疑心暗鬼にならなくて済みます。 充電が速くなったといっても60分かかるので、バッテリーは2つ必須ですね。 マイナーチェンジなので、機能面の変更はあるものの、吸いごたえは旧バージョンと変わりません。 10月1日に新型プルームテックと同時に発売される3種類のCTBバージョンのデザインバッテリー。 そして、10月8日に6種類のカラーバリエーションがコンビニで先行発売。 立て続けに新商品が発売される。 話題を呼びそうですね。

次の

JT、新型「プルーム・テック」2機種発表 吸い応え向上の低温加熱式、“メビウスらしい味”の高温加熱式 (2/3)

プルームテック 新型

プルームテックの記事もよく読まれています。 関連記事 だけど僕は新型プルームテックのデザインの方が好きだ。 なんというかガジェット好きのココロをくすぐるデザインだと個人的に思っている。 それでは新型プルームテックプラスのレビュー開始! プルームテックプラスを開封 これが、プルームテックプラスが入っている外箱だ。 開封すると箱の中はこんな感じになっている。 これが、プルームテックプラス本体と付属品。 プルームテックプラスの組み立て(使い方)と吸ってみた感想 説明書をみながらプルームテックプラスを組み立てる。 これが新しくなったプルームテックプラスのカートリッジ。 説明書のとおりプルームテックプラスを組み立てたところ。 あとはたばこカプセルを付けるだけ。 プルームテックプラスの仕組みは電子タバコを応用したもので、蒸気を発生させるまでは電子タバコと一緒だが、発生した蒸気を「専用のたばこカプセル」に通すことで、カプセル内に含まれるニコチンやたばこ成分、香料などを付着させて吸引するという仕組みを採用してのが大きな特長だ。 プルームテックプラスの先端にたばこカプセルを取り付けたところ。 真ん中にあるボタンを素早く3回押すと1秒青いLEDランプが点灯してプルームテックプラスを吸うことができる。 注意:旧型のプルームテックのカプセルやカートリッジはプルームテックプラスには使えない。 プルームテックプラスの魅力をさらに引き出すケース プルームテックプラスには、 見た目や使い勝手をより良くしてくれる純正アクセサリーも豊富だ。 プルームテックプラスとあわせて使いたいアクセサリーは以下の記事で詳しく紹介している。 関連記事 関連記事 関連記事 純正アクセサリーじゃなくてもイイんだけど、安くてシンプルなケースを使いたい人は以下の記事がおすすめです。 関連記事 プルームテックプラスのたばこカプセル(フレーバー)は8種類 これがプルームテックプラスのタバコカプセル4種類。 左の2つがレギュラータイプで、右の2つがメンソールタイプのたばこカプセル。 についてはこの記事を参考にどうぞ! はじめは、メンソールの味から吸ってみることにした。 たばこの箱を開けるとこんな感じ。 中にはタバコカプセル4個とカートリッジ1個が入っている。 1つのたばこカプセルで約50回吸うことが出来る。 ちなみに、 プルームテックプラスのたばこカプセルは2019年10月15日に新味が4つ追加されて全8種類になった。 プルームテックプラスの味について詳しくは以下の記事を参考にしてみてほしい。 プルームテックプラスのココが良い• ガジェット好きにはたまらない見た目のデザイン• 太くなって持ちやすくなった プルームテックプラスのココが残念• たばこカプセルがコンビニで買えない(4月から販売開始)• プルームテックのたばこカプセルが使えない 味、デザイン、使い勝手の3つを、それぞれの電子タバコで評価比較するとこんな感じ。 3つ試して見るのが1番良いと思う。 ちなみに、 プルームテックプラスは直営店に行けばプルームテックプラスの試し吸いができるので悩んでいる人は試してみるといい。

次の