ゾンビ サファリパーク 2。 【感想】『ゾンビ・サファリパーク』は、あと一歩でA級に昇格できたB級映画だった

stwww.surfermag.com

ゾンビ サファリパーク 2

内容紹介 ホントにホントにホントにホントにゾンビ狩り!!! ゾンビファン待望、ありそうでなかったゾンビ狩りアミューズメント・ムービーがついに日本上陸! ホントにホントにホントにホントにゾンビ狩り! しかしセキュリティのトラブルにより、狩る・狩られるの立場が逆転、逃げ場無しのゾンビパニックが巻き起こる! ゾンビ大量、全力疾走! 喰われる前に、狩れ! [内容解説] 20億人が犠牲となったゾンビ世界大戦から7年。 しかし、何者かが「リゾート」のシステムに侵入しウィルスを仕掛けたことで、セキュリティが制御不能となり島中にゾンビが解き放たれてしまった。 しかも自動的に5時間後に島全体が戦闘機で空爆されるブリムストン・プロトコルが発動されていたのだ。 その頃、何も知らないメラニー達ツアー客は野外キャンプでゾンビ狩りを楽しんでいた。 いつでもどこでもゾンビ狩り放題という新しい体験を売りにした孤島の高級リゾート施設。 戦争で父を失ったメラニーは、トラウマを克服する療法としてこの施設を利用するが…。 ゾンビだらけの狩猟観光島を舞台にしたサバイバルホラー映画。 端的に言うと、ジュラシックパークの恐竜をゾンビに置き換えたような映画です。 ゾンビが隔離されてテーマパーク化してる島に観光に行った人たちがトラブルに巻き込まれる物語。 こう書くとコメディ要素のあるいつものアホ映画かと思えるでしょうが、この映画は全編シリアス調です。 ここが最大の魅力でしょう。 実際、予想以上に面白かったです。 恐竜をゾンビに置き換えただけで、本当にジュラシックパークのように進行していきます。 ・参加者がパークにやって来てレクチャーを受ける ・夢のような狩猟ツアー開始 ・ゾンビを狩りまくって狂喜する客たち ・予期せぬトラブル発生 ・逃げ出したゾンビに襲われる客と従業員 ・パークの崩壊 と、イベントもほぼ同じように発生していきます。 演じてる役者たちも全員が真面目に演技してます。 決してコメディ映画のノリではない。 ストーリーのほうもジュラシックパークと遜色ないくらいには練られていて、 テクノロジー批判や企業倫理への疑念、そして難民問題など、お堅いテーマも盛り込まれています。 ゾンビ映画に付き物の定番イベントも一通り押さえてあるので、そっち目的の人も安心かと。 決して傑作ではないですが、ちゃんと作られている映画です。 タイトルだけでアホ映画だと決め付けて敬遠する人がいたらもったいない……と思う映画でした。 うーん、レビューを読んで少し期待しすぎたかもしれないです。 ウォーキングデッドの序盤のような、等身大で心を揺さぶられる作品ではありません。 あくまでゾンビに追いかけられるという大筋を楽しむ作品だと思いました。 キャラクター一人一人の背景を丁寧に描くことをしていないので、どうしても発生するドラマが上辺だけに感じられてしまいます。 死に方のパターンも少なくて、途中からは予定調和で淡々と死んで行ってるような印象でした。 また、あんまり楽しめなかった根本的な理由は、視点人物であるヒロインに全く共感できなかったことです。 とても卑怯な人にしか見えなくて好きになれませんでした。 ゾンビに噛まれて精神的にも肉体的にも苦しむ仲間を、「殺したくない」という主張はめちゃくちゃだと思います。 助けられる方法など心当たりもないのに。 それどころかゾンビ化する前に撃ち殺した別の仲間を無視によって責める始末です。 更には、首元を噛まれた仲間が掻き消えそうな声で「頼む(撃ってくれ)」と嘆願するまで、「だめよ」と言って射殺させない…。 今まさに痛がっていて、助かるの見込みのない仲間のことを考えての行動ではなくて、ただ自分が責任を負いたくないだけにしか見えません。 極め付けは、いくら一度は自分を見捨てた男だとしてもゾンビに噛まれたなら一思いに撃ち殺してやれば良いのに、ちょっと考えた後に銃を渡して自殺させるという鬼畜っぷりです。 噛まれた痛み、死が迫る精神的な苦痛、仲間を裏切ってしまったという罪悪感、これらを抱いている男に対してまだ簡単には解放させないぞと。 自ら引き金を引く苦痛も味っていけよと。 それもタイムリミットが迫る中で、わざわざ時間のかかる選択をしたというのが、ヒロインの狂気を演出しています。 これらが脚本家や監督の意図したものでないのは明らかで、普通に作品の欠陥と言えるでしょう。 こんな人に誰が共感できるのでしょうか、ヒロイン失格だと思います。 実におしい映画ですね。 冒頭からモキュメンタリー(mockumentary)での粗い画質から物語は開始します。 映画が安価に制作可能という事で近年よく見かける手法なのですが観る者にとっては食傷気味と受け取られ、途中で観るのを止めたくなる事でしょう。 それがやっと終わったと思いきや今度は安っぽい合成画面で物語が展開されていきます。 別に用意していた風景動画にスタジオで撮影した出演者の姿を合成しているんですがその合成技術が未熟すぎてバレバレなんです。 この辺りを見ても「ああ、製作費が少ないから現地ロケもできなかったんだね・・」と制作時の苦労さを垣間見る事も可能でした。 所が物語も中盤以降に差し掛かると「やっとまともな」展開と映像に移行します。 ここから出て来るのは「名ばかりの人権保護団体」ならぬ「名ばかりのゾンビ保護団体」でした。 早い話がこの映画に出て来るのは「糞」な人間ばかり、そして映画の最後にその「糞」な方が再び登場するのです。 早い話がこの物語は「最初から出来レース」だという事です。 主人公が誰だかさっぱり分かりませんが登場人物らは1名を除いて全員が操られていたのでした・・ この映画に辛評を投じた方々は出だしからして嫌気がさしてしまったのかもしれません。 かくいう私もこの冒頭の展開には嫌気がさしました。 評価が大きく二分するのも仕方ない出来ですね。 それからタイトルにある「パッケージ写真」ですが何処に挿入されていた場面だったのでしょうか? 確認するにも、もう一度見直す気にもならないし・・.

次の

ゾンビ・サファリパーク

ゾンビ サファリパーク 2

Netflixで配信されている「ゾンビ・サファリパーク」を見た感想です。 前半を我慢して後半に浮かばれた私の忍耐力を称えたい、CのちB級ゾンビ映画です。 【ゾンビ・サファリパーク】あらすじ あらすじは、読んで字のごとく。 ゾンビ狩りができるZ島に行ったら、ハッキングにより?システムが故障して、コントロールされているはずのゾンビが解放されちゃってギャーの話。 主演はフィアーザウォーキングデッドでトーマス・アビゲイルを演じたダグレイ・スコットかな?ダグレイさん、こんな映画でいいのか? 【ゾンビ・サファリパーク】感想 何度も止めようかと思った前半戦…この感覚はゾンビファンでないと共感できない苦しさ。 「つまらないなぁ…イヤでもゾンビのメイクはイケてるし、もしかしたら巻き返しあるかもしれない、トム・サビーニ出てくるかも(でてこねえ)」と淡い期待を抱きながら忍耐すること45分。 そこから飛躍的な巻き返しを見せてくれたB~C級映画です。 前半はC級、後半はB級というところかな。 ホラー映画あるあるは抑えている。 イギリスアクセントで「ウェー Let's パーテー!」と頑張ってパリピアメリカンのフリしてる愛すべきイギリス人たち• 「俺はタダものじゃないぜ」男アーチャー• 傷を抱えているけど、わたし芯は強いのよ的、可愛いヒロイン• 善人のフリしてっけど俺サバイバルになったら自分が一番大事だから系クサレ男• 肝心な時にかからない車 ゾンビサファリ用の車がかからないマジックまでちゃんと使っているのは評価したい。 ひとりだけ存在感がちゃんとある男アーチャー役をダグレイ・スコットが演じています。 ダグレイ・スコットはフィアーザウォーキングデッドでストランドの金持ちの彼氏トーマス・アビゲイルを演じていました。 ヒットマンやデスパレートな妻たちにも出演しています。 こんな映画に出演してていいのだろうかと思うような俳優ですが、ゾンビが好きなんだと思うと「あんた分かっとる!」と親近感を覚えて、がぜん応援したくなる。 前半45分はかなり退屈なので、ちょこっと早送りしちゃっていいですよ、特に重要なところないし。 前半に1か所くらい伏線があるんで、ちょっとだけな。 キャンプサイトでジープの上で女子会やってる所までサーっとな。 解放されたゾンビの登場がいけませんね、唐突すぎます。 システムがフェールしてから1分もしないうちにホテルのプールとかロビーとかコントロールルームにゾンビがわらわら。 ドアないんか。 ゾンビサファリのエリアはその辺にゾンビがいるんですぐ襲ってくるの分かるけど、コントロールルームとかにもあっという間にゾンビが登場してるのは納得いかないわ。 ゾンビは 忍び寄る恐怖が醍醐味なのに、それを抜かしてどうするのさ。 きっと後半に投下を予定している大きなネタのために、この辺はささっと仕上げたのでしょう。 この時は「なんだこれ」と思うかもしれませんが、どうか我慢して見続けて下さい。 システムが崩れてしまったために数時間後に島がドローンで爆撃されるため、その前に島から逃げなければなりません。 キャラ達はキャンプサイトから森、森から廃屋、廃屋からホテル/指令室へと逃げていきます。 森に入ったぐらいから段々おもしろくなります。 アクションもけっこう満載で、最後のシーンは「Zネイション」みたいでした。 割と感心した点 感心したのはゾンビの種類に違いがあって、その説明の辻褄が合ってること。 ゾンビ成り立て、つまり新鮮なゾンビは走るけど、腐ってきた古いゾンビはゆっくり歩いています。 この法則について、最後に投下されるネタでも「オーブン」を使うということで説明をつけていることに感心しました。 もうひとつ印象的なのは、ゾンビの語源についての説明です。 ハイチ語は分からないので本当かどうか分かりませんが、本作中の説明によれば、もともとはアフリカの言葉で魂を意味する「ンザンビ」という言葉が、奴隷として連れて行かれたハイチで「ゾンビ」になった。 その意味は「自由意志の排除」つまり思考と感情の停止だということです。 この説明を聞いたときは「ふーん、ゾンビ=自由意志の排除かぁ…思考と感情の停止ね…おもしろいな」なんて「ウォーキングデッド」に思いを馳せていました。 本作を観終わったあとにこの説明を思い出すと、最後に投下される社会的なネタとこれまた辻褄が合ってしまって、ゾンビをここまで現代社会風刺に使うとはC級のくせにやるなぁなんて思いました。 これだからゾンビはやめられない。 oclife.

次の

ゾンビ狩り、行こうぜ!映画『ゾンビ・サファリパーク』予告編

ゾンビ サファリパーク 2

解説 ゾンビ大戦後の世界を舞台に、ゾンビ狩りアミューズメント施設からゾンビが解き放たれたために巻き起こる恐怖を描いたサバイバルスリラー。 20億人が犠牲となった人類対ゾンビの戦争から7年。 生き残ったゾンビを孤島に隔離してゾンビ狩りを楽しむアトラクション「リゾート」が人気を集めていた。 戦争で父を亡くしたメラニーは、ゾンビ狩り療法がトラウマ克服に良いと聞きつけ、パートナーのルイスと共に島にやって来る。 しかし、何者かが「リゾート」のシステムにウィルスを仕かけたためにセキュリティが制御不能となり、島中にゾンビが解き放たれてしまう。 さらに「ブリムストンプロトコル」が発動され、島は5時間後に自動的に空爆されることに。 何も知らないメラニーたちは、野外キャンプでゾンビ狩りを楽しんでいたが……。 主人公メラニー役を「ファイナル・アワーズ」のジェシカ・デ・ゴウ、彼女を助ける謎の男役を「96時間 レクイエム」のダグレイ・スコットがそれぞれ演じた。 ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。 2015年製作/90分/PG12/イギリス・スペイン合作 原題:The Rezort 配給:ポニーキャニオン スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む まずゾンビアポカリプス後の背景があってそれをサファリパークとしている設定が面白かった! 他のアポカリプス後を描いた作品あるけど、ゾンビを資源として考えるのは共通なんだな〜と思った 最初サファリで倒してたら資源枯渇しないのかなって疑問があったけど、序盤で出した難民を伏線としてて疑問回収できたから良かった〜 頭のイイ人は最初から分かってそうだけど それに掠ってただけだけど、ゾンビの権利団体とか名前が出てて、実際こんな世界になったらありそう!とか納得しちゃったし、小ネタっぽい設定が面白かった! こっからはちょっと否定的なんだけど、設定・背景は面白いのにストーリー展開は割と普通だったのがちょっと残念だったかも 死ぬ順番とか結構予想通りだったし、生き残るのも想定内だった だからゾンビ映画ホラー映画慣れしている人には、「あーね」ってなっちゃう あとキャラが死ぬことに対してあんまり悲しめなかったのも残念部分大きい…唯一武装系のおっちゃんに対してはショックがあった グロさもR12だからそこまででもないし、ビックリ度も少ない。 普段あんまり見ない人とかと一緒に見たりおすすめするのだったら向いてるかなー 過度なラブシーンとかないから一緒に見てて気まずくなんない!! 重要 こっちは勝手な見解なんだけど、基本的にこの映画のゾンビって目が白濁とかすっごい虚ろっていうより、まだ瞳の光? 的なものが残ってるなと感じた リゾート前夜祭シーンで拘束されてるゾンビが、パニック中にCEOのこと指差してたし、理性的な感情的なものが潜在的に残ってるのかなって思った もしかしたら難民者で殺される時の恨みが残ってるのかな〜 まあ全部妄想なんですけどね• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の