役立てていただければ幸いです。 「いただけると幸いです」の意味と使い方とは?敬語表現や例文紹介

英語英文ビジネスメール書き方3:ご活用(お役立て)いただけますと幸いです。ーhope (that)~useful

役立てていただければ幸いです

非常通信協議会に関連する以下の資料をPDFでご覧いただけます。 非常通信の円滑な実施体制の整備にお役立ていただければ幸いです。 非常通信規約• 非常通信運用細則• 非常通信確保のためのガイド・マニュアル等• 非常時の通信確保の在り方に関する調査検討報告書• 地方通信ルート策定のため指針 なお、各関連資料(PDF版)を開くためには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。 「Adobe Acrobat Reader」の最新版は、Adobe社のホームページにて「無償配布」されていますので、お持ちでない方は、次のURLを参照してダウンロードし、インストール願います。 御不明な点などがございましたら、中央非常通信協議会事務局までお問い合わせ願います。 非常通信規約等について 非常通信規約とは、非常通信の円滑な運用を図ることを目的として定めたもので、非常通信協議会はこの規約に基づいて活動しております。 また、非常通信運用細則は、非常通信規約に基づき非常通信の実施及び訓練に必要な事項を規定しております。 非常通信確保のためのガイド・マニュアル等について 本ガイド・マニュアルは、主として地方公共団体等において防災関係業務に携わる方々を対象に、災害等発生時の非常通信の確保に必要な事前準備及び非常時の措置について、分かりやすく解説した小冊子です。 本ガイド・マニュアルを有効に御活用いただき、非常通信体制の整備・充実及び災害時の非常通信の確保にお役立ていただければ幸いです。 なお、本ファイルは、「非常通信確保のためのガイド・マニュアル」を電子データ(PDFファイル)に変換したものです。 また、次のファイルは、非常通信協議会の組織及び活動内容について分かりやすく説明したパンフレット及びその記載内容を簡素化したリーフレットです。 本パンフレット及びリーフレットを有効に御活用いただき、非常通信協議会について理解を深めていただければ幸いです。 なお、本ファイルは、平成21年12月発行の「非常通信協議会パンフレット」及び「非常通信協議会リーフレット」を電子データ(PDFファイル)に変換したものです。 非常時の通信確保の在り方に関する調査検討報告書について 本報告書は、平成14年11月から平成16年3月まで計7回にわたり開催された「非常時の通信確保の在り方に関する調査検討会」における調査検討結果を取りまとめたものです。 非常の場合における通信計画の作成や実践的な非常通信訓練の実施等において、本報告書を有効に御活用頂き、非常時における円滑な通信の実施体制の確保にお役立てていただければ幸いです。 地方通信ルート策定のための指針について 「非常時の通信確保の在り方に関する調査検討会」では、非常時において迅速 かつ的確 かつてきかく に災害情報等を収集・伝達し、円滑に通信を確保するためには、被災市町村から都道府県までを結ぶ「地方通信ルート」を予め策定しておくことが必要であるとした。 そこで、本検討会では、他団体・他機関の自営通信システムを利用する「非常通信ルート」の策定を主な目的とした「地方通信ルート策定のための指針」を作成しました。 各地方公共団体及び各地方非常通信協議会におかれましては、本指針を有効に御活用頂き、非常時に強い地域社会の形成のためにお役立ていただければ幸いです。

次の

「お役立て頂けましたら幸いです」意味と使い方・メール例文

役立てていただければ幸いです

「お役立てください」には「そのものを十分に活用してください」「その価値を十分に活用してください」という意味が含まれている敬語表現ということができます。 そのため「お役立てください」を使うことができるのは、何かのものを相手に対して送った後や、送りたいとを感じている時であることがわかります。 そのようなタイミングで「お役立てください」の敬語表現を使うことによって、物が届いた時にそれを活用してより良い生活を送ってほしいと願っている事を表現できています。 普段の生活で、周りの人に対して贈り物をする機会の多い人にとっては「お役立てください」の敬語表現は実用的ということができるでしょう。 敬語「お役立てください」の使い方 「お役立てください」の意味について理解することができていたとしても、使い方について理解することはもっと難しいとされています。 なぜなら、どのような状況の中で「お役立てください」や敬語表現を使うことができるのか、また、どのようなフレーズと組み合わせて使うことができるのか、理解するのは簡単なことではないからです。 「お役立てください」の敬語表現の使い方について詳しく紹介します。 敬語の種類 「お役立てください」の敬語表現が1つだけだと考えている人もいます。 そのような人は「お役立てください」を敬語に言い換えた時にいつも同じフレーズを使っていることになります。 話を聞いている人は退屈に感じるに近いありません。 そのような失敗を避けるためにも「お役立てください」の別の敬語の種類について理解することが重要と言えます。 「お役立てください」の敬語の種類について詳しく紹介します。 お役立て頂ければ幸いに存じます 例えば「お役立て頂ければ幸いに存じます」という敬語表現を作成することができます。 「お役立てください」と同じような意味を相手に対して伝えていることになります。 しかし「お役立て頂ければ幸いに存じます」の方が深い敬意が示されているフレーズになります。 基本的には、このフレーズを聞いている人は、自分に対して何かを役立てるように命令されているのではなくて、ある特定のものを有効活用した時の、話し手の感情を理解することができるようになります。 なぜなら「幸いに存じます」という敬語表現で、話している人の感情を表現することができているからです。 使い方 「お役立てください」の敬語表現を自分の会話の中で使いこなすことができるようになりたいと感じる人はたくさんいます。 実用的なフレーズについて理解して、記憶することができれば、それなの敬語表現を自分の会話の中に取り入れることができます。 実用的なのは「何かのお役に立てれば幸いです」 例えば「何かのお役に立てれば幸いです」という敬語表現を使用することができます。 何かの贈り物を相手に対してした時には、このフレーズを使用することのできる絶好の場面です。 自分の送ったものが相手に対してまだ届いていないとしても「何かのお役に立てれば幸いです」という敬語表現を言うことによって、その物を使って欲しいと願っている事を表現できているからです。 注意したい点としては「何かのお役に立てれば幸いです」というフレーズを使用することによって「何か」に言及していることになります。 そのため、自分の送りたいものが何なのかを相手が理解しているのであれば、このフレーズを使用することができます。 ビジネスでの使い方 ご活用下さい 例えば「ご活用ください」という敬語表現が使われている例文を作成することができます。 「お役立てください」と同じような意味を伝えていることになります。 それでも、日常会話で使うことのできる実際的なフレーズになります。 例えば、職場の同僚が使用することのできる実用的な書類を作成したとします。 「この書類を望むのであれば使ってください」というメッセージを職場の同僚に対して伝えたいと考えているとします。 どのような表現が適切なのでしょうか。 そのような場面で役立つのが「よろしければ、この書類をご活用ください」という敬語表現になります。 相手に対して強制していないフレーズです。 しかも「よろしければ」という言葉を冒頭につけることによって、相手に対して選択肢を与えることが可能になります。 望む人だけが使用してほしいと感じている時に、この敬語表現を積極的に使うことができるでしょう。 「お役立てください」の類語 「お役立てください」と同じような意味のある類語はたくさんあります。 「お役立てください」という言葉を使うことによっても、意味はしっかりと伝えることができます。 それでも、類語について理解することができれば、的確に自分の考えを表現することができるようになります。 「お役立てください」の類語には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。 有効活用する 「お役立てください」と同じ意味のある類語として「有効活用する」というフレーズを作成することができます。 ただ活用するのではなくて「有効」に、つまり「効力や効果がある仕方」で活用するように求めていることになります。 良い道具が与えられたとしても、それを上手に使いこなせなければ、期待どおりの効果や結果を得ることができない場合が少なくありません。 自分が相手に対して送ったものを上手に使ってほしいと感じているのであれば「これを有効活用してください」という敬語表現を使用することができるでしょう。 お使い 「お役立てください」を「お使いください」というフレーズに言い換えることもできます。 全く同じような意味を伝えているわけではないということを覚えておきましょう。 「お役立てください」では、相手の利益のためにある特定のものを使ってほしいという意味を伝えていることになります。 しかし「お使いください」では、ある特定のものを使用するように求めているだけで、それを効果的に使用するように促しているわけではありません。 どのような利用方法でもいいので、相手の人が特定のものを使用してほしいと感じているのであれば「お使いください」というフレーズを選択することができることになります。 利用する 「お役立てください」と同じような意味を「利用する」という類語によっても伝えることが可能になります。 具体的には「このサービスを利用することができます」という例文を作成することができます。 何かのサービスを使うことができるのか、それとも、使うことができないのか、お客さんが確認をしてきたとします。 そのような時に「このサービスを利用することができます」という敬語表現を使うことによって、サービスを使うことができるという意味を相手に対して伝えることが可能になります。 普段から仕事でお客さんに対してサービスを提供しているのであれば、このフレーズを学ぶことは非常に重要です。 毎日のように使用することのできる敬語表現になるからです。 しっかりとした敬語表現が使われているので、話を聞いているお客さんも不快に感じることはないはずです。 「お役立てください」の敬語で幸福を願う 何かのものを相手に対して送った時には、自分が送ったものを有効活用してほしいと感じるのではないでしょうか。 どんな人でもそのような感じを抱きますが、だからといって、命令するような言葉遣いを使用したいと感じる人はほとんどいないはずです。 そのため、目上の人に対して何かのものを送ることがあるのであれば「お役立てください」の敬語表現を巧みに使用することが大切です。 「お役立てください」の敬語表現を使うことによって、自分の送ったものを役立ててほしいと願っていることを、丁寧に伝えることが可能になります。 職場の上司との友好な関係を築くためにも「お役立てください」の敬語表現を自分の会話の中に取り入れて行きましょう。

次の

京都通百科事典

役立てていただければ幸いです

お役立て = 役立てること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「お役立ていただければ幸いです」の意味は… 「役立ててもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「役立ててほしい!!」ということなのですが「~してもらえたらと嬉しいです」というようにして、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お役立ていただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「役立てる」• 仮定「たら・れば」で 「お役立ていただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お役立てしていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「役立てていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お役立ていただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】依頼・お願いビジネスメール 「お役立ていただければ幸いです」の使い方 上司や社外取引先・目上に何かしら役立ててもらいたいとき。 お願いのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】お役立ていただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「役立ててもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「お役立て をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 このたび、社員の皆さまのご要望を受け、来客用会議室が一部リニューアルいたしましたので下記のとおりお知らせいたします。 ぜひお役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 このたび、弊社では投資信託の販売サービス「ハイパー投信」を開始いたしましたので、下記のとおり仔細につきお知らせいたします。 少額からはじめられることに加え、契約もウェブ上だけで完結し、いつでも売買可能なサービスとなっております。 これを機にぜひお役立て頂けましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 もとになる単語「役立てる」• 仮定「たら・れば」で 「お役立ていただけたら」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも… 「お役立ていただければ幸いです」と似たようなフレーズには、• ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「お役立て くださいますようお願い致します」• 例文「お役立て いただきますようお願い申し上げます」• 例文「お役立て いただけますようお願い申し上げます」 もあります。 どちらも言いたいことは結局のところ同じで「役立ててほしい」という意味。 とくにビジネスメール締め・結びにつかわれることの多いフレーズですね。 謙譲語「いただく」なのか尊敬語「くださる」をつかうかの違いはありますが、どちらを用いても丁寧です。 なお「お願い申し上げます」は「お願い致します」に言い換えOK。 可能形にして「お役立ていただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「お役立て」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「お役立ていただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】お役立ていただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】お役立ていただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「お役立て」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお役立てくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお役立ていただければ幸いです」 例文「 どうかお役立ていただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お役立てくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お役立ていただければ幸いです」 例文「 何卒お役立ていただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 ぜひお役立てくださいますようお願い申し上げます」 例文「 ぜひお役立てくださいますようお願い致します」 例文「 ぜひお役立ていただければ幸いです」 例文「 ぜひお役立ていただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」 【まとめ】結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お役立てください• お役立てくださいませ• お役立ていただけますか?• お役立てください• お役立てくださいませ• お役立ていただけますか• お役立ていただけますでしょうか• お役立ていただきたく、お願い致します• お役立ていただきたく存じます• お役立ていただければと存じます• お役立てくださいますようお願い申し上げます• お役立ていただきますようお願い申し上げます• お役立てくださいませ• お役立てをお願い致します• お役立ていただきたく、お願い致します• お役立ていただきたく存じます• お役立ていただければと存じます• お役立ていただきますようお願い申し上げます• お役立ていただけますようお願い申し上げます• お役立てくださいますようお願い申し上げます• お役立ていただければ幸いです• お役立ていただければ幸甚に存じます• お役立ていただけましたら幸いです• お役立ていただけますと幸いです• お役立ていただけますと幸甚に存じます• お役立ていただけましたら幸甚でございます• お役立ていただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「お役立て をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の