マイル旅行券 種類。 【あつ森】マイル旅行券を効率良く大量入手する方法。マイル獲得マラソン周回で効率アップ

ANAとJAL、マイル有効期限延長など特別対応「来年度の旅行はいつから予約できる?」

マイル旅行券 種類

沖縄旅行にANAマイルを利用したい!• 沖縄にお得に行く方法教えて! こんな方に向けた記事となります。 こんにちは!sasasanです。 日本で一番人気のある旅行先の1つが沖縄ですね! 私も陸マイラーになってから年に1度は必ず旅行に行くのが沖縄なんです。 では沖縄に最もお得に行くにはどんな方法があるのか知っていますか? 最初に結論を書くと マイルを使っていくのが最もお得に沖縄旅行に行けます。 実は ANAマイルを使って沖縄に行く方法というのは複数あるのはご存知でしょうか? 本日はANAマイルを活用してお得に沖縄旅行に行く方法を紹介したいと思います! 沖縄旅行はANAマイルの特典航空券を活用するのが最もお得! ANAマイルを活用して沖縄旅行に行くうえで、最もお得なのが国内線特典航空券を取ることです。 ANAの特典航空券では3種類のシーズン設定があり、旅程時期によって必要マイル数が変わるんですよ。 ちなみにこのシーズン設定は毎年見直しがあり、設定日は変わっていきます。 ローは1月2月4月12月! それ以外は基本レギュラーになるって 覚えておこう! 例えば都内から沖縄に行くケースだとこのようになります。 ハイシーズン:63,000マイル• ローシーズン:42,000マイル 差は21,000マイルとなり、一人分増えるような感じです(笑) 休みが上手く取れる方は、時期をずらしてお得に特典航空券を予約するのも一つだと思いますよ! 大阪より西ならお得に沖縄旅行も可能!ANAマイルが少なくて済む!! 先ほどの必要マイル数ですがすべて区間マイレージ数によって決まってきます。 遠ければマイル数も多くなるというイメージですね! そして大阪より西側からの出発であれば、都内からよりも更に少ないANAマイル数で沖縄旅行が可能なんです。 大阪より西側の場合、301~800マイル区間の発着路線となります。 上記は必要マイルチャートなのですが、「301~800マイル区間」の場合だと• 札幌から沖縄は「1,001~2,000マイル区間」なので、• 「いっしょにマイル割」ならたったの10,000ANAマイルで沖縄旅行も可能! ANAマイルを利用した旅行テクニックの1つとして「いっしょにマイル割」というものがあります。 特徴としては下記のようになります。 会員本人はどの路線でも10,000マイル• 同行者は3名までで21,400円~36,600円を払う マイルが人数分もない!そんなにマイルを持っていない!という方向けのお得なANAマイルを活用した方法になります。 例えば都内からの沖縄旅行をする場合だと下記のようになります。 東京から沖縄の場合だと、26,400円~36,600円ですね。 また日程によっても運賃が違います。 下記は東京-沖縄のいっしょにマイル割の運賃設定になります。 ご搭乗期間(東京-沖縄) いっしょにマイル割 (通常)片道 いっしょにマイル割 (ピーク)片道 他路線料金一覧 片道 2019年10月27日~2020年3月28日 13,200円 18,300円 2020年3月29日~10月24日 18,300円 18,300円 ここで1つ注意してほしいところがあります。 実は日程によっては、この料金よりも安いケースも意外とあります(笑) 必ず、通常フライトの運賃も確認してお得かどうかを検証して利用するようにしてくださいね!! ANAトクたびマイルなら沖縄旅行が往復9,000ANAマイルで沖縄旅行! 通常マイルよりも劇的にマイル数が少なく沖縄旅行も可能なのが、「トクたびマイル」です。 ただ、この「トクたびマイル」ですが、本当に直前に発表されるんです(笑) つまり、急に暇が出来たからどこか行ってみようかな?なんて時に非常に楽しめる制度なんですよね! 【例】 対象搭乗期間が2020年4月9日(木)から4月15日(水)までの場合、 4月7日(火)に対象路線が告知されて、4月8日(水)0時から搭乗日前日まで予約が出来るようになります。 そしてこちらスクショがなく申し訳ないのですが、 沖縄だって出てくることもあるんです!! その場合、往復で必要なANAマイルは9,000マイル!! それと今週のトクたびマイルの対象外期間というのもあります。 (変更となる場合もありますのでご了承ください) また2020年6月現在は、新型コロナウイルス感染症に関する影響で今週のトクたびマイルは実施を中止中となっています。 再開については確定次第、案内が入るとのことです。 実はANAスカイコインでお得に沖縄旅行に行けるケースもある! ANAマイルの交換先は意外とたくさんあります。 その中に「ANA SKY コイン」というANAの航空券、旅行商品(国内ツアー、海外ツアー)などの支払いが可能な電子通貨みたいなものがあります。 ANAマイルは特典航空券への利用と使用用途が限られているのですが、ANAスカイコインは更に幅広く利用が出来るようになっているんですよ! 1ANAマイルは1スカイコインに交換することが出来ます。 つまり1,000マイルだった場合は、1,000スカイコイン(1,000円分)で利用が出来るわけです。 そしてここからが重要ポイント! 利用者の会員ステータス、所持ANAカードによって1倍から最大1. 7倍でANAマイルをスカイコインに交換することが可能なんです!! 例えば、ANA陸マイラーに人気のある を所持している場合、50,000マイル以上の交換であれば1. 6倍となり80,000スカイコイン(80,000円分)に交換が出来ちゃいます。 更にスカイコインで購入した航空券の場合、ANAマイルが通常と変わらず貯まるようになっています。 特典航空券の場合、マイルは貯まらないのでお得なケースというのも意外と多いんですよ! 沖縄旅行、ANAマイルの特典航空券とスカイコインどっちがお得? では具体的にANAマイルを使った特典航空券とスカイコインでどちらがお得なのかを見ていきたいと思います。 2020年8月28日~8月31日の日程で家族で夏休みの思い出で沖縄旅行に行くケースです。 こちらは家族3人でも取れる日程と時間での1人あたりの必要マイル数になります。 1人18,000マイルなので家族3人で54,000マイルが必要となりますね! 続いて有償チケットの場合だと1人あたり30,920円 家族3人だと92,760円。 マイル特典は54,000マイルに対して、有償だと92,760円。 マイルの方が一見お得そうに見えますよね!? ANAマイルをスカイコインにする場合、1人あたり19,325ANAマイルが必要となります。 6倍換算) 特典航空券の時よりも追加で1,325マイルが必要となる感じです。 ここで忘れてはいけないのは、 スカイコインでフライトを取った場合ANAマイルが貯まりますよね! 今回はスーパーバリューなので75%積算となり、東京-沖縄間だと738マイルが片道で貯まります。 往復で見ると1,476マイルが貯まります。 つまりこのケースで見ると、 スカイコインに交換した方が結果的に151ANAマイル分お得になるわけです! 更に言うと、今回のケースで特典航空券は時間帯がほとんど選べる状況ではありませんでした。 ところが有償チケットであれば、全時間帯を選べるようになります。 (ただし、選ぶ時刻によってはフライト代が更に上がるケースもあるし、下がるケースもありますよ!) このように日程によっては、スカイコインの方がお得に沖縄旅行に行けるケースも出てくるわけですね! ただ、繁忙期においてはやはりANAマイルを利用した特典航空券の方が断然お得に沖縄旅行に行けます。 ご自身が行きたい日程をある程度見定めたら、色々なケースを想定して比較検討をするといいですよ! まとめ 今回は沖縄旅行に行くためにANAマイルを活用した方法を紹介しました。 全部で4種類ありますが、それぞれの特徴がありますね!• ただし、人によっては必要マイルが足りないことだったり、争奪戦で取れなかった!なんてことも往々にしてあります(笑) そんな時にはANAスカイコインを活用するといいと思います。 それ以外にも場合によってはいっしょにマイル割の方がお得に行けるケースだってあります。 そしてフラッと急に行きたくなった!!なんて時はまずは「トクたびマイル」をチェックしましょうね! どの方法もそうですが、ANAマイルが沢山あると色々な方法で沖縄旅行に行くことが出来るようになります。 それも普通に行くよりも断然お得に行けるんですよね。 というわけでどんな方法であっても、ANAマイルを大量に貯めることが沖縄旅行に行く一番お得な近道かもしれませんね!! 実は一番お得なポイントの使い方はマイルに交換が正解! これであなたも今日から陸マイラーとして毎年超お得に海外旅行はどうですか?.

次の

【あつ森】離島ツアーの種類と行き方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

マイル旅行券 種類

Suicaへのチャージで貯まる• 定期券の購入で貯まる• 乗車券や特急券の購入で貯まる 注意点として、「JALマイル」と「JRE POINT」を 両方同時に貯めることはできません。 基本的には、 Suicaチャージや切符などJR東日本のサービスや鉄道利用分は「 JRE POINT」が貯まり、 JALの飛行機や普段のクレジットカード利用では「 JALマイル」が貯まるとざっくり考えておけばほぼ間違いありません。 これだけカバーできていれば、日常生活から航空券の購入に至るまで、どの場面でもどちらかのポイントは貯まっているのですから、すごいですよね。 特に「Suica」へチャージさえしてしまえば、コンビニや自動販売機、飲食店など利用の幅が広がるので、 チャージでもポイントが貯まるのは大きな魅力です。 どれを選んでも年会費がかかりますが、 「CLUB-Aカード」以上は年会費が非常に高いので、ほとんどの人は「普通カード」で大丈夫です。 JALマイルやJRE POINTの貯まり方で特段不利になることもありませんし十分だろうと思います。 これまでJALカードを一度も発行したことのない方であれば、 「普通カード」の年会費が1年間無料になります。 自分に合うかどうかも含めて試してみたい場合は、ぜひ「普通カード」で発行してみるのがおすすめです。 「 JALカードショッピングマイル・プレミアム」は、通常は200円で1マイル貯まるところを、常に100円で1マイル貯まるというサービスです。 2倍貯まりやすくなるんですね。 年会費が3300円別途必要になりますが、そもそも マイルをためる目的でこのクレジットカードを持つ人も多いので、入会する人は多いようです。 「CLUB-Aカード」以上のJALカードSuicaを持つメリットは? 「 JALカードSuica CLUB-Aカード」は、 入会時のボーナスマイルが豊富です。 年会費は高いですが、普通カードよりも 飛行機の搭乗でもらえる「フライトマイル」は貯まりやすく、飛行機をよく使う人にとってはメリットも大きいです。 また、 JGC(JALグローバルクラブ)というステータス会員になるためには、 「CLUB-Aカード」以上を持っていることが条件になるので、その場合も選択肢に入ってくるでしょう。 「JALカードSuica」の便利な機能 ここからは、「JALカードSuica」を よりお得に使える便利な機能について解説していきます。 SuicaへのチャージでJRE POINTが貯まる! 普段の生活で最も便利なのは、やはり「 Suicaチャージでもポイントが貯まること」です! 駅のコンビニや街中の自動販売機など、いたるところで「Suica」などの電子マネーを利用することができますよね。 もちろん、電車に乗るときもSuicaさえあれば切符を買う手間暇もなく、場合によっては切符で買うよりもお得に乗車することができます。 駅の券売機などで現金でチャージをするのが一般的かもしれませんが、「JALカードSuica」を持っていれば、お手持ちの 「Suica」にクレジットカードでチャージすることができます。 (より画面引用) JR東日本の主要な駅などにあるATM「 VIEW ALTTE」で、上記のようなリンク設定をすることで、 オートチャージをすることもできます。 「JALカードSuica」に付属しているSuicaへのチャージ、別で持っているSuicaへのチャージ、モバイルSuicaへのチャージなど、 自分の利用スタイルに合わせてチャージの設定ができるのも便利です。 チャージの設定さえしてしまえば、後はそのSuicaを使うだけ。 チャージするときにポイントは既に貯まっているので、チャージ後は気兼ねなくSuicaを利用できます。 定期券の購入でJRE POINTが貯まる! そして最大のおすすめポイントがこちら。 定期券の購入でも「JRE POINT」が貯まるというサービスです。 自宅から会社までの経路でJR東日本の区間がある方は、ぜひとも利用してみてほしいです。 例えば、6か月定期で5万円かかるとしましょう。 会社から支給されることが多いとはいえ、やはり大きな出費ですよね。 何も知らなければ、このまま現金で支払っておしまいですが、「JALカードSuica」を使って券売機やみどりの窓口などで購入すれば・・・ 「JALカードSuica」には、Suicaの機能が備わっていますが、 「JALカードSuica」そのものに定期券機能を付けることはできません。 (ちょっと不便ですね笑) 定期券を購入する場合は、他にもう1枚Suicaが必要になるので、別途準備するように注意しましょう! おわりに 「 JALカードSuica」は、通勤などの移動から日常生活でのSuicaの利用まで、 余すことなくマイルの貯めることのできる、非常に効率的なクレジットカードです。 マイルをたくさん貯めて旅行に行きたい!という方には、間違いなくおすすめできる1枚だと思います。 定期券などの大きな出費や日常での細々した支出にも、ポイントやマイルを付けたい方は是非検討してみてください! それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。 関連するおすすめ記事.

次の

ANAファーストクラス航空券をマイルで再予約!

マイル旅行券 種類

JAL国際線で用意されている5つのアップグレード そうしたアップグレードの仕組みが用意されているのは、我が家が好んで愛用しているJALの運航する国際線でも同じ。 実際、• 有償航空券へのマイルを利用した事前アップグレード• 有償航空券へのマイルを利用した出発当日の空港でのアップグレード• 特典航空券への追加マイルを利用した出発当日の空港でのアップグレード• 有償航空券への無償でのインボラアップグレード• 特典航空券への無償でのインボラアップグレード というように、航空券の種類やアップグレードの時期、アップグレードのために支払う対価の有無などで、合計5種類に分類されるアップグレードが提供されています。 有償航空券へのマイルを利用したアップグレード 航空券へのアップグレードで最も確実性が高く、一般的なものと言えば、それは間違いなく有償航空券へのマイルを利用したアップグレード。 このアップグレードは、• 一定以上の予約クラスの有償航空券を対象• 路線ごとの必要マイル数を追加負担することで、1つ上の上位キャビンクラスが利用可• エコノミークラスやプレミアムエコノミーからのファーストクラスへの2段階アップグレードは不可• アップグレード後の航空券利用で加算されるマイルや上級会員ポイントはアップグレード前のもの• 手続きを行うための手数料負担は不要 といった条件で提供されるサービスです。 Y、B、H、Kの4種類(ツアーなどでの予約・利用は除く) というように厳しく設定されているため、安価な航空券での利用は元々不可という制限がありますから、いつでも気軽に利用できるものではありません。 しかし、そうした制限が設けられていることと引き換えに、• 予約と発券が完了した時点から事前アップグレードの手続きが可能• アップグレードの方が特典航空券よりも提供空席数で優遇• アップグレード完了後でも無料でキャンセル可能• 事前アップグレードができなくても、出発当日の空港で開放された空席を利用したアップグレードも可能• 出発当日の空港では割引されたお得なマイル数での利用も可能 といった形での優遇も用意され、予約クラスの条件さえ満たせるならとても利用しやすいサービスです。 特典航空券への追加マイルを利用した出発当日の空港でのアップグレード こうしたアップグレードは有償航空券だけのものではなく、マイルを利用して予約・発券を行う特典航空券でも同じようなサービスが提供されています。 それが、特典航空券の出発当日の空港でのアップグレード。 このアップグレードは、• すべての特典航空券が対象• 元々の予約とアップグレード先となる1つ上の上位クラスとの必要マイル数の差額を追加で支払うことでアップグレードが可能• 出発当日の空港のみでの取り扱いとなり、それまでは事前の手続きは不可• エコノミークラスやプレミアムエコノミーからのファーストクラスへの2段階アップグレードは不可• 手続きを行うための手数料負担は不要 となっていて、対象となる航空券は幅広いことが大きなメリットですが、その一方で手続きが可能になるのは出発当日の空港のみと、その時に空席が残っているのかという部分が運任せになってしまうのは、状況に応じで事前の手続きも選択可能な有償航空券のアップグレードと比較しても残念なポイントです。 切り替えアップグレードの廃止とその後の代替案 こうして、事前のアップグレードが提供されていない特典航空券へのアップグレードですが、2018年12月4日に実施されたJAL国際線特典航空券PLUSの導入前までは、特典航空券を対象とした事前のアップグレードとして、出発4日前までの切替アップグレードも利用可能でした。 この切り替えアップグレードでは、電話発券手数料(航空券取扱手数料)として2,160円の手数料負担こそ必要だったものの、差額のマイル数さえ支払えるのなら、エコノミークラスやプレミアムエコノミーからのファーストクラスへの2段階アップグレードも可能という、今現在の特典航空券の出発当日の空港でのアップグレードにはないメリットも。 実際、私も繁忙期上位クラス複数人分の予約確保を目的にちょくちょく愛用していたため、JAL国際線特典航空券PLUSの導入と同時に行われたこのサービスの廃止はとても残念な出来事として記憶されることになりました。 そんな特典航空券への事前アップグレードが廃止された今、差額のマイルを支払っての上位クラスへの切り替えが完全にできないのかというと、実はそうではありません。 なぜなら、すでに予約済みの特典航空券としての予約を一度キャンセルし、再度上位クラスの特典航空券を新規の予約として予約し直すことで、最終的には同じ結果を得ることができるから。 ただし、この方法では、すでに廃止された事前の切り替えアップグレードに比べ、• 手数料負担が廃止前の2,160円から最小で3,100円(ホームページでの手続き時)から最大8,500円(電話での手続き時)まで増加する• 往復の予約などでは、上位クラスへの切り替えを行わない旅程もキャンセルされた結果、他の利用者に確保されてしまうリスクがある などのデメリットがあるため、完全に切り替えアップグレードを代替するものではなく、気軽に利用できるものでもなくなってしまっています。 お得で魅力的なインボラアップグレード そうしたアップグレードの中で、最もお得で魅力的な異色のサービスとして用意されているのが、インボラアップグレード(インボランタリーアップグレード)です。 このインボラアップグレードは追加の料金負担やマイルの負担もなく、より上位のキャビンクラスへの無料アップグレードが提供されるサービスのこと。 実際、エコノミークラスとその1つ上のビジネスクラスはもちろん、ビジネスクラスと最上位となるファーストクラスの間では、運賃の差額自体がとても大きなことから、インボラアップグレードは、数万円から数十万円もの価値がある貴重なサービスなのは間違いありません。 ただし、JALの提供するインボラアップグレードは基本的に上位のキャビンクラスに空席がある時でも、その空席を埋めるように積極的に行われるものではなく、あくまで下位クラスが満席の時に、上級会員などの対象者を絞った上で行われるという性質を持つというのは要注意。 そのため、予約した便が出発当日に満席や満席に近い状況にならない限り、基本的にはインボラアップグレードは提供されないため、想像以上に運任せの要素を持つアップグレードサービスです。 出発当日の空港でのアップグレードとインボラアップグレードの相性 こうした特長を持つインボラアップグレードと特に良好な相性を持つアップグレードといえば、• 有償航空券へのマイルを利用した出発当日の空港でのアップグレード• 特典航空券への追加マイルを利用した出発当日の空港でのアップグレード の2つ。 なぜなら、空港のチェックインカウンターなどで、インボラアップグレードの提供がないとわかった時点からでも、マイルを追加負担することで、上位クラスへのアップグレードが確保できる選択肢が残されているから。 逆に、有償航空券へのマイルを利用した事前アップグレードでは、事前に手続きを完了した時点で、上位クラスへのアップグレードの確保が確定するものの、もしかすると追加マイルの負担なしに提供されていたかもしれないインボラアップグレードのチャンスを無駄にしてしまうというリスクもあります。 もちろん、確実に上位クラスを利用したい時には有償航空券へのマイルを利用した事前アップグレードはとても有能なサービスですが、一方で、上位クラスの利用が必須ではない時には、運試しを兼ねたインボラアップグレードの成否を確認し、その後、追加マイルを支払った上での出発当日の空港でのアップグレードの手続きを希望するというような使い分けもおすすめです。 まとめ かつては6種類が存在し、今現在は5種類がJALによって提供されているアップグレード。 この5種類のアップグレードは、最終的に上位クラスが利用できるという結果は同じものの、利用できる状況や条件、それに伴うお得度など、それぞれ大きく異なる特長を持っているため、全くの別物に感じられるかもしれません。 しかし、一見別々のサービスとして提供されていると感じるそれぞれのアップグレードでも、• 確かに、シンプルな印象を感じながら気軽に利用できる特典航空券に比べ、アップグレードには複雑なルールや制限が設けられているため、苦手意識を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 それでも、快適な飛行機での利用を実現するための選択肢の1つとして、少しだけ積極的な活用を検討してみるのもおすすめだと思いますよ。

次の