アグネス チョウ 可愛い。 【画像30枚】周庭がかわいい!欅坂46不協和音が好きと話題に?

【最新】香港デモの理由をわかりやすく徹底解説!逃亡犯条例・一国二制度・雨傘運動とは?|Media Sunshine

アグネス チョウ 可愛い

アグネス・チョウさんプロフィール 出典:インスタグラム 生年月日:1996年12月3日 22歳 英語名:Agnes Chow Ting 中国名:周庭 出生地:香港 職業:デモシスト(中国名:香港衆志)常務委員、大学生 大学:バプテスト大学(香港浸会大学) 宗教:カソリック 言語:英語、中国語、日本語 国籍:2018年までイギリス、香港の二重国籍 2018年にイギリス国籍を放棄 出典:Hong Kong Free Press アグネス・チョウさんの政治活動歴 アグネス・チョウさんが中学生の時、香港の義務教育に中国の中央政府に対する愛国心を育成する愛国教育を加えようとしたため、学生たちが「洗脳教育だ」と一斉に反発して学生運動が起きました。 アグネスさんはその中心となった、学民思潮(英語名:スカラリズム)のメンバーとなります。 2014年、17歳の時に 「雨傘運動」で学民思潮の広報担当として一躍名前を知られる存在となりました。 「雨傘運動」とは、日本の国会にあたる全人代が、行政長官選挙で民主派の立候補を制限する方針を決定したことがきっかけで、学生を中心とする市民の反発を招き大規模なデモとなったものです。 アグネスさんは学生ストライキに参加し、香港政府庁舎前で抗議デモを行っています。 デモ参加者が催涙弾を避けるために、雨傘やマスク、ゴーグルなどを活用したことから、「雨傘革命」と呼ばれるようになりました。 雨傘運動当時、14歳のアグネス・チョウさん。 出典:Hong Kong Free Press 2016年、アグネスさんはネイサン・ロー 中国名:羅冠聡 さん、ジョシュア・ウォン 中国名:黄之鋒 さんらと一緒に、香港の自決権を掲げるデモシスト 香港衆志 という政党を創設して初代副事務局長を務めました。 2018年1月、アグネスさんは立法会議員補欠選挙に立候補の届け出をしました。 アグネスさんは、当初自分が立候補することは考えていなかったそうですが、2017年にデモシストの仲間3人が収監されて、立候補を決意したそうです。 アグネスさんはこの出馬のために規定に従ってイギリス国籍を放棄したそうです。 中国への返還前に香港に出生した人は、英国領ということでイギリスと香港の両方の国籍を持つことができたそうです。 アグネスさんは香港返還を0歳で迎えていますので、ぎりぎりイギリス国籍が与えられた世代だったようですね。 しかし、二重国籍のままでは議員に立候補はできない規定だったのでしょう。 また、学業との両立は難しかったようで、大学4年生だったアグネスさんは留年を余儀なくされています。 これほどの犠牲を払って立候補したにもかかわらず、 デモシストの党綱領が香港基本法に反するとの理由で、立候補届は不受理となったそうです。 アグネスさんが立候補したら当選する可能性が高いので、なんとか出馬させまいとする力が働いたのでしょうね。 2018年12月、ジョシュア・ウォンさんとともにワシントンの人権保護団体、ラントス・ファンデーションから「人権賞」を授与され、パスポートを没収されたジョシュア・ウォンさんに代わり授賞式に出席しています。 さん chowtingagnes がシェアした投稿 — 2018年12月月17日午前2時56分PST アグネス・チョウさんの逮捕歴 活動家アグネスさんは、これまでに2度逮捕されています。 2017年、中国の習近平総書記の香港訪問を間近に控えた2017年6月28日夜、アグネスさんはゴールデン・バウヒニア広場で「ブラック・バウヒニア」(バウヒニア・ブラケアナ像を黒い布で覆う抗議行動)に参加したところ、 公衆妨害罪で逮捕されてしまいました。 が、31時間拘留された後で釈放されています。 2度目の逮捕はつい最近で、日本でも大きく報道されました。 2019年6月から起こった逃亡犯条例に反対する抗議活動で、 デモ隊の警官包囲に関与したとされ、8月にジョシュア・ウォンさんとともに逮捕されました。 しかし、1日たたないうちに釈放されて、日本のマスコミのインタビューに応じていましたよね。 ここが香港で逮捕されるのと中国で逮捕されるのの違いだと言う人もいます。 アグネスさんは、「何度逮捕されようが起訴されようが屈しない」とコメントをされていました。 アグネスさんにしてみれば、逮捕は想定内、名誉の負傷と割り切っているのではないでしょうか。 アグネス・チョウさんの政策とは アグネスさんの政策には2つの大きな柱があって、それは教育と土地利用計画だそうです。 教育面では、学生の間にストレスが高まり自殺も増えているので、各校にカウンセラーを置くことや、教師を契約ベースではなく常勤にすることなどを挙げています。 教師が常勤でないのは意外ですよね。 今の香港では、民主主義国家では当たり前のことを実現するのが難しいのでしょうね。 スポンサーリンク 土地利用計画では、香港政府のランタオ島埋め立て計画は、巨大ディベラッパーが得するだけのプロジェクトだと批判しています。 このプロジェクトは、ランタオ島(大嶼山)に1700ヘクタールの人工島を建設する計画で、市民の意見をきいたり討論したりすることが全くないままに決まったプロジェクトだそうです。 しかも行政長官の一存で、埋め立て面積、埋め立て場所とも当初の発表とはすっかり変わってしまったのだそうです。 アグネス・チョウさんの現在は アグネス・チョウさんは8月に逮捕され、すぐに釈放されましたが、香港では裁判に時間がかかり判決までに2年から2年半はかかるそうです。 逃亡犯条例はいったん廃案になりましたが、アグネスさんらは5つの要求が叶うまで闘いを続けるそうです。 香港警察は6月9日から、累計で1800発以上の催涙弾を撃ちました。 Picture from the Internet — 周庭 Agnes Chow Ting chowtingagnes アグネスさんは日本語でツイッターもしていて、日本人に香港デモへの支持を訴えています。 日本のメディアにも頻繁に登場しています。 片目を隠しているのは、ぶりっこしてるわけではありません 念のため。 警官との衝突で右目を失明したデモ参加者の女性への共感を示すため、このポーズをしているのだそうです。 — 周庭 Agnes Chow Ting chowtingagnes アグネス・チョウさんが日本が上手な理由は アグネスさんは、日本のアイドルやアニメが大好きで、日本語は独学で覚えたそうです。 一押しは嵐の二宮くんで、乃木坂46などのJ-POPを聴くこともあるそうですよ^^ 硬派なのにオタクな面もあるのが魅力的ですよね。 前回日本に来た時は、通訳がいなければ何もわからなかったそうですが、今は日本語で堂々とスピーチしています。 これが独学とはすごいですね! アグネスさんが今年の6月に明治大学で行った、日本語での講演を見てみましょう。

次の

周庭(アグネスチョウ)は日本語がなぜうまい?上手な理由はアニメ好きで独学をしていたからだった!

アグネス チョウ 可愛い

翻訳され中国ネット拡散... 非難相次ぐ 「自衛隊を派遣して香港の自由を守れ」。 広報紙「幸福実現NEWS」の2019年9月4日付特別号では、こんなタイトルで、宗教団体「幸福の科学」創始者で同党総裁の大川隆法氏の「霊言」を紹介した。 それによると、大川氏は、中国の習近平国家主席とアグネスさんの本音を探ったとし、アグネスさんについて、その守護霊が「できたら香港独立まで持っていきたい」と語ったとした。 さらに、守護霊は、死ぬことで正しさを示せると覚悟を口にしたとして、日本への期待を次のように述べたとした。 「できたら、自衛隊を送っていただきたい。 邦人保護の名目で」 「そしたらアメリカも動きますから」 「アメリカ、イギリス、日本が軍隊を送ってきたら戦い続けることは可能です」 そのうえで、同党の主張として、香港の自由が失われれば、中国は沖縄なども狙ってくるとして、中国がデモに軍事介入した場合、中国の覇権主義に対抗するためにも、法改正して自衛隊を派遣すべきだと述べている。 大川氏の霊言については、近日中に本にまとめて出版する予定だともしている。 アグネスさん守護霊の発言は、中国語にも翻訳されて、中国の一部ネット上で、本人による直接の発言として拡散した。 そして、アグネスさんについて、香港独立分子であり、香港への自衛隊介入を望んでいて、おかしくなったなどと非難が相次ぐ事態になっている。 「地上の御本人の発言ではありません」 これに対し、アグネスさんは9月5日、ツイッター上で「声明」を出し、こうした見方を否定した。 「最近、ある日本の政党の出版物に、私の名を騙って、私が『自衛隊に香港を助けてほしい』と主張していると書かれていました。 私はこのようなことは言っていませんし、このような主張はしていません。 私について誤解を招くような文章を削除し、訂正することを求めます」 この声明を受けて、幸福実現党は6日、次のような自らの「声明」を日本語のほか中国語や英語でも公式ツイッターにアップした。 「周庭氏より『幸福実現NEWS』特別号に掲載されている内容につき、一部削除要請がありましたが、本内容は、周庭氏の守護霊の発言を紹介したものであり、地上の御本人の発言ではありません。 『霊言』とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象です。 私たち幸福実現党は宗教政党として、中国共産党の覇権主義を止め、香港および世界の自由・民主・信仰を守るためにこれからも戦い続けてまいります」 その後、特別号の改訂版を出し、見出しや文末に「アグネス氏守護霊」と付け加えて強調し、アグネスさんの写真も削除した。 さらに、公式サイトでこうした対応の報告を行い、中華系ニュースサイトに特別号が「周庭氏本人が日本に自衛隊派遣を要請している」という誤った内容で拡散されたとして、「厳しい環境の中で民主化運動にご尽力されている周庭氏におかれましては、誤解に基づくとはいえ、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。 なお、「守護霊の発言」として語られた自衛隊派遣などの内容は、7日11時現在でそのまま残されている。 「言論の自由のもとに撤回及び部分訂正を行う予定はない」 幸福実現党の広報本部は9月6日夜、J-CASTニュースの取材に答えて、同党の考え方などを説明した。 すでに公式ツイッターで公表していた「声明」などの内容に加え、自衛隊派遣などの霊言を載せた改訂版や本の内容については、「御本人の発言であるとの誤解を与える余地はありません」とし、「邦人保護のための自衛隊派遣など重要視点もあるため、表現の自由、言論の自由のもとに撤回及び部分訂正を行う予定はありません」と答えた。 アグネスさんから直接抗議などがあったかについては、「9 月5 日にご自身のツイッター上で出された『声明』以外で、幸福実現党向けのメッセージはありません」とした。 なぜ香港の民主活動家を支援しているのかについては、党公約にも掲げていることだとして、次のように説明した。 「幸福実現党は立党以来、中国の覇権主義を止める国防の大切さを訴えると同時に、ウイグル、チベット、内モンゴル等における中国政府による人権弾圧を改めるために、国連に意見書を提出する等の活動を行ってきました。 宗教政党として中国におけるこれ以上の人権弾圧を見過ごすわけにはいかないからです」.

次の

周庭(アグネス・チョウ) 香港 可愛いウサ耳?インスタ画像あり

アグネス チョウ 可愛い

翻訳され中国ネット拡散... 非難相次ぐ 「自衛隊を派遣して香港の自由を守れ」。 広報紙「幸福実現NEWS」の2019年9月4日付特別号では、こんなタイトルで、宗教団体「幸福の科学」創始者で同党総裁の大川隆法氏の「霊言」を紹介した。 それによると、大川氏は、中国の習近平国家主席とアグネスさんの本音を探ったとし、アグネスさんについて、その守護霊が「できたら香港独立まで持っていきたい」と語ったとした。 さらに、守護霊は、死ぬことで正しさを示せると覚悟を口にしたとして、日本への期待を次のように述べたとした。 「できたら、自衛隊を送っていただきたい。 邦人保護の名目で」 「そしたらアメリカも動きますから」 「アメリカ、イギリス、日本が軍隊を送ってきたら戦い続けることは可能です」 そのうえで、同党の主張として、香港の自由が失われれば、中国は沖縄なども狙ってくるとして、中国がデモに軍事介入した場合、中国の覇権主義に対抗するためにも、法改正して自衛隊を派遣すべきだと述べている。 大川氏の霊言については、近日中に本にまとめて出版する予定だともしている。 アグネスさん守護霊の発言は、中国語にも翻訳されて、中国の一部ネット上で、本人による直接の発言として拡散した。 そして、アグネスさんについて、香港独立分子であり、香港への自衛隊介入を望んでいて、おかしくなったなどと非難が相次ぐ事態になっている。 「地上の御本人の発言ではありません」 これに対し、アグネスさんは9月5日、ツイッター上で「声明」を出し、こうした見方を否定した。 「最近、ある日本の政党の出版物に、私の名を騙って、私が『自衛隊に香港を助けてほしい』と主張していると書かれていました。 私はこのようなことは言っていませんし、このような主張はしていません。 私について誤解を招くような文章を削除し、訂正することを求めます」 この声明を受けて、幸福実現党は6日、次のような自らの「声明」を日本語のほか中国語や英語でも公式ツイッターにアップした。 「周庭氏より『幸福実現NEWS』特別号に掲載されている内容につき、一部削除要請がありましたが、本内容は、周庭氏の守護霊の発言を紹介したものであり、地上の御本人の発言ではありません。 『霊言』とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象です。 私たち幸福実現党は宗教政党として、中国共産党の覇権主義を止め、香港および世界の自由・民主・信仰を守るためにこれからも戦い続けてまいります」 その後、特別号の改訂版を出し、見出しや文末に「アグネス氏守護霊」と付け加えて強調し、アグネスさんの写真も削除した。 さらに、公式サイトでこうした対応の報告を行い、中華系ニュースサイトに特別号が「周庭氏本人が日本に自衛隊派遣を要請している」という誤った内容で拡散されたとして、「厳しい環境の中で民主化運動にご尽力されている周庭氏におかれましては、誤解に基づくとはいえ、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。 なお、「守護霊の発言」として語られた自衛隊派遣などの内容は、7日11時現在でそのまま残されている。 「言論の自由のもとに撤回及び部分訂正を行う予定はない」 幸福実現党の広報本部は9月6日夜、J-CASTニュースの取材に答えて、同党の考え方などを説明した。 すでに公式ツイッターで公表していた「声明」などの内容に加え、自衛隊派遣などの霊言を載せた改訂版や本の内容については、「御本人の発言であるとの誤解を与える余地はありません」とし、「邦人保護のための自衛隊派遣など重要視点もあるため、表現の自由、言論の自由のもとに撤回及び部分訂正を行う予定はありません」と答えた。 アグネスさんから直接抗議などがあったかについては、「9 月5 日にご自身のツイッター上で出された『声明』以外で、幸福実現党向けのメッセージはありません」とした。 なぜ香港の民主活動家を支援しているのかについては、党公約にも掲げていることだとして、次のように説明した。 「幸福実現党は立党以来、中国の覇権主義を止める国防の大切さを訴えると同時に、ウイグル、チベット、内モンゴル等における中国政府による人権弾圧を改めるために、国連に意見書を提出する等の活動を行ってきました。 宗教政党として中国におけるこれ以上の人権弾圧を見過ごすわけにはいかないからです」.

次の