遊戯王 最新 あんてな。 遊戯王のおすすめアンテナサイトまとめ!ブログアンテナ・デッキアンテナ・リンクスも

【遊戯王vrains 動画・感想】遊戯王ヴレインズ(VRAINS) 最新話の見所と、動画を見逃した時に見れるサイトをチェック!!【感想】

遊戯王 最新 あんてな

E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 遊戯王OCGに収録されている【レジェンドデュエリスト編6】のE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ ・内容を2019年10月18日《2019年10月新制限》に更新しました。 【E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 】デッキは遊戯王GXで登場しカテゴリー化されました。 今回はE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ デッキの回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。 【E・HEROデッキ】大会優勝デッキレシピ 【大会情報】 本日の 『遊戯王ランキングデュエル(シングル戦)』 優勝は「阿頼耶識」さんです! おめでとうございます! はこちら。 超融合でのメタカードとしても有用で、漫画についているが故に高騰もあまり起きなかった珍しいカードではありますが、遊戯王GX第4巻の付録カードな分取り置きとかシングルとかで自由に相場を見れるというのが大きいですね。 このカードがフィールド上から離れた時、相手フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。 《》はフィールドから離れた場合に全体除去を打てるので「カウンターとしても優秀」ですし、何よりソリッドマンが手札交換を行えるので事故回避にもつながっているという・・・っていう面はやっぱりありました。 また、このデッキではマスクチェンジも採用しているのでアシッドも出す事が出来ます。 HEROデッキであればこちらも欲しい所。 エアーマンを召喚して、融合使ってという感じで戦う感じでオネスティネオスによる「打点アップを利用して戦う」ビートダウンのようなものになります。 HEROデッキでは優勝デッキ等に採用されてる事は少ないものの、カジュアルな面では1枚持っていると活躍できる&属性メタとして使えるカードなのであると便利かもしれませんねー」 【E・HEROデッキ】の優勝デッキレシピです。 大会情報等を参考にリキッドマンやサンライザーを出せるように構築しています。 シャドーミスト等の採用は勿論、 採用枠にミラクル・フュージョン等を入れて動きやすく調整したりしていました。 また編集して紹介しようと思います。 【 モンスター 】18• D-HERO ダイナマイトガイ• D-HERO ディシジョンガイ• E・HERO エアーマン• E・HERO オネスティ・ネオス• E・HERO シャドー・ミスト• E-HERO アダスター・ゴールド• E・HERO ソリッドマン• V・HERO ヴァイオン 【 魔法 】18• おろかな埋葬• ハーピィの羽根帚• ヒーローアライブ• ダーク・コーリング• 大欲な壺• 死者蘇生• 無限泡影 【E・HEROデッキ】 エレメンタルヒーローデッキ 大会優勝デッキレシピ 「E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の大会優勝デッキ欄です。 大会で優勝した際にはここで紹介していきます。 また最速で優勝情報を知りたい人はツイッターなどの公式検索がオススメです。 ただしこれもE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ に限らずですが様々なコンセプトが登場しており 「全体的にE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ で完結しにくい」ってのが難点でもあったりして最終的に全部のHEROを網羅しないとダメだったりするってのはあるんですよね。 ただし、今作においてはHEROも新規の登場で『E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ をメインにして組みやすい』方向性に変わったのは事実。 特に水属性のHEROである《E・HEROリキッドマン》はデッキ構築を大きく変える存在となりました なんせ蘇生効果も使えるので《》でまた効果を使える事《》や手札でかさばる場合はに補填してもらうなどの動きが出来るようになったためです。 故に手札や墓地等に応じて様々な展開が可能になりました。 デメリットも多いけど、実際どれくらいの影響が出るわけ?」 最新E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ は他のHEROと合わせられる!? E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 「実はあまり出ないっぽいんですよねー。 というのもまず《》のデメリットを解決していくとで出したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊されます。 そのままでも相手ターンまで生き延びるので問題は無いのですが、逆に言えば「一度素材にして蘇生させる」とそのまま盤面に出しておけばクロスガイ等の流れが簡単に出来てしまう・・・と言うわけです。 また、その流れに合わせてリキッドマンが存在すると融合素材で墓地を肥やせるので手札にディアボリックガイを捨てるような動きも可能ですし・・・実はまたまたD・HEROデッキの強化なのでは?という話まで出ているほどで」 「こうやって聞いてると「HERO全体に名称シナジーがあるのが最大の問題」になってくるのよね・・・。 「 うっ・・・それを言われると何も言えない。 【E・HEROデッキ】 エレメンタルヒーローデッキ 回し方。 動かし方,展開など E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ は他のHEROと合わすと吉! E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の新規をザっと振り返れば融合強化になったのは間違いありません。 が、それ以上にHEROのシナジーが強すぎるのです。 《》はフィールドから離れた場合に全体除去を打てるので「カウンターとしても優秀」ですし、何よりソリッドマンが手札交換を行えるので事故回避にもつながっているという・・・。 ただ、E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ だけの枠組みで考えるとかなり簡単なデッキでもあります。 エアーマンを召喚して、融合使ってという感じで戦う感じでオネスティネオスによる「打点アップを利用して戦う」ビートダウンのようなものになります。 この付近でもM・HEROの存在があってあまり大きくは語れないんですが『』 またソリッドマン・リキッドマンを素材で融合してE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の新規サンライザーを融合召喚すると・・・特殊召喚した際に「ミラクルフュージョン」をサーチ出来ます。 こういった流れを駆使しつつ「融合やミラクルフュージョンを枯らさずに展開する」のが初心者向けのHEROデッキ。 展開やソリティアを採用して『盤面を作るならE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の以外のV・D・HERO』などを採用していくと良いでしょう。 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ミラクル・フュージョン」1枚を手札に加える。 :このカード以外の自分の「HERO」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 「実際に今回のレジェンド・デュエリスト編6での新規で大きく変化されたのは上記のようなソリッドマンやサンライザーの登場が多かったりします。 他には 《ジェネレーション・ネクスト》 《ジェネレーション・ネクスト》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 :自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。 お互いのLPの差の数値以下の攻撃力を持つ、「E・HERO」モンスター、「クリボー」モンスター、「N」モンスターの内、いずれか1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。 このターン、自分はそのカード及び同名カードの効果の発動ができない。 E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 新規『フェイバリット・ヒーロー』 《フェイバリット・ヒーロー》 装備魔法 レベル5以上の「HERO」モンスターののみ装備可能。 :自分フィールドゾーンにカードが存在する場合、装備モンスターは、攻撃力が元々の守備力分アップし、相手の効果の対象にならない。 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 自分の手札・デッキからフィールド魔法1枚を選んで発動する。 :装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時、このカードを墓地に送って発動できる。 その攻撃モンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。 E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 新規《マジスタリー・アルケミスト》 《マジスタリー・アルケミスト》 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 :自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「HERO」モンスター4体を除外し、自分の墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。 「地」「水」「炎」「風」の全ての属性を除外して発動した場合には、この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力は倍となり、相手フィールドの全ての表側表示のカドの効果は無効化される。 「まぁこうして見ればHEROの強化に加えてクリボーとかの汎用カードの強化もされてるのよね」 「レジェンド・デュエリスト編6の強化枠は実際にかなり少ないのでこれが限界なのかなってのはありますね」 >> >> >> 【E・HEROデッキ】 エレメンタルヒーローデッキ デッキの回し方その1:各種サーチとHERO独自の動きをチョイス! 「E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の回し方を紹介&解説していきます」 「E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ ・・・という区分で最初は説明したいので説明していくとE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ は、エアーマンやソリッドマンなど「手札や墓地を利用しての展開」や墓地からHEROを除外したり除外したカードをデッキに戻したりして融合を行っていく『融合主体』のデッキです。 E・HEROデッキに限らずともHEROデッキではE・HEROデッキを採用する事も多く融合モンスターを展開して相手をビートダウンでごり押すのがポイントになってくる訳ですね。 しかしながらその為にはリンクモンスターを採用していかなければなりません。 例えばHEROデッキであれば現在はなどのリンクモンスターを採用しておいて《》を採用しつつ動くのがポイントになってきたりするわけですね。 が、DHEROの採用が基本になってくるので上記のようなデステニーフューションを採用しつつ動けば問題ありません。 HEROとかも含めて新規カードを採用する事である程度誘発枠で防がれた場合に「レベル4以下のモンスターを蘇生してHEROを展開できるリキッドマンが輝く」という訳ですね。 エクストラデッキに枠があればホープ等を採用する事も出来るので「自分の資産に合った採用」を行うと良いでしょう。 【E・HEROデッキ】 エレメンタルヒーローデッキ デッキの回し方その2:各種サーチとD-HERO採用では『各種闇属性の動きも』 「HEROを複数採用するとなるとエクストラデッキ的には• X・HERO クロスガイ• X・HERO ワンダー・ドライバー• トロイメア・ユニコーン• X・HERO ドレッドバスター• ヴァレルロード・ドラゴン• D-HERO デッドリーガイ• M・HERO ダーク・ロウ• D-HERO ディストピアガイ• M・HERO ダイアン• V・HERO アドレイション 辺りが採用候補だったりしますので『何か数枚抜く必要が出てくる』かと思います。 本来であればレベル4のメタビート的なデッキで組むとスケープゴートとかも採用出来るのですがE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ となるとそうはいきません。 なので『リンク枠のHEROと融合枠のHERO』がかなり大事になるんですよね」 「後はミラー対策も含めて超融合でメタを張るカードとかも必要になってくるわよね。 理想的な動きとかでは E・HEROソリッドマンを召喚、ヴァイオンを出してシャドーミストを落としてE・HEROリキッドマンをサーチ。 例えば、戦士族サーチの《》《》。 HEROを持ってこれる《》。 更にライフが減っていれば《ジェネレーション・ネクスト》を活用しと初動で困るようなことは殆どありません。 何かしら展開しつつHEROを出す布陣が出来上がっていると思います。 《》 通常魔法(制限カード) 1 :デッキからレベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。 《》 通常魔法 1 :デッキから「E・HERO」モンスター1体を手札に加える。 《》 通常魔法(準制限カード) 1 :自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、 LPを半分払って発動できる。 デッキからレベル4以下の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。 《ジェネレーション・ネクスト》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。 お互いのLPの差の数値以下の攻撃力を持つ、 「E・HERO」モンスター、「クリボー」モンスター、「N(ネオスペーシアン)」モンスターの内、 いずれか1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。 このターン、自分はそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。 E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ という部分に注目するとなると他のheroを採用しづらい難点はありますけど、問題は属性等の問題であのダークロウを立てる布陣を敷くための展開が出来るかもかかわる課題なんですわよね」 純HEROでも、ダークロウを出す手段として使う場合もあるので採用を考える事もある可能性もあります。 また、今までのデッキの中に採用することで拘束力を高めることが出来ます。 主に採用を検討するなら闇属性か水属性がベターでしょう。 闇では除外や打点で有名なダークロウ。 水属性では魔法・罠除去のアシッドなどになるわよ」 「そうそう。 今まで E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 含めhHEROの初動はダークロウを立てれるかという問題でDHEROを選択してきましたがここにきてようやく「リキッドマンを採用して墓地から闇属性のHEROを出す動き」が出来るようになった訳です。 ワンキル手段においてE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の場合はこういったものも存在しますのでダークロウだけが全てではないというのも紹介しておきますね• 《E・HERO ソリッドマン》を召喚。 効果で《》を特殊召喚。 《》の効果で《》をサーチ。 《E・HERO ソリッドマン》で攻撃。 《》で《E・HERO ソリッドマン》をリリースし、《》を特殊召喚。 総攻撃で1300+2800+1800+2500=8400。 必須カードの価格等をチェック! 「E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ の動きの話は?」 「 E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ に関しての動きは上記のような『融合して攻めるという動き』の簡略化したものがメインになるのでどうしてもHEROを全体的に混ぜたほうが強力にはなるんですよね・・・。 全体的に全て紹介する流れを取るとは思いますが、E・HEROデッキのエレメンタルヒーローのみ取り扱うとなると結構主要カードが決まってしまいます。 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ミラクル・フュージョン」1枚を手札に加える。 :このカード以外の自分の「HERO」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 「まぁお気づきだと思いますが、このE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ に関してもサンライザー含め非常に強力なワンキルに近い動きが可能です。 ただし、サンライザーの効果を見てお気づきの通り、はミラクル・フュージョンをサーチ出来るものの・・・『EXゾーンを埋めている』という決定的な弱点があるわけです。 一応現在の融合デッキではリンク召喚を駆使する手段や「融合カードを採用している」という事でクロシープを採用するという手段があるのは覚えておくと良いかもしれません。 ワンキルという手段においても「融合に加えてある程度HEROを増やす手段が必須という訳ですね」 「《E・HERO リキッドマン》は今作の救世主よね。 1 :このカードが召喚に成功した時、E・HERO リキッドマン」以外の自分の墓地のレベル4以下の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :このカードが「HERO」融合モンスターの融合召喚の素材になり、地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。 「後はミラクル・フュージョンを使ってHEROを並べればOKって感じか。 これもサーチ可能って事は初動の融合をどうするのかって感じになってくるわよ」 通常魔法 1 :自分のフィールド・墓地から、 「E・HERO」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 「今回に関しては《X・HERO ワンダー・ドライバー》や上記で説明したクロスガイのようにE・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ やコンセプトに合わせて融合を作るだけで十分に機能します。 ヴァイオンとかが高いなぁと思った場合は融合をサーチ出来る《》なんかも候補でしょう。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「融合」1枚を手札に加える。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「E・HERO ブレイズマン」以外の「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送る。 このカードはターン終了時まで、この効果で墓地へ送ったモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしか特殊召喚できない。 「現状E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ に関してはミラクル・フュージョンを採用した場合はアブソルートZEROなどの融合カードも視野になってきますの。 【E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 】相性の良いカード,デッキその1:D-HERO 「 D-HEROと言えばBLOODやディバインガイなど大型や融合モンスターが主流の中、新規カードが登場しドローガイやデッドリーガイなどで大会優勝へ!? という流れが有名でしたね。 今回も同じように相性がいいようです」 【E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 】相性の良いカード,デッキその2:V・HERO V・HERO ヴィジョンヒーロー は、自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に墓地のこのカードを永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置くというかなり珍しい効果を持っています。 更に、永続罠カード扱いの場合になっていると お互いのメインフェイズに、自分フィールドの「HERO」モンスター1体をリリースして特殊召喚することでアドバンテージを取っていきます。 1 :このカードを手札から捨て、フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2500アップする。 2 :手札から「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、捨てたモンスターの攻撃力分アップする。 紅蓮の炎、バーストファイヤーが悪を焼き尽くす。 天空からの一撃、フェザーブレイクで悪を裁く。 体をはって、仲間のE・HEROを守り抜く。 聖なる輝きスパークフラッシュが悪の退路を断つ。 このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。 また、このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、 相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を破壊する事ができる。 2 :このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 この効果は自分の手札・フィールドに他のカードが無い場合に発動と処理ができる。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「融合」1枚を手札に加える。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「E・HERO ブレイズマン」以外の「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送る。 このカードはターン終了時まで、この効果で墓地へ送ったモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしか特殊召喚できない。 2 :フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを 通常召喚としてもう1度召喚できる。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 【E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ 】まとめ• E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ は融合主体のテーマ• サンライザーの効果があれどリンクモンスターがいなければ複数の召喚が難しい• 新規リンクの登場フラグでは!?という噂も 「E・HEROデッキ エレメンタルヒーローデッキ は非常に強力なデッキで今後も注目されるであろう性能を多数抱えているテーマです。 実際にミラクル・フュージョンを回収できる強みに加えて盤面の操作も出来るという利点は『今後のHEROの差別化』が出来る要素として扱われるはず。 なんかメリットでもあるのかな?と思って調べてみた内容を載せています。

次の

【遊戯王vrains 動画・感想】遊戯王ヴレインズ(VRAINS) 最新話の見所と、動画を見逃した時に見れるサイトをチェック!!【感想】

遊戯王 最新 あんてな

アンテナサイトとは? アンテナサイトとはブログやサイトの更新情報を一覧にまとめたサイトのことです。 アンテナのようにインターネット上の様々なサイトの更新情報を「受信」し、まとめています。 アンテナサイトにアクセスしたユーザーは、そのアンテナサイトがウォッチしているサイトの更新情報をチェックできます。 1つ1つのサイトを手動で巡回して更新情報をチェックするのではなく、複数サイトの更新状況をまとめてチェックできるのがメリット。 情報蒐集の効率化には欠かせないサービスです。 まとめサイトとアンテナサイトの違い アンテナサイトと似て非なる存在に「まとめサイト」があります。 この両者は全くの別物ですが、しばしば位置付けを混同されることがあります。 まとめサイトとは他サイトの情報を転載し、まとめているサイトを指します。 典型的な例は2chまとめサイト。 2chまとめサイトは掲示板「2ちゃんねる」の書き込みを転載し、記事にまとめています。 アンテナサイトはサイトのリンクを一覧にしたものです。 あくまでアンテナサイトが取りまとめるのはサイトのリンクのみであり、内容の転載は行なっていません。 遊戯王の情報収集にアンテナサイトを使うメリット 遊戯王の最新情報をチェックしやすい アンテナサイトを使う最大のメリットは情報収集の効率化。 遊戯王OCGは世界的に見ても有数のTCGであり、ブログサイトの数も膨大。 そのカテゴリは• デッキ考察• シングルカード考察• カード相場• 遊戯王アニメ情報• デュエルリンクス情報• 雑学 など多岐に渡ります。 これらの情報を抜け漏れなくチェックするのに、非常に便利です。 「相場」や「考察」に特化したアンテナサイトが充実している 遊戯王のカード相場や考察に特化したアンテナサイトも解説されています。 遊戯王の中でも特定カテゴリのみを深追いしたいという場合にも、アンテナサイトは便利です。 遊戯王ブログのアンテナサイト 遊戯王あんてな 遊戯王あんてなは国内最大級の遊戯王アンテナサイトです。 管理人のりゅう氏が遊戯王専門サイトを厳選してアンテナに登録しており、1ヶ月に渡り更新がないサイトは更新を停止したものと判断して配信を停止しています。 トップページのデザインもシンプルながら洗練されており、更新頻度が高いサイトの新着記事が上。 そうでないサイトは下に表示されています。 よって常に情報の鮮度と登録サイトの質が保たれています。 遊戯王ブログ全般のアンテナサイトをチェックしたい場合は、遊戯王あんてなをウォッチすればまず間違いはないでしょう。 遊戯王デッキのアンテナサイト 遊戯王最新情報・デッキ考察あんてな 遊戯王最新情報・デッキ考察あんてなは遊戯王の最新情報とデッキ考察に特化したアンテナサイトです。 最新パックの開封速報や最新テーマの考察、カード考察に関する記事の新着情報が配信されています。 遊戯王の最新パックの情報とそれに紐づいたデッキ考察の情報を、アンテナサイト経由でチェックしたいときはこちらのアンテナを見ると良いでしょう。 遊戯王デュエルリンクスのアンテナサイト 遊戯王デュエルリンクスまとめアンテナ 遊戯王OCGではなく、デュエルリンクスの最新情報を得たいときは「遊戯王デュエルリンクスまとめアンテナ」がおすすめです。 遊戯王デュエルリンクスは遊戯王OCGとはルールが異なり、いわば「似て非なるもの」。 デッキ枚数もライフポイントも違いますし、デュエルリンクスでは対戦中にキャラクター固有のスキルを発動できるという追加要素があります。 そのためOCGとデュエルリンクスの情報は混同せず、別々に集めたいという人も多いでしょう。 デュエルリンクス特化で情報を集めたい方におすすめです。

次の

【遊戯王vrains 動画・感想】遊戯王ヴレインズ(VRAINS) 最新話の見所と、動画を見逃した時に見れるサイトをチェック!!【感想】

遊戯王 最新 あんてな

遊戯王アニメより、【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS の最新話情報。 および遊戯王VRAINS ヴレインズ の全話アニメ動画・キャラ紹介・あらすじ・見所等を紹介していきます。 という訳で今回の話題は【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS より最新話を追いかける日記ですぜ! アニメ「遊戯王VRAINS」を見逃した場合やどんなキャラがいたっけ?という事を振り返りたい時。 風の中には未知のモンスターが住まい、デュエリストたちは果敢にそれを追い求めた。 だが、その風も突如として消え去り、次第に人々の記憶から忘れ去られていった……」 「俺はスピードデュエルを知っているのか……?」 【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS 2話予告より。 しかし、そんな悪循環の風潮を吹き飛ばすかの如く、【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS はストーリーを重視したアニメとなりました。 そんな 【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS のストーリーを1話ずつ俺が感じた今日のカードと共にお送りするぞ!!• NEW!! 第10話「衝撃!サイバース消失」 2017. 19放送 今日のMVPカード《》 強力なスキルを発動し、圧倒的な力を手にしたリボルバーの猛攻を前に防戦一方のPlaymaker。 起死回生の「Storm Access ストームアクセス 」で逆転のカードを手に入れたかに思われたその時、リボルバーの取った作戦により2人のデュエルは「Data Storm」の内部へと舞台を移す。 第1話「俺の名はPlaymaker(プレイメーカー)」 2017. 10放送 今日のMVPカード《》 最新のネットワークが発達した都市「Den City」。 そこでは、「SOLテクノロジー社」が管理するVR空間「LINK VRAINS」で、人びとが日夜デュエルをしていた。 主人公・藤木遊作は、すぐれた観察眼を持ったクールな高校生。 「LINK VRAINS」の崩壊をたくらむ「ハノイの騎士」を倒すため、自身のアバターである「Playmaker」に変身して人知れずデュエルを繰り広げていた。 そんな時、遊作と同じ目的を持つハッカー、草薙翔一によって「SOLテクノロジー社」が謎の生命体を必死に探しているとの情報が入る。 それを「ハノイの騎士」も追っている事に気付いた遊作は、ネットワーク上に罠を張り、捕獲 ほかく 作戦を計画するのだが…。 イグニスの正体やハノイの騎士の伏線を大いに感じさせた1話! 元々彼らの存在は・・・という点はこの時そこまで明らかになっておらず、様々なメタファーとして登場した存在が後に明らかになってくるのかも? 「AI エーアイ は祈ったりしない。 やるのは勝つための計算だけだ。 」というイグニスの言葉と共にこれから藤木遊作はハノイの騎士と戦うことになるのですが・・・? 実はネタも多く1話で【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS がどんなアニメなのかを感じさせるストーリーになっています。 ただし、1話でデュエルが全然見えないってのは残念かなぁ。 第2話「風を掴め!Storm Access(ストーム アクセス)」 2017. 17放送 今日のMVPカード《》 ハッカー集団「ハノイの騎士」が追い求める謎の生命体を手に入れた遊作は、「ハノイの騎士」を倒す為、「Playmaker」としてVR空間「LINK VRAINS」にログイン。 謎の生命体を人質にデュエルを申し込む。 「遊作のデッキじゃ勝てない」。 そう計算した謎の生命体は、「LINK VRAINS」に大量のデータによる「Data Storm」を発生させる。 そこで行われるデュエルは、「Playmaker」でさえも体験したことのない未知のデュエル、「スピードデュエル」だった。 「スピードデュエル」に遊作が慣れないうちに、切り札「クラッキング・ドラゴン」を召喚する「ハノイの騎士」。 絶体絶命の遊作は…。 第3話「ファースト・コンタクト」 2017. 24放送 今日のMVPカード《》 謎の生命体に秘められた情報の調査を開始する遊作。 一方で「ハノイの騎士」とのデュエルがネットワーク上で目撃され、「Playmaker」は「LINK VRAINS」を救った英雄として大きな話題になっていた。 謎の生命体が「Playmaker」のもとにあることを知った「SOLテクノロジー社」は、それを奪い返す計画を立てる。 「SOLテクノロジー社」のセキュリティ部長、財前は、「Playmaker」を倒すため、「LINK VRAINS」でも人気の高いカリスマデュエリスト、Go鬼塚に接触するのだった。 第4話「カリスマデュエリスト Go鬼塚(ゴウ おにづか)」 2017. 31放送 今日のMVPカード《》 VR空間「LINK VRAINS」に突然現れた「ハノイの騎士」。 しかしその正体は、「Playmaker」を狙うカリスマデュエリスト、Go鬼塚だった。 彼は児童養護施設で育った過去を持ち、その恩返しと施設の子供たちの笑顔を見る為に、デュエルで賞金を稼いでいた。 しかし「LINK VRAINS」のニューヒーロー「Playmaker」の登場で、子供たちの目には「Playmaker」しか映らなくなっていったのだ。 「Playmaker」を倒し、再び子供たちの心をつかむ為、Go鬼塚が「Playmaker」にデュエルを挑む! 第5話「鳴動(めいどう)のスリーカウント」 2017. 07放送 今日のMVPカード《》 まるでプロレスの様にあえてピンチを演出し、デュエルをエンターテインメントとして魅せるGo鬼塚。 冷静な自分のプレイスタイルとの違いを知りつつも、「Playmaker」はGo鬼塚のデュエルに興味を持ち始める自分に気づく。 Go鬼塚のデュエルを受け入れるかのように、大ダメージを受けながらエースモンスター「デコード・トーカー」を召喚する「Playmaker」。 そしてついに、両者のエースモンスターが激突する! 第6話「アイドル!! ブルーエンジェル」 2017. 14放送 今日のMVP《ブルーエンジェル》 「LINK VRAINS」ではカリスマデュエリスト、ブルーエンジェルとして活躍する財前葵。 彼女は兄である財前晃に認められるため、「LINK VRAINS」の人々の前で「Playmaker」にデュエルを申し込む。 しかし「Playmaker」からの返答はなく、彼女の前に現れたのは、ファンに成りすました「ハノイの騎士」のメンバー、スペクターだった! 第7話「ハノイの天使」 2017. 21放送 今日のMVPカード 《》・《》 ブルーエンジェルの背後に「ハノイの騎士」の気配を感じた遊作は、その真意を探るためにデュエルを受ける。 効果ダメージを使いこなすブルーエンジェルの戦術にじりじりと追い詰めれられる「Playmaker」。 兄の財前晃に認められたいという強い決意が、ブルーエンジェルのデュエルを後戻りのできないものにしていた…。 第8話「風を操(あやつ)りし者」 2017. 05放送 今日のMVPカード《黒い顔のブルーエンジェル》 「ハノイの騎士」が仕掛けたプログラムの影響を受け、昏睡状態となった財前葵。 ハノイとの争いに巻き込んでしまったことに責任を感じる遊作は、草薙たちと原因について調べ始める。 しかしその時、街のモニターに昏睡状態のはずのブルーエンジェルが映し出され、「Playmaker」へ再戦を申し込むのだった。 第9話「追い求めてきた敵」 2017. 12放送 今日のMVPカード《》 葵を蝕 むしば むウイルスを除去するプログラムと、「イグニス」と呼ばれるAi アイ を懸けた「Playmaker」とリボルバーのデュエル。 リボルバーが呼び出した「クラッキング・ドラゴン」を、これまでのデュエルで手に入れたリンクモンスターで早々に撃破する「Playmaker」。 一進一退のデュエルが続くかに思われたその時、リボルバーが衝撃のスキルを発動する! 【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS の概要 ・【遊戯王ヴレインズ】 遊戯王VRAINS の名前の由来について。 遊戯王ヴレインズの名前の特徴は主に• 「VR ヴァーチャル・リアリティ 」• 「AI アーティフィシャル・インテリジェンス 」• 「NS ネットワークシステム 」 を合わせた造語になっている。 動画を見逃した時に見れるサイトをチェック! という訳でもし遊戯王ヴレインズを見逃した場合はどうしようかなーという話なのですが、現在では DVDを借りる。 ニコニコ動画で見る。 そして、ユーネクストなどの動画を見る等があります。 現在編集中です。

次の