ツイッター猫組長。 【宮迫博之】元山口組の猫組長が闇営業ノーギャラは嘘で100万円と暴露

猫組長とは、本名は菅原潮で出身大学は中退していた。ツイッターを駆使して内情暴露していた。

ツイッター猫組長

経歴 [ ] 兵庫県出身。 父親はサラリーマン。 父親の転勤のため中学3年のときに上京する。 大学ではに入学する。 大学時代、日本は好景気に沸いていた。 大学は2年生のときに中退し、先輩が勤めていた大阪の不動産会社に勤める。 働きだして間もなく、がやってくる。 バブルがピークを迎える頃、東京の証券会社で働いていた先輩から誘われ、4人の仲間とともに投資会社を持つことになる。 バブルの波に乗って順調に稼ぐも、25歳くらいだったころの、が仕掛けた戦に参加して失敗し、投資会社は倒産してしまう。 このため個人資産5億円を失い、逆に2億円ほどの負債ができる。 このとき仕事の関係で知り合った、また債権者の1人でもあった山口組系組長を頼ったことで経済ヤクザとしての人生が始まる。 企業から直接株を買う「新株引き受け、相対取引」で市場を通さず割安で株を手に入れることや、企業から直接情報を得るを経験する。 その後石油取引を通じて国際金融の知識とスキルを得る。 構成員18人ほどの山口組系団体の組長を務める。 「組長」というアカウント名でを使い、発言をする。 2012年6月13日を最後に休止状態だったTwitterを山口組が分裂する6日前の2015年8月21日より再開する。 への離脱派であることを示唆し、山口組分裂騒動の内部情報をつぶやき続け、独自情報を次々と公開する。 精度の高さと速報性で話題となった。 2015年11月、『HARBOR BUSINESS Online』編集部からのインタビューに応じる。 (フリーライター)から直接取材を申し込まれ、同月、東京の料亭で初めて会う。 「事始め」というヤクザ社会の新年行事の日である2015年12月13日、ヤクザを引退して評論・執筆活動などを行う。 それにともないTwitterのアカウント名を「猫組長」に改める。 翌14日、滞在していたでメディア初の対面インタビューに応じる。 このときインタビューをしたのはだった。 その後猫組長はタイなどを放浪し、現地のゲストハウスで元競馬騎手のと会話していたことが2017年11月に明らかとなった。 ただし、猫組長は安田が当時元競馬騎手であることを知らず、安田も対話相手が猫組長であることを帰国後にテレビで見るまで存じていなかったと言う。 2016年2月22日、『HARBOR BUSINESS Online』に「オフショアで蠢く幽霊マネーの正体」を寄稿した。 同年9月には、工藤明男()の2人と『R-ZONE』で鼎談をした。 同年10月3日には『R-ZONE』への寄稿の中で、自分は「組織の持つ暴力性と経済を合理的に利用し、極めてプラグマティックにヤクザ人生を歩んできただけだ」と述べた。 同月、沖田臥竜の著書『生野が生んだスーパースター 文政』()を「新しい試み」だと高く評価し、『R-ZONE』へ書評も寄稿した。 同月23日にはの著書『酒鬼薔薇聖斗と関東連合』(サイゾー)の書評を『R-ZONE』に寄稿した。 人物 [ ]• 自称ネコノミスト・評論家。 専門は・論・。 得意分野は国際金融取引と投資全般。 投資家としての顔も持つ。 Twitterでは暴力団関連のツイートの他、経済ニュースやネットの炎上案件について言及することも多い。 愛猫家で、Twitterでは猫の画像も頻繁に投稿する。 を高く評価し、「カラヴァッジョが醸し出す暴力性と芸術における才能に心を奪われた」、「カラヴァッジョは狂気の天才なのだろうと思う」と述べている。 山口組分裂騒動についてメディアから解説を求められることがある。 主張 [ ] 投資 [ ] 株に限らず投資に最も重要なのは「資金」と「情報」、そして「人間」だと述べている。 株取引 [ ] 自らの経験を踏まえて、株取引の結論は次の4つだと述べている。 株は市場で買うものではなく、企業に発行させて売るものである• 市場で流通する発行済み株式は企業から直接得た情報を基にしか買わない• 企業に発行させた株は市場で価格を上げてから売り抜ける• 仕手戦には参加しない 重要な情報 [ ] 「本当の重要情報とは人間関係から得られるもの。 決してネットからではありません。 だから、投資で勝つためには人間関係を大切にすることが重要なのです。 パソコンの前で日銀のリポートを読むより、外に出て人間関係を構築するほうがよほど重要だと思います」と述べている。 TV出演 [ ]• AbemaPrime(、2017年4月4日 )• (、2017年6月11日 ) 週刊誌での連載 [ ]• 週刊『』で2016年4月26日号より「猫組長との『ネコノミクス宣言』」を連載している。 週刊『』で2016年7月28日号より渡邉哲也と共に「短期集中タブー対談」を連載している。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『アンダー・プロトコル : 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学』、2018年2月。 『暴力が支配する一触即発の世界経済』、2019年4月。 『金融ダークサイド : 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界』、2019年7月。 共著 [ ]• 渡邉哲也『山口組分裂と国際金融 : インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係』徳間書店、2016年12月。 沖田臥竜、柴田大輔『「惡問」のすゝめ : 「猫組」有名講師陣による禁断のドリル ヤクザ・暴走族の知られざる実態』徳間書店、2017年7月。 渡邉哲也『ヤクザとオイルマネー : 石油で250億円稼いだ元経済ヤクザが手口を明かす』徳間書店、2017年9月。 『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言』、2018年6月。 西原理恵子『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版』扶桑社、2019年3月。 書籍への寄稿 [ ]• 「そこからですか!? 山口組」『密着! ビジュアル決定版 山口組 分裂抗争の全軌跡』、2015年。 「弘道会と山健組の衝突を招いたカネと暴力のバランスシート」『山口組分裂「六神抗争」365日の全内幕 - 最新ビジュアルDX版! 』宝島社、2016年。 脚注 [ ]• 「著者紹介」『「惡問」のすゝめ : 「猫組」有名講師陣による禁断のドリル ヤクザ・暴走族の知られざる実態』徳間書店、2017年。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月21日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月22日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月24日、 2016年8月13日閲覧。 「」『NEWS ポストセブン』2015年12月25日、 2016年8月13日閲覧。 競馬最強の法則 2017年12月号「続報! 消息不明JRA元GIジョッキー 安田康彦 - アジア放浪の果てに」• 「」『HARBOR BUSINESS Online』2016年2月22日、 2016年8月13日閲覧。 R-ZONE 2016年9月15日. 2017年4月1日閲覧。 R-ZONE 2016年9月16日. 2017年4月1日閲覧。 R-ZONE 2016年10月3日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月8日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月12日. 2017年3月31日閲覧。 R-ZONE 2016年10月23日. 2017年3月31日閲覧。 NEKOKUMICHO. 2016年8月31日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年8月9日、 2017年4月2日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年10月30日、 2017年4月1日閲覧。 「」『NEWSポストセブン』2017年8月3日、 2017年9月23日閲覧。 猫の楽園 散歩と昼寝とたまにメシ 2016年3月20日. 2016年8月16日閲覧。 猫の楽園 散歩と昼寝とたまにメシ 2016年3月21日. 2016年8月16日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年6月2日、 2016年8月13日閲覧。 「」『現代ビジネス』2017年8月4日、 2017年8月20日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年4月4日、 2017年4月6日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年4月4日、 2017年4月6日閲覧。 「」『Abema TIMES』2017年5月2日、 2017年8月20日閲覧。 「」『トピックニュース』2017年6月11日、 2017年8月20日閲覧。 「」『リアルライブ』2017年6月12日、 2017年9月9日閲覧。 「」『日刊SPA! 』2016年4月27日、 2016年8月13日閲覧。 猫組長 2016年8月30日. NEKOKUMICHO. 2016年8月31日閲覧。 関連人物 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• nekokumicho -• - 公式ブログ•

次の

ツイッター猫組長の正体が明らかに!神戸山口組組長でした。

ツイッター猫組長

吉本にビーマップ事件で敵愾心を持つ? ワシはビーマップ事件の時から吉本興業とは相容れない仲です。 — 猫組長 nekokumicho ビーマップ事件とは、パチンコ攻略法販売で知られた情報提供会社「梁山泊」が絡んだ一連の事件の一つです。 梁山泊はパチンコ攻略法販売以外にも、株式市場で株価を意図的に操作して不正に儲けを出す「仕手」でも名前が挙がることがありました。 2007年2月14日に大阪市の情報通信会社 ビーマップ株の取引に関して、不正に株価をつり上げた疑いによって大阪府警察と証券取引等監視委員会の家宅捜査が入ります。 2007年3月7日に経営者、投資顧問会社役員ら7名が逮捕されています。 このビーマップ事件と猫組長がどのように関わったかは定かではありません。 しかし猫組長が元経済ヤクザで、株式市場での売買に昔から取り組んでいたことと関係があるのは間違いないでしょう。 ビーマップ事件は時効が成立してるから全部ブチまけてやってもいい。 — 猫組長 nekokumicho この「時効が成立してるから」という言葉から、当時の猫組長自身も、何かしら法に触れることでこのビーマップ事件に関わったということを示唆しているようです。 島田紳助・ビーマップ事件のインサイダー疑惑とは? 島田紳助はビーマップ事件の首謀者と親しく、この事件にインサイダーで関わっていたとも言われています。 逮捕された「梁山泊」の幹部・豊臣春国は2004年12月、ビーマップのM&Aを狙い、過半数の株式取得を目指し買い付けを始めます。 そこで豊臣春国は「ステキシンスケクン」の馬主でもあり、同じくビーマップ事件で逮捕された旧知の会社社長・榮義則に協力を依頼したとされます。 この榮義則と島田紳助の2005年3月、8・9日の株の売却のタイミングが不自然に符号しすぎていたというのが、島田紳助のインサイダー疑惑です。 しかし豊臣春国、榮義則は逮捕されましたが紳助は逮捕を免れています。 猫組長が山口組を脱退したのは2015年の10月ですので、2007年のビーマップ事件の時はまだバリバリの経済ヤクザの現役として関わっていた可能性があります。 猫組長の「ワシはビーマップ事件の時から吉本興業とは相容れない仲」という言葉は、そこで紳助や吉本と関わって、何かしら不快な、納得のいかない出来事を経験した、ということでしょう。 島田紳助と因縁がある? 島田紳助と何か因縁があるのではいう噂もあります。 思い出したら腹わた煮えくりかえる。 — 猫組長 nekokumicho 2007年ころまでは組の名前を名乗る芸人おったからな。 — 猫組長 nekokumicho あと心斎橋の地上げの件な。 — 猫組長 nekokumicho ビジネスだったから私は堅気のフリしましたよ笑 — 猫組長 nekokumicho 現役の猫組長に対して、組の名前を出した芸人がいると沖田臥竜氏は言っています。 しかしこれは、5代目山口組組長の渡辺芳則と親しかった中田カウスも候補として挙げられそうなので、必ずしも紳助とは言えません。 臥竜氏が使っている「大御所」という表現も、どちらかといえば紳助より中田カウスに似合うような気がします。 — 猫組長 nekokumicho ただ某匿名掲示板ではこんな興味深い話が書き込まれていました。 島田紳助が豊富な資金力を背景にとあるビルの地上げをしていました。 そこで当時、山口組・二代目佐藤組・渡辺組の組長だった猫組長がビルのオーナーから頼まれて、島田紳助に「ビルを売るつもりはないから、使いをよこすのはやめてくれ」と交渉したところ、島田紳助は「おんどりゃなめとんのか! ワシを誰だと思っとんねん! 極心連合会の橋本会長の舎弟やぞ!」と元ボクシングチャンピオンの渡辺二郎はじめ、極心の組長たちによって圧力をかけたそうです。 本当に島田紳助が直接そんなセリフで凄んだかは不明ですが、いずれにしろ猫組長の上部団体の佐藤組は山健組系であり、極心の方が権力中枢の執行部(弘道会系)に近いために引き下がらざるえなかった、ということです。 堅気の島田紳助に引き下がらざるえなかった本職の猫組長は、さぞかし腹に据えかねる思いをしたのではないか、というお話です。 その掲示板の書き込みでは「梅田のサパービルの地上げ」での出来事とされています。 しかし「梅田のサパービル」なるものは調べてみても見つかりませんでした。 またこの噂は「地上げ」や他の点で次のつぶやきと符号するところがある気がします。 あと心斎橋の地上げの件な。 — 猫組長 nekokumicho ビジネスだったから私は堅気のフリしましたよ笑 — 猫組長 nekokumicho もちろん、猫組長と紳助が地上げの件でかち合ったことは、掲示板の噂から引っ張ってきたことなので信ぴょう性は保証できません。 でも本当だとしたら興味深い話です。 以上です。

次の

猫組長

ツイッター猫組長

山口組の分裂という異常事態を読み解くニュースソースとして、ツイッター組長の存在は貴重だ。 11月9日には山口組に続き稲川会の分裂をリアルタイムでツイートするなど、速報性と内容の濃さは他の追随を許さない。 それゆえ、ツイッター組長をフォローしては日々ウオッチしていたのだが、次第に暴力団関連以外のツイートに興味を惹かれるようになった。 最新の金融情報に通じ、投資家として相当レベルが高い雰囲気がうかがえるのだ。 組長:兵庫県神戸市出身です。 父親はサラリーマンで、転勤のため中学3年のときに上京しました。 大学は経済学部に行ったのですが、2年で中退しています。 先輩が大阪で不動産会社に勤めていたのですが、羽振りがよくて憧れの存在で。 その先輩から「大学やめてウチで働かないか?」と誘われ、悩んだあげく、そうすることにしたんです。 働きだして間もなく、バブル景気がやってきました。 仕事で覚えた不動産取引の知識を使って個人でも土地を買うようになって……最初に買ったのは3000万円の土地で、わずか1か月後に4500万円で売れました。 「買えば値上がりする」のが当たり前。 面白いように儲かり、2年で資産が3億円になりました。 では、なぜヤクザに? 組長:バブルがピークを迎える頃、今度は東京の証券会社で働いていた先輩から「投資会社を興すので一緒にやらないか」と誘われ、私は4人の仲間とともに会社を持つことになったんです。 先輩の人脈もあって、顧客は暴力団の親分から政治家、芸能人、銀座のママさんまで幅が広かった。 会社は面白いほど儲かり、顧客も増えて運用資金も膨らんでいきました。 ただ、そうなると株取引の手法も荒っぽくなっていきました。 仕手相場にも関係するようになったのです。 このせいで当時25歳くらいだった私は、個人資産5億円を失うだけでなく、逆に2億円ほどの負債ができました。 突然の倒産と借金で地獄のような日々が始まり、死ぬことまで考えていたときに助けてくれたのが、仕事の関係で知り合った最初の親分でした。 会社倒産で抱えた個人負債のなかには、暴力団関係から借りたものもあり、凄まじい取り立てが続いてましたが、それを肩代わりしてくれたのが、この親分から命を受けたフロント企業だったのです。 こうして、私のヤクザ人生がスタートしたわけです。 現実にヤクザは経営者、弁護士、会計士などから内部情報を得て株取引を行っています。 こういった経緯を踏まえた上で私が出した株取引の結論は、 [1]株は市場で買うものではなく、企業に発行させて売るものである [2]市場で流通する発行済み株式は企業から直接得た情報を基にしか買わない [3]企業に発行させた株は市場で価格を上げてから売り抜ける [4]仕手戦には参加しない となります。 この時、私はレバレッジの利いたドル円のポジションと原油先物ポジションを大量に抱えたまま銀座で飲んでいました。 携帯電話の電源を切っていたためマーケットの事情もわからず、気づいたときには8億円の損失が確定していました。 大儲けについては、印象に残るほどのものはありません。 あとFXはヒマ潰しにやってますが、先月は800万円ほどプラスでした。 トータルでは十分儲かってますよ。 情報は、いかに重要情報へアクセスできるかということに尽きます。 ネットに流れている情報、誰にでもアクセスできる情報は、投資において何の価値もないものと考え、それを理解した上で活用したほうがいいでしょう。 本当の重要情報とは人間関係から得られるもの。 決してネットからではありません。 だから、投資で勝つためには人間関係を大切にすることが重要なのです。 パソコンの前で日銀のリポートを読むより、外に出て人間関係を構築するほうがよほど重要だと思います。 サブプライム問題が顕在化したことでパニックが起き、為替相場にも大きく影響。 海外の銀行で取得すると、元手に対して20倍程度のBGを発行することができ、組長はこうして得た資金を投資ファンドの運営者や法人に貸し付ける 取材・文/編集部.

次の