ドリュウズ 育成論。 【ポケモン剣盾】ドリュウズ夢特性・育成論・出現場所

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドリュウズ 育成論

ドリュウズ 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早 88 じめん はがね 合計種族値 508 特性 すなかき 天気がすなあらしのとき、素早さのステータスが2倍になる すなのちから 天気が「すなあらし」の時、自分のいわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1. 3倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない 隠れ特性 かたやぶり 攻撃する時、相手の特性の影響を受けない。 攻撃後に効果が表れる特性は影響を受ける ドリュウズの特徴 ドリュウズの長所 砂嵐の状況下で力を発揮 天候「すなあらし」状態であれば、ドリュウズの特性「すなかき」「すなのちから」が最大限の効果を発揮します。 特性によって「すなあらし」の天候ダメージを受けなくなり、「すなかき」であれば素早さが2倍、「すなのちから」であれば特定タイプ じめん・はがね・いわ の攻撃威力が1. 3倍になります。 相手の特性を無視できる ドリュウズの隠れ特性「かたやぶり」は、名称の通りかたやぶりな特性で、相手ポケモンの特性を無視して攻撃することが可能です。 強力なポケモンの1体であるミミッキュの特性「ばけのかわ」を無視して攻撃することができます。 「ダイロック」によって自ら砂嵐を起こせる ダイマックス時のいわタイプ技「ダイロック」は、天候を「すなあらし」に変更することができます。 そのため、ドリュウズがいわタイプ技を覚えていれば、「ダイロック」によって自ら天候を変更し、自身特性を最大限発揮させる運用が可能となりました。 ドリュウズの短所 耐久力が低い ドリュウズは種族値のほとんどをHASに配分されており、弱点タイプも4種類 ほのお・みず・じめん・かくとう と多めで耐久力が低くなっています。 Hの種族値と半減タイプが豊富なので、紙耐久ではありませんが、ローブシンのタイプ一致「マッハパンチ」で確1なくらいの耐久力です。 「やけど」や「こんらん」に弱い タイプ相性によって、状態異常「どく」「まひ」になりにくいが、「やけど」「こんらん」には耐性がありません。 ドリュウズが「やけど」状態であれば火力を発揮することができず、「こんらん」状態では自傷ダメージによってHPのほとんどんを削ってしまいます。 受けが成立していても、つのドリルで一撃必殺を狙ってくることが多いので起点にするのはリスキーなので早めに処理するのに越したことはないです。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論・対策

ドリュウズ 育成論

ポケモン名 英名 ドリュウズ Excadrill タイプ じめん はがね 特性 すなかき すなのちから かたやぶり けたぐり・くさむすびの威力 60 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 110 135 60 50 65 88 508 使わない特攻の種族値が低いため種族値効率が良いのもそうですが、このポケモンの強みはやはり特性でしょう。 「かたやぶり」はランクマッチで数の多いロトムやドラパルトの強特性に刺さりますし、 「すなかき」は 天候が砂嵐状態のとき自身の素早さを2倍にするので抜き性能を格段に高めます。 今回は自身の「ダイロック」で発動させられ、唐突に突破力を高め全抜きを狙える「すなかき」型の紹介です。 弱点であるタイプの攻撃技を受けると発動し、自身の攻撃と特攻を2段階上昇させます。 ドリュウズが弱点技を受けながら「ダイロック」を打つと、攻撃・特攻・素早さの3種類がそれぞれ2倍になるため、 たった1ターンかつ前準備無しで全抜き体制が整います。 相手にダイマックスされても次のターンから「すなかき」のおかげで先制できるため、上からもう1度「ダイロック」を打つことで突破できます。 また、岩タイプを半減する「ヨロギのみ」で「ダイロック」を耐えて「ダイジェット」を打ってきたとしても「すなかき」が発動して先制できるため2ターン目に上から倒せます。 4です。 上2つの技の威力を見るとこの数字は低めに見えますが、この技の 真価は通常時ではなくダイマックス技化した時の追加効果です。 「ダイロック」の追加効果は天候を砂嵐状態にするため、これまでの砂パのようにバンギラスやカバルドンなど特性「すなおこし」のポケモンを採用しなくても 能動的に「すなかき」を発動させドリュウズをエースポケモンとして起用できます。 2倍になった素早さは環境の誰よりも速いため、このポケモンを止めることはかなり難しいです。 ドリュウズはランクマッチで増えつつあるアーマーガアにタイプ相性上ほぼ完全に受けられてしまい、交代先に「とんぼがえり」を打たれると簡単に試合のペースを握られてしまいます。 そこで、 受けに来たアーマーガアに無理やりリスクをつけられる技として採用しました。 この技にロマンを感じ打ちたくなる気持ちも理解できますが、 一撃必殺技はダイマックスポケモンに無効化されてしまうため、安易に打たないようにしましょう。 ナットレイなどの 「まもる」にリスクを付けられる数少ない技ですが、素の状態の技の性能が驚くほど低いのが欠点です。 一度積んでしまえば特性の「すなかき」と合わせて圧倒的な抜き性能を発揮しますが、ダイマックス時には「ダイウォール」に変換され使用できないため、ダイマックスを使って相手の攻撃を耐える前提であるこの型とは相性が悪いです。 自身の攻撃力の代わりに防御力の値を用いてダメージを計算する格闘タイプの攻撃技です。 この技を使用する場合は「てっぺき」が実質的に攻撃と防御を2段階上昇させる技となるので相性が良いです。 対面から殴り勝つ• ドリュウズの技範囲は非常に優秀で、正直 まともに受けることは厳しいです。 そこで、上2体のように 等倍の技で殴り合える数値の高いポケモンで対面から勝つというのが現実的な対策となります。 また、この型紹介を見ればわかる通り ドリュウズというポケモンが基本的にダイマックス前提なので、こちらのポケモンを2体程度失うのは仕方ないと割り切り、その後の試合展開でこちらだけが残している ダイマックス権で上手く巻き返すことが重要です。 ダイマックスするとポケモンの体力が2倍になるため実質ポケモン1体分、と言いたいとこではありますが、交代という行動がかなり強力なシングルバトルにおいて、交代で解除される特性がかなり弱いのでおよそ0. 5体分かそれ以上と考えると丁度良さそうです。 ダイマックス権を使っておきながら、相手のポケモンを1. 5体程度倒す活躍をしなかった場合はかなり不利状況であると認識しましょう。 4%~75. トゲキッスやドラパルトなど、素早さを上昇させられる「ダイジェット」が打てるポケモンの「じゃくてんほけん」が強力で 、これらと同じように ダイマックス技で素早さを上昇させられ、かつ他のダイマックス技の追加効果がどれも強力なドリュウズは、てきとうなパーティにポンと入れても活躍する高いポテンシャルを持っていたのでかなりオススメできるポケモンです。 これからもこういったシングルバトルで活躍できるポケモンの考察をしていきますので、最新の投稿を見逃さないためにも、公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ドリュウズ 育成論

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】ドリュウズが強い理由 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ドリュウズが強い理由は• 特性:かたやぶりの効果によりミミッキュに強く出られ、各種ロトムに対して圧をかけることができる。 種族値がA135と 火力が結構高い• 地面鋼という タイプが結構優秀• アイアンヘッドの怯みや、つのドリルで試合をひっくり返せる (運ゲー) というものです。 前作に比べて採用数が爆伸びした理由はランドロスやらボーマンダやらバシャーモやらの 相手をするのがキツすぎるポケモンが軒並みリストラされたおかげで格段に動きやすくなったからですね。 【ポケモン剣盾】ドリュウズのオススメ特性 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ドリュウズには• 3倍になる。 (ミミッキュのばけのかわ、ロトムのふゆうを無視できる) といった3つの特性があります。 強力なのは砂かきとかたやぶりですが、砂かきは条件を満たすのが少し面倒です。 かたやぶりは条件もなく環境にうじゃうじゃいるミミッキュのばけのかわをぶち抜けるので 現環境で主流なのはかたやぶりですね。 ここからドリュウズの育成論を書いていきますが、こいつは割と型が多く迷う人が多いと思うので簡単に考えてもらいたいと思います。 ミミッキュが憎くて仕方がないのであればスカーフが良いでしょう。 この記事では 最も扱いやすいスカーフドリュウズについて書いていきます。 砂かきドリュウズはダイマックス前提となってしまうので外しましたが、もし使いたいのであれば弱点保険を持たせるとアホみたいなすばやさで超高火力を叩き出すバケモノになれるのでオススメです。 性格は 陽気です。 大抵のスカーフドリュウズは意地っ張りなのですが敢えて最速スカーフドリュウズにしました。 最速にするメリットは ・意外と確定数かわらない(意地っ張りでも陽気でもミミッキュは確定1のまま、ドラパルトは確定2発、ect…. ・最速ドラパルトの上を取れ、打ち合いに勝てる(ダイマックスされたら無理) ・一回ダイジェットを詰んだトゲキッスを上から叩ける ・準速スカーフヒヒダルマや最速スカーフウォッシュロトムを上からワンパンできる ・スカーフドリュウズミラーでもほとんど意地っ張りなので上からワンパンできる です。 ヒヒダルマとロトム対面すると大半突っ張って来ます。 環境に多いこいつらを確実に潰せるのはめちゃくちゃ美味しいです。 ヒヒダルマが引いてきた場合はもちものがスカーフでないとわかりますし、ロトムが引いた場合は持ち物がスカーフじゃないor準速だということがわかるので情報戦的にもかなりのアドを得ることができます。 (スカーフ)ドリュウズミラーでも相手がほとんど準速なので上から叩いて勝つことができます。 (相手がスカーフでなくタスキの場合もあるのでできることなら裏のポケモンに交代したい対面です) そんなわけで 最速ドリュウズをオススメしています。 安心と信頼のぶっぱ、変に調整入れる方が痛い目見るのでスカーフ運用するならぶっぱ一択です。 ドリュウズは防御の種族値が低く、Hに振るよりBに振った方が効率がいいので余りをBに振りました。 ドリュウズの技構成• レベル技• 技レコード• レベル技• 基本技 テンプレですがこれでOKです。 どうしても何か変えたいのならつのドリルの枠を変えましょう。 とはいっても シャドークローは威力低いし シザークロスは打ちたい相手いないし、、採用できそうなのはダイマックスとのシナジーがある かわらわりくらいですね。 ドリュウズのダメージ計算 効果抜群を突けないと大抵確定2発になります。 こいつらなら上から一撃で倒せるよ!ってポケモンをメインで載せてます。 アイアンヘッド ・H4振りミミッキュ 166. 苦手なポケモンが減って 環境が追い風だからドリュウズめっちゃ強いよ!• 特性は 「かたやぶり」が強くて人気だよ!• 私は 最速スカーフドリュウズがオススメ!• 技も努力値もテンプレが シンプルイズベスト! と、こんな感じです。 勝てるポケモンと勝てないポケモンがはっきりしている子なので、対面がキツそうだったら素直に引いてあげましょう。 相手の選出が見えた上で役目がなさそうならつのドリル連打して退場するのもアリです。 初手に出てきやすいロトムやヒヒダルマ、ドラパルトやエースバーンとは相性が良いので初手で出して積極的に場を荒らしましょう! うじゃうじゃいるミミッキュにめっぽう強く、対面ならトゲキッスやバンギラスにも相性がいいドリュウズ、ぜひ育ててみてください! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の