水いぼ イソジン。 水いぼをイソジンで治せる?効き目と使い方や注意点を解説します!

水いぼにはイソジン?大人と子供の治療、薬は?

水いぼ イソジン

水いぼ(みずいぼ)は、正式名称を伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、伝染性軟属腫ウイルスに感染することによって起こります。 水いぼは初めは狭い範囲にできますが、ウイルスが増殖すると次第に広範囲に広がっていきます。 特に水いぼが潰れるなどして中の液が体の他の部位につくことによって水いぼの感染範囲が広がることが多いです。 「伝染」の名前の通り人に感染し、特に肌のバリア機能が弱い幼児・小児によく生じます。 基本的には放っておいても自然に治りますが、それまでには長い期間がかかります。 プールの水で感染することはありませんが、肌の接触やタオル、ビート板、浮き輪などの共用によって感染することが多いです。 このために保育園や幼稚園などでは水いぼがあるとプールに入れてもらえないことが多いですが、水いぼがあるからといって学校を休む必要はありません。 プールに関してもタオルやビート板の共用や肌の接触を制限すれば参加できることもあるので、施設や学校との話し合いが必要となります。 基本的な治療法はリドカインのテープなど局所麻酔をしながらピンセットで水いぼを取り除いていく方法があります。 しかし中にはピンセットでの処置を怖がってしまい治療が難しい子どももいます。 水いぼはほとんどの場合かゆみや痛みはなく、広がることはあっても、その後は放っておいても完治します。 医師も子どもに恐怖心を与えてまで無理にピンセットによる治療をすることを選択しない場合があります。 さらに詳しく水いぼ(伝染性軟属腫)について知りたい方は以下の関連記事を参考にしてください。 関連記事 医師にもよりますが、子どもが怖がらず治療できる方法を選ぶこともあります。 その中の1つに本来の効能外ではありますがイソジン液とスピール膏を使った療法があります。 入浴後にイソジン液を塗り、その上にスピール膏を水いぼと同じ大きさで切り、貼り付けます。 その上からばんそう膏で固定します。 1週間すると水いぼが赤くなってきます。 その後も2〜3週間イソジン液のみ塗り続ける治療方法です。 イソジン液やスピール膏は単体でも水いぼに使われるようですが、合わせて使うことでより治療期間を短くできます。 ただし、この治療法は医師が適切と判断した上で行われます。 市販薬にもイソジン液と同じ有効成分のポビドンヨードを含む医薬品として、シオノギヘルスケアから「イソジン軟膏」、株式会社明治から「明治きず軟膏」が販売されています。 しかし、医師の診断・指示なく市販品のイソジン軟膏などを水いぼに使うことは控えてください。 イボには様々な種類があり素人にそのイボが水いぼかどうかを判断することは難しく、医師の判断なしにイソジン軟膏で治療を行うと症状悪化の原因になりかねません。 また、市販薬のイソジン軟膏などを自己判断で水いぼに使った場合、悪化や副作用が起きた時に「医薬品副作用被害救済制度」による保障を受けることができません。 もし、イソジン(ポビドンヨード)での治療を希望する場合は皮膚科や小児科の医師に相談してください。 おわりに 水いぼをイソジンを使って治療することになっても、治るまでには個人差があり、中には数ヶ月かかる方もいます。 時間をかけたくない場合はピンセットによる摘除、もしくは液体窒素によって患部を低温やけどにする方法がありますが、水いぼの数が多い場合はどちらの方法も何週間もかけて少しずつ治療していく必要があります。 水いぼの治療や完治には時間がかかることを念頭に置く必要があります。 水いぼの数が少ないうちに治療をはじめれば比較的短期間に完治できるため、「水いぼかな?」と思われるつぶつぶを体に見つけたら、できるだけ早く皮膚科もしくは小児科へ受診することが大切です。

次の

水いぼにイソジン(ポビドンヨード)を使って自宅で治療してみた!酷いときは皮膚科受診!

水いぼ イソジン

水いぼとイソジンの関係って? 子供が水いぼになってまず連れて行くところは皮膚科ですよね。 でも皮膚科での水いぼの治療は、1つ1つピンセットで行う「水いぼ取り」。 これは子供にとって、痛みと恐怖の耐え難いものです。 泣き叫ぶ我が子を見るのも親としては辛いもの。 夏だ!プールだ!水いぼだ!?わわっどうするどうする?皮膚科に自然に治るからって言われたけどどんどん増えてるよ?!ネットで調べてイソジン軟膏塗ってみたけど全然減らずにあっという間に50個突破!やばいよやばいよー。 その効き目や使い方、副作用なども気になるところ。 水いぼとイソジンの関係を詳しく見ていきましょう。 水いぼにイソジンがいいわけ 元々は怪我をしたときの消毒に使用されるイソジンですが、何故水いぼにいいとされているのでしょうか?水いぼにイソジンを用いる利点をまとめました。 ウイルスをすばやく殺菌する! 水いぼは伝染性軟属腫ウイルス ボックスウイルス というウイルスが原因で発症する通常は子供の病気です。 イソジンの消毒液や軟膏のポビドンヨードという主成分に含まれるヨウ素には細菌やウイルスなどの幅広い微生物をすばやく殺菌、消毒してくれる作用があります。 だから水いぼに直接塗ることによって水いぼのウイルスを殺菌してくれるのでとってもいい効果を発揮するんだそうです。 即効性もあり?幅広く消毒 イソジンの主成分、ポビドンヨードは、即効性があり、細菌からウイルス、真菌などの感染症の原因となる幅広い微生物に効くそうです。 だからアトピーやとびひ、水虫にもイソジンが効果があるといわれています。 ただ、気を付けなければいけないのがイソジンはあくまでも消毒として使うこと。 イソジンは細菌の細胞膜を破壊して殺菌すると同時に、人間の皮膚の細胞も痛めてしまうので、かえって症状を悪化させる恐れもあるそうです。 アトピー、とびひ、水虫などの治療薬として塗り続けるのではなく、消毒薬として塗り、2、3分したらすぐにしっかりと洗い流し、それぞれの症状に応じたお薬を塗ってケアすることが大切なようです。 やっぱりうがい薬の方が主流 イソジンと聞くと、どうしてもきず薬や軟膏よりもうがい薬の方が浮かんできますよね。 成分も同じポビドンヨードです。 では、水いぼにうがい薬を代用して使っていいと思いますか?答えはNOです。 うがい薬は口腔やのどの殺菌に使えるように作られているので、皮膚の殺菌や消毒の効能、効果はないようです。 水いぼには決して使わないように注意してくださいね。 水いぼに効果的なイソジンきず薬、軟膏の使い方 水いぼにいいとされているイソジン消毒液と軟膏。 効果的な使い方をみていきましょう。 準備しよう! まずは必要なものを揃えましょう。 イソジンきず薬、イソジン軟膏、コットンボールまたは綿棒、ピンセット コットンボールの場合 、ガーゼ、テープ。 ガーゼは絆創膏でも代用できます。 その場合はテープは必要ありません。 補足ですが、イソジンの他にも水いぼに効果的だと言われている「紫雲膏」という塗り薬があります。 ごま油、蜜蝋、豚脂、当帰、紫根が主成分で皮膚病や皮膚の損傷に有効な漢方薬です。 イソジンの消毒液、軟膏と併用して使うと効果があると言われていますが、患部が化膿していたり分泌物がある場合は控えましょう。 最後にきず薬を染み込ませることで更に効果アップ!ガーゼや絆創膏で覆っておくと、他に感染したり、きず薬や軟膏が洋服などにつきにくくなるのでいいですね。 すぐによくなるわけではないので、毎日根気よく続けることが大切です。 早い人では約1週間くらいで水いぼがカサブタのようになっていき、枯れてきて目立たなくなっていきます。 気になる副作用は? お薬にはメリットもあれば必ずデメリットもあるものです。 イソジンにも消毒、殺菌に優れているメリットがある代わりに、主成分であるポピドンヨードにはアレルギーなどの副作用もあるようなのでご紹介しておきます。 皮膚の変化をよく観察して! ポピドンヨードに含まれているヨウ素には過敏症を起こす人がいます。 このようなヨード過敏症を持っている人の水いぼにイソジンを塗ると、アレルギー反応を起こしてしまう恐れがあります。 ヨード過敏症を持っているお子さんには使用しないこと、持っているかどうか分からないお子さんには水いぼにイソジンきず薬や軟膏を塗って、その後の水いぼの様子をよく観察してみてください。 発疹、赤疹が出てきたり、かゆがるようならすぐによく洗い流し、使用を中止して下さいね。 また、症状が現れなくても、水いぼが沢山増殖してしまい、1度に沢山イソジンを使用してしまうと、接触皮膚炎、皮膚変色を起こしてしまう可能性もあるそうなので注意が必要です。 他の治療法を皮膚科に相談するか、赤く腫れてとびひになる可能性がある水いぼにだけ塗るなどの工夫が必要でしょう。 風邪のような症状が出る イソジンきず薬、軟膏の副作用として風邪のような症状が出ることがあるそうです。 水いぼにイソジンを塗り始めてくしゃみが出る、のどのかゆみが出る、声がかすれたりするなどの症状が出た場合はアナフィラキシーショックを起こしている場合があります。 すぐに使用を中止し医師の診療を受けるようにしてください。 呼吸器の変化に注意する イソジンきず薬、軟膏にも起こりうるアナフィラキシーショックには、先程ご紹介した風邪のような症状の他にも注意する点があります。 イソジンを使用後に息苦しさ、動悸、意識の混濁など呼吸器系の変化が現れる場合がありますので、よくお子さんの様子を観察することが大切です。 そのような症状が現れた場合はすぐに使用を中止し、医師の診療を受けましょう。 甲状腺機能に異常がある人 甲状腺機能に異常がある方はイソジンを使用してよいか医師に相談する必要があるようです。 イソジンに含まれているヨウ素は、甲状腺ホルモンを作るのに欠かせない物質です。 甲状腺機能に異常があると、血中のヨウ素の量を調節できず、甲状腺ホルモン関連物質に影響を与える恐れがあるそうです。 また、甲状腺機能に異常がなくても、1度に多量のヨウ素を使うと甲状腺機能低下症、甲状腺腫、ヨウ素欠乏症と同様の症状が認められたり、甲状腺炎、甲状腺癌を引き起こす可能性もあると言われています。 その他気になること そもそも水いぼってどうしてできるの? 水いぼは伝染性軟属腫ウイルスが、皮膚について感染し発症する病気です。 接触感染からどんどん広がるので、集団生活を一緒にしているお友達や兄弟での感染が多いです。 盛り上がったポツポツの中にウイルス粒子が詰まっていて、掻いたり擦ったりすることでウイルス粒子が外に出てきて、これが自分の肌に付くと水いぼが増えるし、お友達や兄弟の肌に付くとうつります。 よくプールでうつると耳にしますが、プールの水を介してうつるのではなく、ビート版、浮き輪、タオルなどの共用が原因なので、水いぼになったからと言ってプール禁止ではありません。 乾燥肌や湿疹ができている子供の肌は、バリアー機能が低下しているので、自分の肌から肌へ感染しやすいようです。 清潔にし、保湿などのスキンケアをしっかりして、キメの細かい潤いのある肌に保つことも大切ですね。 薬のアレルギーがある場合は? 副作用のお話しにもあったように、イソジンに含まれるヨウ素にアレルギー反応を起こすヨード過敏症の人がいます。 元々ヨード過敏症がある場合は絶対に使用しないでください。 過敏症がない場合でも1度に沢山イソジンを外用するとかぶれを起こすこともあるので注意が必要です。 効き目がない人もいる? イソジンきず薬、軟膏で水いぼを治療する方法は、痛みもなく低コストで便利ですが、やっぱり中には使用しても効かないという方もいるようです。 何日か使用してみて、効き目がないなと思ったり、悪化するようでしたら使用を中止し、専門の先生に相談したほうがよいでしょう。 どのくらいの期間で効き目が出る? 効き目が出てくるのは個人差があります。 早い人で1週間で効果があった人もいれば、遅い人は2ヶ月くらいかかる人も。 早く効果を得たい方は、朝晩塗った人もいるようです。 どちらにせよ、イソジンを使った治療は水いぼの様子を注意深く観察しながら根気よく続けることが大切です。 イソジン治療!試してみる価値あり イソジンきず薬、軟膏を使った治療は、皮膚科のお医者様の中には全く意味がないという方もいらっしゃいます。 確かに効き目がない方がいるのも事実です。 もしも絶対に効くのなら、皮膚科の先生もピンセットで1つずつ取ったりせずイソジンを処方すればいいですものね。 実は私の次男がスイミングに通いだした頃水いぼに感染し、皮膚科にピンセットで取るか自然治癒を進められ、自然治癒を選択した結果ものすごい速さで広がってしまい可愛そうなことをしてしまったことがあります。 その時に試したのがイソジン療法です。 どんどん増える水いぼが、みるみるうちに元気をなくしていき、少し時間はかかったほうですが3週間くらいですっかり枯れてしまいました。 水いぼで悩んでいる方は試してみる価値はあると思います。 正しい使い方、副作用を理解した上で1度試してみてくださいね。

次の

水いぼにイソジンが効果あるって本当?我が子で試してみた結果

水いぼ イソジン

水いぼの感染経路や発症年齢は!? 水いぼになった経験は、皆さんありますか!?。 私は、小さい頃にスイミングをしていたときになったことがあります。 プツプツとした水を含んだいぼが気になって仕方がありませんでした。 水いぼは、他の人にうつしてしまう可能性があるため潰して薬を塗って治していました。 潰す時は激痛です(泣) 最近の治療法は、昔よりは改善されているため麻酔パッチなどを利用する方法もあるようです。 しかし、麻酔パッチを使っても無痛になるわけではないため多少の痛みはあります。 気になる感染経路は、下記の通りになります。 接触感染• 間接的なものにより感染(タオルやプールのビート板など) 水いぼのウイルスは、そこまで感染力が強いわけではありません。 発症年齢は、いつぐらいが多いかというと 3歳~15歳ぐらいまでが一番多いのです。 その中でも幼稚園~低学年までの間が発症率が高くなっています。 幼稚園ぐらいの時は、お友達と一番くっついたりするタイミングですよね。 特にプールなどで遊ぶときなどは、接触することが多くなるのは仕方がありません。 接触感染が原因になるからこそ予防をしたいママさんも多いのですが、なかなかくっつくなとは言えませんよね(汗)。 予防方法も接触しないように注意したり、共有しないなどという漠然としたものしかありません。 ウイルスはそこまで強くはないもの感染はしてしまうため赤ちゃんにもうつってしいまいます。 ご兄弟で水いぼになった場合は特に注意をしてくださいね。 赤ちゃんは、抵抗力が低いですので周りの人が気にかけてあげましょう。 ヨードと聞くと、しみるイメージが強くありませんか!? イソジン軟膏はしみないような工夫がされているようで、水いぼの治療には最適なのです。 水いぼを潰すよりも痛くない方法を子供には、試したいですよね。 万能薬的なイソジン軟膏は、水いぼ以外にも以下のような症状に効果を発揮します。 アトピー• ニキビ跡• とびひ 但し合わない場合もありますのでその場合は、必ず皮膚科を受診してくださいね。 あくまでも市販薬であり市販薬のみを信じるのは危険を伴います。 綿にイソジン軟膏を付け患部にたっぷりつける。 (指でつけず綿棒など利用する)• 患部に触れないようにカットバンなどで蓋をする。 一定時間過ぎるときれいに洗い流す。 イソジン軟膏の効果は殺菌消毒効果とお伝えしましたが、 軟膏でも長時間放置が出来ません。 その為軟膏を塗って一定時間が過ぎたらきれいに洗い流してくださいね。 そのまま放置してしまうと、色素沈着してしまうことがあります。 イソジンの主成分であるヨードの原料は、ヨウ素であり甲状腺ホルモンの原料となります。 その為、使用が増えて摂取量が増えてしまうと、甲状腺ホルモンが低下してしまいますよ(汗) このリスクは怖いです><。 使用前には、自分が使っても大丈夫かどうか必ず注意して確認してくださいね。 皮膚状態の悪化は元に戻すまでが、大変ですので注意が必要です。 お薬は飲み薬でも塗り薬でもリスクはあります。 皮膚が赤くなる• かゆみが出る• 稀にアナフラキシーをおこす。 風邪ににた症状を起こす。 動悸・息切れなど起こすことがある。 広範囲に一度にたくさん使った場合に副作用が起きる可能性がありますので、使用する量は注意してくださいね。 まとめ イソジン軟膏の効果的な使い方や注意点のまとめ• イソジン軟膏の効果:消毒殺菌作用• イソジン軟膏使用頻度:1日1回程度• 使用上の注意点:必ず洗い流し、多用は避ける。 ヨウ素アレルギーの場合は使用しない。 痛い思いをせずに、水いぼを完治に導くことのできるイソジン軟膏是非お試しくださいね。

次の