平成34。 卒業年度早見表

健康日本21(第二次)|国立健康・栄養研究所

平成34

詳細については、パンフレットを参照してください。 旧規則に基づく無線機器が免許(登録)を受けている場合は、平成34年11月30日まで旧規則の無線設備の条件の適用が可能です。 (平成34年11月30日までは、平成29年12月1日以降に有効期限を迎える無線局にあっても、再免許(再登録)により平成34年11月30日までは旧スプリアス規格の無線機器を使用することは可能です。 ただし、旧規則と新規則との規定整合性のある下記の無線設備(無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)附則第5条第2項の適用を受ける無線設備)については、旧規則に基づき技術基準適合証明等を受けている場合は、新規則に基づく技術基準適合証明等とみなされ、平成34年12月1日以降も効力が有効となります。 下表に出現する条項は、改正当時のものです。 (参考)対象設備の概要 七証明規則第二条第一項第三十九号から第四十六号までの無線設備 デジタル空港無線通信用陸上移動局、18GHz帯基地局・陸上移動局・陸上移動中継局、18GHz帯電気通信業務・公共業務用固定局、航空移動衛星通信システム なお、技術基準適合証明等を条件として無線従事者の資格を不要としている簡易な操作の対象については、平成28年6月20日の告示改正により、旧規則に基づき技術基準適合証明等を取得した無線設備であって、新規則の条件に適合することが確認できたものについては、旧規則に基づく技術基準適合証明等の効力が失われる平成34年12月以降も引き続き無線従事者の資格を要しない簡易な操作の対象設備となります。 (旧規則に基づき取得した技術基準適合証明等の効力自体が、平成34年12月以降も有効となるものではありません。 ただし、同日以前に設置された機器については、設置が継続する限り、その効力が有効になります。 また、無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)附則第4条第4項の適用を受ける下記の無線設備については、旧規則に基づき型式検定に合格している場合は、新規則に基づき合格したものとみなされ、平成34年12月1日以降も効力が有効となります。 無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)附則第4条第4項の対象機器.

次の

平成何年は令和で何年?自動変換計算機

平成34

簡易無線局において、350MHz及び400MHz帯のアナログ方式の周波数は、平成34年(2022年)12月1日以降は使用できなくなります。 簡易無線局のデジタル化に伴い、簡易無線局において、350MHz帯(348. 5625MHz~348. 8MHz いわゆる「小エリア簡易無線局」)及び400MHz帯(465. 0375MHz~465. 15MHz,468. 55MHz~468. 85MHz)の アナログ方式の周波数の使用期限は、平成34年(2022年)11月30日までとなっています。 400MHz帯でアナログ周波数(35ch)とデジタル周波数(65ch)の両方が使用できるデュアル方式の簡易無線についても、アナログ方式の周波数の使用は平成34年(2022年)11月30日までとなりますので御注意ください。 デジタル化の目的・効果 電波は、有限希少な資源であり、携帯電話、テレビ・ラジオ放送、消防・救急無線、鉄道無線など、様々な用途で利用されています。 今後も、データ伝送等で電波の利用ニーズが高まることが想定されることから、電波の有効利用を促進する必要があります。 デジタル方式は、アナログ方式に比べて音質が良く、占有周波数帯幅を狭帯域化(ナロー化)しても伝送速度を高めることができるなど、通信品質の向上や電波の効率的な利用が可能であることから、積極的にデジタル化を進めることが求められています。 デジタル化の経緯 平成20年(2008年)8月、周波数割当計画(総務省告示)が改正され、簡易無線局(350MHz及び400MHz帯)に、新たにデジタル方式の周波数の割当てが行われたことに伴い、アナログ方式の周波数の使用終了期限は平成34年11月30日までと規定されました。 また、「周波数再編アクションプラン」において、簡易無線(350MHz帯及び400MHz帯)については、以下のとおりデジタル方式への移行を推進する基本的な方針とともに、具体的な取組が示されています。 「周波数再編アクションプラン(平成27年10月改定版)」【抜粋】• 第2章 各周波数区分の再編方針• 4~470MHz帯 基本的な方針 公共業務や一般業務等の自営無線システムをはじめとする陸上分野のシステムについて、デジタル化を推進する。 簡易無線(350MHz帯及び400MHz帯)については、デジタル方式への移行を推進。 具体的な取組• 平成20年8月に技術基準の整備を行ったデジタル方式の簡易無線の普及を進め、周波数割当計画において平成34年11月30日までと周波数の使用期限が付されているアナログ方式からの移行を図る。 お問い合わせ先 詳細につきましては、各地域の総合通信局等にお問い合わせください。 各地域の総合通信局等問い合わせ先 北海道総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:北海道) 011-709-2311(内線4656) 東北総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県) 022-221-0669 関東総合通信局無線通信部陸上第三課 (管轄区域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県) 03-6238-1785 信越総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:新潟県、長野県) 026-234-9988 北陸総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:富山県、石川県、福井県) 076-233-4482 東海総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:岐阜県、静岡県、愛知県、三重県) 052-971-9623 近畿総合通信局無線通信部陸上第三課 (管轄区域:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 06-6942-8563 中国総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県) 082-222-3370 四国総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:徳島県、香川県、愛媛県、高知県) 089-936-5035 九州総合通信局無線通信部陸上課 (管轄区域:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県) 096-326-7863 沖縄総合通信事務所無線通信課 (管轄区域:沖縄県) 098-865-2306.

次の

平成西暦早見表|平成何年は西暦何年か変換

平成34

5未満)の減少) 20〜60歳代男性の 肥満者の割合 31. 2% 40〜60歳代女性の 肥満者の割合 22. 2% 20歳代女性のやせの者の割合 29. 1% (平成23年度) 80% (平成34年度) イ 食塩摂取量の減少 10. 6g (平成22年) 8g (平成34年度) ウ 野菜と果物の摂取量の増加 野菜摂取量の平均値 282g 果物摂取量100g未満の者の割合 61. 3% 中学生33. 7% 夕食 小学生2. 2% 中学生6. 3% 女性22. 9% 65歳以上 男性47. 6% 女性37. 3% (平成23年) 5. 3% 女性 7. 5% (平成22年) 男性 13% 女性 6. 5% 女子 11. 7% 高校3年生 男子 21. 7% 女子 19. 6% 女子 0. 9% 高校3年生 男子 8. 6% 女子 3. 9% 医療機関 13. 3% (平成20年) 職場 64% (平成23年) 家庭 10. 7% 飲食店 50. 0% (平成17年) 50% (平成34年度) イ 60歳で24歯以上の自分の歯を有する者の割合の増加 60. 2% (平成17年) 70% (平成34年度) ウ 40歳で喪失歯のない者の 割合の増加 54. 7% (平成21年) 25% (平成34年度) イ 40歳代における進行した 歯周炎を有する者の割合の減少 37. 3% (平成17年) 25% (平成34年度) ウ 60歳代における進行した 歯周炎を有する者の割合の減少 54. 1% (平成21年) 65% (平成34年度).

次の