愛 の エネルギー 家事。 「愛と家事」の呪縛とは?:みんなの暮らし日記ONLINE

愛のエネルギー家事 (すみれ書房)

愛 の エネルギー 家事

メンタルパワーズ・スタッフです。 ================== 戦いのエネルギーはトラウマを生み出す 佐藤康行 =================== 愛のエネルギーで生まれた私たちは、 トラウマの心を自由自在にできず 生きてきた時代です。 当てはまらない人は、誰一人いません。 佐藤康行が35年やってきた あなたの中に眠る 『男のエネルギー 女のエネルギー 愛のエネルギー』 男と女はとてもシンプルでした! 男と女の目覚めです! これを今書いている以前の私は、 自分に無いものを無理やり何とかしようとして 頑張って競い合って生きていた時がありました。 今思えば、もともと無理なことを求めて、 取ってつけたように がむしゃらに頑張っていました。 とにかく何かと戦っていた 戦いのエネルギーだったように思います。 負けたくない、異性にも負けたくないと。 当然、体はボロボロ、原因不明の微熱が 何ヶ月も続くような苦しい時代がありました。 そんな私を変えてくれたのは、 メンタルパワーズでの 真我の目覚め、愛の目覚め、 目の前に現れたソウルメイトの存在でした。 その当時は分かりませんでしたが、 伴侶の存在は、もともとの私の女性性を 取り戻させてくれていたのだと腑に落ちたのです。 『男が女を蘇らせて、女が男を蘇らせる。 そのエネルギーが人類を救う。 』 これも佐藤康行の言葉です。 この言葉の衝撃は凄まじいです。 あまりにも当たり前すぎて 分からなくなくなっている男と女。 この二つしかない性という仕組みに 特段、意識などせずに生きていますが、 本当は、一番尊く素晴らしい世界を すでに与えられていたことに気づいたのです。 男と女が愛し合うことによって 新しい命が誕生する仕組み。 この仕組みがユートピアの世界だと 本当に体験、体感、体得するためにも、 魂のレベルで出会える愛の磁力の自分に 磨きをかけてみるのはいかがでしょうか? たった一度の人生です。 男のエネルギー 女のエネルギー 愛のエネルギー あなたが想像する以上の すごい世界を拓いていくことになるでしょう。 私は、お陰様でそう確信できる体験を 毎日メンタルパワーズでさせていただいております。 佐藤康行 メンタルパワーズ 愛のエネルギー 愛 エネルギー 男 女 無限 真我 拡散 真我の拡散 体 心 不調和 戦い トラウマ 夫婦 ソウルメイト ツインソウル 誕生 命 性 男性性 女性性.

次の

「愛のエネルギー家事」で学んだこと。自分の機嫌優先で、無理をせずやりたいときに家事をしよう、etc…。

愛 の エネルギー 家事

そのうち、基礎代謝量は体格に依存し、食事誘発性熱産生は食事摂取量に依存するため、個人内での変動はあまり大きくありません。 総エネルギー消費量が多いか少ないかは、身体活動量によって決まります。 身体活動量は、運動によるものと、家事などの日常生活活動によるものの、大きく2つにわけることができます。 身体活動量に占める両者の割合は、運動を習慣的に行っているかどうかによります。 ただし運動を習慣的に行っていなくても、畑仕事や家事などによる身体活動が多い場合もありますので、一概に運動を習慣化している人のほうが身体活動量が多いとは言い切れません。 近年では家事などの日常生活活動が該当する、非運動性身体活動によるエネルギー消費、別名NEAT non-exercise activity thermogenesis と肥満との関連が注目されています。 Levineら [1]は肥満者と非肥満者を比べると、肥満者は歩行なども含めた立位による活動時間が、平均で1日約150分も少なかったと報告しました【図】。 つまりなるべく座位行動を減らして、家事などの日常生活活動を積極的に行うことも、肥満予防のキーポイントといえます。 図:総エネルギー消費量の構成および非肥満者と肥満者におけるその違い [1] 1回の身体活動で消費されるエネルギー量は、体格・活動強度・活動時間によって決まります。 つまり「体格の大きい人が」「高い強度で」「長時間行う」ほど、エネルギー消費量は多くなります。 また身体活動中にエネルギー源として使われる糖と脂肪の割合は強度によって変化し、強度が低いと脂肪を使う割合が増え、強度が高いと糖を使う割合が増えます。 ただし活動後も身体を回復させるために代謝亢進は続いています。 その際に高い強度で身体活動を行った後は、活動中に使われた糖を肝臓や筋肉に補填するため、より多くの脂肪が使われています。 身体活動によってどのくらい脂肪を燃焼したかは、活動中だけでなくその後の回復時にどのくらい使われたのかもあわせて考える必要があります。 (最終更新日:2019年6月5日).

次の

【楽天市場】愛のエネルギー家事 /すみれ書房/加茂谷真紀

愛 の エネルギー 家事

「家族」をテーマとするエッセイ集『愛と家事』を読みました。 母親の愛情が重たいという苦悩。 一度目の結婚の失敗と挫折からの回復。 母、結婚、家族……といった、個人的な話がつづられています。 著者の太田さんは、家事について、こんな風に書いています。 一度目の結婚では愛をもって家事をしないといけなかった。 それに疲れた。 前の夫はわたしが「家事をするのが疲れた」と言うたびに機嫌が悪くなった。 (中略)愛情なんか全然ないのに、愛情があるふりをして料理をすることに消耗した。 (中略)わたしはもっと愛と家事を切り離したい。 愛があるから家事をするのでも家事をするから愛があるのでもない。 なのに「愛と家事」の呪縛は強烈で、油断すると愛と家事をはかりにかけている。 わたしは今日も台所で、愛と家事の矛盾に格闘している。 私自身は「家事と愛」をこんなふうにとらえたことはありませんでしたが、心にひっかかる部分があったということは、そうした認識が私の中に少なからずあるということなのでしょう。 仕事で疲れた日などは、妖怪「ナンデワタシバッカリ……」が頭をもたげる日もあります。 愛があるから家事をするのでも、家事をするから愛があるのでもない。 著者の太田さんはそう言うけれども、「愛情弁当」「愛妻弁当」という言葉が示すように、世間では「家事で表す愛」への礼賛が、迷いなくあふれています。 私もそうしたことにこれまで疑いを持っていませんでしたが、このエッセイを読み、「家事による奉仕」だけが愛を示すことにはならないのかもしれないな、と思わされました。 私は、夫を毎日手料理でもてなすなんてまっぴらだ。 (中略)食事のことで家の中でだれかが抑圧されるよりも、食べたいものを楽しく食べて、家族との関係がいい方がいい。 インスタントラーメンだって、できあいの総菜だって、堂々と食卓に上らせてやる。 私は太田さんのようには割り切れず、夫や子どもにはできるだけ手作りの食事を食べてほしいと思っています。 ただそのために無理をしてつらくなるほどにはやりたくないし、それで不満をためないようにしたい。 嫌々作った一汁三菜より、気楽に作った一汁一菜でいいんでしょうね。 家事ってなんだろう……と考えているうちに、それって仕事ってなんだろう、とか、人生ってなんだろうと考えるのと同じなんじゃないかと思えてきました。 考えすぎても仕方ないし、人それぞれ違った考え方や、やり方があり、答えはなかなか見つからないもの。 しかし、ときどき立ち止まって見つめ直すのも大切なことですよね。 実は明日、結婚記念日なんです。 家事は放棄して、おいしいものでも食べに行って、ゆっくり夫と話でもできたらいいんでしょうが、明日は子どもの少年サッカーがあり、それも市の大会の決勝なので、結局子ども中心のあわただしい一日になりそうです。 「愛と家事」について悩むヒマもなく、山のような洗濯物と食事づくりに追われる一日。 それもまた「愛と家事」にあふれた楽しい一日だったと、いつか振り返ったときに思えるのかもしれませんね。 『愛と家事』(創元社 本体価格1,000円+税).

次の