ゆるミニマリスト。 断捨離 生前整理 ミニマリスト 捨て活 断活 整理整頓 親 実家

ゆるミニマリストブログ|整理収納アドバイザーで狭く古い賃貸マンション2人暮らし

ゆるミニマリスト

もくじ• そんな私も入学時に 6個のカラーボックスを買い、本棚・教科書立て・雑物・食器・キッチン家電・洋服棚としてフル活用させていました。 少しでもスッキリさせるように、カバーをかけて目隠ししたり。 以前の私の部屋。 スッキリしているように見えて、ごちゃついてます。 カラーボックスを捨てる代わりに、メタルラックを2個買いました。 今の状態はこんな感じです。 メタルラックのいいところは、分解して小さくできること。 カラーボックスも分解できますが、ネジを外したりする手間もかかれば、そもそもの木材が重くてスリムではなくので、持ち運びが厳しいです。 一方で、メタルラックやスチールラックであれば、ネジではなくはめ込むタイプなので分解が楽なのと、使う部品がコンパクトにまとまるので引越しのときにも便利です。 スッキリ化成功。 だって着てないから。 高価なものほど手放したくないですが、でももうゆるミニマリストになるためには背に腹はかえられぬ。 買った当時と好みって変わっちゃうから、あえて奇抜な柄を買うとこうなるのか、という教訓です。 捨てるのはさすがに…という方は、やっぱり買取サービスを利用すれば一発でお金になるのでオススメです。 MODE SCAPE MODESCAPEは、ファッションブランドに専門的に詳しいバイヤーが担当するので、たとえ知名度の低いニッチなブランドでも対応可能であること、Web上で必要事項を入力して送信すれば、あとは詰めて送るだけなのでかんたんです。 そして商品到着から査定完了まで1営業日というスピーディーな対応で、早く査定結果が欲しい!という人にオススメ。 おかげで、クローゼットの中が本当にスッキリしました。 早く売っておけばよかった。 というのも、純粋に紙の本が好きなのはもちろん、iPhoneで本を読むとなると、小さい文字に辟易するのです。 私の利用している電子書籍サービスは専ら kindleなのですが、結構読みたい本を電子書籍も取り扱っているので、ゆくゆくは電子書籍にしたいなあと思いつつも、字の小ささに躊躇したりの繰り返し。 でもiPad第6世代を勢い余って買ってからは、電子書籍も悪くないと思うようになりました。 魅力的な画面の大きさで、kindleも快適 今は部屋に乱雑に重ねていた本を減らし、kindleに移行中です。 こうすることで、本棚も必要なくなるのでカラーボックスも要りません。 今ではKindle Unlimitedを利用して、毎月980円で本・雑誌を10冊読んでいます。 今考えたら、もっと早くに移行すればよかったなあ。 ただし、kindleでなかなか取り扱われない本も中にはあるので、そう言ったものについては別のサービスも検討しなくちゃ。 そうすれば、カラーボックスの2個のうち1個もまた捨てられます。 ちなみに何度も読んでしまった本を30冊近く次の読み手へと譲り、そのお金でカフェでコーヒーを飲みながらブログを書きました。 それはそれでいい時間だった。 ものが少ないように見えて、机の上や棚の中はごちゃついています。 我が家には、引っ越してきた当初から座布団(クッション)を二つ、部屋に置いてそこに自分や、たまに訪ねてくる友人、家族に座ってもらっていました。 ただこのクッションや座布団系は、埃が異常につきやすい。 油断してると茶色いクッションは埃だらけになっています。 掃除のたびに退かすのも億劫だし、なかなか取れない。 何より、なんとなく部屋の中で行き場に困る時もあり、統一感がありませんでした。 とりあえず使っていたけど、そこまで思い入れもなかったので断捨離。 おかげさまで部屋と気持ちがスッキリ。 思い切って、試験的にラグに移行中です。 あえてラグを敷けば、掃除するときにラグを動かすついでに天日干しにしたり洗濯できますし、そうすると床掃除がしやすくなるのでは?という考え。 特に山本ゆりさん( )の「 」については、シリーズでほとんど持っていました。 もちろん紙媒体で棚に並べておく方が、見た目もなんとなくおしゃれで可愛いですが、結構場所とります。 ましてや料理中に見たくても、紙媒体は立たないし、めくる時もちょっと手間がかかります。 なので、思い切ってレシピ本は全部捨てて、CookpadやYouTube、kindleのみに限定して使うようにしました。 iPadを使えば、広い画面で見られるので見やすいですし、youtubeも見ながらだったら映像で料理の工程もわかりやすいので、助かっています。 キッチンと本棚のスッキリ化。 とにかく朝起きてすぐに何をするでもなくテレビをつけて、寝るが寝る前まで観ていました。 そんな私ですが、ふと思い立ってもう4年以上テレビのない暮らしをしています。 今ではYoutubeでいろんな人の動画を見たり、アマゾンのプライムビデオを楽しみ、ニュースはアプリを使えば簡単に手に入ります。 映画大好きで、月に7本以上観る方や、新作観たいけどアマゾンプライムやネットフリックスでは観れない…と悩むかたは、一度観てみるといいかもしれません。 また、Kindle unlimitedで毎月雑誌を読み漁っています。 たまたま開いたらこれを読んでいる途中でした テレビがなくとも流行に敏感でいられます。 いよいよkindleは手放せなくなってきました。 (大学卒業したら、もっとコンパクトな部屋に引っ越します) 「広い部屋には大きめなテーブルが必要だろう」ということで、結構大きいテーブルを買いましたが、特に満足するでもなく、何となく掃除もしにくいし、場所をとります。 ということで、直径60cmの円形のテーブルへ 以前のものより一回り小さいタイプです。 小さくても、今のところ困っていませんし、むしろ部屋全体がもっと広くなったようにスッキリ。 意外と部屋の幅や空間を盗んでいるのは、大きなテーブルかもしれませんね。 部屋はシンプルに、物はこだわって 物を手放し始めてから、逆に物への強いこだわりが生まれました。 中途半端な思い入れのあるものは、部屋に置いておきたくないと思い始めます。 物を減らすからこそ見えてくる、物の価値。 物に溢れていたときには見抜けない、自分のこだわりにも気づくことができます。 まだまだ物を手放す作業中ですが、これからも取捨選択を続けて、こだわりのあるもので生活を満たしていこうと思います。

次の

ゆるミニマリストの食器を選ぶ基準~使いやすくて気に入った食器だけを選ぶ9つのコツ~

ゆるミニマリスト

ゆるミニマリスト主婦のナミです。 2LDK賃貸に、小学生の子供と夫と3人暮らしです。 スポンサーリンク ミニマリスト志望はやめた。 数年前から「ゆるミニマリスト」やってます 私は無駄な物は排除して最小限にするミニマリストを目指したこともありますが、 なんだか合わないと思いやめました。 ミニマリストよりゆるミニマリストがちょうどいいと気づいて、 数年前からブログ名は「ゆるミニマリスト主婦・・・」に変えました。 これはあくまで我が家の話であって、 ミニマリストの方が向いているご家庭も多いと思います。 一個人の考えなので、 ミニマリストを否定している訳ではないし、 最小限を徹底しておられる方はすごいなーと思います。 私は、自分にとっての 最小限を目指すとなると、 常に部屋の中の無駄が気になって、モヤモヤします。 例えば一度すべてを捨て、 無駄を一つ残らず捨てたとしても、 生きている以上、また不要な物が部屋の中に入ってきます。 最小限をキープするミニマリストを目指すと、 入ってきた物すべてをすぐに捨てない限り、 その 物の存在が気になって、マイナスな考えになります。 (2016年春の断捨離の様子) 物を捨てるのは幸せになるのが目的ですが、 ミニマルにとらわれすぎると、 「物を捨てたい!不要を排除したい!」という思いが、 日常生活のいろんな場面で頭をよぎります。 その捨てたい欲求が すぐ満たされれば問題ないんです。 だけど私の場合、 家事、子育て、仕事、遊びなどで、 すぐには捨てられない事も多かったんです。 (2016年撮影。 前に住んでいた家のリビング) 精神的に良くないミニマリストはやめた 最小限になるまで捨てたいと思っていると、 なかなか実現するのは難しいです。 そうなると 欲求不満状態になるし、 「幸せになるために捨てたい」というよりも、 「早く捨てなければ。 」という 追い立てられるような気持ちになってしまいます。 大げさに言うと、 「幸せになる為にミニマリストになる」はずが、 「ミニマリストをめざして不幸せになる」という事です。 物にとらわれずに生きるはずが、 いつも物の事を考えている という本末転倒な事が起こります。 捨てられない自分や いつまでたっても断捨離が終わらない自分。 それに悩んで悶々として 自分って駄目だなと思い続けているって なんだかおかしいと思うんです。 捨てられないなら 今は捨てなくていい。 物が多くても幸せな人は たくさんいます。 断捨離で悩むのはやめて 今日どこかに出かけたり おいしいものを食べながたり 自然をながめながらリラックスしたり そうやって幸せを感じることの方が 自分にとって大切だと私は思います。 スポンサーリンク ミニマリストをやめたのは家族にミニマリズムを強要しないため 自分にとって最小限と、 夫や子どもにとっての最小限は違います。 だけどどうしても 完璧にいらない物を捨てようとすると、 自分の価値基準で見てしまい、 夫の持ち物が気になってきます。 夫に「捨ててほしい」とは言わなくても、 夫婦であれば空気で伝わり、 嫌な思いをさせてしまうかもしれません。 だけど ミニマリストになりたかったのは自分であって、 家族ではなかったんです。 家が汚いよりすっきりして綺麗な方が、 夫も嬉しいはずですが、 少しも無駄な物が許されないような環境は、 夫に息苦しさを感じさせてしまう。 家はリラックスする場所なので、 それではいけないと思いました。 ミニマリストになりたい病がひどくなると、 子供のおもちゃまで減らしたくなってしまう可能性もあります。 だけど子供って 大人が無駄だと思っている物から いろいろな想像ができるし 新しい物を創り出すことができます。 決められたスペースにおさまれば おもちゃをたくさん持っていてもいいと思っています。 (2018年、幼稚園生だった時の子供のおもちゃ収納) スポンサーリンク シンプルライフとは、小さいことにこだわらない事 シンプルに生きるために、 「自分にとって無駄な物は、捨てたい」と今も思っているのですが、 「無駄はすべて捨てたい」と 「すべて」にこだわると、 小さい無駄まで気になってしまいます。 シンプルに穏やかに生きるためには、 小さい事にはこだわらないようにしたい。 だから私は、シンプルに生きるゆるミニマリストになりました。 目的は、機嫌よくハッピーに生きる事なので、 少しぐらい無駄があっても気にしないゆるミニマリストが、 私と家族にはちょうどいいです。 もう一度繰り返しますが、 これはあくまで我が家のお話で、 私のミニマリストの解釈です。 悩むなら捨てなくていい。 ゆるミニマリストでいい 「無駄な物を全部捨てたいのに、捨てられない」 とモンモンとしている方がいるなら、 悩むぐらいなら捨てなくてもいい という考えをお伝えできればと思います。 私と一緒に、ゆるミニマリストになりませんか? 物に執着しないつもりが、 いつのまにか物を捨てる事ばかり考えていたら、 本末転倒です。 最後に そんなわけで私は 最小限にこだわるミニマリストはやめたので 数年間ブログ名では「ゆるミニマリスト」と書いています。 ただ、呼び方なんてどうでもよいので 記事ではミニマリストと書くことのほうが多いのですが。 この記事で言いたかったのは 最小限まで減らすことに こだわらなくていい。 自分や家族が快適に暮らせるぐらい捨てたら あとは他の楽しいことに時間をつかおう。 断捨離は、目的でも ゴールでもない。 必要ない物はできる範囲で早く捨ててしまって その先の人生を楽しもう。 ということです。 (2020年春の2LDK賃貸の着替え部屋) 2020-06-30 11:25 人気記事ランキング• 26,101ビュー 2020年7月2日 に投稿された• 20,944ビュー 2020年2月5日 に投稿された• 13,510ビュー 2019年12月30日 に投稿された• 10,937ビュー 2020年6月25日 に投稿された• 7,262ビュー 2019年11月10日 に投稿された• 5,718ビュー 2018年5月10日 に投稿された• 5,526ビュー 2018年1月15日 に投稿された• 4,730ビュー 2016年12月22日 に投稿された• 4,589ビュー 2019年4月1日 に投稿された• 4,585ビュー 2018年4月16日 に投稿された カテゴリー• 101• 220•

次の

【洋服の断捨離】40代ゆるミニマリストのクローゼット

ゆるミニマリスト

ゆるミニマリスト主婦のナミです。 2LDK賃貸に、小学生の子供と夫と3人暮らしです。 スポンサーリンク ミニマリスト志望はやめた。 数年前から「ゆるミニマリスト」やってます 私は無駄な物は排除して最小限にするミニマリストを目指したこともありますが、 なんだか合わないと思いやめました。 ミニマリストよりゆるミニマリストがちょうどいいと気づいて、 数年前からブログ名は「ゆるミニマリスト主婦・・・」に変えました。 これはあくまで我が家の話であって、 ミニマリストの方が向いているご家庭も多いと思います。 一個人の考えなので、 ミニマリストを否定している訳ではないし、 最小限を徹底しておられる方はすごいなーと思います。 私は、自分にとっての 最小限を目指すとなると、 常に部屋の中の無駄が気になって、モヤモヤします。 例えば一度すべてを捨て、 無駄を一つ残らず捨てたとしても、 生きている以上、また不要な物が部屋の中に入ってきます。 最小限をキープするミニマリストを目指すと、 入ってきた物すべてをすぐに捨てない限り、 その 物の存在が気になって、マイナスな考えになります。 (2016年春の断捨離の様子) 物を捨てるのは幸せになるのが目的ですが、 ミニマルにとらわれすぎると、 「物を捨てたい!不要を排除したい!」という思いが、 日常生活のいろんな場面で頭をよぎります。 その捨てたい欲求が すぐ満たされれば問題ないんです。 だけど私の場合、 家事、子育て、仕事、遊びなどで、 すぐには捨てられない事も多かったんです。 (2016年撮影。 前に住んでいた家のリビング) 精神的に良くないミニマリストはやめた 最小限になるまで捨てたいと思っていると、 なかなか実現するのは難しいです。 そうなると 欲求不満状態になるし、 「幸せになるために捨てたい」というよりも、 「早く捨てなければ。 」という 追い立てられるような気持ちになってしまいます。 大げさに言うと、 「幸せになる為にミニマリストになる」はずが、 「ミニマリストをめざして不幸せになる」という事です。 物にとらわれずに生きるはずが、 いつも物の事を考えている という本末転倒な事が起こります。 捨てられない自分や いつまでたっても断捨離が終わらない自分。 それに悩んで悶々として 自分って駄目だなと思い続けているって なんだかおかしいと思うんです。 捨てられないなら 今は捨てなくていい。 物が多くても幸せな人は たくさんいます。 断捨離で悩むのはやめて 今日どこかに出かけたり おいしいものを食べながたり 自然をながめながらリラックスしたり そうやって幸せを感じることの方が 自分にとって大切だと私は思います。 スポンサーリンク ミニマリストをやめたのは家族にミニマリズムを強要しないため 自分にとって最小限と、 夫や子どもにとっての最小限は違います。 だけどどうしても 完璧にいらない物を捨てようとすると、 自分の価値基準で見てしまい、 夫の持ち物が気になってきます。 夫に「捨ててほしい」とは言わなくても、 夫婦であれば空気で伝わり、 嫌な思いをさせてしまうかもしれません。 だけど ミニマリストになりたかったのは自分であって、 家族ではなかったんです。 家が汚いよりすっきりして綺麗な方が、 夫も嬉しいはずですが、 少しも無駄な物が許されないような環境は、 夫に息苦しさを感じさせてしまう。 家はリラックスする場所なので、 それではいけないと思いました。 ミニマリストになりたい病がひどくなると、 子供のおもちゃまで減らしたくなってしまう可能性もあります。 だけど子供って 大人が無駄だと思っている物から いろいろな想像ができるし 新しい物を創り出すことができます。 決められたスペースにおさまれば おもちゃをたくさん持っていてもいいと思っています。 (2018年、幼稚園生だった時の子供のおもちゃ収納) スポンサーリンク シンプルライフとは、小さいことにこだわらない事 シンプルに生きるために、 「自分にとって無駄な物は、捨てたい」と今も思っているのですが、 「無駄はすべて捨てたい」と 「すべて」にこだわると、 小さい無駄まで気になってしまいます。 シンプルに穏やかに生きるためには、 小さい事にはこだわらないようにしたい。 だから私は、シンプルに生きるゆるミニマリストになりました。 目的は、機嫌よくハッピーに生きる事なので、 少しぐらい無駄があっても気にしないゆるミニマリストが、 私と家族にはちょうどいいです。 もう一度繰り返しますが、 これはあくまで我が家のお話で、 私のミニマリストの解釈です。 悩むなら捨てなくていい。 ゆるミニマリストでいい 「無駄な物を全部捨てたいのに、捨てられない」 とモンモンとしている方がいるなら、 悩むぐらいなら捨てなくてもいい という考えをお伝えできればと思います。 私と一緒に、ゆるミニマリストになりませんか? 物に執着しないつもりが、 いつのまにか物を捨てる事ばかり考えていたら、 本末転倒です。 最後に そんなわけで私は 最小限にこだわるミニマリストはやめたので 数年間ブログ名では「ゆるミニマリスト」と書いています。 ただ、呼び方なんてどうでもよいので 記事ではミニマリストと書くことのほうが多いのですが。 この記事で言いたかったのは 最小限まで減らすことに こだわらなくていい。 自分や家族が快適に暮らせるぐらい捨てたら あとは他の楽しいことに時間をつかおう。 断捨離は、目的でも ゴールでもない。 必要ない物はできる範囲で早く捨ててしまって その先の人生を楽しもう。 ということです。 (2020年春の2LDK賃貸の着替え部屋) 2020-06-30 11:25 人気記事ランキング• 26,101ビュー 2020年7月2日 に投稿された• 20,944ビュー 2020年2月5日 に投稿された• 13,510ビュー 2019年12月30日 に投稿された• 10,937ビュー 2020年6月25日 に投稿された• 7,262ビュー 2019年11月10日 に投稿された• 5,718ビュー 2018年5月10日 に投稿された• 5,526ビュー 2018年1月15日 に投稿された• 4,730ビュー 2016年12月22日 に投稿された• 4,589ビュー 2019年4月1日 に投稿された• 4,585ビュー 2018年4月16日 に投稿された カテゴリー• 101• 220•

次の