広瀬 ユーチューブ。 【広瀬ゆうちゅーぶ】逮捕!素顔画像も報道される!理由など解説

広瀬 ゆうちゅーぶ

広瀬 ユーチューブ

「冬の女王」ことシンガーソングライターの(54)。 これまでに『ロマンスの神様』や『ゲレンデがとけるほど恋したい』など、数々の名曲を打ち出してきた彼女のYouTubeチャンネルが今、話題になっている。 YouTubeでは、ヒット曲をカバーする(カラオケ歌唱なども含む)「歌ってみた」動画がよくあるが、広瀬のひと味違う動画が人気の理由とは。 広瀬香美流のアレンジ力とトーク力 そもそも「歌ってください、歌ってくださいよってスタッフがうるさいんだよね(笑)」という流れから、広瀬香美流「歌ってみた」動画を始めることになったようだが、本人も動画内では終始笑顔でまんざらでもないご様子。 これまでに、米津玄師の『Lemon』、Official髭男dismの『Pretender』、King Gnuの『白日』など若者から絶大な人気を誇る名曲の数々を披露した。 広瀬の伸びやかで力強い歌声と、彼女の伴奏は原曲とはまた違う楽しさを提供してくれる。 さらには、広瀬の楽曲に対する分析が面白い。 詳しく説明しているところもあれば、いきなりざっくりと『Pretender』を「グッバイ勝負」、『白日』を「幕の内弁当みたい」とパワーワードで説明。 それでも彼女の表す単語がしっくりきてしまうのは、やはりプロの本域といったところだろう。 そして、その緩急こそが気楽に見れるYouTubeとマッチし、再生回数を増やしている要因に違いない。 そして4月17日、一世風靡を起こしている『』の主題歌で紅白歌合戦にも出場したLiSAが歌う『紅蓮華』を広瀬が配信したわけだが、その動画がまたしても秀逸。 『紅蓮華』のことを「大暴れ」と説明しつつも広瀬香美流の「暴れ方」で仕上げたのだ。 その暴れ方というのも、動画内で歌詞の「天罰」に合わせて鍵盤を両手でチョップするのだが、その衝撃的な姿に対しネット上では、 「想像の斜め上の暴れ方してくれるから大好き」 「冬の呼吸 一の型 ロマンスの神様」 などのコメントがみられ、彼女の新しいファン層拡大にも繋がっていきそうだ。 来週はスキマスイッチの『奏』を配信するそうだが、自粛ストレスの溜まる中、笑顔を忘れない広瀬の明るい動画を見るのも楽しみのひとつになるだろう。 外部サイト.

次の

広瀬ユーチューブの本名や素顔すっぴん画像!その後現在は何してる?

広瀬 ユーチューブ

カバー動画が大人気のがあいみょんを熱唱 シンガーソングライターの広瀬香美が、あいみょんの代表曲『マリーゴールド』のピアノの弾き語り動画を自身のYouTubeチャンネルにて公開。 「圧倒された」と話題を呼んでいる。 広瀬香美 YouTubeチャンネル <耳マンのそのほかの記事> これまでに米津玄師『Lemon』、Official髭男dism『Pretender』、King Gnu『白日』といった人気曲の弾き語り動画を公開して大好評を博し、ネット上に新たなファン層を拡げている広瀬。 そんな彼女が4月10日、ファンからのリクエストに応えてあいみょんの『マリーゴールド』の歌唱動画を公開し、これまた多くの絶賛の声が寄せられている。 「圧倒されました」「免疫力上がりました」の声 このカバーシリーズでは、作曲家でもある広瀬が歌唱前に楽曲&アーティストの解説をするのだが(そちらも非常に興味深い)、広瀬はあいみょんを「情景を描かせるマジシャン」だと評し、「最初から最後までじっくり曲の世界に浸ることができる」と彼女の楽曲の世界観を絶賛。 特に『マリーゴールド』は「冒頭から休符がたくさんある」ために優しい世界観を演出していると解説し、自身も勉強になったと感心した様子をみせている。 解説のあとはお待ちかねの歌唱となるが……そのパワフルな歌声&ピアノ演奏には「鳥肌が立ちました……」「圧倒されました」「流石プロ」といった絶賛の声が殺到。 歌いながら手拍子を入れたり、歌詞に合わせて自身の身体を抱きしめたり、叩くようにピアノを弾いたり手をクロスして弾いたり、その超アグレッシブな演奏には「免疫力上がりました」といった声もあがるほど。 心から楽しそうな演奏は本当に観ているだけで元気をもらえます! 今後も彼女のカバーシリーズに期待大。 次はどんな絶品カバーを聴かせてくれるのか楽しみだ。 広瀬香美 YouTubeチャンネル 耳マン編集部 外部サイト.

次の

広瀬ゆうちゅーぶの問題動画の内容とは?マスクなしの素顔についても

広瀬 ユーチューブ

「冬の女王」ことシンガーソングライターの 広瀬香美(54)。 これまでに『ロマンスの神様』や『ゲレンデがとけるほど恋したい』など、数々の名曲を打ち出してきた彼女のYouTubeチャンネルが今、話題になっている。 YouTubeでは、ヒット曲をカバーする(カラオケ歌唱なども含む)「歌ってみた」動画がよくあるが、広瀬のひと味違う動画が人気の理由とは。 広瀬香美流のアレンジ力とトーク力 そもそも「 歌ってください、歌ってくださいよってスタッフがうるさいんだよね(笑)」という流れから、広瀬香美流「歌ってみた」動画を始めることになったようだが、本人も動画内では終始笑顔でまんざらでもないご様子。 これまでに、 米津玄師の『 Lemon』、 Official髭男dismの『 Pretender』、 King Gnuの『 白日』など若者から絶大な人気を誇る名曲の数々を披露した。 広瀬の伸びやかで力強い歌声と、彼女の伴奏は原曲とはまた違う楽しさを提供してくれる。 さらには、広瀬の楽曲に対する分析が面白い。 詳しく説明しているところもあれば、いきなりざっくりと『Pretender』を「 グッバイ勝負」、『白日』を「 幕の内弁当みたい」とパワーワードで説明。 それでも彼女の表す単語がしっくりきてしまうのは、やはりプロの本域といったところだろう。 そして、その緩急こそが気楽に見れるYouTubeとマッチし、再生回数を増やしている要因に違いない。 そして4月17日、一世風靡を起こしている『鬼滅の刃』の主題歌で紅白歌合戦にも出場したLiSAが歌う『 紅蓮華』を広瀬が配信したわけだが、その動画がまたしても秀逸。 『紅蓮華』のことを「大暴れ」と説明しつつも広瀬香美流の「暴れ方」で仕上げたのだ。 その暴れ方というのも、動画内で歌詞の「 天罰」に合わせて鍵盤を両手でチョップするのだが、その衝撃的な姿に対しネット上では、 「 想像の斜め上の暴れ方してくれるから大好き」 「 冬の呼吸 一の型 ロマンスの神様」 などのコメントがみられ、彼女の新しいファン層拡大にも繋がっていきそうだ。 来週はスキマスイッチの『奏』を配信するそうだが、自粛ストレスの溜まる中、笑顔を忘れない広瀬の明るい動画を見るのも楽しみのひとつになるだろう。

次の