赤ちゃん 夏 スキンケア。 赤ちゃんのスキンケアの悩み、小児皮膚科の先生に相談! |ベビータウン

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃん 夏 スキンケア

肌の厚さは大人の約半分 大人の皮膚の表皮は約0. 2㎜ですが、赤ちゃんの表皮はその半分ほどの厚さしかありません。 そのため、細菌、ホコリ、花粉、化学物質から肌を守るバリア機能も十分に発揮することができず刺激に弱いのです。 乾燥肌 皮膚が薄い赤ちゃんは、水分をキープする角質層も大人より薄く、乾燥しやすいという特徴があります。 四季を通して赤ちゃんの肌の水分量は少なく、夏でも大人の半分しかありません。 皮脂の量 生後すぐから2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは頭とTゾーンの皮脂が多く、ベタベタしやすい状態です。 ベタベタしている部分はホコリや汚れがつきやすいのでお湯で洗い清潔に保ちましょう。 汗をかきやすい 汗腺の数は大人と同じで、大人の3倍近く汗をかきやすく、汚れやすいです。 スキンケアのポイント 表皮が形成される0歳〜3歳の間にトラブルを繰り返すと、大人になってからもトラブルが起こりやすくなるといわれています。 汚れをきちんと落として、保湿を行い、お肌を健やかに保つことが大切です。 お湯や水で汚れをこまめに落とすこと 汗やほこり、よだれなどをそのままにしておくことが肌への刺激になります。 こまめに汚れを落とし清潔に保つことが健やかなお肌を保つことにつながります。 赤ちゃんの肌にも石けんは不要です。 ぬるま湯かお水で洗いましょう。 沐浴のお湯の温度は38度〜39度が適温です。 ガーゼはお湯を含ませて流すために使いましょう。 沐浴に石けんや沐浴剤は不要です。 お湯のみで洗いましょう。 全身くまなく丁寧に洗います。 垢や汚れがたまりやすい首の付け根や脇の下など、手できちんと触れて撫でるように洗いましょう。 保湿 赤ちゃん用のスキンケア剤が多く市販されていますが、お肌の刺激となる界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれたものも多くあります。 不純物がほとんど含まれておらす、肌の負担になりません。 手のひらでよく伸ばし、押し付けします。 授乳や食事の前に口の周り・おむつ替えの後のきれいに拭いたおしりに、薄くワセリンをつけることで刺激から守ることができます。

次の

冬だけじゃない!夏の赤ちゃんのスキンケアにもベビーローションが活躍!

赤ちゃん 夏 スキンケア

スキンケアと保湿の方法を季節別に紹介 大人よりも敏感な赤ちゃんの肌。 どのようにしてスキンケアをしたらいいのでしょうか。 赤ちゃんのスキンケアの基本は、「洗う」と「保湿」です。 新生児を少し過ぎた頃、皮脂量が少なくなり放っておくとすぐに乾燥してしまいます。 大人の肌の半分の厚さとも言われている赤ちゃんの肌を、そのままにしておくわけにはいかないですよね。 また、春や夏の紫外線、秋や冬の乾燥など、季節によってもお手入れを変える必要があるのでしょうか。 そこでスキンケアと保湿の方法を、季節別にご紹介していきます。 【春】スキンケアと保湿の方法 春は暖かくて過ごしやすい季節なので、赤ちゃんとおでかけする機会が増える方も多いのではないでしょうか。 ちゃんとスキンケア対策をして、肌トラブルのないようにしたいですよね。 それでは、春にはどのようなスキンケアをすれば良いのでしょうか。 【乾燥対策】 乾燥といえば冬のイメージですが、春でもまだ乾燥している日があります。 春は特に、乾燥している肌に紫外線や花粉などからの刺激も気になるところです。 外出時には肌へのダメージを抑えるために、 帽子や簡単に脱ぎ着できるはおりものや、通気性の良い素材の下着を選びましょう。 冬と同程度に乾燥している場合もあるので、 保湿は全身に朝晩2回しっかりと行いましょう。 【紫外線対策】 春になると気になるのが紫外線。 お天気が良い日が続くと、大人でも肌が痛いと感じることもありますよね。 赤ちゃんの肌は大人よりも薄いので、さらに注意が必要です。 肌の露出をさせすぎないように、衣類だけではなくベビーカーの日よけなどでも対策をしておきましょう。 赤ちゃん用の日焼け止めを塗って、夜にはしっかり落として肌に残らないようにしましょう。 【赤ちゃんでも花粉症に気をつけた方が良いの? 】 春の肌トラブルで気になるのが花粉症ではないでしょうか。 花粉の飛んでいる時期に、赤ちゃんはまだ長時間外で過ごすことは少ないでしょう。 そのため、 花粉症にかかるのは早くても1〜2歳と言われています。 それでも気になる方は、花粉量の少ない午前中を選んで外出するように意識してみましょう。 【夏】スキンケアと保湿の方法 夏の日差しは、大人でも痛いと感じることがありますよね。 大人よりも肌が薄く弱い赤ちゃん。 どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。 【紫外線対策】 夏の1番気をつけたいポイントは、やはり紫外線です。 外に出るときだけではなく、 車に乗るときなど少しでも外に出る場合は赤ちゃん用の日焼け止めを塗りましょう。 それでももし、 日焼けのように肌が火照っている様子がみられたら、濡らしたタオルを当てて冷やし、保湿をしっかりと行いましょう。 ただし、肌が真っ赤になっていたりヒリヒリしてそう、痛そうに感じているようであれば病院で診てもらうようにしましょう。 【汗疹対策】 暑さで大人でもたくさん汗が出てきますが、赤ちゃんの方が体温が高く汗をかきやすいため、注意が必要です。 大人よりも一枚少ない衣服で、通気性の良いものを選ぶようにしましょう。 また、 汗をかいたらそのままにせず、すぐに濡れたタオルで拭くかシャワーを浴びるようにしましょう。 【保湿も必要】 夏は肌が潤っているようにみえるため、保湿はそこまで必要性がないように感じるかもしれません。 肌が潤って見えるのは汗をかいているから、という場合もあります。 汗をかくと体の水分を奪ってしまうので、実は肌が乾燥しやすい状態になっています。 また、冷房によって乾燥しやすくなっている場合もあります。 夏でも同じように、しっかりと保湿して肌を守ってあげましょう。 【秋と冬】スキンケアと保湿の方法 秋と冬にはやっぱり乾燥が気になりますよね。 特に、冬になると手がカサカサになるというママは多いかもしれません。 赤ちゃんの場合は、どのように気をつけたらいいのかみていきましょう。 【乾燥対策】 寒くなると暖房を使いますよね。 その暖房によって部屋は一気に乾燥するので、 加湿器も同時に使う方が良いでしょう。 伸びの良いクリームタイプの保湿剤を、肌が乾燥する前から気をつけて塗るように心がけましょう。 【お風呂の入り方】 寒い日の温かいお風呂は最高ですよね。 大人にとっては快適でも、赤ちゃんとの長湯には注意しましょう。 熱いお湯は肌を乾燥させる原因にもなるので、 入浴後はしっかりと保湿をしましょう。 体温の高い赤ちゃんには、 長くても湯船で浸かるのは3分くらいにとどめて、温めすぎないように気をつけましょう。 まとめ 柔らかくてきめ細かい赤ちゃんの肌ですが、大人よりも薄くて弱いので、常にダメージを受けやすいことを忘れないようにしたいですね。 また、季節によって紫外線・乾燥・気温などの状況は異なりますが、基本はやはり「洗う」と「保湿」です。 いつでも乾燥しやすい赤ちゃんの肌。 どの季節でも保湿はしっかり行い、肌を守ってあげましょう。 この記事を書いたライター.

次の

赤ちゃんのための基本的なスキンケアの方法

赤ちゃん 夏 スキンケア

赤ちゃんて、いつも肌が潤ってていいよね〜 なんて、イメージがあるかと思います。 でも、実は 赤ちゃんて、肌が乾燥しやすいんですよ(汗) なぜなら、赤ちゃんの肌は、まだまだ大人比べたら未完成! 肌に含まれる皮脂の量や水分は、全然少ないのです。 皮膚の水分はどんどん出て行ってしまっています。 言ってみれば、 一年中乾燥しやすいということなんですね。 もちろん、 外部からの刺激にも弱いので、すぐに肌荒れに繋がってしまいます。 特に夏は、あせもに代表されるように、気を抜くとすぐに赤ちゃんのお肌はトラブルに見舞われてしまします。 肌が痒くなってしまうので、子供はもちろん赤ちゃんには、我慢できないつらいものです。 実際に、赤ちゃんの衣服の中に手を入れて、汗をかいていないかチェックすることも忘れないで下さいね! 汗をかいていたら、マメに身体を拭いてあげたり、衣類を頻繁に着替えさせてあげる(ココ重要!)なんてことをしてあげましょう。 何故かと言うと、保湿してあげることは、赤ちゃんのお肌にバリアーを張ってあげることになるからです。 大人になれば、バリアーがしっかりしてくるので、汗くらいではお肌のトラブルになりにくくなっています。 でも、最初にお伝えしたように赤ちゃんの場合は、 皮脂膜などのバリアーが薄い・弱いので、常に刺激にさらされていることになります。 赤ちゃん用の保湿液などに含まれている成分は、赤ちゃんの肌を効果的に潤わせて、バリアー効果を強化してくれます。 汗をしっかりと拭いて、清潔にしてあげた上で、バリアーのために保湿をする。 という順序を経ることで、より一層赤ちゃんの肌を安全に保ってあげることが出来るんです。 赤ちゃんのお風呂の時の注意点とポイント さて、お肌への刺激といえば 「お風呂」です。 お湯を使うので、気をつけないと赤ちゃんの肌を痛めてしまうことになりかねません。 ここでは、お風呂に入るときの注意点と、お風呂あがりの保湿ケアについてご紹介したいと思います。 ですから、 お湯の温度も超重要!大人とおなじ感覚では赤ちゃんには刺激が強すぎます。 タオルでゴシゴシ擦るのはNG。 ポイントは、 シワの隅々まで全身です。 大人でも、そうなのですが、 お風呂に入ると汚れとともに、皮脂などの身体に必要な物も少なからず流れ落ちてしまいます。 もともと、バリアの弱い赤ちゃんですから、身体の至る所が無防備になっていると思ってもいいでしょう。 そういったことを考えて、脇の下や首周りなど、体中きめ細かく塗っていってあげましょう! 塗り終わった後、 赤ちゃんの肌にテカリが出るくらい塗っても大丈夫です。 以上が、赤ちゃんの夏のスキンケアとお風呂の時の注意点についてでした。  カテゴリー• 117• 355•

次の