アクセス解析 資格。 アクセス解析・データサイエンティストの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

『ウェブ解析士』とは

アクセス解析 資格

Access(アクセス)資格ガイド どんな資格・スキル Accessとは、Microsoft社で開発・販売しているデータベース管理ソフトです。 データベースの作成や管理ができ、使いこなせれば顧客情報の管理や、商品管理、売上集計、販売管理、在庫管理などさまざまな用途で使えます。 Word、Excel、PowerPointなど他のMicrosoft Officeソフトに比べると一般になじみが薄く難しい印象を持たれていますが、それだけにAccessのスキルを身につけた人材は重宝されます。 目的別・学校選びのポイント Access初心者を対象とした方向けの講座から、すでにAccessをある程度扱える方を対象としたスキルアップ講座まで、多くのパソコンスクールではレベル別に講座・コースが用意されています。 受講についての個別相談を受け付けているスクールが多いので、どの講座・コースが自分に適しているかわからない場合は受講前に相談しておくといいでしょう。 資格をとるには? Accessをはじめ、Word・Excel・PowerPointなどオフィスソフトの資格で有名なのは「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」です。 MOSはソフト別、バージョン別に試験が用意されています。 マイクロソフト認定の資格であるため、資格の信頼性や認知度が高いのが特徴です。 また、VBAのスキルを証明する「VBAエキスパート」という資格もあり、Access VBA・Excel VBAのいずれかを選んで受験できます。 レベルはAccess VBA・Excel VBAとも、それぞれベーシック・スタンダードの2段階あります。 「Accessビジネスデータベース技能認定試験」といった試験もあり、こちらは3級~1級までの段階があります。 さらに詳しく• Access(アクセス)の資料請求• 地域を選択• 講座を選択• お届け先を入力 都道府県から探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• Access(アクセス)の関連資格 Access学校の一覧•

次の

アクセス解析ツールの種類と比較|ferret

アクセス解析 資格

資格名 ウェブ解析士 英語名:Web Analytics Consultant 資格の種類 民間資格 主催 一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA) 資格の概要 「ウェブ解析士」とは、ウェブマーケティング、ウェブ解析に関する基礎知識を習得し、実務で活躍でき、成果につながるウェブ解析ができる人材を育成するための認定資格のことです。 資格取得者は専門的な知識を持ったウェブ解析のスペシャリストとして、Webマーケティングに取り組んでいくことができます。 「ウェブ解析士」の認定資格を取得するには、2つの方法があります。 (1)ウェブ解析士講座を受講して、ウェブ解析士を取得する。 (主な対象者)ウェブ解析業務初心者の方、ウェブ解析・マーケティングの知識を体系的に学びたい方、自分自身の知識を確認したい方など (2)直接試験を受験して、ウェブ解析士を取得する。 (主な対象者)ウェブ業界・ウェブ解析業務経験5年以上の方、上級ウェブ解析士を目指したい方、自分自身の知識レベルを確認したい方など ウェブ解析士の資格は、「ウェブ解析士」、「上級ウェブ解析士」、「ウェブ解析士マスター」の三種類があります。 【ウェブ解析士】 Webマーケティングの用語の定義などを学び、さらにアクセス解析データを用途に応じて適切に活用する方法や、Web解析による課題の発見方法など Webマーケティング・Web解析に関する基礎知識を取得し、社内のWebマーケティング業務に携われるようになることを目指す資格です。 Webマーケティングの基礎知識を学びたい方や経験の浅い方に向いた資格です。 【上級ウェブ解析士】 KPIの設定や、事業計画に即したWebマーケティング計画の設計・立案などのWebマーケティング・Web解析の応用知識を取得し、業務効率化の方法や課題抽出など事業の成果につながる提案スキル向上を目指す資格です。 ウェブ解析士をすでに取得済みでさらに詳しい知識や技能を身に着けたい方向けの資格です。 【ウェブ解析士】 Webマーケティング・Web解析に関する教育研修のためのスキルと知識を習得し、教育機関や企業などで認定講座の講義と指導を行うことのできる知識と技能を身につけ、Webマーケティングのプロの講師として働きたい方のための資格です。 試験方式 ウェブ解析士を受験するには「会場型試験」と「在宅試験」の2つの方法があります。 1 会場型試験 ウェブ解析士協会が認定した会場で受験する方法 開催スケジュールから希望の日時と会場を選んで事前に申し込みを行い、当日は指定された日時と会場において一斉試験に参加します。 試験方法は原則在宅受験。 会場がオンラインとなっているものが在宅試験となります。 従って、問題にはひっかけ問題なども出題されますが、テキストを十分読み込んで問題集をあわせてやっておけば独学でも問題ありません。 上級ウェブ解析士は、講座の最終課題の作成と計算問題が多い筆記試験がヤマになります。 さらに、修了レポート作成ではGoogleアナリティクスを使ったことのない人には難しいでしょう。 但し、これには有料で講習を受けて免除してもらう手もあります。 いづれにせよ、修了レポートがうまく作成できないか、オンライン試験の点数が足りないかのどちらかで不合格になる人が多い試験です。 マスターは将来、人にウェブ解析を教えたり、指導したりして、ウェブ解析士の仕事で稼ぐことを考えている人以外はあまり必要のない資格です。 その手順は以下の通りになります。 (2)講座を受講せずに、試験を直接受験して、ウェブ解析士資格を取得す る方法 1.で、スケジュールを確認し、ウェブ解析士試験を受験する。 2.認定試験合格後、認定申請レポートを提出します。 以上の2通りの方法があります。 公式サイトなどをみると、講座と試験の費用がセットで書いてあったりするため、講座を受けないと試験が受けられないような印象がありますが、実際はそうではなく、講座を受けずにテキストを自分で購入して受験することもできます。 講座を受けるか、受けないかに関係なく、試験に合格してレポートを提出すれば資格が取得できるということです。 「ウェブ解析士」レベルはテキスト中心なので独学でも問題ありませんが、出題範囲も広く、それなりにきちっとした勉強をしなければなりません。 さらに試験後に1ヶ月以内に解析レポートの提出を求められます。 この提出レポートは、内容が悪くても不合格になることはないと言われていますが、提出しないと解析士資格の認定は受けられません。 レポートは、Google Analyticsを使って作成しますので、Analyticsを使ったことがない人や、使い方を知らない人にはハードルが高くなります。 できない人はAnalyticsのレポート作成講座が別に有料でありますので、それを受講するとレポート提出の免除を受けられる措置もあります。 認定試験で難易度が高いのが計算問題です。 試験までに演習問題を繰り返し解いて慣れておく方が良いでしょう。 この資格は、実用的な資格なのでウェブ解析に関して広く知見がつき、信用度を高める効果もあり、就職、転職活動の役にも立つので、ウェブ業界にチャレンジしたいと思う人やウェブに関するスキルの幅を広げたいと考えておられる方にはお勧めの資格と言えます。 通信講座 スクール - 過去問 教材 【ウェブ解析士試験 おすすめ教材】 ・ ・ ・ 売れ筋教材 - 問い合わせ先 一般社団法人ウェブ解析士協会 TEL: 03-6908-6404(土日祝、年末年始等を除く10:00~17:00) E-mail:.

次の

アクセス解析

アクセス解析 資格

【このページの目次】 CLOSE• インターネット上のホームページを利用して、商品のPRや販売をする企業は珍しくありません。 アマゾンや楽天のように店舗を持たずにネット販売のみに限定して売上を延ばしている企業は数多く存在します。 個人でもネットショップを開設すれば、世界を相手にビジネスを展開できます。 ホームページを開設したら、「アクセスを増やしたい」とか「売上を増やしたい」と誰もが考えるでしょう。 それらを実現するにはなんといっても検索順位が重要です。 yahooの検索順位で上位に表示されれば、より多くの人に見てもらえます。 ホームページを作ってそのままにしておけば、勝手に上位表示されて売上げアップするなんてことはありません。 上位に表示されるには、ホームページのデザインはもちろんですが使い勝手なども重要です。 そしてさらにアクセス解析も重要になります。 アクセス解析によって、検索したキーワードをはじめ、男性女性の別、閲覧時間、閲覧ページ数など様々な情報がわかります。 ホームページへのアクセス数を増やすためには、正確にアクセス解析(ウェブ解析)をして、その結果を反映させなければなりません。 ホームページなどのアクセス解析つまりウェブ解析の知識やスキルを身につけることで、正しくデータを読み取り、内容を改善してアクセスアップにつなげる技術者の育成を目的とした検定試験がウェブ解析士です。 ネットビジネス(ウェブマーケティング)において、ウェブ解析データを活用し、売上を延ばす等の成果アップを目指すのがウェブ解析士ということです。 ウェブ解析士とは、一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)が運営する民間の検定資格です。 レベルによって難易度の低い順に、(初級)ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3種類に分かれています。 主催者サイト: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 率直に申し上げて、ウェブ解析士とは就職や転職には役立たない民間資格です。 対費用面を考えても取得するメリットがほとんどない検定試験です。 試験の学習をとおして得た知識は多少実務に役立つかもしれませんが、わざわざテキストや問題集を購入して、さらに講習会を受講してまで取得する資格でもないです。 いわゆるIT・コンピュータ業界に関連する資格には、情報処理技術者試験などの国家資格、日商PC検定のような自称公的資格、NCAAなどのベンダー系資格など多数あります。 関連資格: しかし、評価されるのは国家資格くらいです。 百歩譲ってベンダー系資格なども転職の際に役立ちます。 民間の検定試験では、就職や転職だけではななく、社内での評価アップにもほとんど役立ちません。 プログラムを組めればシステムを開発できます。 簡単なルールさえ理解できれホームページも作れます。 ツールを使いこなせればデータベースを構築できます。 いずれの場合も資格は要りません。 IT業界とはそんな世界なんです。 ITの世界は実力優先です。 ましてや、アクセス解析、ウェブマーケティング、ネットビジネスに関しては正しい検索順位アップ(SEO)のための知識さえあれば資格は全く関係ない世界です。 ウェブ解析士は、取得する費用や年会費が安くありません。 学習して取得する意味をよく考えましょう。 資格商法的な要素も多分に見受けられます(これはサイト運営者の個人的な感想です)。 ウェブ解析士の将来性を徹底研究! この資格の活かし方 ウェブ解析士の資格を取得するための勉強を通して、アクセス解析や検索順位アップ(SEO)の知識の基本は身に付くかもしれません。 アクセスアップするために何から勉強してよいのか分からない人にとっては、テキストや問題集を購入するのはよいキッカケになるでしょう。 個人でネットショップを開設する際は、学習した知識を活かせます また、多少なりともウェブマーケティングの知識を身につけているという証明になります。 ただし、初級に該当するウェブ解析士であれば学習するのはあくまでも基本的な内容です。 ITの技術は常に新しくなります。 ヤフーの検索順位が目まぐるしく変化するように、一度学んだウェブ解析の知識も3か月もすれば「昔の技術」に陳腐します。 資格を取得してもそれはアクセス解析の始まりに過ぎず、常に最新の知識を貪欲に吸収して実行していかなければなりません。 資格を取得するのも維持するのもかなり高額! 初級のウェブ解析士を取得するにはどうすればいいのかとい言うと、まずはテキストが最低でも必要です。 市販されている廉価なテキストは存在しません。 テキストから本試験は出題されるので、ほぼ全員が購入します。 その金額は• そのため受講する人も多いようです(半強制?)。 会場でも自宅のパソコンでも受講できます。 参照: これだけでは終わりません• 参照: 初年度(認定年の12月31日まで)は年会費無料です。 翌年以降年会費が発生します。 ウェブ解析士、取得するのもその後の費用もお金がかかります。 向学のため試験に挑戦するのは構いませんけど、大切な時間とお金を無駄にしないようによく考えてみましょう。 上級を目指すとなると安くない講座受講が必須 ウェブ解析士の上位資格として、上級ウェブ解析士、さらにはウェブ解析士マスターと続きますが、いずれも講座を受講しなければなりません。 これがまた取得費用が高い!上級ウェブ解析士講座カリキュラムは 2日間でナント 88,000円(税込)! 中間課題の提出と、最終課題として修了レポートを提出して合格すれば、めでたく上級ウェブ解析士です。 そして、主催者サイトよく読んでみると、何やら修了レポートのテンプレートを入手できる裏技のような講座も・・・レポート提出は免除にならないようですけど、近道的な講座のようです。 受講費用はさらに44,000円(税込)! ついでに、ウェブ解析士マスターになるには、これがまたエラく高いんです。 なんとナント、4日間で330,000円(税込)! もちろん上級資格はともに年会費が必要なのは言うまでもないです。 これだけ費用をかけて、一流のウェブ解析士になれたらいいんですけどね。 33万円あれば、もっと有意義な使い方があるでしょうに・・・。 公式テキスト・問題集の内容がとてもお粗末 公式テキストや公式問題集だから、さぞ内容もしっかりとして充実しているだろうと思いきや、実は評判は良くないです。 ウェブ解析士認定試験公式テキストは多数の筆者によって書かれています。 一人で書くとなると時間がかかるので、とり急ぎ短時間で仕上げるために大勢で書いた感でいっぱいなんです。 うまく編集されていないため不必要に同じ内容が繰り返し出てきます。 しかも内容に統一性がありません。 人によって言ってる内容が違うんです。 初学者にとって非常に分かりづらくなってます。 毎年12月中旬ごろに新しいテキストが発売になりますが、相変わらず誤字脱字が目立ちます。 内容以前にお粗末です。 実践テクニックとはかなりかけ離れた内容が書かれていることもあります。 ただ、この点は個人の主観による要素も強いので、明確に「間違っている」とは言えないので完全には否定できませんけど・・・ また、本文中に特定の商品の宣伝もよく出てきます。 マイナーなツールをPRされても、逆にこの本に書かれている内容は本当に大丈夫?って疑ってしまいます。 テキストはこれしかないので受験生は購入するんでしょうけど、純粋にアクセス解析やウェブ解析を学びたいのであればおすすめできません。 SEOについて学ぶ手段はいくらでもある これまで度々SEOという用語が出てきましたが、これは検索順位を上げるための対策のことをいいます。 ウェブ解析士の目的もほぼSEO対策と同じです。 実は、SEOを学習する手段として無料で利用できる良質な教材がネット上でいくらでも存在します。 youtubeで無料の動画もアップされてます。 ネットで検索すれば良質な教材がいくらでも見つかります。 しかもほとんどが無料です。 無料は返って心配という人であれば、探せば有料の優れた教材も手に入ります。 人によって求めるSEOのレベルも違いますし、絶対に正しいというテクニックも存在しないので、ここでどういったサイトが良いのか紹介するは控えますが、ご自身で探せばたくさん出てくるはずです。 ウェブ解析士の取得にお金をかけるくらいなら、もっと良質な教材を購入するなど別な方法があるずです。 ウェブ解析士認定試験に合格するには ウェブ解析士には、難易度の低い順に(初級)ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3種類があります。 ウェブ解析士は誰でも受験できます。 上級ウェブ解析士になるには、ウェブ解析士合格者であって正会員であることが条件です。 指定の講座カリキュラムを受講しなければなりません。 ウェブ解析士マスターになるには、上級ウェブ解析士であって正会員であることが条件です。 こちらも指定の講座カリキュラムを受講しなければなりません。 難易度は低め、事前の知識があれば2週間で合格可能 ウェブ解析士の認定試験は公式テキストから出題されます。 難易度のとしては低めで、パソコンに日頃から慣れていて、IT関係の用語についてある程度の知識があれば、1日1時間2週間ほど勉強すれば合格できます。 ほとんど知識ゼロからであれば2か月ほどの学習期間が必要です。 試験に是が非でも合格したいのであれば、有料ですが認定講座の受講がおすすめです。 本試験のヒントも教えてくれるようです。 受講者を集める狙いもあるので、受講すればかなり有利になる情報を教えてくれます。 試験は、従来は主催者が用意した会場でパソコン画面に出題されるCBT受験でしたが、現在は各都道府県にある任意の会場で同じくパソコンを使って受験できます。 その際は、各都道府県毎に設定された受験日・会場を選んでインターネットから申込みます。 また、自宅受験もできます。 インターネットにつながるパソコンを用いて受験する方法です。 インターネット回線が安定して接続できる環境であれば場所を問わず受験できます。 合格率が70%程度あって、しかも自宅で受験できます。 これでは合格できない方が不思議です。 ウェブ解析士試験に合格したら、2週間以内に認定レポートを提出しなければなりません。 ウェブ解析士 試験情報 試験日 お申込み 随時 随時 受験資格 ウェブ解析士はどなたでも受験できます。 試験内容 試験は、全国各地のインターネットにつながるPCを使用して実施します。 また、自宅でも受験可能です。 【試験内容】:60分60問、4択問題• ウェブ解析と基本的な指標• 環境分析とKPI• ウェブ解析の設計• インプレッションの解析• エンゲージメント・間接効果の解析• オウンドメディアの解析• ビジネス戦略ごとの重要な用語と指標• レポーティング 【合格基準】非公開となってます、合否はその場でわかります。 認定試験合格後、2週間以内に認定レポートを作成して提出しなければなりません。 試験に関する詳しいをご覧ください。 ウェブ解析士 おすすめテキスト・基本書.

次の