カタログギフト 金券扱い。 オリックス(8591)優待到着!カタログギフトの内容を全て紹介!

社内表彰課税所得税について

カタログギフト 金券扱い

従業員への福利厚生の一環として、「誕生日」に商品券などをプレゼントする、なんて粋な会社もありますよね。 でも、こういった取引は、本当に「福利厚生費」として処理ができるしょうか? 税務上、「給料扱い」になれば、従業員側に「所得税」がかかってしまうので、しっかりした判断が必要になります。 現金・商品券を渡した場合は? 従業員に「現金」を渡した場合は、 金額の多少にかかわらず「給与課税」になります。 また、「商品券」は、金銭を渡したことと同様になりますので、現金同様、金額の多少にかかわらず 「給与課税」になります。 カタログギフトの場合は? カタログギフトを受け取った従業員は、 複数の商品を選べることになります。 この点で、「金銭」を渡したのと同じと取り扱われ、 金額の多少にかかわらず「給与課税」となります。 商品を渡した場合 原則的には、 「給与課税」となります。 とはいっても、例えば、年1回の誕生日に、ケーキや花束、ちょっとしたプレゼントを渡す程度(社会通念上相当な金額)であれば、 「福利厚生費」での処理が可能と考えられています。 ただし、特定の社員だけを対象にしたものではなく、社員全員を対象にした公平なものである必要があります。 結婚祝い・出産祝い 例外的に、結婚祝い・出産祝いに関しては、現金や商品券等を渡す場合でも、その金額が「社会通念上相当」と認められるものは、 「福利厚生費」となります(所基通28-5) ただし、この通達では結婚祝い、出産祝いしか記載されていない点、注意です。 誕生日祝いで「現金」を渡したケースで、「社会通念上一般的とはいえない」として、否認された判例がありますので、ご留意ください。 現物給与の源泉徴収 商品券などの支給が 「給与」と取り扱われる場合は、通常の給料同様に、源泉徴収が必要となります。 (現物給与が「賞与」となる場合は、金額によって源泉徴収が不要なケースがあるかもしれません。 この場合は年末調整で調整を行うことになります)。 ご参考~得意先へ贈答する商品券は~? 得意先に贈答する商品券は、「交際費」として処理しますが、消費税上は 課税仕入にはなりませんので、ご留意ください。

次の

ご存知でした?こんな場合の消費税の取り扱い!?

カタログギフト 金券扱い

商品券の課税・非課税まとめ商品券を 買った時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を 使った時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を あげた時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を あげた時に、 従業員に 所得税が掛かるのか、掛からないのか? 商品券の勘定科目は? 一般的には、 自社が発行した商品券は、 商品券 他社が発行した商品券は、 他社商品券 商品券を従業員に支給し、所得税が課税される時は 給与 商品券を従業員に支給し、所得税が非課税となる場合は、 福利厚生費 となります。 今回は、自社が発行した商品券の話は割愛しますので、資産計上する場合は他社商品券となります。 貯蔵品としている会社もあります 勘定科目は? これじゃなきゃダメというのはないので、流動資産に計上されていれば、科目名はわかりやすい科目で良いと思います。 商品券を買った時は? 商品券を購入した時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を購入した時は 消費税は非課税となります。 商品券、ギフト券、旅行券のほかテレホンカードなどのいわゆるプリペイドカードの譲渡は、物品切手等の譲渡として 非課税とされています。 国税庁 タックスアンサー No. 6229 商品券やプリペイドカードなど 商品券を使った時は? 商品券を使った時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を使った時は 消費税は課税となります。 税抜経理をしている場合は、仮払消費税を計上します。 商品券など物品切手等を用いる取引では、物品切手等の購入は非課税とされ、 後日、物品切手等を使って商品の購入をしたり、サービスの提供を受けた時が課税の時期となります。 すなわち、仕入れに含まれる消費税額の控除は、商品券などを購入した時ではなく、後日その商品券などを使って実際に商品の購入又はサービスの提供を受けた者が、その時に行うことになります。 国税庁 タックスアンサー No. 6229 商品券やプリペイドカードなど 商品券を贈答用として、購入した時は? 商品券を贈答用として購入し得意先に渡した時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を渡した時は 消費税は非課税となります。 こちらは、間違いやすいのでご注意ください。 交際費については、その支出がお中元やお歳暮のように得意先への贈答品としての物品の購入代金や、得意先の接待のための飲食代の支払である場合には、原則として課税仕入れとなります。 ただし、得意先へ 商品券の交付をする場合や、祝金、餞別、弔慰金などを支出した場合には、 課税仕入れとなりません。 国税庁タックスアンサー No. 6463 寄附金や交際費の取扱い 商品券を使わずに決算を迎えた時は? 商品券を未使用のまま決算を迎えた時は、下記の仕訳を切ります。 なお、下記のような会計処理はできません。 税金対策として、ドカッと商品券を購入し、損金算入はできません。 従業員へのお祝いとして、商品券を贈った時は? 従業員へのお祝いとして、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 (雇用契約等に基づいて支給される結婚祝金品等) 28-5 使用者から役員又は使用人に対し雇用契約等に基づいて支給される結婚、出産等の祝金品は、給与等とする。 ただし、その金額が支給を受ける者の地位等に照らし、 社会通念上相当と認められるものについては、課税しなくて差し支えない。 所得税 基本通達 法第28条《給与所得》関係 ここでは従業員の「所得税」が課税か非課税が論点となります。 社会通念上相当とは? 何をもって社会通念上相当と認められるかについては、議論が分かれます。 一般的には、• 就業規則等に規定されていること• 対象者全てに分け隔てなく支払われること• 不相当に高額ではないこと こちらを満たせば、慶弔見舞金として、会社が支給しても、貰う従業員側では所得税上非課税になります。 こんな判決も・・・ 誕生日祝い金について、 本件誕生日祝金は、使用人のすべてを対象としているものの、使用人の誕生日に祝金品を支給することは、広く一般に社会的な慣習として行われているとは認められない。 (平15. 25裁決、裁決事例集No. 66 212頁) このように、誕生日祝い金が「課税」と判定された判決もございます。 創業記念品や永年勤続表彰記念品として商品券を贈った時は? 従業員へ設立〇周年や永年勤続表彰として、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 創業記念で支給する記念品や永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、次に掲げる要件をすべて満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。 なお、記念品の支給や旅行や観劇への招待費用の負担に代えて現金、 商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が 給与として課税されます。 国税庁タックスアンサー No. 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき 注意!! 創業記念品や勤続表彰については、高価でない モノなら非課税ですが、商品券の支給は、換金性が高いので、現金と同じと判断され、 従業員側で所得税が課されます。 参考までに、記念品等のモノで非課税となる基準は下記のとおりです。 (課税しない経済的利益……永年勤続者の記念品等) 36-21 使用者が永年勤続した役員又は使用人の表彰に当たり、その記念として旅行、観劇等に招待し、又は記念品(現物に代えて支給する金銭は含まない。 )を支給することにより当該役員又は使用人が受ける利益で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、課税しなくて差し支えない。 (昭46直審(所)19改正) 1 当該利益の額が、当該役員又は使用人の勤続期間等に照らし、社会通念上相当と認められること。 2 当該表彰が、おおむね10年以上の勤続年数の者を対象とし、かつ、2回以上表彰を受ける者については、おおむね5年以上の間隔をおいて行われるものであること。 (課税しない経済的利益……創業記念品等) 36-22 使用者が役員又は使用人に対し創業記念、増資記念、工事完成記念又は合併記念等に際し、その記念として支給する記念品(現物に代えて支給する金銭は含まない。 )で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、課税しなくて差し支えない。 ただし、建築業者、造船業者等が請負工事又は造船の完成等に際し支給するものについては、この限りでない。 (昭60直法6-5、直所3-6改正) 1 その支給する記念品が社会通念上記念品としてふさわしいものであり、かつ、そのものの価額(処分見込価額により評価した価額)が1万円以下のものであること。 2 創業記念のように一定期間ごとに到来する記念に際し支給する記念品については、創業後相当な期間(おおむね5年以上の期間)ごとに支給するものであること。 所得税基本通達 〔給与等に係る経済的利益〕 永年勤続者に対する旅行券の支給 不思議で仕方がないのですが、 旅行券ならOKという規定があります・・・ 当社では勤続20年に達した使用人に対し、一人当たり10万円の旅行券を支給しています。 永年勤続者の表彰に当たり旅行に招待する場合には課税の対象とされないそうですが、旅行券を支給した場合も同様に取り扱ってよいでしょうか。 一般的に、旅行券は有効期限もなく、換金性もあり、実質的に金銭を支給したことと同様になりますので、原則として給与等として課税されます。 ただし、次の要件を満たしている場合には、課税しなくて差し支えありません。 旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内であること。 旅行の範囲は、支給した旅行券の額からみて相当なもの(海外旅行を含みます。 )であること。 旅行券の支給を受けた者が当該旅行券を使用して旅行を実施した場合には、所定の報告書に必要事項(旅行実施者の所属・氏名・旅行日・旅行先・旅行社等への支払額等)を記載し、これに旅行先等を確認できる資料を添付して貴社に提出すること。 旅行券の支給を受けた者が当該旅行券の支給後1年以内に旅行券の全部又は一部を使用しなかった場合には、当該使用しなかった旅行券は貴社に返還すること。 国税庁タックスアンサー No. 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき 報酬として支払った時 報酬の支払いとして、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 報酬として、商品券を支払った時は、源泉徴収する必要がございます。 源泉の計算は下記の国税庁HPをご覧ください。 金銭ではなく、 物品で支払う場合も報酬・料金等に含まれます。 報酬・料金等の額の中に消費税及び地方消費税の額(以下、「消費税等の額」といいます。 )が含まれている場合は、原則として、消費税等の額を含めた金額が源泉徴収の対象となります。 ただし、請求書等において、報酬・料金等の額と消費税等の額が明確に区分されている場合には、その報酬・料金等の額のみを源泉徴収の対象とする金額として差し支えありません。 まとめ 商品券に関する会計処理は、 買った時、使った時、渡した時の3場面。 また、渡す相手が得意先か従業員か報酬の支払先の3者でそれぞれ会計処理が異なります。 消費税・所得税のどちらが課税なのか非課税なのかも注意して、会計処理するようにしてください。

次の

オリックス(8591)優待到着!カタログギフトの内容を全て紹介!

カタログギフト 金券扱い

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 金券(きんけん)とは、硬貨()や紙幣などの現金通貨ではないものの、現金通貨に準じる形で流通している物の総称。 とは異なる。 「」の「金券」など通常はこの意味で用いられ、以下、 「上の金券」の節で述べる。 このほか「金券」には以下のような意味もある。 商法のの分野で学問上用いられる概念で、私法上の権利を表章しているわけではなく法令によって証券そのものに当然に特定の価値が認められている証券。 この意味の「金券」には等を含み、商法上のとは区別される。 以下、 「商法の講学上の金券」の節で述べる。 (金地金本位制)において中央銀行が金地金との交換を保証した紙幣。 兌換金券ともいう。 古物営業法上の金券 [ ] 概説 [ ] では、「金券類」として定義がされている。 殆どの金券が「」の規制に基づき運用されている。 適用を受けないものについてもこの法律の適用除外を理由とされている。 金券の売買は、の一業種として行われており、とも呼ばれる。 自社のみで使う券(自家型)は発行後の届け出制だが、共通など自社以外の店舗でも使える券(第三者型)は、発行前に登録しなければならない。 自家型の場合は未使用残高が700万円を超えると、各への届け出義務が生じる。 さらに1000万円を超えると、などに備え、残高の半分以上をに供託しなければならない。 登録義務があるのに、登録をしないまま発行した場合、罰則として6ヶ月以下のまたは50万円以下のとなっている。 発行者のなど、何らかの信用不安に陥り通用が不能になった場合、財務局によりの分配が行われる(例として、百貨店共通商品券が発行元百貨店の破綻によって利用できなくなるケースなど)。 しかし、無届け業者が金券を売ったまま倒産した場合は金券の返金ができない問題がある(例として大阪の食品スーパー「サンエー」が無届けのまま商品券を販売して2010年に倒産したケースなど)。 無届け発行者に対する監督権限が財務局にないなどの法の不備が存在する。 法改正による利用停止の増加 [ ] 「」に代わる「資金決済に関する法律」の施行(2010年4月)により、払い戻しに関する規定が明文化され、利用停止が容易になった。 新聞や加盟店での事業終了・払戻期間の公告・掲示で済むようになり、使用中止に伴う払い戻し期間が最低60日に短縮されたため、需要の低下したや、花とみどりのギフト券、ヘルスギフト券など使用停止になる金券()が増えており、払い戻し期間を過ぎて、知らない間に「紙くず」となる例が増えている。 が使用停止された金券類の一覧を公開しているが(後述の参照)、一般への周知不足が指摘されている。 主な金券・商品券・プリペイドカード [ ]• (クオカード発行)• (日本図書普及発行、2005年10月販売終了)• (日本図書普及発行)• (発行)• (日本文具振興発行、2010年利用停止、2011年3月13日払戻期間終了)• 全国共通シューズ券(1997年8月31日発行停止、2013年1月31日払戻期間終了)• (トイカード発行)• 花とみどりのギフト券• 省エネ家電交換ギフト券• 信販系• JCBギフトカード(JTBナイスギフトカードを含む)• VJAギフトカード()• 三菱UFJニコスギフトカード• UCギフトカード• 飲食・食品• 全国共通お食事券• (福利厚生用食事券、旧BV食事券)• (アサヒ、キリン、サントリーは2005年に撤退、サッポロは2009年に撤退、全酒協のみ継続)• 清酒券• ギフト券• マックカード• ギフト券• (全国米穀販売事業協同組合発行)• おこめギフト券(JA全農発行)• 交通機関• (2010年販売終了)• (、2006年に通用停止)• 、、、といった乗車券類• (2008年販売終了)• (、2013年販売終了)• (、販売終了)• (、2010年利用終了)• (、2008年販売終了)• (、2008年販売終了)• (、2000年販売終了、2012年使用終了)• (、販売終了)• 情報通信• (NTTドコモ発行のドコモテレカ 2012年3月31日に販売終了)• (、現発行 2010年3月31日に販売終了)• KDDIスーパーワールドカード(KDDI発行、国際電話プリペイドカード)• が発売する、通常(郵政民営化前は官製はがき)、(旧)、(旧時代の2006年に通用停止)• 各種、持参人式の券(乗車乗船、飲食、宿泊、ゴルフプレー、映画鑑賞、観覧、スポーツ観戦、美術館・博物館、花火大会観覧、、など) 商法の講学上の金券 [ ] 商法の手形・小切手法(有価証券法理)の分野で講学上用いられる「金券」の概念は、私法上の権利を表章する証券である商法上のとは区別され、法令によって証券そのものに特定の価値が認められている証券を指す(権利と証券が結合しているわけではなく、証券そのものが価値を有している証券である)。 この意味の「金券」には、、などがある。 商法の講学上の金券は証券の中で最も機能が強く、証券の取得()に無重過失が要件とされる手形や小切手などの有価証券とは異なり、証券の取得に関して何ら注意義務を必要としない。 また、この意味の金券は証券そのものが価値をもつものであることから、権利と証券との結合を解くをとることはできず、証券の滅失は価値そのものの滅失ということになる。

次の