愛知 トリエンナーレ。 トリエンナーレ豊橋

あいちトリエンナーレ「ガソリン事件」の笑うに笑えないハナシ

愛知 トリエンナーレ

県民です。 県美の友の会員でした。 元) 美術館はヘイトの場ではありません。 津田は自分のヘイトを県美で公費で強制的に実行したのです。 天皇の顔写真を燃やしたり、亡くなった特攻隊の人たちを貶めたり、 隣国の難癖の象徴像を拝ませたり、このようなことの全部が県民の怒りを買っています。 河村、大村のどちらを支持するかというより、県民を支持してほしいです。 県民側の気持ちを受けたのは河村の方です。 津田という芸術とは無縁の反日活動家を持ってきたのは大村で、 自身の任命責任が問われそうであるから、津田を擁護していますが、つまりは保身です。 大村は自分たちの正当化のため反日グループを知識人として呼び正当化の議論しようとしています。 もうとんでもないです。 前回は動物虐待で問題になっています。 これも大村が許可しています。 今度は反日ヘイトです。 この中には米国国旗の損壊もされ、損壊罪も問われようとしています。 これでは 次はどのような犯罪まがいがアートの名の下で行われてしまうのか? 思うだけで寝込みそうです。 大村は支持しません。 大村は、知事としてだらしないですね。 こんなもの、始めからテロうんぬんで中止するのでなく、「日本人を侮辱する反日工作に税金を投入できるわけない」と言って、早々にシャットダウンしなきゃいけなかったのです。 今、また、実行委員会に言われて「再開」を協議しているとか、あほかといいたい。 それとも、本当にネットの噂にあるように、根が朝鮮人なのか。 とにかく、アンケート調査などするまでもありません。 あの展示が発覚してから、愛知県や知事には抗議メールが殺到したのです。 また、懲りずに「再開すべきだ」と声明を出しているのは、いつものように特定の集団です。 それらが選挙等でマジョリティーを得たことありますか。 日本人のマジョリティーが、わざわざ日本人の税金を使って反日工作を認めるはずがありません。 わかりきっています。

次の

愛知トリエンナーレで国民の賛否の割合は?

愛知 トリエンナーレ

韓国の問題は反日・社会主義化が地方に浸透したこと 韓国では、チュチェ思想に基づく社会主義者である文在寅大統領によって、中央の政治機構をシンパで制圧しただけでなく、大法院(最高裁判所)や軍隊までもシンパで塗りつぶされ、朝鮮連邦・南北統一に邁進している。 自由・資本主義圏に属する韓国で、そうした運動を盛り上げるために、経済を意図的に破壊し、それは日本の不誠実な対応(輸出制限)のせいだとして反日を煽るロジック。 そうすることで、多くの国民は文在寅大統領に扇動され、その間に着々と社会主義化を推進する。 そして中央のみならず、地方自治においても同様なロジックで、既にソウルやプサンのように議会に浸透してしまっている地域もあり、日本製品の不買条例や徴用工問題での戦犯企業指定なども行われた。 日本でもそうした左傾化は、国家の保守色が強まれば強まるほど反対勢力として浮き彫りになってくる。 そうしたことが、まさに愛知県で起こっていると見るべきだ。 Advertisement 大村知事は洗脳された? 2010年、大村知事は愛知県知事選挙において、重徳和彦氏を自民党愛知県連が推薦し自民党が公認した後に、立候補を表明して党紀違反と判断され除名処分を受けた。 自民党で、内閣府副大臣、厚生労働大臣、そして自民党愛知県連の会長まで務めたた大村氏がこのような行動とって自民党公認候補の対立候補に名乗りを上げるということに、様々な憶測も流れたが、愛知県民はTV出演も多く抜群の知名度を誇る「保守政治家」を選んだ。 現在は愛知トリエンナーレ問題で対立している河村名古屋市長も大村氏の出馬要請をしていたと言う事実も面白いが、当時大村氏は河村氏の名古屋での取り組みを高く評価していたことによる。 現在大村知事は愛知県知事三期目となるが、二期目の選挙でも自民党、民主党を含む7党、そして河村名古屋市長の減税日本の推薦を受けていた。 しかし任期途中から、自民党県連との関係が薄れ、維新や小池都知事の希望の党との関係でぎくしゃくして、徐々に革新色を強めてきた。 そして昨年末に津田大介氏を愛知トリエンナーレ2019の芸術監督に指名して、以降今年6月には「尖ったものにしてくれ」と暗に過激な出展を示唆するような指示をしています。 25日開かれた3回目の検証委員会では、慰安婦を象徴する少女像を含む企画展が、脅迫電話などが相次ぎ開幕3日で中止になった問題について、中止の経緯や今後の展示のあり方が、中間報告として取りまとめられました。 「十分に説明した上で展示しないと、特に公立美術館においては、誤解を招きかねない」(岩渕潤子委員) 「日本は、表現が不自由な状況というのが浮き彫りにされた」(曽我部真裕委員) 中間報告では、 「政治的な色彩があってもアートの観点から決定した内容なら、公立美術館で公金を使っての展示は認められる。 少女像など批判を浴びた作品の展示は問題ないが、内容の説明が不足していた」などと指摘。 芸術監督の津田大介氏に対しては、周囲の懸念を振り切って展示を強行したのは、ジャーナリストとしての個人的野心を優先したなどとして批判しました。 その上で、 電話による脅迫などから安全を確保することや、ガイドツアー形式の展示に変更することなどを条件として挙げ、企画展を「速やかに再開すべき」と結論づけました。 Advertisement つまり、大村知事は会見で「憲法違反」と自ら発言し、「国民の象徴であった昭和天皇の写真を燃やし足で踏みにじる映像」を芸術と評価したわけです。 もちろん少女像は、慰安婦ではなく米兵の交通事故で亡くなった二人の少女がモデルであるにも関わらず、政治利用され慰安婦の象徴という虚飾を施され反日プロパガンダに使われたものを芸術と認めたのです。 それを受けてのこの検証委員会は、「公立美術館で公金を使っての展示」に関して芸術と認められたらOKとしている。 そして結論は「企画展を速やかに再開すべき」とした。 と言うことは、大村知事同様に検証委員会は「国民の象徴であった昭和天皇の写真を燃やし足で踏みにじる映像」を芸術と評価したわけです。 それを受けて 大村知事は「『表現の不自由展 その後』については、再開を目指したい」とコメントしました。 津田氏は、不自由展開催に当たって、作品の説明を自らが経営する会社のサーバーに無償で用意し、訴訟となった場合の費用を個人負担する覚書も交わすなど、「公私混同」に当たる不適切行為があった。 そして、他の展示会のように、作品を選定するキュレーションの専門家を置かず、業務委託した不自由展実行委に選定させるという異例の対応を行った。 さらに、不自由展実行委とともに、政治的テーマだから「あえて今回公立美術館で開くことに意義がある」とこだわり、公的機関の役割から逸脱してしまった。 その結果、「関係各方面に多大な損害を与えるとともにあいちトリエンナーレ及び、愛知県庁に対する県民や協賛企業からの信頼を大きく失わせる事態を招いた」と指摘した。 津田氏について、「ジャーナリストとしての個人的野心を芸術監督としての責務より優先させた可能性」があるとして、「学芸業務の最高責任者としてふさわしくない行動や言動、情報発信を行った」と糾弾している。 ただ、不自由展そのものについては、「情の時代」というテーマに沿っており、「その企画自体が不適切であったとはいえない」とした。 愛知トリエンナーレは韓国と同じ構図 日本の左傾化は、日本社会の隅々まで浸透し始めているのかもしれません。 このあいちトリエンナーレにおける「表現の不自由展・その後」の騒動は、大村知事という政治家から実行委員会のメンバー、そして津田大介氏と彼が担ぎ出した左翼集団、そしてあいちトリエンナーレ在り方検証委員会のメンバーがすべて、 昭和天皇を愚弄する映像や特攻隊員を阿呆扱いした奇妙な作品、そして反日の象徴である少女像を「芸術」と評価した。 Advertisement たとえ政治色が強くても表現は自由だ、という主張を愛知県という行政に持ち込み、そして税金を使った公的イベントで何をやってもいい、という見識を持っている・・・。 これは日本社会に多くの 左翼思想が浸透していることの証です。 そしてそれは、自由主義・資本主義が文在寅大統領とそのシンパのチュチェ思想による社会主義化の危機にある韓国とまったく同じ構図です。 自らの責任を隠した大村知事 大村知事は都合が悪くなると、第三者に丸投げして悪訳を作り上げる。 しかし、第三者もまたシンパなので全面否定はしないどころか、肯定するように仕向ける。 これで、責任を浄化してしまって再び同じことを繰り返す。 そしてその時にはまた 「表現の自由は憲法で保証されている」と言う。

次の

あいちトリエンナーレ

愛知 トリエンナーレ

トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 明日の日本画を求めて HOSHINO SHINGO PRIZE, THE TRIENNIAL COMPETITION IN TOYOHASHI, SEEKING THE ARTISTS OF TOMORROW 豊橋市美術博物館では〈トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展〉を3年に一度開催しています。 この展覧会は、終生日本画の可能性を探究し、戦後の日本画壇に大きな足跡を残した孤高の日本画家・星野眞吾(1923~1997)が、「後進の支援と育成」を願って郷土・豊橋へ私財を寄附したことに端を発します。 その目指すところは、創造的な制作活動を行っている新進作家の発掘と美術振興への寄与であり、全国から意欲的な作品が寄せられることを期待しています。 応募資格 日本国内在住の方(国籍・経歴・年齢を問いません)。 2㎝以内とし、かつ長辺は 194㎝以内とします。 3㎝ 、S100号 162. 1㎝ など可。 ただし制作意図により必要な場合を除きます。 出品点数 1人1点 出品料 5,000円 賞 星野眞吾賞<大賞> 1点(副賞 200万円、賞状、図録) 準大賞 1点(副賞 100万円、賞状、図録) 優秀賞 1点(副賞 50万円、賞状、図録) 入選 50点程度(賞状、図録) 作品搬入 搬入にかかる費用は応募者負担とします。 直接搬入 豊橋市美術博物館(愛知県豊橋市今橋町3-1 豊橋公園内) *開梱は本人または代理人が行ってください。 作品のみの搬入とし、梱包資材はお預かりできません。 選外作品 (直接搬出)豊橋市美術博物館の指定する搬出日に直接搬出してください。 (委託搬出)主催者が指定する業者により、梱包料・輸送料を応募者負担(着払い)で返送します。 (その他)直接搬出をされた方で、期日を過ぎてもお引取りがない場合、委託搬出と同じ方法で返送します。 入選作品 (直接搬出)豊橋市美術博物館の指定する搬出日に直接搬出してください。 (委託搬出)展覧会終了後、主催者が指定する業者により梱包料・輸送料を主催者負担で返送します。 問合先 豊橋市美術博物館「星野眞吾賞展」事務局 〒440-0801 愛知県豊橋市今橋町3-1 電話番号 0532-51-2882 ファクス番号0532-56-2123 この記事は2019年12月26日に更新されました。

次の