うん 子 男子。 Scratch Studio

よしき君の発見

うん 子 男子

1987年 -• 1994年 -• 1995年 - 、• 1997年 -• 1998年 -• 1999年 -• 2000年 -• 2003年 -• 2005年 - (経営企画室・報道局社会部兼務)• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2013年 - 、(一般職で入社、2014年にアナウンス部に異動 )• 2014年 -• 2015年 - 、• 2016年 - 、、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、、• 2020年 - 元アナウンサー [ ] 入社年順に表記。 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字はアナウンス部在籍期間。 (1969年 - 1983年、TBSHD取締役会長・TBSテレビ取締役会長 )• (1983年 - 2017年、営業局CM部担当局次長)• (1985年 - 1990年、報道局報道番組部スペシャリスト部長)• (1986年 - 1996年・2009年 - 2010年、TBSHD経営企画局グループ企業部担当部長)• (1986年 - 2016年、広報局)• (1986年 - 2006年、スポーツ局業務推進部次長)• (1987年 - 1992年、JNNパリ支局長)• (1988年 - 1991年、コンテンツ事業局)• (1988年 - 2017年、報道局)• (1989年 - 2019年、メディアビジネス局)• (1989年 - 1991年 、メディアビジネス局)• (1990年 - 2011年、情報制作局)• (元NHKアナウンサー。 1994年 - 2017年、事業局赤坂サカス推進部)• (1996年 - 2005年、制作局バラエティー制作部。 現在『』など)• (2014年 - 2019年、報道局) 女性• (旧姓:堀川/1966年 - 1988年 、シニアコメンテーター。 夫は川戸貞吉 )• (1983年 - 1987年、報道局解説・専門記者室長)• (1984年 - 1989年、事業局事業推進部担当部長)• (1989年 - 2002年、報道局)• (1990年 - 2010年、総務局)• (1991年 - 2019年、事業局)• (1996年 - 2009年、総務局)• 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (元NHKアナウンサー。 1951年 - 1952年)• (1951年 - 1970年) - 1993年8月に死去。 (元NHKアナウンサー。 1951年 - 1970年)• (元NHKアナウンサー。 1951年 - 1975年) - 1999年3月に死去。 (元アナウンサー。 1951年 - 1981年) - 2011年に死去。 (1951年 - 1969年) - 1987年12月に死去。 (1951年 - 1959年) - 妻は本田節子。 フリーアナウンサー、。 ナレーターとしては『』(やなど)を担当。 1990年10月に死去。 (1951年 - 1978年) - 2002年に死去。 (1951年 - 1984年) - 1992年3月に死去。 (1951年 - 1980年) - 2004年に死去。 (1951年 - 1984年)• (1951年 - 1983年)• (1951年 - 1978年8月) - 放送業務局視聴者センター在職中に死去• 永井資久(1951年 - 1981年) - 2000年7月に死去。 (1951年 - 1961年)• (元NHKアナウンサー。 1952年 - 1976年) - 国際交流基金派遣日本語教師としてインドネシア・アイルランガ大学派遣日本語講師を務めた。 1984年10月に死去。 (元NHKアナウンサー。 1952年 - 1973年) - 2003年に死去。 (1952年 - 1986年、当初は報道部、アナウンス部在籍期間は1953年 - 1970年) - 2001年7月に死去。 (元NHKアナウンサー。 1952年 - 1968年) - 1980年11月に死去。 1952年 - 1974年) - 1978年1月に死去。 (元NHKアナウンサー。 1952年 - 1975年) - 1997年12月に死去。 (元NHKアナウンサー。 1952年 - 1975年)• (元NHKアナウンサー。 1953年 - 1980年) - 1992年2月に死去。 (1953年 - 1986年)• (1953年 - 1985年) - に転籍。 『ナショナル劇場』2代目ナレーター。 1998年9月に死去。 (1953年 - 1961年)• (1953年 - 1985年) - 1994年11月に死去。 (1953年 - 1986年) - 映像作家・文筆家。 妻は楢木昭子。 2008年に死去。 (1953年 - 1985年)• (1953年 - 1956年)• (1953年 - 1985年) - アナウンサープロダクション『メディア・スタッフ』へ設立と同時にし、代表取締役などを務めた。 2006年に死去。 (1954年 - 1992年)• (1954年 - 1986年)• (1955年 - 1984年)• (1955年 - 1985年)• (1955年 - 1992年)• (1955年 - 1983年)• (1955年 - 1981年) - 1990年6月に死去。 (1957年 - 1993年)• (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1986年11月) - 1986年11月退職直後に死去。 (1957年 - 1992年)• (1957年 - 1994年9月定年3ヶ月前に退職) - 2014年に死去。 (1959年 - 1995年7月) - 1995年9月定年退職直後に死去。 (1959年 - 1994年4月) - 報道局次長 在職中に死去• (1959年 - 1993年)• 在職中の1987年 - 1997年まで『』コメンテーター。 2018年に死去。 (1959年 - 1995年)• (1959年 - 1994年)• (1959年 - 1995年) - 在職中の1987年 - 1997年2月まで『』メインキャスター。 1997年7月に死去。 (元NHK佐賀放送局アナウンサー。 1960年 - 1990年)• (1961年 - 1993年) - 評論家。 妻は川戸惠子。 2019年に死去。 (1961年 - 1997年)• (1961年 - 1996年)• (1961年 - 1997年)• (1961年 - 1995年)• (1961年 - 1997年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1998年)• (1964年 - 2001年)• (1964年 - 1991年)• (1964年 - 2000年)• (1964年 - 1993年3月) - 事業局事業部専任部長 在職中に死去• (1964年 - 1999年)• (1965年 - 2001年)• (1965年 - 1972年)• (1965年 - 2000年)• (1965年 - 2003年)• (1965年 - 2002年) - 2007年に死去。 (1967年 - 2003年)• (1967年 - 2003年) - 妻は元フジテレビアナウンサーの。 (1967年 - 1979年)• (1967年 - 2002年 ) - 在職中に死去。 (1967年 - 2005年)• (1968年 - 1989年) - フリーアナウンサー、ナレーター。 妻は池田園子。 2020年4月逝去。 (1968年 - 2004年)• (1969年 - 2004年)• (1969年 - 2004年)• (1969年 - 1991年) - ジャーナリスト。 2013年に死去。 (1972年 - 2003年)• (元NHKアナウンサー。 1972年 - 2006年、後に『JNN報道特集』のディレクター、『NEWS23』のデスク、『』のプロデューサーを歴任。 (元アナウンサー、1973年 - 2003年)• (1974年 - 2011年) - コンピュータ会社への勤務を経て中途採用扱いで入社• (1975年 - 2013年)• (1975年 - 2012年)• (1976年 - 1989年) - フリーアナウンサー、『』。 (1976年 - 2016年)• (1976年 - 2013年)• (1976年 - 1998年) - 1999年に死去。 (1979年 - 2016年)• (1979年 - 2016年)• (1981年 - 2017年2月。 兼務を経て定年7ヶ月前に退職)- TBSラジオのニュースデスク、および日本大学法学部新聞学科専任教員。 (1981年 - 2017年9月定年退職)- TBSラジオのニュースデスク。 (1984年 - 2019年)• (1984年 - 1991年)• (1985年 - 1999年)• (1990年 - 1996年)• (1991年 - 2018年)• (1993年 - 2000年)• (2001年 - 2004年) 女性 [ ]• (1951年 - 1955年)• (1951年 - 1953年)• (1951年 - 1963年)• (1951年 - 1984年)• (1951年 - 1961年)• (現姓:竹山/1951年 - 1961年) - 放送史研究者。 名誉教授。 夫は竹山恭二。 (1951年 - 1983年) - 夫は芥川隆行。 (1951年 - 1960年) - 夫はTBS元社長の。 2010年に死去。 (1953年 - 1956年)• (1953年 - 1961年)• (1953年 - 1955年)• (1953年 - 1959年) -。 2015年に死去。 (1954年 - 1985年)• (1954年 - 1963年)• (元NHKアナウンサー。 1954年 - 1979年、当初は嘱託だったが1963年6月に正社員)• (1955年 - 1963年)• (1955年 - 1956年)• (1955年 - 1992年)• (1955年 - 1962年)• (1956年編成局嘱託) - 1956年10月に退社後はラジオ東京放送劇団に入団。 (現姓:木元/1956年 - 1958年。 当初は編成局嘱託、1957年に社員採用され正式に入社) - 評論家、ジャーナリスト。 1956年編成局嘱託) - 1956年10月に退社後はラジオ東京放送劇団に入団。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1963年)• (1957年 - 1961年)• (1957年 - 1961年)• (1957年 - 1960年)• (1957年 - 1960年)• (1957年 - 1963年)• (1957年 - 1959年)• (1957年 - 1960年)• (1959年 - 1963年)• (1959年 - 1962年)• (1959年 - 1964年)• (1959年 - 1964年) - 1984年2月に死去。 (1959年 - 1961年)• (1959年 - 1964年)• (1961年 - 1963年)• (1961年4月 - 1961年8月)• (1961年 - 1970年)• (1961年 - 1965年)• (1961年 - 1997年)• (1961年 - 1965年)• (1961年 - 1964年)• (1961年 - 1963年)• (1962年 - 1998年)• (1962年 - 1968年)• (1962年 - 1966年)• (1962年 - 1964年)• (1962年 - 1967年) - 1993年6月に死去。 (1962年 - 1966年)• (1962年 - 1967年)• (1964年 - 2002年)• (1964年 - 1992年)• (1964年 - 1971年)• (1964年 - 1978年)• (1964年 - 1965年)• (1965年 - 1999年)• (1965年 - 1974年)• (1965年 - 1969年)• (1966年 - 1970年)• (1966年 - 1972年)• (1966年 - 2003年)• (1966年 - 1970年)• (1968年 - 1970年) - 夫は小島一慶。 (1968年 - 1971年) - フリーアナウンサー、、(前会長)。 (1968年 - 1973年) - フリーアナウンサー、エッセイスト、ジャーナリスト、副学長教授。 (1968年 - 1974年)• (1968年 - 2003年)• (旧姓:浅井/1977年 - 1992年)• (1977年 - 1990年) - 『』『』(月曜日)。 (1977年 - 2014年)• (現姓:松富/1983年 - 1999年) - キャスター、作家• (1983年 - 1990年)• (1987年 - 1992年) - 特命。 夫は元プロ野球選手で監督の。 (旧姓:畑/1987年 - 2004年)• (1988年 - 1998年) - 夫は元で二軍監督の(活動休止中)。 (1989年 - 1999年) - 夫は元プロ野球選手の• (1990年 - 1998年) - 夫はドラマプロデューサーの• (1993年 - 1999年)• (1994年 - 2001年) - 夫はの。 (1995年 - 2010年) - タレント、エッセイスト、女優。 (1999年 - 2008年)• (2000年 - 2017年。 一時報道局兼務)• (2001年 - 2012年) - 2018年1月より『』火曜パートナー• (2002年 - 2007年) - 2008年に死去。 (2002年 - 2012年)• (2003年 - 2009年)• (2005年 - 2012年) - 夫はの。 (2005年 - 2010年) - 2017年10月より『伊集院光とらじおと』月曜パートナー• (2008年 - 2015年) - 夫はプロ野球・の。 (2009年 - 2014年)• (2010年 - 2016年) - 退社後は活動休止中。 (2010年 - 2017年) - 夫はプロサッカー選手・の。 (2011年 - 2019年)• (2012年 - 2019年)• (2014年 - 2019年) 関連人物 [ ] アナウンス部長 [ ] 現在• (2017年7月 - ) 過去• ( - 1967年11月)• (1967年11月15日 - 1972年1月)• (1972年2月 - 1981年6月)• (1981年7月 - 1991年4月)• (1991年5月 - 1994年6月) - 報道出身(元『』プロデューサー )、後に監査役。 (1994年6月 - 1997年6月)• (1997年6月 - 2001年5月) - 2013年死去。 (2001年5月 - 6月) - 元取締役。 2016年死去。 (2001年6月 - 2005年6月)• (2005年6月 - 7月、編成局長兼務) - 後に。 『』に名前のみ登場していた。 (2005年7月 - 2011年6月 )• (2011年7月 - 2017年6月)現 TBSサンワーク代表取締役社長。 元 情報制作局情報センター情報2部長 系列局からの出向社員 [ ] 過去に、報道・情報番組においてJNN系列各局のアナウンサーや報道記者が司会やニュースデスクなどを担当するために出向した事例があった。 過去の該当者は以下の通り。 『』(開始当初、番組キャスターはJNN系列各局の報道記者・アナウンサーがニュースデスクとして出向していた)• (アナウンサー・報道記者/度)• (アナウンサー/度)• (報道記者/度)• (アナウンサー・報道記者/度)• (アナウンサー・報道記者/度前期)• (アナウンサー/度後期 - 度)• (アナウンサー)• 『モーニングジャンボ奥さま8時半です』• (朝日放送アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (静岡放送アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー) 荻島はのちに「」のキャスターとしてSBSから再出向したが、視聴者からの反響が大きく、期間を延長・継続して担当することからSBSの社業に影響するとしてSBSを退職、正式に上京してフリーアナとなった。 (アナウンサー)• (アナウンサー/ごろ)• (岩手放送アナウンサー/10月 - 9月)• (1984年 - 1997年) - 専属契約解除後もTBSの番組に継続して出演• (1985年 - 1991年) - 同上• (1996年 - 1998年) - 専属契約解除後、関連会社のの番組に出演• (1997年 - 2006年)• (2006年 - 現在) 備考 [ ]• TBSグループのアナウンサーは全員 TBSテレビ所属となっており、同社テレビ番組への出演の他、グループ会社(兄弟会社)であるとの番組にも「TBSアナウンサー」 として出演している。 会社法上は、TBSテレビが自社のアナウンサーをTBSラジオとBS-TBSに番組単位でさせているため、TBSラジオとBS-TBSはアナウンサーの自社雇用をしない。 2004年10月、東京放送(現:)は新たに設立した「TBSテレビ」(旧:TBSエンタテインメントを中心にTBSライブ・TBSスポーツを合併・当時は番組制作会社)へテレビジョン放送事業全般を委託、それに伴い東京放送在籍中のアナウンサーを含む社員820人をこの「TBSテレビ」へ同年10月1日付で出向させ、2005年以降の・中途採用アナウンサーも同社が採用していた。 約4年もの間、社籍が異なるアナウンサーが同じ職場に在籍していたことになるが、その後、2009年4月に東京放送がへ移行、それに伴う吸収分割により、出向中の全てのアナウンサーが現在のTBSテレビへと自動的に転籍した。 前半まで、報道担当の男性アナウンサーは「TBSアナウンサー」としてテロップで画面に登場することは少なかった。 これは報道局所属であったことや、突発的な事故などの際には取材記者も兼ねていたことが影響していた。 などの提供読みも報道担当の男性アナウンサーはほとんど行っておらず、経験者はやなど限られた少数であった。 ただしやなどの司会を担当していた男性アナウンサーもいた。 この傾向が崩れたのは頃。 当時スポーツ担当だった、情報番組担当だったが報道担当に移ってからのこと。 佐古・岡田は以後報道のみの出演になるが、スポーツ担当の男性アナウンサーもなどに登場することも多くなった。 ただしベテランの男性アナウンサーの中には(一般ニュース)を担当したのことのないアナウンサーもいる(やなど)。 である以上、労使交渉がまとまらなければ、のも起こりうる。 その場合、担当番組を管理職のアナウンサーや外部のフリーアナウンサーが代行出演する。 一例として(21年)は、TBSテレビで『』『』『』など各番組の担当アナウンサー(メイン司会も含む)が、放送での説明もないまま欠席している。 アナウンサー番組 [ ] 地上波テレビ [ ]• ディスク・タイム(1961年)• きょうも楽しく〜小鳥とともに〜(1961年8月14日 - 1962年3月31日)• ナビっち(2009年4月 - 2010年3月)• TBSチャンネル [ ]• シリーズ• ほかに女性アナウンサーが出演する紀行ものシリーズも制作・放送されている。 TBSラジオ [ ]• 朝のひととき(1958年) - アナウンサー制作番組• 倶楽部・アナ魂ダ! (2004年10月 - 2005年3月)• アナアナ探検隊(2005年10月 - 2006年3月)• 女子アナウンス部御中 - かつてTBSラジオが運営していた有料の音声配信サイト「」において、複数の女性アナウンサーがそれぞれ個人で出演する音声コンテンツを配信していた。 「らじこん」の廃止に伴い2015年4月をもって配信終了 関連書籍 [ ]• 『We love TBS!! 女子アナウンサーのすべて見せます。 』TBSアナウンスセンター編、、1998年8月。 『おいしい顔ダイアリー TBSアナウンサーとCooking』アルファワークス構成・編集、、2003年6月。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 1989年入局。 1934年入局。 1939年入局。 1948年入局。 1960年二次入局。 1968年入局。 朝日放送のスタジオからのコーナーを担当。 ただし現実にはTBSラジオもTBSテレビとひとまとめに「TBS」と略されるのが常であり、その「TBSアナウンサー」ですら自身の勤務局が「TBSテレビ」と述べるケースもや宇垣の退社発表等と多くない。 同様の体制は、TBSグループ同様にラテ兼営から分社化した()・()・()にも引き継がれている(括弧内のテレビ局が出向元)。 出典 [ ]• 2014年5月28日閲覧。 「all TBS 紳士・淑女録4 報道局報道センターの巻」『TBS社報』、東京放送、1991年12月17日、 20頁。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、24頁。 PDF Report. 2016-06. 2019年4月16日閲覧。. 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2019年3月11日. 2019年3月12日閲覧。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、12頁。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、13頁。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、14頁。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、15頁。 スポーツ報知. の2011年1月19日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 2002年10月20日. の2014年12月9日時点におけるアーカイブ。. 2019年4月16日閲覧。 2004年3月5日. の2014年12月8日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、16頁。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、15頁。 2003年4月6日. の2014年10月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 山形県生涯学習文化財団. 公益財団法人 山形県生涯学習文化財団. 2019年4月16日閲覧。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、14-15頁。 株式会社メディア・スタッフ. 会社概要. メディア・スタッフ. 2019年4月16日閲覧。 読売新聞東京夕刊 讀賣新聞社 : p. 2008年8月7日• 朝日新聞 朝日新聞社 : p. 2008年8月7日• 2006年11月14日. の2006年11月17日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 DIGITAL. 2014年2月27日. 2015年12月1日閲覧。 「東京放送(会社人事)」『日経産業新聞』1991年6月3日、31頁。 スポーツ報知. 2018年3月25日. 2019年4月16日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年3月26日. 2019年4月16日閲覧。 2015年3月7日時点のよりアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、18頁。 「TBS(会社人事)」『日経産業新聞』1992年10月5日、27頁。 2019年4月16日閲覧。 夕刊フジ 産経デジタル. 2007年8月10日. の2016年3月26日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 スポーツ報知. 2009年10月6日. の2009年10月8日時点におけるアーカイブ。 2019年4月14日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2002年7月14日. の2002年10月15日時点におけるアーカイブ。 2019年4月14日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年4月26日. 2020年4月26日閲覧。 戦略検討フォーラム. 執筆者一覧. プラットフォーム. 2019年4月16日閲覧。 大谷隆之「ザ・ベストテンの時代。 4、、2007年11月号、 126頁、。 横田由美子「週刊図書館 ひと[山田修爾]」『週刊朝日』、朝日新聞出版、2009年2月13日、 75頁。 サンケイスポーツ. 2013年9月3日. の2013年10月14日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 スポーツニッポン: p. 2013年8月29日. 2019年4月16日閲覧。 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日、21頁。 「 」 『東京都立新宿高等学校PTA会報』No. 137、、2014年12月8日、 5頁。 日刊スポーツ. 1999年9月29日. の2010年5月19日時点におけるアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 出演者紹介. TBSテレビ. 2019年4月16日閲覧。 LINE 2017年9月30日. 2019年4月16日閲覧。 cumsophia on line in FC2. 2012年4月28日閲覧。 NHKニュース. 日本放送協会 2015年10月29日. 2015年11月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年4月16日閲覧。 Speakers. jp(スピーカーズ). タイム. 2019年4月16日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2008年5月27日. 2008年4月16日閲覧。 『』2011年7月4日付。 『』朝刊2011年7月6日、人事欄。 2005年1月21日. 「1961年5月1日 *テレビ「ディスク・タイム」 <休止時間 朝の部 6:40〜50、昼の部 11:25〜30、夜の部 16:45〜55 を利用してのトーク番組。 7期生の新人アナを中心>開始」• 「1961年8月14日 *テレビ「きょうも楽しく〜小鳥とともに〜」 月〜日 6:30〜6:40 <早出女子アナ勤務者のフィックス番組。 〜62. 31>」• 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』東京放送、東京放送、2002年1月、11頁。 「1958年1月4日 *アナウンサー制作番組「朝のひととき」スタート 5:25〜5:55 」 参考文献 [ ]• 『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、、1992年12月21日。 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

うんこを擬人化した「うんこ男子」が登場!?森川智之さん、櫻井孝宏さんら豪華キャストがいろんなうんこを演じる!

うん 子 男子

どうも。 前の記事、自分で読んでてビックリしたんだけど、うん子いつなんて練習してたんだろうって思ったよ。 たぶん誰も気が付かなかったと思うけど(笑) の間違いです。 難しくて云々言いたかっただけ。 結局まだ譜読みは初めてないんですが。 明日レッスンなので、そっちを優先してしまいました。 ひとっつも合格しないんだろうなー、まぁ進度をモチベーションにしてるわけじゃないので良いけど。 ちなみにピアノやる気戻ってきてます。 やっぱり東京に行って疲れただけだった。 しかもあの時アホみたいにスクワットやっちゃって、それもあって疲れてた。 明日はお休みなので、掃除洗濯終わったら全部ピアノ弾いて過ごそうと思います。 超贅沢! どうでも良いけど、このブログってまさしに伝えたいことを上手く伝えられなくて、その鬱屈した気持ちを吐き出すために書いてるブログなのよね。 、クソコメを防ぐ目的というか。 なのに、今日の朝どうしてもまさしに垂れ流したくなっちゃって、まさしにダイレクトメッセージ送ったのさ。 要約するとやれるだけやってダメでもいい、何もしなくてもまさしは愛される、そこを忘れないで力いっぱいやり切ってってこと。 全力で頑張って、それでだめでも終わりなんかじゃないよって伝えたくて。 でね、うん子のカンなのだけど、これきっとうん子の思う完璧に近い形で伝わった実感があるのさ。 勘違いかもしれないけどね(笑) ただちゃんと見てくれて、その後のアクションも伝わった!と思えるものだったの。 うん子嬉しくてさぁ、鬱屈した気持ちが消えたよ。 いつもは満たされない気持ちをダダーッと垂れ流してるので書くの超早くて、今日は満たされた気持ちを考えながら書いてるのですごく時間かかってるよ。 フロムは愛するということは行動だと言っていた。 まさしに心がけていることは、とにかく与える、求めない、そして行動する。 自分を守りたい気持ちがあったらまず出来ないような事ばかりしてる。 うん子も前は守りに入るタイプだったのでよくわかる。 まさしのおかげで色んなことを考えて、勉強してうん子も成長できたと思う。 よく言ってるけど、救おうと手を伸ばして自分が救われてるの。 今日はそんな感じかな。 いつもに増して垂れ流し更新だったね。 まぁいいかぁ。 以上です。

次の

日本テレビのアナウンサー一覧

うん 子 男子

Q 中学生男子です。 自分は、違うクラスに好きな人が居ます。 一応片思い歴は、8ヶ月です。 今思えば自分は馬鹿です。 何故かと言うと 今まで一回しか話した事がないのに、 好きになって1週間で告白。 会って初めて告白したので、ホントに恥かしいかったです。 そして、「友達からと」言われ 三週間後に振られました。 その子は、メールで「これからも友達の関係で居たい」 と言われたのに、自分は、それを拒否して逆ギレ(軽くですよ,笑) その後、メールで謝って許してもらい、 メールはしたけど次の日に「男子とはメールしにくい。 」とメールが来ました。 この時点で「終わった」と自分の心の中で思いました。 しかし!!友達は、「告白は一回だけだろ」と言われたが 好きなら何度でもトライして良いと自分の中では、思います。 夏は、花火大会に誘ったが答えは「友達と行くからちょっと駄目かな。 」でした。 まぁ結局、行って会って4対4ぐらい花火を見たのですがw そして、秋。 メール無理やり再開。 相談を装いメールをする自分。 しかし、空気を呼んでメールを止めた俺。 この時期、何故か数名に告白したとバレてしまっている。 誰が言ったのやら・・・ そして、寒い寒い冬。 前から約束していた誕生日プレゼント&12時ぴったしデコメールを心の底から祝いましたw(12時ぴったしデコメールは今は少し後悔していますw) そして、「クリスマス遊びに行こうよ」とメールを送ったが、 「部活があるから無理だけど誘ってくれてありがとう」の事でした。 質問の仕方は中学生ぽくって、礼儀を知らないと思う人も居るかも知れませんが、これは分りやすく自分の本音を書いたからです。 何を質問したいかと言うと、彼女は、どう思っているのか 1、好き。 (これは無いと思いますが,汗。 ) 2、友達以上恋人未満。 3、友達。 4、嫌い。 5、人間と思ってない。 6、その他。 次に、告白する時期はいつごろがベストか。 次に、これからの自分の行動&告白するためのステップ。 その子とは話せない。 (あれですよ。 可愛い過ぎて、照れてしまいます。 ) 長所。 勇気はあります!!(あんなに恥かしい思いをしたのですから怖いものはありません。 ) もし、一つだけ願いが叶うのなら、その子と話したい。 自分はタイトルどおり『恋が下手くそな中学生。 』です。 でも、それだけ「好き」って分ってもらえれば幸いです。 こんな自分に力を貸して貰えないでしょうか? たくさんの意見と『恋が下手くそな中学生。 』に 勇気を与えてはくれないでしょうか? 次に、振られたら諦めるつもりです。 でも、こんなに人を好きになったのは初めてで、 成功しても失敗してもこれからの困難な人生に前向きに生きて行ける気がします。 まだまだ、未熟だけでこれぐらいの事しか言えないけど この質問を見て回答して頂いた方は本当に心の底から感謝します。 中学生男子です。 自分は、違うクラスに好きな人が居ます。 一応片思い歴は、8ヶ月です。 今思えば自分は馬鹿です。 何故かと言うと 今まで一回しか話した事がないのに、 好きになって1週間で告白。 会って初めて告白したので、ホントに恥かしいかったです。 そして、「友達からと」言われ 三週間後に振られました。 その子は、メールで「これからも友達の関係で居たい」 と言われたのに、自分は、それを拒否して逆ギレ(軽くですよ,笑) その後、メールで謝って許してもらい、 メールはしたけど次の... A ベストアンサー 中3の男です。 長いですが僕の中学の恋愛体験を語らせてください。 僕は、3年間同じ部活の子に片思いしてて今年の6月に告白しました。 僕が無口な方でその人もおとなしい人だったのでその人とは 3年間数えれるくらいしか会話をしたことがありませんでした。 つまり、一方的な片思いでした。 フラれた理由はおそらく交流が少なかったことだと思います。 でもその後彼女が振った理由を友達に話してるのを僕の友達がおしえてくれたんですが、彼女は理想が高いらしく、 「顔がかっこいい、頭が良い、運動神経がいい、背が高い」が絶対条件らしいです。 僕は最初の3つはクリアしてたらしく性格的にも やさしく、思いやりがあるといわれたんですが、彼女の身長が165と 女子としては高く彼女は背の高い彼氏に憧れる傾向があったらしく そう身長差のない僕はダメだったらしいです。 つまり僕は身長が高くなかっただけで3年間の恋を否定されたんです。 そんな子供な考えを持った人には見えませんでした。 彼女が僕に残してくれたものは身長コンプレックスと恋に対する臆病 だけですwそんな彼女を憎んだこともありました。 でも僕も何だかんだいって彼女の容姿というか、見た目と雰囲気だけに恋してたんだなと気づきました。 でも告白する前までは本気で彼女が好きで、常に彼女のことを考えてて 夜も眠れないくらい好きでした。 そんなもんですよw 僕が思うに、中学生の男子は女子を好きになる理由として、 ・顔がかわいいから ・モテてるから ・色気やオーラがある・キス・Hしてみたい、という条件が 優先的にきて、性格は男たらしでなく、普通だったらいい という感じで、顔や雰囲気で好きになるもんだと思います。 性格や中身に惹かれてそれで付き合うということは中学生には 無理だと思います。 中学生の男子がかわいい彼女が欲しいと思ってるように、 女子もかっこいい彼氏が欲しいと思ってるんです。 質問の答えとしては、tatuya04の文章を見た限りでは3の普通だと 思います。 しかしあなたのこれからの行動次第では4にもなりえます。 もしあなたが、地味でブスな女子から告白されて、断ったのに何回も 告白してきたりしたらうざったいですよね。 相手の気持ちも考えない自分勝手なしつこい男は嫌われますよ。 なのであなたが相当かっこよくて、その人に好きな人がいない限り 付き合うという形にはならないでしょう。 中学生というのは一人の人を好きになったら その人しか好きにならない、一人の好きな人に対する一途な気持ちに 溺れています。 僕もそうでした。 人を好きになって自分の気持ちを告白することはいいことですが、tatuya04さんは一回フラれてるんですから その理由をしっかり考えて改善し友達として仲良くできた場合のみ その人のことはあきらめてあたらしい恋をみつけたほうがいいと 思います。 僕もフラれた頃は「もう絶対に恋なんてしない」と思っていましたが、今ではあたらしく好きな人もできました。 中学生の恋なんてそんなもんですよw 僕はtatuya04他にもこれから好きな人が絶対にできると 言い切ります。 僕は好きな人にフラれて 人間的に成長した思います。 長くなりましたが 最後に中学生で付き合ってる人はろくな人いませんよ。 すべての人にそうはいえませんが、イたい人達です。 しょせん顔や体めあてですからw 中学生は性欲や妄想が激しいですからね。 気分を悪くさせることを言ったと思いますが、 これが僕の考える中学生の恋です。 中3の男です。 長いですが僕の中学の恋愛体験を語らせてください。 僕は、3年間同じ部活の子に片思いしてて今年の6月に告白しました。 僕が無口な方でその人もおとなしい人だったのでその人とは 3年間数えれるくらいしか会話をしたことがありませんでした。 つまり、一方的な片思いでした。 フラれた理由はおそらく交流が少なかったことだと思います。 でもその後彼女が振った理由を友達に話してるのを僕の友達がおしえてくれたんですが、彼女は理想が高いらしく、 「顔がかっこいい、頭が良い、運動神経が... Q こんにちは。 中学生の女子です。 わたしは学校でも男子とよく話す方です。 メールはほとんど毎日男子達とメールをしています。 (内容は学校の噂話とかです) 顔は普通だと思います。 たまに可愛いと言われます。 性格は明るくて元気です。 部活、勉強もけっこうマジメにやってます。 ・・ですが男子とよく話すわりにはあんまり恋愛的に好かれる事はありません。 告られたこともありますが、色んな子に告ってるチャラい人ひとりです。 わたしのグループの女の子で男子にすごくモテる子がいます。 その子は男子とあんまり話しません。 いくら席が近くてもその子とは話さないのです。 (わたしはバンバン話しかけられます) その子と男子はメールはよくするそうです。 おとなしいわけではなく女子同士では騒ぎます。 顔は普通よりちょっと可愛いけどぽっちゃりです。 男子は一緒に話す子の方が好きと聞きますが、そうではないのでしょうか? 話していてもわたしには恋愛感情がない、ということはこれからも彼らは わたしを恋愛対象にみないということでしょうか? 男性は話す、話さないは恋愛に関係ないんですか? こんにちは。 中学生の女子です。 わたしは学校でも男子とよく話す方です。 メールはほとんど毎日男子達とメールをしています。 (内容は学校の噂話とかです) 顔は普通だと思います。 たまに可愛いと言われます。 性格は明るくて元気です。 部活、勉強もけっこうマジメにやってます。 ・・ですが男子とよく話すわりにはあんまり恋愛的に好かれる事はありません。 告られたこともありますが、色んな子に告ってるチャラい人ひとりです。 わたしのグループの女の子で男子にすごくモテる子がいます。 その子は男子と... Q 中学生男子は告白されて嬉しい? 中学2年になった女子です。 以前からお世話になり、今回も宜しくお願いします。 私は中1の5月から好きな男子がいます。 告白できずにクラス替えで違うクラスになり、よく話はするけれど同じクラスだった頃に比べると会話数は極端に少なくなってしまいました。 単刀直入に言うと、告白をしたいです。 相手にOKを出してもらえるか振られるかなんて今は問題じゃなくて、中学生の男子というのは女子から告白されたら嫌なのでしょうか。 迷惑なら告白をやめ、自分の中から彼が消えるのを待つのが一番いいと思うので告白はしようとは思いません。 私が気持ちを伝えたいから伝えるのではなく、彼を一番に考えたいので質問をさせて頂きました。 欲を言えば勿論付き合いたいです。 けれど、私が告白をすることで彼を迷惑にはさせたくないのです。 再度質問させて下さい。 中学生男子というものは、同級生からの告白を嫌がりますか? 簡単な回答でも宜しくお願いします。 それを踏まえて頂きたいです。 辛辣なお言葉も覚悟して受け止めたいと思います) 中学生男子は告白されて嬉しい? 中学2年になった女子です。 以前からお世話になり、今回も宜しくお願いします。 私は中1の5月から好きな男子がいます。 告白できずにクラス替えで違うクラスになり、よく話はするけれど同じクラスだった頃に比べると会話数は極端に少なくなってしまいました。 単刀直入に言うと、告白をしたいです。 相手にOKを出してもらえるか振られるかなんて今は問題じゃなくて、中学生の男子というのは女子から告白されたら嫌なのでしょうか。 迷惑なら告白をやめ、自分の中から彼が消える... A ベストアンサー なんだか初々しいですね。 申し遅れましたが、僕は男子校なのにもかかわらず何故か女の子(「女子」っていう呼び方懐かしいね)に耐性のある高3男子です。 僕自身告白されたことはありますが、やっぱり「誰かに想ってもらえている」って実感できて嬉しかったですよ。 迷惑だなんて感じる子はまずいないでしょうね。 確かに中学生くらいの年齢の男の子だと、どうしても恥ずかしがってそっけない態度をとってしまいがち。 ひょっとするとその後何日かは若干気まずくなるかもしれない。 それでも、彼は間違いなく貴女のことを意識し始めるでしょう。 容姿に関してですが、やはり悲しいかな、中学生くらいだとそれだけで告白を断るか否かの判断材料になってしまうことも少なくありません。 ですがもし彼が賢い男であれば、いくら年齢が年齢でも貴女の中身に関心の一切を向けないということはないと思います。 あくまで男子は、外見を重視する「傾向にある」というだけ。 でなければ背丈がせいぜい170と少しのおチビさんの僕が何人にも片思いされている説明がつかなくなってしまいます(笑)。 ただひとつ、怖がらせてしまうかもしれませんが、僕の体験談をひとつ。 昔(といっても「小学校低学年」とかじゃないですよ)、僕のことを好きだったらしい友達同士の女の子2人がいたんですが、そのうちの1人が僕に告白したのをきっかけに2人の間がちょっと気まずくなったそうです。 それに関しては、ちょっと罪悪感がありましたね……。 まあ、最後の話は「そういうリスクがないこともない」という程度に受け取ってください。 彼と両想いになれるといいですね。 ファイト!! 申し遅れましたが、僕は男子校なのにもかかわらず何故か女の子(「女子」っていう呼び方懐かしいね)に耐性のある高3男子です。 僕自身告白されたことはありますが、やっぱり「誰かに想ってもらえている」って実感できて嬉しかったですよ。 迷惑だなんて感じる子はまずいないでしょうね。 確かに中学生くらいの年齢の男の子だと、どうしても恥ずかしがってそっけない態度をとってしまいがち。 ひょっとするとその後何日かは若干気まずくなるかもしれない。 それでも、彼は間違いなく貴女の... Q 学校でモテる友達がいます。 顔は普通なのですが、なぜかすごくモテるのです。 クラスの男子の半分は彼女が好きだと言っています。 クラスには彼女より可愛い子がいますが一番モテるのはその子です。 その子にはもう彼氏がいるのですが、それでも好きな人がいるのです。 その子はいい子ですがちょっと自己中なところもあります。 騒がしいですし男子とも特に仲良くないです。 顔が普通で男子とも仲良くないのにモテる彼女に嫉妬してしまいます。 わたしが少し気になる男子も彼女の事を好きだったそうです。 (今は違うと言ってた) わたしはたまにその子の悪口を友達と言います。 あんま可愛くないのにね、彼氏はダサい、など。 その子のせいじゃないのはわかってるのですが・・ こんな気持ちになるのって醜いですか?普通ですか? A ベストアンサー #1です。 少しだけ追記します。 これは社会に出た時に役に立つので覚えておいた方がいいです。 女同士だったり同僚だったりで安心してべらべらしゃべっていると、それがどこからか漏れ出て印象を悪くする又は人間関係を悪化させてしまったりします。 何か迷惑や被害を受けているのなら別ですが、口に出して言う必要の無い事は極力他人に言うべきでは無いのです。 「誰にも言わないでね!」という事を墓まで持って言ってくれる人なんてそうそういないという事です。 あの人にしか言ってない事なのに…という事はよくある事です。 女子内の悪口や陰口のはずが男子の所まで抜けている事もある事なので「口は災いの元」とはよくできたことわざだと思います。 学生くらいだとモテる女子の特徴として、 異性だからと構えず普通にしゃべれる女子は異性としての対象と見られるかどうかは別として男子に囲まれやすいし、楽しそうによく笑う女子も一緒にいたら楽しそうだろうなと思わせる雰囲気を持っています。 笑顔のいい子はそんなに飛び抜けて可愛くなくても惹きつける魅力があるのでそういうのも影響が出ます。 魔法みたいな能力で魅了しているなんてことはなく、「モテる」のにはモテるなりの理由が絶対に存在するのでその子にも何か特徴的な所があるのでしょうね。 男子にちやほやされているのが気に入らないのもわかりますが、相手にしないどうでもいい連中から好意を持たれるのもそれはそれで羨ましい事ばかりではないと思いますよ。 好きな相手に好かれるのが理想でどうでもいい有象無象の男たちに好意を持たれても何も嬉しくないでしょう? 彼氏がいてそのうえで他の男子からも…というのが腹立たしいポイントなのはわかりますが…。 下品な話ですが、クラスの男子の半分がその子でシコってるんだと思えばそれはそれで悲しいですよ。 そのクラス半数の男子が自分を肴にシコっていると想像したら気持ち悪くて羨ましくないでしょう(笑) 男女問わず他人から好かれたいし嫌われたくないと思うでしょうが、そんなに大勢の異性から好意を持たれても嬉しい事ばかりとは限りませんよ。 「彼氏が欲しいな~」っていう願望がその「嫉妬」の元凶ではなかろうかと思う次第です。 失礼ながらyoyoyo2002さんに彼氏がいない事前提で書いてしまいましたが、プライベートが充実したらそのような事で羨ましくて妬む事なんて考えられないので…違いますか? 自分の嫌な感情に気づく繊細な心の持ち主であると思われるので、そういう部分を大切にして女子力を磨いて下さい! #1です。 少しだけ追記します。 これは社会に出た時に役に立つので覚えておいた方がいいです。 女同士だったり同僚だったりで安心してべらべらしゃべっていると、それがどこからか漏れ出て印象を悪くする又は人間関係を悪化させてしまったりします。 何か迷惑や被害を受けているのなら別ですが、口に出して言う必要の無い事は極力他人に言うべきでは無いのです。 「誰にも言わないでね!」という事を墓まで... Q 中二の女子です。 最近、男子からからかわれます。 うんことか、言ってきたり 貸したペンをわざと落とされたり・・。 ふざけて他にも言ってくるのですが まぁ、正直なところ、少しムカつくときも ありますが、嬉しいっていうのが本音です。 でも、私はいつも「うっせぇ」とか 「そんなわけないだろ(笑)」とか 突っ込んでるだけなのですが それが男子は面白いのですか? 私がこの前、よくからかってくる男子に わざと、相手の消しゴムを遠くに投げたら、何か相手は 黙ってました。 その子はとても面白い子で、いつも男子同士で ふざけてそういうことをやったりしていて 笑っているのに、私にやられたら、笑って いませんでした。 男子って、女子にからかわれると嫌なんですか? よくからかってくる男子の心理がよく わかりません。 突っ込んでくれるのが嬉しいのでしょうか? 男子にふざけてやり返すのはNGなんですか? からかう男子の心理についてお願いします。 A ベストアンサー 私も女(もういい歳)なんですが、例に漏れず男子にからかわれました。 今、幼稚園児がうちにいるので、小さい子のやりとりを眺めていて 男の子の心理が分かって来ました。 男の子も女の子も、異性と話してみたい、仲良くなりたいという 気持ちはあるんです。 ただ、女の子は話し掛けられない場合、遠くから見たり 女の子同士で噂したり、遠まわしに近づきます。 男の子は、なんでもいいからとにかく接触しようとするんですね。 バカとかアホとか言ってからかう。 たぶん、照れがあるから攻撃的になるんだと思います。 この性質は、実はオジサンになっても見られます。 職場における無神経なセクハラ発言や、コミュニケーションベタな お父さんの説教などですね。 ひとことで言うと、不器用なんだと思います。 ケシゴムを遠くに投げられて黙ったのは、 拒絶されたように感じた(こっちに来るなという意味に受け取った)か、 とっさのことでリアクションできなかったんじゃないでしょうか。 男の子というのは、バカにしてくるわりには傷つきやすいです。 不意打ちに弱いんだと思います。 でもこういう事を言うとせっかくのコミュニケーションが切れるので、 「も~やめてよ~」とノってあげるのが一番だと思います。 私も女(もういい歳)なんですが、例に漏れず男子にからかわれました。 今、幼稚園児がうちにいるので、小さい子のやりとりを眺めていて 男の子の心理が分かって来ました。 男の子も女の子も、異性と話してみたい、仲良くなりたいという 気持ちはあるんです。 ただ、女の子は話し掛けられない場合、遠くから見たり 女の子同士で噂したり、遠まわしに近づきます。 男の子は、なんでもいいからとにかく接触しようとするんですね。 バカとかアホとか言ってからかう。 たぶん、照れがあるから... Q 私が中学三年生のときの話なのですが、クラスメイトの男の子のA君に四月の新学期いきなり教室で「お前なんか大嫌いなんだよ」と大声で叫ばれて、びっくりしました。 それまでA君とは同じクラスになったことはなく、しゃべったことすらありませんでした。 なんで嫌われてしまったのか分からず、悩んでしまった時期もあったのですが、それならそれでもういいや、世の中いい人もいれば悪い人もいるっていう風に割り切って、私の中で彼は口を利きたくない人に変わって行きました。 一学期が終わり、二学期が始まったとたんA君の態度に変化が現れました。 休み時間のたびにちょっかいを出すようになりました 頭をはたく A君は私の中ではすでに嫌悪の対象と化していたので本当にイヤでした。 その頃から友人に「A君ってあんたのこと好きなんじゃないの」と言われるようになり、「冗談じゃない」と思っていました。 三学期、バレンタインデー。 A君は休み時間私の席にずかずかやってきて「お前、俺に何かすることがあるだろう!?」と言われ、「別にないです」と答えました。 そのあと卒業してしまい、A君と私は違う高校だったのでそれっきりでした。 告白を受けたわけでもないので、A君の本当の気持ちなどわかりませんが、バレンタインデーのチョコの催促からして、私から貰いたかったのかな?とは思いますが、彼の心理が分かりません。 女の子にあそこまでの嫌がらせをすれば嫌われるのは当たり前なのになんであんなことをしたのでしょうか。 もし私が男の子だったら・・・と仮定してみても好きな人に優しくすることはできても意地悪なんてできません。 ちょっとからかってしまう位なら理解できますが、いじめてしまうって何故なのでしょう。 A君はルックスは悪くなかったので優しくされていたら私は虜になっていたと思います。 A君の心理を代弁できる方、いらっしゃいましたら教えてください。 私が中学三年生のときの話なのですが、クラスメイトの男の子のA君に四月の新学期いきなり教室で「お前なんか大嫌いなんだよ」と大声で叫ばれて、びっくりしました。 それまでA君とは同じクラスになったことはなく、しゃべったことすらありませんでした。 なんで嫌われてしまったのか分からず、悩んでしまった時期もあったのですが、それならそれでもういいや、世の中いい人もいれば悪い人もいるっていう風に割り切って、私の中で彼は口を利きたくない人に変わって行きました。 一学期が終わり、二学期が始まっ... A ベストアンサー 当時は中学生ということで思春期真っ盛りだったのではと思います。 そういった中で出た発言のような気がします。 >「お前なんか大嫌いなんだよ」 は心の裏返しのような気がします。 もしあなただったらば本当に嫌いな人にそのようなことを言いますか。 何も言わず、接点も持たないのではないかと思います。 (A君にとってのかっこ良さのアピールと思っていたかもしれません。 ただし私に言わせれば素直さが足りないとしか思えない発言ですが。 ) 二学期になってA君が失敗したことに気づき、 それでも素直に謝れなかったことから 休み時間のたびにちょっかいを出すようになったのではないかと思います。 要はあなたの気がひきたかったということでしょう。 結局彼は勘違いしたまま中学校をお互いに卒業し、 接点がなくなったということだと思います。 少なくとも中学時代の彼に関しては自己の思い込みだけで突っ走り、 あなたの心情を理解していなかったことは確かだと思います。 中学生時代は男はガキの考え方をし、 女性は大人びた考え方をするという典型的な形と思います。 当時は中学生ということで思春期真っ盛りだったのではと思います。 そういった中で出た発言のような気がします。 >「お前なんか大嫌いなんだよ」 は心の裏返しのような気がします。 もしあなただったらば本当に嫌いな人にそのようなことを言いますか。 何も言わず、接点も持たないのではないかと思います。 (A君にとってのかっこ良さのアピールと思っていたかもしれません。 ただし私に言わせれば素直さが足りないとしか思えない発言ですが。 ) 二学期になってA君が失敗したことに気づき、 それ... A ベストアンサー 今は大学生ですが、私も中学時代は学級委員で常に成績は一番を維持していましたね。 井の中の蛙でしたが(笑) なので-ribbon-さんの気持ち、分かる気がします。 結論からいうと、中学生くらいの男の子って、自分より頭が良い人とか、あまりに美人過ぎる人とかって 手を出しにくいんじゃないかと思います。 実は好きだったり、気になったりしていても声をかけにくいのかもしれないですよ! でも、高校に進学すると、自分と同じようなレベルの偏差値の子が集まってくるので、話しの内容も合うし、 訳隔てなく男女が話せるようになります。 ただ、「頭が良い」のと「高飛車」なのは違います。 頭が良いからといって難しいことを言ったり、 相手が分からないことを「そんなことも分からないの?」という態度をとったりすると、男子からは 嫌われちゃうよね。 なので頭の良さを隠して、ときにはボケ役になって冗談を言えるくらいが一番可愛らしいかな^^.

次の