海の幽霊 歌詞。 「海の幽霊」の楽譜一覧

海の幽霊 のMVと分析(音域、歌詞、テンポ等)

海の幽霊 歌詞

曲中では「大切なことは言葉にならない」というラインを含んだ歌詞をつづり、映画のキャッチコピーである「一番大切な約束は、言葉では交わさない」にも通づる世界観を表現しています。 そんな楽曲です。 「海の幽霊」のジャケットイラストは、原作者である、五十嵐大介さんが描き下ろしたとのこと。 今までのジャケットはすべて米津玄師さん本人が書き下ろしたイラストになっていましたが、「海の幽霊」だけは初めて依頼したそうです。 このイラストを見ただけでも、壮大かつ繊細な世界観を感じることができます。 何とも神秘的で、楽曲に引き込まれていきそうです。 他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年・「海」と「空」に出会う海洋ファンタジーとなっています。 海で起きるほとんどのことは、誰にも気づかれない。 kaijunokodomo. この原作に、10代の頃から「海獣の子供」の原作に惚れ込んでいたという米津玄師さん。 それだけに、思い入れのある作品なんですね。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 長編アニメーション映画を担当するのは2013年公開のスタジオジブリ制作『かぐや姫の物語』以来なんだそうです。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! ここからは「 海の幽霊」の歌詞について解釈&考察をしていきたいと思います。 今回の楽曲は、あくまで「海獣の子供」の主題歌として米津玄師さんが書き下ろしたものなので、歌詞は原作のストーリーに沿っています。 私も実際に原作を読みましたが、なかなかここで全てを詳細に表現できるものではないかもしれません。 なので、断片的にシーン解説という感じになりますが、一部で「海獣の子供」のネタバレを含む場合があります。 原作をまだ読んでいないという方は、ご注意ください。 【初めに・・。 】 この曲は、「海獣の子供」の主人公である少女、 瑠花 るか の追憶であるということを前提に解説していきます。 ジュゴンに育てられた不思議な少年、 海 うみ は 「ある言い伝え」を瑠花に教え、それを試してみよう。 と言います。 海:「 幽霊は椅子に座りたがっているんだって..。 」 どこかの島では、先祖の霊が帰ってくる日に椅子を置き、先祖たちは、帰ってきた証拠にその椅子に何かを置いていくという..。 それとはまた別の国では、、、。 海:「 部屋に幽霊がいるかどうか、確かめるのに椅子を使うって..。 」 誰もいない部屋の真ん中に椅子を置いて、部屋を閉めきる…。 次に見たときに、椅子に変化があったら、そこには幽霊がいるという..。 この方法は、人間と幽霊をつなぐ一つの方法なのです。 このことが元になり、次の歌詞に繋がります。 きっと、光になって消えてしまった、空 ソラ のことを言っているのでしょう。 そして、時間の経過を感じさせる歌詞でもあります。 あの日から、いくつかの時がすぎ、「あなたに話したいことがたくさんありすぎて…」何から話していいのかわからない。 サビに入った瞬間、 まるで大海に飲み込まれるような壮大さを感じます。 星が降る夜に出会った不思議な少年。 」のことを表現していて、原作ではいくつかのシーンでそれが描かれています。。 というシーン。 「海獣の子供」の中で神秘的な体験をするとき「まるで星空のよう・・」というのはひとつのキーポイントになっているようです。 原作を読むともっと理解できると思います。 そして、「 本当に伝えたい感情や想いというのは言葉にならない…」ということ。 この曲の歌詞の中で最も神秘的で、深い表現ですよね。 そして、サビ最後の「思いがけず光るのは・・・」の部分。 この感情はどうやって言葉にしていいか解りませんが…。 懐かしいような、切ないような、夏の季節らしい独特の感情がそこにはあります。 梢 こずえ というのは、木の幹や先端の方を表現した言葉。 夏の木々は青々と茂って、鮮やかな緑ですね。 それが潮風に吹かれて、船を見送っているように表現されているシーンなのかもしれません。 ちなみに、MV中にも出てきますが、やはりヒマワリは夏を代表する花ですよね。 ひまわりは常に太陽に向かって咲きますから、夕焼け時、海に沈む太陽を向くヒマワリが船を見送っているように見えたのかもしれません。 風が吹くと、そしてそれらが擦れあって音を出し、それを歌のように表しています。 鮮明に残った思い出や記憶というのは、まるでそこに存在しているかのように感じさせる時がります。 そしてもう一つ鮮明に残った体温の想い出。 原作でも出てきますが、ジュゴンに育てられた少年、海 ウミ と空 ソラ は常に水で体を濡らさないと、火傷したように皮膚が熱くなってしまいます。 そんな彼の頬に触れた思い出。 それを思い出している部分かもしれません。 ここでは、音と温度という二つの感覚で、思い出を表現していますね。 そして、ねじれた道とは、海中の流れを表現していると思います。 MVでは2:58のシーンで海の生き物たちがが渦巻いて作った海の流れの先に、少年がいて、吸い込まれそうなほどの瞳でこちらを見ています。 同時に、開く「瞼 まぶた 」には不思議な世界への入口という比喩も含まれているようです。 そして、この後、間奏にはいり、ラスサビへ行くのですが、ぜひ注目して欲しい部分があります。 この動画のようにはっきりと聴き取れる音ではありませんが、それをイメージした音が含まれていて、まるで深海に潜っているような感覚にさせてくれます。 そして、そんな癒しから、また壮大なサビへと波が押し寄せるように一瞬にして包み込みます。 形として存在していなくても、未だにあの時の体験は心を高揚させるのでしょう。 だけど、あの時よりも「今は幸せ」胸を張ってと言える。 また、1番では「夏の日に起きたすべて.. 」という、 言葉に出来ない奇跡のような体験を表現していました。 ですが、2番では 「跳ねる光に溶かして」と、 言葉にならない想いを伝える手段として、表現している歌詞です。 命の光に、想いを溶かす…という何とも幻想的な表現ですよね。 そして、主人公である瑠花 るか の心情の変化も感じられるシーンです。 懐かしんでいるけども、決して後ろ向きではない、ポジティブな感情がそこにあります。 それと同時に「二度と会えることはない」と解っているからこその、「また会いましょう。 」なのですよね。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 毎回そうですが、米津玄師さんは、考えさせる音楽を創作しますね。 とても深い歌詞と感情を揺さぶる音楽で、聴き手の過去の記憶や感情に語りかけてきます。 曲だけでも、ものすごく感動しますが、原作に触れ、さらに映画を見ることで、その感性は何倍にも広がると思いますので、ぜひ原作と併せて曲に触れてみてください。

次の

海の幽霊 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

海の幽霊 歌詞

曲の流れについて サビがどこで来るのだろう?と思いながら、曲を聴く人はとても多いですよね。 サビにより、その曲の良さを強く感じる時も。 逆に、サビによりあまり曲に興味が持てない…と思う人もいるでしょう。 でもこの『海の幽霊』は、サビの入り方がとても珍しく、そして思い切り引き込まれていくものなのです。 少し油断をしていた自分を知るような、異世界に連れて行ってくれるようなサビの部分でしょう。 曲は海の中のように浮遊感があります。 揺らめいた感覚で聴いている中、まるで深海にいるように感じる人もいるのではないでしょうか。 この中で、突然のサビの部分。 更にこの曲の世界に深く入っていけるのです。 海は、あなたにとって、どのような存在でしょうか。 この曲を聴くと、海の怖さを感じたという人もいます。 逆に包容力を感じる人も。 様々な感覚を与えてくれるのが、米津玄師『海の幽霊』なのです。 なぜ「幽霊」なの? では大切な人と出会えたのに、なぜ幽霊と呼ぶのでしょうか。 それは、もう会えない相手に対して「あの人は幽霊だった」と自分の中で思いたい、主人公の気持ちなのかもしれません。 そう思えば納得がいって、整理ができるように思うからです。 もしそう思わなければ、前に進めないと思うために、いつか出会えると信じながらも、今はこう思いたい気持ちがあるのです。 でもタイトルに「幽霊」とつくからこそ、この曲が更にミステリアスで不思議なものに感じますよね。 米津玄師の世界観について 米津玄師の曲は、純粋でとても深いものばかりです。 でも押し付けるようなことはなく、多くの色を使い仕上げている中、よかったら見てみない?というように、教えてくれるもの。 だからこそ、聴いていて違和感がなくスッと心に入ってくるのでしょう。

次の

【米津玄師】海の幽霊の発売日はいつ?歌詞と意味について

海の幽霊 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の