阪神 大震災 死者 数。 阪神淡路大震災の死者数や死因~震度や震源地・前震や余震など総まとめ

震災による死者

阪神 大震災 死者 数

教訓情報資料集• 第1期・初動対応(初動72時間を中心として)• 1-01. 被害発生• 【02】人的被害• 震災による死者は6,434人に及び、高齢者、低所得者、外国人などが多く犠牲になったとされている。 01 震災による死者数は、災害発生後の疾病による死者(後述の「震災関連死」)を含め、6,434人にのぼった。 02 年齢別では高齢者の死亡数が多く、死亡率としても80歳以上の死亡率が高くなっているが、一方で20歳代の死亡率の高さも指摘された。 03 犠牲者のほとんどは自宅における死亡であり、戦前の木造住宅が比較的多く残存していた地域での死者が多かったとされる。 04 外国人の死亡率は、日本人の死亡例と比較して高かった。 05 こうした死亡率の違いについては、死因等に関するより詳細な分析を通じて、今後の防災対策へ反映していくことの必要性が指摘されている。 死者のほとんどは圧迫死による即死状態だったが、一部には火災等、他の原因による死者も報告されている。 01 震災による死亡者の9割以上は死亡推定時刻が当日6時までとなっており、ほとんどが即死状態だったとされている。 02 死因のほとんどは、家屋の倒壊や家具などの転倒による圧迫死だった。 03 火災、精神的ショック、閉じ込めによる死者や、病院で人工呼吸中の患者が停電による酸素供給停止による死亡例も報告されている。 04 火災が発生した地域では焼死者が多いとの指摘がある一方で、火災による死者とされている中には、死後に火災に巻き込まれて遺体が焼失したものも含まれているため、実際の焼死者数はより少ないとの指摘がある。 05 淡路島洲本市では、都市ガスの埋設管からのガス漏れによる一酸化炭素中毒で一家4人が死亡した。 震災による負傷者は約43,800人にのぼり、その多くは家具などの転倒、家屋の倒壊、落下物などによるものだった。 01 震災による負傷者は、重傷約8,800人、軽傷約35,000人の計43,800人にのぼった。 02 負傷原因に関する詳細なデータは多くないが、数少ないデータによると、その多くは家具等の転倒、家屋の倒壊、落下物などによるものとされている。 03 実際の負傷者数は、把握されている数字をはるかに上回るとされている。 震災直後の救出活動は「生存者優先」とせざるを得ない場合も少なくなかった。 時間経過につれ、救出時の生存率は低下した。 01 数多くの人が生き埋めになっている状況下では、生存可能性の高い人を優先して救出する必要があった。 02 神戸市消防局と自衛隊による救出時の生存率は初日の約75%が3日目には15%程度となるなど、時間を追うごとに救出時の生存率は低下した。 震災に伴う過労や環境悪化等による病死などの二次的犠牲者も多く発生したが、これらの内科的死因に基づく死亡も「震災関連死」として認められた。 01 震災に伴う過労、病死など、二次的・内科的原因による死者などが「震災関連死」として認められ、災害弔慰金の支給対象となった。 02 「震災関連死」として認定された死者数は約900人にのぼったが、死亡統計の解析などからはさらに多い可能性も指摘されている。 03 「震災関連死」の認定基準が明確でなかったため、神戸、尼崎、西宮など6市では認定のための委員会等が設置され、医師・弁護士などによる判定が行われた。 04 災害関連死の多くは心疾患・肺炎であり、高齢者が多かった。

次の

神田うのが阪神淡路大震災の死者数で賭け…

阪神 大震災 死者 数

熊本の地震が阪神大震災に比べて圧倒的に死者が少ないのはなぜですか? 地震自体はマグニチュード、深さ、震度をくらべてもほぼ同程度の地震だと思いますが、なぜこんなにも死者が違うのですか ? 阪神大震災で主に死者がでた原因は、建物倒壊、火事、人口の多さ、関西に地震はこないという思い込みだと思いますが、建物は確かに阪神大震災の教訓から耐震性が見直されすごく向上していると思います。 ただ火事に関しては朝5時と夜の10時ならむしろ今回の地震のほうが火を使ってるところは多いと思います。 人口密度に関しては調べたわけではないですが、熊本でも神戸の半分から1/3程度はらあるのではないかとおもいます。 地震がこないという思い込みは九州も結構強いのではないかと思います ちがったらすいません。 死者が少なかったことは大変うれしいことなのですがなぜここまで死者が違うのか不思議でなりません。 今回の地震で亡くなられた方には心から哀悼の意を表すとともに、九州地方の復興が少しでもはやくできるよう願っております。 >死者が少なかったことは大変うれしいこと 簡単にいえばそういうことで、生きてさえいればこの先に希望があります。 気に入ったから、回答する。 ・・・ 熊本・大分で大きな余震(次にまた本震とやらが来るかもしれないけれど)が長びき、さらに地盤が弱い傾斜地だと、雨による表層土砂崩れが広範囲で起こりかねない今、自治体が早めに避難勧告や指示を出し、住民の方が対処されています。 自衛隊は要請前から現場状況の把握に努め、政府の対応も早く自衛隊出動となり、生存率が高い3日以内救出に努めました。 これには、自衛隊を憲法違反とする野党の皆さんもとりあえずは口を閉じているようですね。 阪神震災の時は、村山政権や知事・地元民らが自衛隊出動をさせず、無駄に時間を費やしました。 これが被害が拡大した第一の原因です。 (下のほうにリンク先を貼っておきます) >例えば阪神淡路大震災と全く同じ地震が全く同じ場所、同じ時間に起こったとしても についてですが、 あの朝、大きな地震の揺れで跳ね起きて、すぐテレビをつけたらNHK対応が早くて暗闇でところどころ明かり??が見える状態の画面で、なんだ、これ?と思ううちに、あちらこちらから火の手が上がり始めました。 狭い路地状態での建物倒壊は救助活動も避難経路も阻み、火災での多数の死傷者を出すことになります。 揺れによる倒壊画面を見たとき、1階部分がつぶれていますが、これは屋根瓦の重さに加えて・壁・梁構造の弱さも考えられます。 阪神で特に思ったのは、1階部分が駐車場スペースの建物が弱いということです。 しかし、現在も耐震が十分だという自信からか、はたまた、土地価格が高くて建物と別の車庫・駐車スペースを持てないからか、相変わらずの構造建物をよくみます。 火災についてですが、過去に経験をしてきた災害を振り返り、問題点をチェックして新たに所有する同じ土地に新築する場合、 延焼が起こりうる距離は"延焼限界距離"で、木造では12m超、防火造では6m超。 集団火災の場合は、これらに1. 5倍をかけた距離となり、防火木造建物が延焼被害を避けるには、隣棟との間隔が9m超が必要となります。 一般的に都会部分でのこの距離は、非常に難しいと思われますが、家の集団があっても、道路幅が広く取れていればそこで延焼がストップできます。 今回の地震区域は、都市部に比較すれば、比較的に隣家との距離が余裕があったことも延焼を阻めた要因かと思います。 なお、現地ではまだまだ揺れが続き、被災者の方も不安で上記のことどころではないと思われます。 Gw前後は、例年春の嵐が吹き荒れ、健康状態も懸念される中、行政の取り組みを邪魔するような市民団体などを現地入りさせないようにすることも大事かとも思われます。 参考までに) >17日 (抜粋) 05:46 地震発生 05:50 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ発進準備。 ・・・出動。 出動要請がないため訓練名目。 08:11 徳島教育航空郡所属偵察機、淡路島を偵察。 「被害甚大」と報告。 09:05 国土庁が県に派遣要請促す 10:10 兵庫県知事の名で派遣要請 実際には防災係長が要請。 知事は事後承諾 11:15 非常対策本部設置(本部長・国土庁長官の小沢潔) 12:00 新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。 18:00 補給艦「ゆら」が姫路港に入港。 緊急物資を積載し、神戸に向かう。 19:50 兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請 21:00 兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請 >18日 (抜粋) 09:46 初の緊急閣議 11:32 クリントン在日米軍支援申し入れ。 村山拒否。 毛布37000枚のみ輸送機で到着。 山口組幹部宅で物資分配。 実際に行ってみて思ったのですが、死者が少ないのは単に運がよかった んだと思う。 倒壊した建物の中から無事?に生還した人も多いから、後火事が少ないかな。 言い方が悪いかもしれないけど、大都市と比べると人口も少ないし大きな 建物が壊れた訳じゃなかったから少ない感じはするかもですね。 でも、今回の地震は範囲が広いからこれからじゃないかな・・・被害が どれだけ出てるのかわからないからねぇ。 益城町は正直。。。 ここは爆撃にあったのか?って思う感じがしました。 南阿蘇については、ひどいの一言でしたね。 死者が少ないから被害が少なかったと判断されると少し悲しいですね。 実際は生きてる人が多くて、倒壊した建物が多い訳ですからそういう意味では 下手に生き残ってる分大変な事が起きそうな気はします。

次の

阪神淡路大震災 死者、行方不明者、負傷者数の推移

阪神 大震災 死者 数

阪神・淡路大震災の死者にかかる調査について(平成17年12月22日記者発表) 1 調査概要について 1 調査目的 当該調査は、震災10周年を契機に、特に疑義が生じていた死者数について、死者の氏名・性別・生年月日等を収集して二重計上を排除する 方法により検証作業を行い、併せて、死因や死亡時年齢等の各種統計データを取りまとめ、今後の防災体制の充実・強化に資する基礎資料と する。 2 調査方法 本調査は、旧被災12市4町 13市 を対象として実施した。 3 調査項目(10項目) ・氏名 ・性別 ・生年月日 ・被災住所地 ・主たる居住地 ・死亡日 ・死亡時年齢 ・直接死、関連死の区別 ・死因 ・国籍 4 調査期間 ・ 期 間 :平成16年9月22日~平成17年 3月31日 ・ 分析・集計期間:平成17年4月 1日~平成17年11月30日 5 調査結果の概要 1 死者数:6,402人 男性 2,713人、女性 3,680人、不明 9人 (注)不明9人は、神戸市において被災した身元不明者である。 2 死亡時年齢:・平均死亡時年齢58.6歳 ・65歳以上の割合 49.6% ・年代別死者の順位 1 70歳代 1,268人 2 60歳代 1,217人 3 80歳代 1. 074人 3 死因 直接死 5,483人 に占める主な死因の内訳 : 1 窒息・圧死 72. 57%(3,979人 2 外傷性ショック 7. 75%( 425人) 3 焼死 7. 35%( 403人) 4 直接死・関連死 県内6,402人 :直接死 5,483人 85. 65% 、関連死 919人 14. 35% 【参考】これまでの死者数の考え方について (1)死者数 ・現在、消防庁の公表している死者数は、6,401人 県外を含めると6,433人 であり、直接死及び関連死の総数である。 但し、直接死及び関連死 の内訳は、公表していない。 また、自殺者は含まれていない。 (2)考え方 ・災害による人的被害については、被災地で計上する 被災地主義 のが災害報告の原則である。 ・関連死については、震災と相当な因果関係があると災害弔慰金判定委員会 市町で設置 等において認定された死者 例:震災によるストレスが原因で死亡 である。 阪神・淡路大震災で初めて認められた概念である。 2 調査結果について 1 死者数 1 二重計上によるものとして、神戸市において計2人の重複計上が判明した。 【原因】同一の犠牲者について、直接死と関連死でそれぞれ異なるデータで登録されていたため、二重計上をチェックできなかったことによる。 2 計上漏れによるものとして、次の3人の震災死者について、被災地で計上されていないことが判明した。 【原因】〈1〉明石市民で、同市内において被災し、搬送先の神戸市内の病院で死亡した1人が明石市で計上されていなかった。 〈2〉明石市民で、神戸市内において被災し、死亡した2人が神戸市に計上されていなかった。 3 その結果、震災による兵庫県の死者数は6,401人から6,402人となる。 死亡年月日 死者数 1995年1月17日 4,978 77. 76 1月18日 197 3. 08 1月19日 50 0. 78 1月20日 48 0. 75 1月21日 34 0. 53 1月22日 35 0. 55 1月23日 39 0. 61 1月24日 23 0. 36 1月25日 25 0. 39 1月26日 35 0. 55 1月27日 30 0. 47 1月28日 30 0. 47 1月29日 19 0. 30 1月30日 23 0. 36 1月31日 12 0. 19 2月1日以降 583 9. 11 不明 241 3. 76 合計 6,402 100. 00 4 死亡時年齢【単位:人、 % 】 死亡時年齢 男性 女性 合計 0歳~4歳 67 55 122 1. 91 5歳~9歳 64 66 130 2. 03 10歳~14歳 66 79 145 2. 26 15歳~19歳 70 102 172 2. 69 20歳~24歳 151 148 299 4. 67 25歳~29歳 81 92 173 2. 70 30歳~34歳 60 85 145 2. 26 35歳~39歳 62 57 119 1. 86 40歳~44歳 97 109 206 3. 22 45歳~49歳 118 162 280 4. 37 50歳~54歳 173 236 409 6. 39 55歳~59歳 212 249 461 7. 20 60歳~64歳 261 299 560 8. 75 65歳~69歳 272 385 657 10. 26 70歳~74歳 266 411 677 10. 57 75歳~79歳 222 369 591 9. 23 80歳~84歳 264 413 677 10. 57 85歳~89歳 155 242 397 6. 20 90歳~94歳 39 100 139 2. 17 95歳~99歳 9 19 28 0. 44 100歳~ 4 2 6 0. 09 性別及び死亡時年齢不明 9 0. 14 合計 2,713 3,680 6,402 100. 00 5 直接死・関連死 【単位:人、 % 】.

次の