リンベル e カード。 リンベルeカード 2000ポイント

【楽天市場】リンべル カタログギフト 3300円コース ビーハイブ+e

リンベル e カード

リンベルeカードというカードを貰ったので換金することも考えたのですが、ヤフオクやメルカリで価格を見てみたら60%くらいの値段で出品されていました。 金券ショップだともし買い取ってくれてもオークションよりも安いと思うので少し損な気がして、結局リンベルの通販サイトで使うことにしました。 リンベルeカードの使い方 リンベルeカードの使い方は、リンベルのショッピングサイトでお買い物をする時に、カードの裏面にあるカード番号とPIN番号を決済画面で入力するだけで簡単に使えました。 基本的にリンベルのショッピングサイト内でリンベルeカードで買えないものはないのですが、スマートギフトとバリューチョイスという2つの商品券が選べるタイプのカタログギフトのみ購入できません。 ピエール・エルメ・パリ マカロン詰合せ ピエールエルメのマカロンは口コミでも美味しいと評判のお菓子です。 リンベルのショッピングサイトには、ほかにもいろんな有名人気ブランドのお菓子があり、お菓子系はかなり充実しています。 ラフィネのギフト券 リンベルeカードは食事券やエステ・スパ、宿泊券とも交換できますが、その中でも特にラフィネは全国にあるのでプレゼントとしてはもちろん、自分用にもおすすめです。 内容はボディケア30分、リフレクソロジー20分の合計50分です。 カタログギフト リンベルeカードはカタログギフトと商品交換することもできます。 リンベルのショッピングサイトには無くてもカタログギフトに載っている商品もありますし、もし有効期限が近いリンベルeカードがあればとりあえずカタログギフトに交換しておくのもおすすめです。 カタログギフトは何種類もありますが、内容はインターネット上の電子カタログで見ることができます。 お菓子やお肉などのグルメやギフト券、カタログギフトなど色々あるのでお気に入りの商品を探してみてくださいね。

次の

カタログギフト、品質で選ぶならRINGBELL

リンベル e カード

リンベルのショッピングサイトでリンベルeカードを使う時に、 購入できないものが2つあります。 それが、 ・スマートギフト ・バリューチョイス というカタログギフトです。 この2つの共通点は、JCBやVJA、UCなどの「商品券」に交換ができることです。 商品券に交換できるカタログギフトは、リンベルeカードで購入できません。 スマートギフトとは スマートギフトとは、ポイント式のカタログギフトのようなものです。 通常のカタログギフトは、貰ったら1冊のカタログギフトの中から商品を選んで申し込みます。 リンベルのスマートギフトの場合は、「ギフトポイント」という形になっていて、 商品は冊子からではなくネットの専用サイトから選ぶことが出来ます。 冊子のタイプと違って載せる商品数の制限もないので、1万点以上の商品から選ぶことができます。 また、冊子タイプのカタログギフトは1冊のカタログギフトにつき商品1つが申し込めますが、 スマートギフトのポイントは合算したり、一度のお買い物で使い切らなければ 残りは次回のお買い物に繰り越したりできます。 スマートギフトはJCBやVJA、UC、びゅう商品券などの「商品券」と交換もできるので、リンベルeカードを使って購入することはできません。 バリューチョイスとは バリューチョイスは、通常の冊子から選ぶタイプのカタログギフトです。 こちらのカタログギフトもスマートギフトと同様に、商品券と交換ができるのでリンベルeカードを使って購入できません。 バリューチョイスとスマートギフト以外には利用可能 リンベルeカードは、上記の2種類のカタログギフト以外は全ての商品に利用可能です。 その他のカタログギフトはもちろん、食品のお取り寄せや宿泊券、温泉券、エステ券などにも使えます。 自分で使うものはもちろん、お中元やお歳暮を贈るのにも使えますよ。 食品のグルメカテゴリーではデメルのザッハトルテ、ピエールエルメパリのマカロンや、体験ギフトでは全国に店舗があるRaffine(ラフィネ)のマッサージ券なども取り扱いがありますよ。 また、リンベルのショッピングサイトで取り扱いがなく、リンベルのカタログギフトにだけ載っているブランド商品や食事券もあります。 電子カタログでカタログギフトの中身を見てみると、欲しいものが見つかるかもしれません。 リンベルeカードで食事券を購入しました 私は、リンベルeカードを使って帝国ホテルのランチブッフェの食事券を購入しました。 包装紙を取ってしまいましたが、箱の中にギフト券が入っています。 説明書と食事券が入っています。 あとは予約をしてホテルに行くだけです。 帝国ホテルのブッフェはネットでも予約できます。 しっかり包装してくれるので、プレゼントにも良いと思います。 リンベルeカードの注意点 リンベルeカードを使う時の注意点は以下の3つです。 1.クーポンおよびリンベルポイントの併用はできない リンベルのクーポンとeカードを両方持っていても、1回のお会計でどちらかひとつしか使えません。 また、ポイントもeカードと併用して使えません。 リンベルの公式ショップでお買い物すると、5%分のリンベルポイントが貯まります。 全額eカードを使ったお買い物でも、ちゃんとリンベルポイントが5%分貯まります。 例えば、3万円分リンベルeカードを使って商品を購入した場合には1,500円分のリンベルポイントがもらえます。 その後、そのリンベルの1,500ポイントを使ってお買い物するときに、eカードの残高がまだあったとしても、ポイントとeカードは併用して支払いに使うことはできません。 2.リンベルeカードを2枚持っていても、合算して1回のお買い物でつかうことは出来ない リンベルeカードを複数枚もっていたとしても、1回のお買い物で使えるのは1枚です。 例えば2千円のリンベルeカードを5枚持っていれば1万円分ですが、1万円分一度に使うことはできず、5回のお会計でそれぞれ2千円ずつ使用することになります。 3.リンベルeカードで足りない分の商品代金はクレジットカード払い リンベルeカードを使用する場合、併用できる支払方法はクレジットカード払いのみです。 eカードの残高を使い切ろうとすると、少し差額が出てしまうと思います。 リンベル公式サイトでの支払い方法は、 ・クレジットカード払い ・コンビニ払い ・リクルートかんたん支払い ・Yahoo! ウォレット ・楽天ペイ ・Amazon Pay があるのですが、eカードを使った場合の足りない分、差額はクレジットカードでの支払いになります。 コンビニ払いや楽天ペイ、リクルートかんたん支払い、ヤフーウォレット等は使用できません。 リンベルのショップ内での検索のしかた リンベルeカードは、リンベルの公式ショップ内で利用できます。 トップページには検索フォームがありません。 リンベルeカードを使うのに、お肉が欲しい!とか、明太子をお取り寄せしたい! と思っても、検索フォームがないので、簡単に検索が出来ません。 検索フォームを出すには、何か商品をクリックすると左のほうに出てきます。 「グッズ」の例で説明すると、 グッズのカテゴリーをクリックして、 適当にこの辺の商品をクリックすると、 検索フォームが出てきます。 そこに、「財布」とか、欲しい物を入れてみると検索できます。 リンベルの検索フォームはわかりずらいので改善してほしいところです。 ちなみに、リンベルは商品合計金額が2,500円(税抜)以上なら送料無料です。 リンベルeカードのポイントが少し残ってしまったり、あと少しで送料無料なら、少額のものを購入するのがお勧めです。 少額のものは、 グルメカテゴリーは ・クッキー グッズカテゴリーは ・スプーン ・ミニタオル ・入浴剤 等と検索すると、100円〜500円くらいのものが出てきますよ。 あとは、リンベルのショップ内には売っていなくて、カタログギフトに載っているものもあるので、 カタログギフトをクリックして電子カタログを見てみると、欲しい商品が見つかるかもしれません。

次の

リンベルeカード 2000ポイント

リンベル e カード

リンベルのショッピングサイトでリンベルeカードを使う時に、 購入できないものが2つあります。 それが、 ・スマートギフト ・バリューチョイス というカタログギフトです。 この2つの共通点は、JCBやVJA、UCなどの「商品券」に交換ができることです。 商品券に交換できるカタログギフトは、リンベルeカードで購入できません。 スマートギフトとは スマートギフトとは、ポイント式のカタログギフトのようなものです。 通常のカタログギフトは、貰ったら1冊のカタログギフトの中から商品を選んで申し込みます。 リンベルのスマートギフトの場合は、「ギフトポイント」という形になっていて、 商品は冊子からではなくネットの専用サイトから選ぶことが出来ます。 冊子のタイプと違って載せる商品数の制限もないので、1万点以上の商品から選ぶことができます。 また、冊子タイプのカタログギフトは1冊のカタログギフトにつき商品1つが申し込めますが、 スマートギフトのポイントは合算したり、一度のお買い物で使い切らなければ 残りは次回のお買い物に繰り越したりできます。 スマートギフトはJCBやVJA、UC、びゅう商品券などの「商品券」と交換もできるので、リンベルeカードを使って購入することはできません。 バリューチョイスとは バリューチョイスは、通常の冊子から選ぶタイプのカタログギフトです。 こちらのカタログギフトもスマートギフトと同様に、商品券と交換ができるのでリンベルeカードを使って購入できません。 バリューチョイスとスマートギフト以外には利用可能 リンベルeカードは、上記の2種類のカタログギフト以外は全ての商品に利用可能です。 その他のカタログギフトはもちろん、食品のお取り寄せや宿泊券、温泉券、エステ券などにも使えます。 自分で使うものはもちろん、お中元やお歳暮を贈るのにも使えますよ。 食品のグルメカテゴリーではデメルのザッハトルテ、ピエールエルメパリのマカロンや、体験ギフトでは全国に店舗があるRaffine(ラフィネ)のマッサージ券なども取り扱いがありますよ。 また、リンベルのショッピングサイトで取り扱いがなく、リンベルのカタログギフトにだけ載っているブランド商品や食事券もあります。 電子カタログでカタログギフトの中身を見てみると、欲しいものが見つかるかもしれません。 リンベルeカードで食事券を購入しました 私は、リンベルeカードを使って帝国ホテルのランチブッフェの食事券を購入しました。 包装紙を取ってしまいましたが、箱の中にギフト券が入っています。 説明書と食事券が入っています。 あとは予約をしてホテルに行くだけです。 帝国ホテルのブッフェはネットでも予約できます。 しっかり包装してくれるので、プレゼントにも良いと思います。 リンベルeカードの注意点 リンベルeカードを使う時の注意点は以下の3つです。 1.クーポンおよびリンベルポイントの併用はできない リンベルのクーポンとeカードを両方持っていても、1回のお会計でどちらかひとつしか使えません。 また、ポイントもeカードと併用して使えません。 リンベルの公式ショップでお買い物すると、5%分のリンベルポイントが貯まります。 全額eカードを使ったお買い物でも、ちゃんとリンベルポイントが5%分貯まります。 例えば、3万円分リンベルeカードを使って商品を購入した場合には1,500円分のリンベルポイントがもらえます。 その後、そのリンベルの1,500ポイントを使ってお買い物するときに、eカードの残高がまだあったとしても、ポイントとeカードは併用して支払いに使うことはできません。 2.リンベルeカードを2枚持っていても、合算して1回のお買い物でつかうことは出来ない リンベルeカードを複数枚もっていたとしても、1回のお買い物で使えるのは1枚です。 例えば2千円のリンベルeカードを5枚持っていれば1万円分ですが、1万円分一度に使うことはできず、5回のお会計でそれぞれ2千円ずつ使用することになります。 3.リンベルeカードで足りない分の商品代金はクレジットカード払い リンベルeカードを使用する場合、併用できる支払方法はクレジットカード払いのみです。 eカードの残高を使い切ろうとすると、少し差額が出てしまうと思います。 リンベル公式サイトでの支払い方法は、 ・クレジットカード払い ・コンビニ払い ・リクルートかんたん支払い ・Yahoo! ウォレット ・楽天ペイ ・Amazon Pay があるのですが、eカードを使った場合の足りない分、差額はクレジットカードでの支払いになります。 コンビニ払いや楽天ペイ、リクルートかんたん支払い、ヤフーウォレット等は使用できません。 リンベルのショップ内での検索のしかた リンベルeカードは、リンベルの公式ショップ内で利用できます。 トップページには検索フォームがありません。 リンベルeカードを使うのに、お肉が欲しい!とか、明太子をお取り寄せしたい! と思っても、検索フォームがないので、簡単に検索が出来ません。 検索フォームを出すには、何か商品をクリックすると左のほうに出てきます。 「グッズ」の例で説明すると、 グッズのカテゴリーをクリックして、 適当にこの辺の商品をクリックすると、 検索フォームが出てきます。 そこに、「財布」とか、欲しい物を入れてみると検索できます。 リンベルの検索フォームはわかりずらいので改善してほしいところです。 ちなみに、リンベルは商品合計金額が2,500円(税抜)以上なら送料無料です。 リンベルeカードのポイントが少し残ってしまったり、あと少しで送料無料なら、少額のものを購入するのがお勧めです。 少額のものは、 グルメカテゴリーは ・クッキー グッズカテゴリーは ・スプーン ・ミニタオル ・入浴剤 等と検索すると、100円〜500円くらいのものが出てきますよ。 あとは、リンベルのショップ内には売っていなくて、カタログギフトに載っているものもあるので、 カタログギフトをクリックして電子カタログを見てみると、欲しい商品が見つかるかもしれません。

次の