トリトン デッキ。 【クラロワ】バランス調整で強化「トリトンファルチェ入りスケラデッキ」

【クラロワ】デッキの組み方とコツ【クラッシュロワイヤル】

トリトン デッキ

ロイジャイトリトンデッキの3つの使い方のポイント 以下の3つのポイントを意識して戦ってみてください。 序盤はロイジャイを出さずに、高回転でオーブンを溜める(延命する)• トリトンの使い方を習得する• ユニットが溜まれば、ロイジャイを出す 序盤はロイジャイを出さずに、高回転でオーブンを溜める(延命する) ロイジャイトリトンデッキは、ロイジャイを序盤に出してしまい、防衛されカウンターで負けてしまうことがあります。 序盤は、オーブンを溜めて、アドバンテージを取りましょう。 オーブンの延命も大切です。 ローリングウッドやスケルトンなど、エリクサーを多く使っていいので、オーブンに攻撃が入らないようにしましょう。 ライトニングも、相手ユニットが溜まっていれば防衛に有効です。 (相手ユニットのエリクサーコストを覚えていれば、ライトニングを使ってもいいかわかる) オーブンを溜めながら、相手のデッキ把握をするとなお良いです。 目安として、オーブンが2つ溜まる・エリクサー2倍タイムまでロイジャイを出さないでおきましょう。 トリトンの使い方を習得する このデッキは「トリトンの使い方(活躍)」で勝負が決まります。 トリトンの使い方をまとめましたので、を見てマスターしましょう。 オーブン・ユニットが溜まれば、ロイジャイを出す オーブン・防衛ユニットが溜まれば、橋前ロイジャイを追加しましょう。 エリクサー2倍タイムになれば、ライトニングも攻撃で使えます。 ロイジャイを橋前に出して、防衛ユニット・施設にライトニングを使いましょう。 ライトニングを構えておくと、すぐに対応できます。 ライトニングを構えておきましょう さらに、上手になりたい人は… さらに、上手になりたい人は以下の点を参考にしてください。 陸ユニットで攻められて「危ない」と思ったら、トリトンをキングタワー前に出す 緊急回避の技ですが、陸ユニット(ゴーレムやメガナイト)でガンガン攻められて「危ない・負けた」と思ったときは、トリトンをキングタワーの前に出しましょう。 さらに、後衛ユニットに対して、ユニットを当てやすくなるので、処理も簡単になります。 危ない場面を作らないのが一番ですが、もしもの時のために覚えておきましょう。 トリトン対決は、ロイジャイに対するトリトンのターゲットとりをする 現在、クラチャレグラチャレと、トリトンが流行っています。 トリトンはロイジャイを逆サイドに引き寄せることができるので、なかなかダメージを与えることができません。 トリトンのターゲットをスケルトンやトリトンで取るようにしましょう。 逆サイドの川前(相手のトリトンの近く)に、ユニットを出すだけです。

次の

ロイジャイトリトンデッキの使い方のコツ・初心者向け3つのポイント(2019/09)

トリトン デッキ

こんにちは!つじもん です。 今回の記事では、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)の海外で有名なEDH/統率者のTierランキングをまとめます!! ちなみに元ネタの記事はこちら。 cEDH環境(competitive EDH=競技EDH)のランク付けです。 各ジェネラルのデッキリストも掲載されていたため、それぞれリンクを貼っています。 なるべくPrimer認定されてるものを優先) デッキの数がとてつもなく多いので、最上位に注目して紹介!! 同Tierランク内のジェネラルは、英語名の「アルファベット順」で掲載しています。 日本の流行と似てる部分が多いですが、そうではないジェネラルも少し混ざってて「ん?これそんなに強い?」ってなる奴もいて面白いです。 ぶっちゃけ、どのジェネラルも非常に強力なデッキに仕上がるため、このリストに載ってるクリーチャーは全員要注意です。 あなたの好きな(もしくは憎っくき)ジェネラルは、どのTierランクに評価されてるでしょうか?? 是非チェックしてみてくださいね!! パッと読むための目次• 4色構築で、多様なデッキタイプが存在するのも強みの1つ。 《等時の王笏》を使ったコントロールデッキから、 ハルクフラッシュを使ったコンボデッキまで、かなり研究の進んだデッキリストが多く存在しています。 また、最近の海外のオンラインcEDH大会では、BEST4の内3人がこの共闘ジェネラルを使ったプレイヤー達が入賞し、結果を残しているレベル。 頭一つ抜けている印象です。 デッキの完成度もかなり高く、これからもしばらくの間、最強ジェネラルとして君臨するでしょう!! 日本では《トレストの密偵長、エドリック》や《悟った達人、ナーセット》が最強と言われることが多いですが、どうやら変わりつつあるようです。 個人的な強ジェネラルの条件としては、以下のような感じ。 ドロー能力• ライブラリーサーチ• マナ加速• 無限コンボのパーツ これらの条件に加えて、青色もしくは緑色(欲を言えば両方)を含んでいればめちゃくちゃ強いです。 Tier2より下のジェネラルは下記リンクからご確認ください。 非常に強力なジェネラル達がまだまだランクインしています。 この記事に載ってるのは、氷山の一角に過ぎません。 Tier3でもジェネラルとしてはめちゃくちゃ強いやつもいます。 人気のジェネラルには、それぞれにDiscordを使った(英語の)コミュニティがあるので、興味がある方は調べてみるのも良いかも。 ただ、EDHの良いところは、そこまで強いジェネラルを無理して使わなくても十分楽しめるところ。 「Tierランク上位じゃないから、このジェネラル好きだけど使うのやめよう」ってなるのは勿体ないです。 カジュアルな環境であれば、好きなカードをジェネラルにするのがオススメです。 それが間違いなく1番楽しい。 で、「エルドレインの王権」で登場したジェネラルが高く評価されました。 《帰還した王、ケンリス》《フェイに呪われた王、コルヴォルド》辺りは、どう見ても強いので納得の采配。 「イコリア」では、《眷者の神童、キナン》がぶっ壊れレベルの強さを誇っています。 すぐに無限マナコンボが成立しやすく、シミックカラーなのもスキがありません。 他にも《常智のリエール》、《追跡する影、ウキーマ》&《無情な追跡者、カズル》の共闘ジェネラルも評価が高いようです。 個人的には、ゴジラ・シリーズのジェネラルなんかもめちゃくちゃ楽しそうなので、新しくデッキを組んでみたいなと思います。 リンク先の記事が新しく更新されたら、この記事も更新しようかなと思います!! それではまた次の記事でお会いしましょう!! おしまい。 数に限りがあるので、ご注文はお早めに!!.

次の

【MTG】海外のEDH/統率者デッキTierランキング。2020年、最も強いジェネラルは誰か?

トリトン デッキ

どうも、IGです。 今回はトリトンとバランス調整で強くなったファルチェを使った「スケラデッキ」を紹介します。 トリトンとファルチェの処理に慣れていないプレイヤーが多い今が、旬のデッキと言えるでしょう。 また、従来のスケラデッキよりも強力なので、今後も継続して使用することが可能です。 早速ですが、「トリトンファルチェ入りスケラデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。 ラヴァデッキ デッキ構成 ・スケルトンラッシュ このデッキの主な攻め手となる呪文。 カウンター時に発動すると非常に強力。 ・執行人ファルチェ バランス調整によって攻撃力が高くなったユニット。 後衛ユニットごとまとめて処理できる。 ・ベビードラゴン 攻防共に使える使い勝手の良い空ユニット。 ・ダークプリンス 小物系ユニットを処理できる地上受けユニット。 ・アイスゴーレム 地上ユニットに対する受けやスケルトンラッシュと合わせて出すと効果的な盾ユニット。 ・漁師トリトン 相手ユニットを誘導することができるユニット。 使い方によっては非常に強力。 ・ポイズン 相手の後衛ユニットを処理できる4コスト呪文。 ・トルネード 相手ユニットを誘導する3コスト呪文。 基本的な使い方 基本的にはカウンターからスケルトンラッシュを発動し、攻撃していくデッキです。 トリトンでユニットを誘導し、ファルチェやベビードラゴン、ダークプリンスなどの範囲攻撃ができるユニットで一掃するといった防衛を行うことができます。 トルネードも組み込んでいるので、従来のスケラデッキに比べてより防衛力が高くなりました。 攻撃を仕掛けていくのは得策ではないので、相手の動向に合わせて立ち回りましょう。 意識すべきポイント 堅実に防衛すればある程度の相手に対しては勝つことができますが、トロフィーが上がるにつれて、それだけでは勝てなくなります。 慎重なプレイスタイルの相手に対しては、ただ防衛していても埒が明かないので、相手ユニットをトリトンやトルネードで誘導して、範囲攻撃でまとめて処理し、エリクサーアドバンテージをとれるような防衛を行う必要があります。 そういった攻撃的な防衛をマスターすれば、面白いようにトロフィーが上がるでしょう。 まとめ 従来のスケラデッキより強力になりましたが、その分使い方が難しくなりました。 普段スケラデッキを使っているプレイヤーでも使い勝手が違うので、慣れるまで少し大変かもしれません。 しかし、練習する価値は十分にあるデッキと言えるので、慣れるまで練習してみてはいかがでしょうか。

次の