近鉄 特急 ひ の とり。 近鉄の新名阪特急「ひのとり」、わかっていること全詳細。車両、料金、時刻表など掲載!

近鉄特急『ひのとり』の【 時刻表・料金・予約方法・お得な割引 】

近鉄 特急 ひ の とり

近鉄特急といえばオレンジと紺色の「近鉄カラー」を思い出す人も多いかと思います。 約2年前まではこの色が主流となっており、「ビスタカー」をはじめ多くの特急に採用されてきました。 しかし、現在はスナックカーを除き従来の「近鉄カラー」だったものは全て新塗装化が施されました。 白色を主体としてオレンジの帯が入った塗装が今後の近鉄特急の主力になっていきます。 スナックカーは2020年度をもって特急列車の運用から離脱することが決まっており、2020年6月現在でも既に運用離脱・廃車となっている編成が出ていて、今後も継続してスナックカーの廃車が行われる予定です。 つまり、スナックカーの引退とともに従来の「近鉄カラー」は2020年で終了となり、約60年間の歴史に幕を閉じます。 近鉄としても一般のお客さんから「特急格差」と呼ばれるほど、設備面での格差が出ていて列車によってコンセントが設置されている車両と設置されていない車両が存在しています。 同一列車なのに前の編成と後ろの編成で車両の古さが異なることがしばしばあり、お客さんとしては「どうせ同じ料金なら、新しい・コンセントがついている車両に乗りたい」という心理があると思われます。 この辺りは近鉄も対策をしていて「近鉄アプリ」では特急券の購入時に「コンセントの有無」や「2階建て席」などを選択できるようになっており、オンライン上で車種がある程度分かるようになっています。 近鉄12200系スナックカーは一般の乗客からは不評で、どれくらい不評だったかというと、特急券が無駄になっても乗車しなかった客がいたというエピソードが残っているくらいです。 近鉄としても塗装を変えることで、近鉄特急は新しい時代を迎え、サービスアップを図っていくという意味も利用客に伝えたいのではないでしょうか? 2020年でなくなってしまう「近鉄カラー」が見れるのも今年だけの魅力です。 是非今年までしか見れない「近鉄カラー」を見に旅行へ行ってみてはいかがでしょうか?.

次の

近畿日本鉄道|主な特急列車

近鉄 特急 ひ の とり

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の

近鉄の新名阪特急「ひのとり」、わかっていること全詳細。車両、料金、時刻表など掲載!

近鉄 特急 ひ の とり

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の