宝くじ 当選 番号。 東京2020協賛ジャンボミニ 第828回全国自治宝くじ 当選番号

近畿宝くじ 当選番号案内

宝くじ 当選 番号

ロト6 「 ロト6」は、1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。 1等の当せん金は、最高 2億円(理論値は、約1億円)。 キャリーオーバーが発生した場合の1等の当せん金は、これまで 4億円でしたが、2017年(平成29年)2月9日(木曜日)抽せん分(第1147回)より、なんと、なんと!、 6億円に増額されました!。 1等の当せん確率は、 1/6,096,454。 1年間に約100回抽選があるので、毎回1口買い続ければ、6万年に1回は当たる確率です!(汗)。 毎日購入可能で、抽せんは毎週 月曜日 と 木曜日 に行われます。 (年末年始を除く) LOTO7同様、こちらも抽せん会の模様は、抽せん日の午後6時45分から『』 サイトで中継されている「インターネット・ライブ配信」でご覧いただけます。 速報より抽せん結果を早く知りたい方は、こちらをご覧ください!。 ロト7 これまでの各数字の出現回数(グラフ) ロト6 数字の出現率は? 2000年(平成12年)10月5日の第1回抽せん以降、現在まで、これまで過去のロト6(LOTO6)の抽せんで出た当せん数字(本数字とボーナス数字)の出現回数を、数えて(カウントして)みました。 マイナスを無視して、正数値としてご認識下さい。 ボーナス数字の出現回数は、年別ではなく期間中の合算値です。 なお、ロト6の抽せんは、当初は週1回、毎週木曜日に行われていましたが、2011年4月4日からは、毎週月曜日と木曜日の週2回、抽せんが行われるようになっています。 これ以前は、過去の当せん番号一覧(、、)の各ページをご覧ください。 1等の当選金額は、原則1万円未満を切り捨てていますが、大きい場合には一部切り上げている回もあります。 過去の当せん番号一覧(2015年以前)•

次の

東京2020協賛ジャンボ宝くじ当選番号 第827回 抽選結果

宝くじ 当選 番号

以下は、大阪在住のユーザー様からの投稿写真です。 回避策がある。 実は特設は、複数の宝くじ売り場が共同で運営をしている。 地図上では ココにある。 「梅田1東」の標識を見上げて、 第4ビルの南側の隣が第3ビル。 角に「ハルヤマ」の衣料店がある。 あっという間に見えてきた。 大阪駅前第2ビルラッキーセンターを運営している会社はを開設している。 宝くじの宝友が運営するの直近の当選実績だ。 西銀座のワンポイント 1 毎ジャンボ宝くじで連続当選を果たしていた西銀座が、オータムジャンボ宝くじで外してしまった 1等コンプリート時代の当時では逆に驚異。 2015年オータムジャンボ宝くじ 第685回全国自治宝くじ 販売終了の時点での西銀座の売上予測は 16億円〜20億円。 1ユニット 30億円 を売り切ることができず、1等を逃してしまったと予想される。 前年 2014年 の売上予測は 15億円〜18億円だが1等を輩出。 この辺りは、売り場の抽選券入庫の運といえる。 ちなみに2015年のオータムジャンボ宝くじの売上は 387億円 天井が390億円 と現代では驚異のほぼ完売状態。 2016年 グリーン ドリーム サマー オータム 年末 西銀座 1等+前後賞 =6億円 1等+前後賞 =7億円 的中なし 的中なし 1等+前後賞 =10億円 2016年は3本で総額 23億円。 西銀座のワンポイント 2 前年のサマージャンボ宝くじで1等+前後賞7億円を 2本も輩出した西銀座が一転。 2016年サマージャンボ宝くじ 第696回全国自治宝くじ 販売終了の時点での西銀座の売上予測は 25億円〜28億円。 前年 2015年 もほぼ同じ売上予測だが、2016年は1等が網の目に入って逃してしまったと予測される。 ちなみに2016年のサマージャンボ宝くじの売上は 541億円 天井が690億円 と達成率78. 5%で、2014年から虚実に600億円を切るようになった。 2017年以降は、に掲載されている。 南海難波駅構内1階売場は以前から近畿では人気の売り場。 2018年以降1等を輩出していない中、近年では ある宝くじ売り場が代わって頭角を現している。 順位 売場名 当選本数 6位 3本 7位 名鉄観光名駅地下支店宝くじ売場 3本 直近高額当選: 10億円 みずほ銀行熊本支店。 10億円を皮切りに、翌年 10億円と 2年連続高額当選。 1等本数では 磯上チャンスセンターに1本劣るが、 総額20億円と総額では全国で6位のランクインに該当する。 モノレール羽田空港駅南口宝くじ売場は2015年年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ 10億円と2016年ドリームジャンボ宝くじ 第694回全国自治宝くじ 7億円以降は1等なし。 東名高速道路海老名 下り 宝くじ売場2015年ドリームジャンボ宝くじ 第678回全国自治宝くじ 7億円以降、直近の2019年年末ジャンボ宝くじ 第818回全国自治宝くじ 10億円と幅を利かせている。 順位 売場名 当選本数 11位 地下鉄京都チャンスセンター 2本 12位 横浜ダイヤモンドチャンスセンター 2本 13位 京葉交差点宝くじセンター 2本 直近高額当選: 7億円 京都の大御所宝くじ売り場 地下鉄京都チャンスセンターは、2015年年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ で 10億円以来の高額当選。 5億円の輩出で、過去5年間で 15億円の1等総額となる。 神奈川の大御所宝くじ売り場 横浜ダイヤモンドチャンスセンター。 2017年で 7億円、2018年で 7億円とやや1等的中間隔が空いている。 過去5年間で 14億円の1等総額。 順位 売場名 当選本数 14位 宝くじロトハウスJR千葉駅前 2本 15位 夢ステーションなんばウォーク東店 2本 16位 浅草橋東口駅前宝くじ売場 2本 直近高額当選:サマージャンボ宝くじ 第696回全国自治宝くじ 7億円 宝くじロトハウスJR千葉駅前と 夢ステーションなんばウォーク東店ともに、直近の高額当選が3年前の夏と間隔が空いている。 宝くじロトハウスJR千葉駅前の2017年サマージャンボ宝くじ 第723回全国自治宝くじ で 7億円の前が、2016年ドリームジャンボ宝くじ 第694回全国自治宝くじ の 7億円。 夢ステーションなんばウォーク東店の2017年サマージャンボ宝くじ 第723回全国自治宝くじ で 7億円の前が、2015年サマージャンボ宝くじ 第681回全国自治宝くじ の 7億円。 「秀じい」で有名な 浅草橋東口駅前宝くじ売場だが、まだサマージャンボ宝くじがそこそこ売れていた頃 天井が690億円、売上541億円 の2016年が最後の1等。 その前の1等が、2015年ドリームジャンボ宝くじ 第678回全国自治宝くじ の 7億円までさかのぼる。 無名だった 磯上チャンスセンターが売上低迷のジャンボ宝くじにあっても 1等を連発する中、 これら名店もやや過去の栄光になりつつある。

次の

速報ナビ|宝くじ当選番号案内 抽選結果発表 過去一覧表

宝くじ 当選 番号

以下は、大阪在住のユーザー様からの投稿写真です。 回避策がある。 実は特設は、複数の宝くじ売り場が共同で運営をしている。 地図上では ココにある。 「梅田1東」の標識を見上げて、 第4ビルの南側の隣が第3ビル。 角に「ハルヤマ」の衣料店がある。 あっという間に見えてきた。 大阪駅前第2ビルラッキーセンターを運営している会社はを開設している。 宝くじの宝友が運営するの直近の当選実績だ。 西銀座のワンポイント 1 毎ジャンボ宝くじで連続当選を果たしていた西銀座が、オータムジャンボ宝くじで外してしまった 1等コンプリート時代の当時では逆に驚異。 2015年オータムジャンボ宝くじ 第685回全国自治宝くじ 販売終了の時点での西銀座の売上予測は 16億円〜20億円。 1ユニット 30億円 を売り切ることができず、1等を逃してしまったと予想される。 前年 2014年 の売上予測は 15億円〜18億円だが1等を輩出。 この辺りは、売り場の抽選券入庫の運といえる。 ちなみに2015年のオータムジャンボ宝くじの売上は 387億円 天井が390億円 と現代では驚異のほぼ完売状態。 2016年 グリーン ドリーム サマー オータム 年末 西銀座 1等+前後賞 =6億円 1等+前後賞 =7億円 的中なし 的中なし 1等+前後賞 =10億円 2016年は3本で総額 23億円。 西銀座のワンポイント 2 前年のサマージャンボ宝くじで1等+前後賞7億円を 2本も輩出した西銀座が一転。 2016年サマージャンボ宝くじ 第696回全国自治宝くじ 販売終了の時点での西銀座の売上予測は 25億円〜28億円。 前年 2015年 もほぼ同じ売上予測だが、2016年は1等が網の目に入って逃してしまったと予測される。 ちなみに2016年のサマージャンボ宝くじの売上は 541億円 天井が690億円 と達成率78. 5%で、2014年から虚実に600億円を切るようになった。 2017年以降は、に掲載されている。 南海難波駅構内1階売場は以前から近畿では人気の売り場。 2018年以降1等を輩出していない中、近年では ある宝くじ売り場が代わって頭角を現している。 順位 売場名 当選本数 6位 3本 7位 名鉄観光名駅地下支店宝くじ売場 3本 直近高額当選: 10億円 みずほ銀行熊本支店。 10億円を皮切りに、翌年 10億円と 2年連続高額当選。 1等本数では 磯上チャンスセンターに1本劣るが、 総額20億円と総額では全国で6位のランクインに該当する。 モノレール羽田空港駅南口宝くじ売場は2015年年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ 10億円と2016年ドリームジャンボ宝くじ 第694回全国自治宝くじ 7億円以降は1等なし。 東名高速道路海老名 下り 宝くじ売場2015年ドリームジャンボ宝くじ 第678回全国自治宝くじ 7億円以降、直近の2019年年末ジャンボ宝くじ 第818回全国自治宝くじ 10億円と幅を利かせている。 順位 売場名 当選本数 11位 地下鉄京都チャンスセンター 2本 12位 横浜ダイヤモンドチャンスセンター 2本 13位 京葉交差点宝くじセンター 2本 直近高額当選: 7億円 京都の大御所宝くじ売り場 地下鉄京都チャンスセンターは、2015年年末ジャンボ宝くじ 第688回全国自治宝くじ で 10億円以来の高額当選。 5億円の輩出で、過去5年間で 15億円の1等総額となる。 神奈川の大御所宝くじ売り場 横浜ダイヤモンドチャンスセンター。 2017年で 7億円、2018年で 7億円とやや1等的中間隔が空いている。 過去5年間で 14億円の1等総額。 順位 売場名 当選本数 14位 宝くじロトハウスJR千葉駅前 2本 15位 夢ステーションなんばウォーク東店 2本 16位 浅草橋東口駅前宝くじ売場 2本 直近高額当選:サマージャンボ宝くじ 第696回全国自治宝くじ 7億円 宝くじロトハウスJR千葉駅前と 夢ステーションなんばウォーク東店ともに、直近の高額当選が3年前の夏と間隔が空いている。 宝くじロトハウスJR千葉駅前の2017年サマージャンボ宝くじ 第723回全国自治宝くじ で 7億円の前が、2016年ドリームジャンボ宝くじ 第694回全国自治宝くじ の 7億円。 夢ステーションなんばウォーク東店の2017年サマージャンボ宝くじ 第723回全国自治宝くじ で 7億円の前が、2015年サマージャンボ宝くじ 第681回全国自治宝くじ の 7億円。 「秀じい」で有名な 浅草橋東口駅前宝くじ売場だが、まだサマージャンボ宝くじがそこそこ売れていた頃 天井が690億円、売上541億円 の2016年が最後の1等。 その前の1等が、2015年ドリームジャンボ宝くじ 第678回全国自治宝くじ の 7億円までさかのぼる。 無名だった 磯上チャンスセンターが売上低迷のジャンボ宝くじにあっても 1等を連発する中、 これら名店もやや過去の栄光になりつつある。

次の