ライジン 金 太郎。 金太郎

小林よしのりライジング:小林よしのりチャンネル(小林よしのり(漫画家))

ライジン 金 太郎

苦境の続くフジテレビが『NHK紅白歌合戦』の裏番組にぶつけたのが、10年ぶりの格闘技。 29、31日にさいたまスーパーアリーナで行われる新興行「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」の中継だ。 大会プロモーションの中心は、PRIDEを手がけていた元ドリームステージエンターテインメント(DSE)代表取締役の榊原信行氏。 しかし、これが、警察当局の怒りを買っているらしい。 警視庁担当記者がこう耳打ちする。 「暴対の連中が『フジはいったい何を考えてるのか』『我々をなめてるのか』と相当カリカリきているようだ。 というのも、今回のプロモーターである榊原氏は10年前、PRIDEの時に暴力団とベタベタだったことが発覚しているからね。 フジのプロデューサーもその関係を知っていたことが明らかになった。 その時は、フジの政治力でPRIDE打ち切りだけですみ、刑事事件にはならなかったが、今回、まったく同じ顔ぶれでやるわけでしょう。 きっかけは、『週刊現代』(講談社)が同年3月から開始した「格闘技とテレビ局と暴力団」という追及シリーズ記事だった。 〈X組幹部はイスに座るなり、私に怒鳴りました。 「PRIDEは実質ウチらがやっとるんや。 表に出ると不都合があるから、榊原に任せとるだけなんや! それを何や! ウチの選手を横取りしやがって」 話し合いにも何もなりません。 幹部は続けます。 「フジテレビのプロデューサーから『ヒョードルを絶対に日テレのイベントに出さないでくれ』と言われとるんや。 もし、そっちに出たら、DSEとの契約を切るとまで言われとるわ!」 こんな場に榊原が同席しているのも、私には驚きでした。 彼はふだんとは態度がガラリと変わっていて、手にした格闘技雑誌を、 「なんや、これは!」 と私に投げつけてきました。 〉(「週刊現代」06年4月15日号) そう告発したのは、格闘技イベント『イノキボンバイエ2003』(猪木祭)のプロデューサーを務めた川又誠矢氏だ。 03年大晦日、民放3局はNHK『紅白歌合戦』の裏番組として格闘技中継をあてた。 日本テレビと組んだ川又氏は猪木祭の目玉として、当時PRIDEヘビー級王者だったヒョードルと出場契約を結ぶ。 すると、フジテレビ『PRIDE男祭り2003』を手がけていたDSEが「広域暴力団傘下のX組幹部」を使って川又氏を脅しに出たというのだ。

次の

ノンカフェインの大正製薬『ライジン』フルーティーサンダーで気分リフレッシュ!

ライジン 金 太郎

今渡しても「ふ~ん」と興味無さそうな雰囲気で終わりそう… 「もう クリスマスプレゼントでいいんじゃない?」 と、そら太郎に耳打ちされながらも、 「いや、あの…せっかく 誕生日プレゼントに準備していたんだけれど…。 (本も追加パーツも収納ケースも買って用意周到だよ!)」 という 複雑な気分で時を待ちました。 明日にしたら?」と促されて 結局当日は 眺めて終了しました。 プレゼントを渡すときにはきちんと 「おめでとう」と言って渡したかった。 それなのに父そら太郎は お土産を買ってきたときのように、ただ 「はい」と手渡していたことにも 不満感が募りました。 事前打ち合わせをしていないのも悪いのかもしれませんが 完全に 演出失敗でLaQのプレゼント渡しとなりました。 初めて作ってみる 翌日になり、私と創一でLaQを開封しました。 たくさんある本の中から 「これ作りたい!」「これがいい!」と 目移りばかりする創一でした。 忠実に再現してみたぞ 純粋に 「すごいな~」と感心したので、 そら太郎をほめる意味で 「すごいね~! ロボット1回作っただけで もう作り方わかっちゃうの?」と 私は口にしました。 すると、そら太郎からすかさず 「違うっ!わかるんじゃない! 考えるんだ!!!!!!!」と即答されました。 そうか… 【考える】んだよね。 コツやテクニックを1回で身に着けたわけではなく、 考えながら作ることによって出来上がっていったんだ…! 現代の子どもたちに必要な 【思考力】を養うことができる 知育ブロックLaQは 奥が深いんだな…と、このとき気づきました。 ラプトリア ゾイドの 【スナイプテラ】が完成すると 次は 【ラプトリア】を作るように創一からねだられていました。 よく考えてるなぁ くるりと 回転もします。 もちろん3人乗りです(笑) しっぽを紛失しているのはライガーの玩具と同じです。 本家(ライガー)と並べてみても なかなか見劣りしない完成度です! ここまで、そら太郎があらゆるものをLaQで作ってきて 「あぁぁ~、仕事より頭使うわ~(笑)」と言っていました。 冗談っぽく言っていましたが、たしかにLaQは 色や形や完成形を考えて、集中もするし、 もちろん手も使うので、 そりゃ疲れますよね。 それでも 「これ楽しいね!ハマる!」と、 そら太郎は LaQの虜になっていました。 5歳 創一が作るもの 一方、創一が作るLaQはというと… 短期間で上達しましたよ! 最初は 平面でしたが、すぐに 立体を作るようになりました。 初めて作った立体作品は 【レーシングカー】です。 お手本を見ながら作ったようですが、どこか重装備バージョンですね。 そら太郎がどんどん作っていく姿に 触発されて 横で黙々と作っていました。 カマキリ青色バージョンに クリスタルパーツが付いて豪華仕様です。 それからどんどん作りたいものを 何時間もかけて作ったりするようになりました。 お花(上の写真の右下)を作ったあたりから 組立図通りに作ることができるようになってきました。 今、創一はLaQの作り方の本を見ながら既存モデルを真似て作っています。 その後、少しずつ拡張したりして カスタマイズする傾向があります。 見たもの・考えたものは何でも作れるように マスターできるようになれば 名人も夢ではないかもしれません。 とは言え、LaQにハマっているのが 一時的なのかもしれませんし、 3ヶ月後、6ヶ月後には見向きもしていない可能性もあります。

次の

会社案内(会社概要)

ライジン 金 太郎

麻生太郎財務大臣「現金給付は国民にウケなかった」 エイプリルフールの4月1日は、日本にとってウソのような政府発表が続いた日だった。 しかし、どれも現実なので驚かないでほしい。 まず安倍首相は1世帯に2枚の布マスクを配布することを決定し、その方針を発表した。 1世帯にマスク2枚である。 配ればいいとは思うが、またなぜこのタイミングで配布するのか、またなぜ効果が薄いと指摘される布マスクなのか。 謎である。 これについての賛否両論は他でもされているので、ここでは触れない。 実はその影に隠れて、あまり報道されていないことがある。 むしろ、 こちらの方が重要ではないか、と思う。 麻生太郎財務大臣が現金給付を嫌う理由が判明したのである。 麻生太郎財務相は1日の参院決算委員会で、リーマン・ショック後の2009年に実施した一律の現金給付に触れ、「二度と同じ失敗はしたくない」と述べた。 麻生氏は当時、首相だった。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が策定する緊急経済対策には一律の現金給付を盛り込まない考えを示したものだ。 共産党の大門実紀史氏への答弁。 リーマン後の「定額給付金」では、全国民に1万2000円(若年者と高齢者は2万円)を配布した。 これについて、麻生氏は「何に使ったか誰も覚えていない。 (国民に)受けなかった」と振り返った。 その上で、緊急経済対策の現金給付は「必要なところにまとめて(給付する)という方が、より効果がある」と語り、収入が減少した個人や世帯などに絞る考えを強調した。 出典: お分かりいただけただろうか。 麻生財務大臣は「何に使ったか誰も覚えていない。 (国民に)受けなかった」という。 過去に失敗した政策はやらない、という謎 記事にもある通り、リーマンショック後の「定額給付金」では、全国民に1万2000円(若年者と高齢者は2万円)を配布している。 確かに記憶にないくらいの少ない現金給付であった。 当然、その効果は限定的だったということは間違いない。 だから、麻生財務大臣は「現金給付策は失敗」と総括しているのである。 なかなか謎の論理展開なので理解に苦しむ。 政府からいくらかでも現金給付を受けたら盛大に喜び、これは大成功だ、素晴らしい政策だ、と語り継がなかった国民にも責任があるのだろうか。 彼が首相時代におこなった政策を賛美しておけば、現金給付は導入されたのだろうか。 いずれにしても 「リーマンショック級」だと、何かと比較される当時でも、わずか1~2万円程度しか配布していないのである。 忘れて当然かもしれない。 今回は リーマンショックを超える規模の経済危機になることも確定的であり、すでに生活福祉資金の特例貸付などの窓口には相談が相次いでいる。 手持ちの現金が少なく、生活困窮する人々が出始めている。 まずは当時の規模を超える現金給付をして対応してはどうだろうか。 すでに世界各国は現金給付を決め、各戸に工夫しながら配布したり、配布方法を検討している。 国によっては 日本が驚くべき金額を配布してもいる。 スペインでは休業補償として、原則賃金の100%を支払う。 アジアでも韓国が約8万5千円、香港は約14万円である。 これくらいの金額を配布すれば、人々はリーマンショック時のように、 簡単に忘れないのではないか。 共同通信社が3月26~28日に実施した全国緊急電話世論調査によると、望ましい緊急経済対策は「消費税率を引き下げる」が43・4%であり、現金給付が32・6%であった。 継続的に 現金給付を望む声は大きい。 過去の現金給付は失敗だったかもしれないが、それは誰も注目しないほど金額が小さすぎたこと、にも起因する。 それをもって全ての人に現金給付をしない理由、根拠としては希薄ではないか。 先日もを出している。 麻生財務大臣には過去に固執せず、ぜひ大胆な政策転換、施政方針の転換を図っていただきたい。

次の