帯状 疱疹。 帯状疱疹とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

帯状疱疹の治療期間は3~4週間!2つの初期症状を見逃さず早期治療が要!

帯状 疱疹

帯状疱疹とは痛みを伴う皮膚湿疹で、水疱瘡を引き起こすウイルスと同じ水痘(すいとう)と呼ばれるウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因です。 初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した時は水疱瘡として発症し、1週間程度で治ります。 ですが その後でもウイルスは、体の神経細胞が沢山集まっている神経節と呼ばれる部分に潜んでいます。 健康体の時は免疫力が強いのでウイルスの活動を抑えてくれるのですが、加齢・過度のストレス・過労・病気などが原因で、体力やウイルスに対する免疫力が弱くなってしまった時は注意が必要です。 ウイルスが再び活動を始めてしまうからです。 活動を再開したウイルスが、神経節から出て神経を伝わって皮膚に到達すると、皮膚に帯状の水疱が出来てしまいます。 それが帯状疱疹です。 帯状疱疹は皮膚の痛みや水疱瘡が主な症状なので、それらの症状が出たら先ずは皮膚科を受診してみてください。 症状が出ていなくて病状がはっきりしない場合は、一般内科や神経内科でも大丈夫です。 あまり深く考え込まず先ずは受診をしてみて、判断は専門家である医師に任せましょう。 帯状疱疹の主な症状は皮膚に現れるので皮膚科で治療するのがおすすめですが、治療は内科でも出来ます。 かかりつけ医がいる場合は、内科を先に受診しても良いでしょう。 治療法としては、 原因となるウイルスに対しては抗ヘルペスウイルス薬を、痛みに対しては消炎鎮痛薬を用います。 抗ヘルペスウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える薬です。 発症してから出来るだけ早く抗ウイルス薬を使用する事で、症状の悪化を防ぎ、皮膚や神経のダメージを軽くする効果が期待出来ます。 塩酸バラシクロビル・アシクロビル・ファムシクロビルなどが主な種類です。 消炎鎮痛薬とは、簡単に言うと痛み止めの事です。 痛みを我慢してしまうと、普通は感じない刺激に対しても過敏に反応する様になる可能性があり、そうなると治りにくい痛みになってしまいます。 医師にどんな痛みなのかを詳しく説明して、適した薬を処方してもらいましょう。 また、水疱が潰れてしまったり細菌感染をした場合などに、抗菌薬を用いるケースもあります。 帯状疱疹が原因で神経に傷が残ると、帯状疱疹後神経痛を発症する可能性があります。 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の皮膚の症状が治った後にその下にある神経に残ってしまう慢性的な痛みの事です。 実際にひどくなくても帯状疱疹後神経痛になる方はみえます。 湿疹や水疱などの皮膚症状が悪化した場合や痛みが強い場合などに、発症しやすいと言われています。 長期間に亘って痛みが消えない事も考えられる、帯状疱疹の代表的な後遺症です。 帯状疱疹後神経痛は万人に当てはまる絶対的な治療法というものはないと言われていますので、生活背景や治療に対する反応性などによって治療法を決める必要があります。 主な治療法な次の3つです。 保険適応外ですが、鎮痛補助薬として三環系抗うつ薬・抗てんかん薬などが用いられる場合もあります。 局所麻酔薬やステロイド薬などを用いて、痛みの伝達をブロックします。 何科を受診するべきか、何の治療法を選択するべきかは、医師としっかり相談して決めてくださいね。

次の

帯状疱疹はうつるのか?お風呂・洗濯物・空気感染でうつる?

帯状 疱疹

ふと体にできたプツプツ。 ただの湿疹かと思っていたら、突然に激痛が! そんな症状をもたらす帯状疱疹は、50代の女性こそもっとも警戒するべき疾患ですーー。 「新型コロナウイルスが世界中を震撼させていますが、これからの季節、気をつけたいウイルスはほかにもあります。 その代表例が『水痘ウイルス』です」 皮膚科医で、まりこの皮フ科院長の本田まりこ先生はそう警鐘を鳴らす。 水痘ウイルスは、幼少時に水ぼうそうにかかっている人の体内にずっと潜んでいるもの。 それが大人になってから「帯状疱疹」という形で発症することがある。 「体の一部に、最初にピリピリした痛みやひきつりのような違和感があり、日を追うごとに痛みの程度が強くなります。 痛みが出始めたときは虫刺されのようなポツポツとした赤い点が、数日で水膨れになり、放置していると水疱がみるみる大きくなる。 これが帯状疱疹の典型的な症状です」(本田先生・以下同) 子どものころのウイルスが、なぜ今になって悪さをするのだろう。 「通常は、私たちの免疫力が感覚神経の根元の神経節の中で、潜んでいる水痘ウイルスを抑え込んでいます。 しかし、免疫力が低下するとウイルスが活性化し、神経を攻撃しながら皮膚の表面に水疱を作ります。 すなわち、免疫力を下げてしまう不規則な生活、ストレスの多い生活環境などがリスク要因となる。 また、糖尿病や関節リウマチを発症している人は帯状疱疹が悪化しやすいので注意が必要だという。 「80歳までに3人に1人が発症するといわれていて、免疫力が低下しがちな50歳以上の女性の罹患者が増えているという調査結果も発表されています。 帯状疱疹は進行が非常に早い疾患ですから、皮膚に異常を感じたら早急に医療機関を受診してください。 痛みを感じた翌日には発疹ができ、2日もすればそれが水疱になります。 それでも放置していると、水疱がどんどん大きくなり、どんどん赤みを増しながら広がります。 ここまで進行すると治療をしても水疱の痕が残ってしまったり、場所によっては『帯状疱疹後神経痛』といって痛みが残ることもあります」 胸、脇腹、顔、首など、帯状疱疹が現れやすい部位もある。 「体の中でも特に免疫力が落ちているところに症状が出やすいと考えられています。 明確な理由はわかっていないのですが、帯状疱疹は体の片側だけに出るという特徴もあります。 たとえば左の乳房付近に帯状疱疹が出た場合は、左の肺や乳房に別の疾患を抱えているケースもあります」 50代以上の女性は最警戒を! 「女性自身」2020年4月21日号 掲載.

次の

帯状疱疹はうつるのか?お風呂・洗濯物・空気感染でうつる?

帯状 疱疹

季節の変わり目には、風邪などで体調をくずし、免疫力が低下しやすくなります。 そんなときに注意したい病気の1つに、帯状疱疹 たいじょうほうしん があります。 帯状疱疹は、水疱瘡 みずぼうそう のウイルスが原因の、痛みをともなう皮膚湿疹のことです。 症状には個人差がありますが、多くの場合、からだの一部にチクチク、あるいはピリピリとした痛みを感じることから始まり、やがてそこに紅斑 少し盛り上がったような赤い湿疹 ができ、続いて水疱ができて破れ、皮膚がただれ、かさぶたができます。 その間も、痛みが続きます。 軽い痛みで済む方もいますが、強い痛みを感じることが多く、夜眠れないほどの痛みに悩まされる方まで、さまざまです。 また、湿疹についても、病名のとおり帯状に広がるとされていますが、初期段階では、虫刺されやかぶれ、ほかの皮膚疾患などと思い違いする方が少なくありません。 そのため、市販の軟膏などを塗っていて対処が遅れ、重症化させてしまうケースも多くみられます。 そのため、非常に多くの成人が水疱瘡ウイルスをもっていますが、健康で免疫力が強いあいだは活動が抑えられています。 ところが、 中高年になり、加齢やストレス、疲労、感染症、生活習慣病などによって、からだの免疫力が低下すると、急に再活動を始めるのです。 中高年の多くの方は、自分が水疱瘡ウイルスをもっていることなど、ほとんど意識していないでしょう。 しかし、急に発症したときに適切な対処ができるように、帯状疱疹についてきちんと知っておきましょう。 中高年と帯状疱疹 通常、帯状疱疹は、湿疹に水疱ができたあと、水疱が枯れてかさぶたになり、それが取れるようになると治癒します。 その期間は、3週間~1カ月程度とされています。 ところが 中高年の場合には、治療がもっと長引くケースが少なくありません。 その理由の1つは、発見の遅れです。 中高年になるにつれて、だれでも皮膚の保湿性やバリア機能が低下するため、乾燥性やアレルギー性の湿疹 皮膚炎 を起こすことが多くなります。 また、糖尿病やその予備軍の方も少なくありませんが、高血糖状態になると、かゆみや痛みをともなう湿疹が出やすいことも知られています。 こうした既存の湿疹があると、どうしても初期の帯状疱疹の湿疹に気づきにくいため、受診が遅れ、治療にも時間がかかることになりがちです。 また、目の近くに帯状疱疹が起こると、目そのものが炎症による障害 角膜炎や結膜炎 を起こすことがあります。 中高年の方には、さまざまな眼病 白内障、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症、視神経の病気など のある方も多いため、その場合には、目の治療への対応も必要になってきます。 さらに、中高年のなかでも、 とくに高齢者が注意したいのが、帯状疱疹後神経痛です。 帯状疱疹の皮膚症状 湿疹、水疱など が治まったあとも、痛みだけが残ってしまう状態です。 これは、水疱瘡ウイルスによって、神経節が強いダメージ 損傷 を受けることによって、継続的な痛みが生じるものと考えられています。 若い人の場合は、ダメージからの回復が比較的早いのですが、高齢になるほど遅くなり、それだけ症状も治療も長引く傾向がみられます。 病院では、帯状疱疹になってから3カ月程度痛みが継続する場合に、帯状疱疹後神経痛と診断されます。 その場合は、内服薬などによる治療が必要となりますが、痛みが数年間も続くことがあるので、注意が必要です。 一般に、帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛は、いずれも早く受診するほど軽症で済み、治療期間も短くなるので、おかしいなと感じたらすぐに受診するようにしましょう。 帯状疱疹と脳卒中 帯状疱疹に関連して、海外の医療研究機関からの1つの報告が注目されています。 それは、 帯状疱疹にかかったあと、脳卒中 脳梗塞、脳出血など のリスクが高くなるというものです。 同様の指摘は、数年前からみられましたが、データの正確性や原因の究明が不十分で、あまり周知されていませんでした。 それによると、脳卒中のリスクは、帯状疱疹発症後1~4週 1. 63倍 、5~12週 1. 42倍 、13~26週 1. 23倍 となっています。 とくに 帯状疱疹が顔面三叉神経など目に近い場所に出た場合には、それぞれ1. 82倍、3. 23倍、1. 41倍と、リスクが高くなることが判明しています。 そのため、帯状疱疹後の数日~3カ月程度は、とくに注意が必要とされます。 また、顔面の帯状疱疹ほどリスクが高いのは、帯状疱疹ウイルスが脳血管に入って炎症を起こしやすいことが原因として指摘されています。 その一方で、抗ウイルス薬で治療した場合は、脳卒中の発症リスクが約半分程度に低下することから、早期に抗ウイルス薬によるきちんとした治療を受けることの大切さも報告されています。 とくに中高年の方は、などでもともと脳卒中のリスクが高いことが多いので、注意しましょう。 帯状疱疹の早期発見と予防 一般に、帯状疱疹は自分では判断しにくい病気です。 赤い湿疹を見つけて、受診するケースが多いはずです。 頭部の痛みは、頭痛と間違えることがありますし、胸部の場合は、かと誤解することもあります。 痛みは、ウイルスがすでに神経節を損傷しているためなので、理由不明の急な痛みをからだの片側に感じたら、まず皮膚科を受診するのが最適です。 また、痛みと同じ場所に赤い湿疹が出たら、帯状疱疹の疑いが濃いので、すぐに受診しましょう。 日常の予防でもっとも大切なことは、免疫力を低下させないこと。 食事のバランスに気をつけ、睡眠をきちんととるほか、持病のある方は自己管理もしっかりと。 もし、帯状疱疹と思われる湿疹が出たら冷やさないこと 症状が悪化しやすい 、水疱が出たら破らないように 感染症になりやすい しましょう。 一方、帯状疱疹後神経痛も、長期にわたり日常生活に支障を及ぼすので、予防が大切です。 湿疹などの皮膚症状が悪化してしまったり、痛みが強い方ほど、神経痛が残りやすいとされています。 また、高年齢の方ほどリスクが高いのですが、最近はストレス社会の影響などで中年期から生活習慣病の方も多いので、40歳以上の方は帯状疱疹後神経痛に十分な注意が必要です。

次の