二日酔いのツボ。 二日酔いの治し方。即効で対処する方法。ツボ、運動でスッキリ!

二日酔いで吐き気が止まらない時の治し方は?ツボや薬は?

二日酔いのツボ

ツボ押しで胃をしっかりケア! 身体と心の状態を体表に現す症状を改善する「ツボ」は、東洋医学に伝わる刺激ポイントです。 食べ過ぎや飲み過ぎはもちろん、日々のストレスや疲れなどにより影響を受けやすい胃をしっかりケアしてあげましょう。 今回は胃痛、胃もたれや二日酔いを解消するツボをご紹介します。 胃の調子が悪いと、このあたりに吹き出物ができたり、荒れたりすることがありますが、胃の経絡上にあるこのツボは胃の緊張をゆるめ、働きを整えます。 食前に押すと食べ過ぎ防止になるともいわれているので、つい欲張って食べてしまう人にもおすすめ。 額の両脇には胃経の一番上のツボ、頭維(ずい)もあります。 【胃痛を解消する頭のツボ】頭維(ずい) 額の角の髪の生え際あたりの場所。 物をかむと筋肉が動くところ。 「維」は角という意味で、額の角にツボがあることから名づけられたといわれています。 3本の指の頭をツボに当て、頭の中心に向かうような感じで軽く押します。 【胃痛を解消する顔のツボ】地倉(ちそう) 唇の両端。 口角のすぐ横のややくぼんだところ。 胃の働きを整え、食欲のコントロールにもいいとされます。 口の回りのたるみやしわの予防にも効きます。 両手の中指の腹をツボに当て、口角を軽く上に引き上げるように押します。 強過ぎると皮膚を傷めるので、気持ちいいと感じる程度に優しく押しましょう。 【胃痛を解消する背中のツボ】胃兪(いゆ) ウエストのくびれた部分の背骨から、上に指3~4本分、左右に指2本分離れたところ。 胃の症状全般に効果があります。 こぶしをツボに当て、もう一方の手で押します。 こぶしを痛めないように注意。 【胃痛を解消する手のツボ】内関(ないかん) 手首の横じわから指3本分ひじ方向に寄ったところ。 緊張をほぐし、自律神経を安定させます。 親指の腹をツボに当て、残りの指で腕を支えながら垂直に押します。 【胃痛を解消する足のツボ】梁丘(りょうきゅう) 太ももの前面、ひざの皿の外側の上端から指3本分上がったところ。 胃けいれんにも効果があるツボです。 両手の親指がV字のかたちになるようにツボに当て、指の頭を押し込みます。 胃もたれを解消するツボ つい食べ過ぎたり、ストレスで胃が弱っていたり。 食後に胃もたれを感じたら、胃腸の機能を高めるツボで消化を促しましょう。 顔には胃経が走っており、胃の不調に働きかけるツボがたくさんあります。 唾液の分泌を促すことで消化を助けます。 中府の「中」は内臓、特に胃腸を意味し、「府」は集まるところ、という意味。 ここは肺経のツボでありながら、「胃腸からの気が集まる場所」だともいえるのです。 押して胃腸の働きを活発にしましょう。 【胃もたれを解消する顔のツボ】頬車(きょうしゃ) 顔のえらの部分から指1本分ほど上のあたり。 あごの力を抜くとややへこみ、歯を食いしばると筋肉が盛り上がるところ。 顔のたるみにも効きます。 3本の指の腹をツボのあたりに当てて押します。 ぐるぐると円を描くように回してほぐすのもよいでしょう。 【胃もたれを解消する肩のツボ】中府(ちゅうふ) 鎖骨の外側の下のくぼみから指1本分ほど下のところです。 せき、たん、ぜんそくなど呼吸器の症状によく、肺機能を高めます。 呼吸が深くなり、緊張を緩和する効果もあります。 鎖骨の下のくぼみに3本の指の腹を当て、押しながらぐるぐると円を描くように、気持ちいいと感じる程度でほぐします。 【胃もたれを解消するお腹のツボ】梁門(りょうもん) みぞおちとへその中間から指3本分外側に離れたところ。 胃痛、食欲不振など胃腸の症状全般に。 腰痛や足に力が入らないときなどにも効果があります。 両手の指の頭をツボに当て、上半身を前に倒す動きを利用して押し込みます。 力を入れ過ぎて指を痛めないように注意! 【胃もたれを解消する腕のツボ】手三里(てさんり) ひじを曲げたときにできるしわの外側の端から、手首に向かって指3本分ほど離れた盛り上がったところ。 肩こり、身体のだるさにも効きます。 ひじを曲げ、反対側の親指の腹をツボに当てて押します。 痛みを感じる人が多いツボなので、痛過ぎない程度にゆっくりと押しましょう。 二日酔いを解消するツボ 吐き気、だるさ、頭痛……。 つらい二日酔いの症状を少しでも早く改善するためには、何よりも肝臓の機能を回復させることが大切です。 また、「肝」の弱りは胆経に現れるとされるので、頷厭・懸顱・懸釐・曲鬢・卒谷も押さえておきたいツボ。 ここをほぐすことで身体のむくみやだるさが緩和します。 期門はちょうど肝臓の位置にあるツボです。 押して刺激することで肝臓の疲れを取ります。 日頃からこれらのツボを押して、二日酔いになりにくい身体を目指しましょう。 【二日酔いを解消する頭のツボ】百会(ひゃくえ) 耳の上の先端から頭頂へ向かってまっすぐ結んだ頭の中心点。 頭痛、不眠、イライラなどさまざまな不調に働きかける万能のツボです。 両手の4本の指の頭をM字のかたちでツボに当て、押し込むようにして刺激します。 手根を使って押してもよいでしょう。 【二日酔いを解消する頭のツボ】頷厭(がんえん)・懸顱(けんろ)・曲鬢(きょくびん)・懸釐(けんり)・卒谷(そっこく) こめかみの上のほうから耳の回りにかけては胆経が走り、重要なツボが点在しています。 セットで刺激して側頭部全体の緊張を取るとよいでしょう。 両手で側頭部を包み込むようにして、手根をツボのあたりに置き、押しながら持ち上げるように優しくほぐします。 【二日酔いを解消するお腹のツボ】期門(きもん) 乳首の真下、肋骨の下の端のあたり。 肝臓の機能を改善します。 ここをほぐしておけば、二日酔いや悪酔いの予防にもなります。 両手の指の頭を肋骨の下に当て、上半身を前に倒す動きを利用して押し込みます。 あまり強く押し過ぎないように注意してください。 【二日酔いを解消する足のツボ】太衝(たいしょう) 足の甲の親指と人差し指の骨が交わるあたりのくぼみ。 肝機能に働きかけます。 生理不順など婦人科系の症状にも効果があります。 親指を足の裏に置き、3本の指の頭を引っ掛けるようにツボの位置に当てて、押し込むように刺激します。 胃痛や胃もたれ、二日酔いを解消するツボを紹介しました。 つい食べ過ぎたり、ストレスで弱っていたりすると痛みやすい胃。 優しくほぐしてしっかりとケアしていきましょう。 出典:『』 監修:石垣英俊/鍼灸あん摩マッサージ指圧師、国際中医師 モデル:田島有紗.

次の

二日酔いで吐き気が止まらない時の治し方は?ツボや薬は?

二日酔いのツボ

二日酔いで吐き気が止まらない原因 人間関係を構築するためには避けることのできないお付き合い、それが飲み会です。 この飲み会により二日酔いの症状が出る人もたくさんいるでしょう。 しかし、この 二日酔いの症状の一つである吐き気はどうして止まらないのでしょうか?疑問に思っている方もいるかと思います。 まずこの 吐き気の原因は脱水があげられます。 「なんでお酒を摂取しているのに脱水になるんだよ」と言われる方もいるかもしれませんが、ちゃんとした理由があります。 お酒を飲まれる方はよくわかると思いますがトイレがちかくなりますよね?これが脱水のサインなのです。 アルコールには利尿作用があり、排出される尿は体液中の電解質を多分に含みます。 特に注意すべきなのはこの電解質であるナトリウムの量です、この ナトリウムの減少は血液中の水分量の減少にもつながって消化器系の臓器への血流も減少してしまい、消化器系が機能不全となって吐き気などの症状が起こってしまうのです。 その他にも アルコールは体内の糖分を不足させ低血糖症状態を引き起こし交感神経に影響して吐き気を促すこともあります。 これ以外にもアルコールを分解するために生じるアセトアルデヒドが体内を巡ることも原因となるでしょう。 治し方は? 何故吐き気が生じるかは分かったため、次は治す方法を探っていきます。 まずは 有名な方法ですが水を摂取することでしょう。 とにかく水分補給が大切です。 脱水状態を緩和するためには水を補給することが必要であり、アセトアルデヒドの濃度を薄めるためにも水は必需品です。 たとえ嘔吐したとしても水だけは飲むようにしましょう。 嘔吐した場合は消化液で食道の粘液が溶けてしまう危険性があるため、 水を飲んで粘膜についている消化液を洗うことが大切になります。 水分補給のコツとしては体温程度の白湯を飲むことがおすすめ、 お湯や冷水よりも吸収効率が高いのです。 少量の冷水であれば問題ありませんが、多く摂取する場合にはある程度温めた飲み物を飲みましょう。 効果的なツボについて 参考URL: 飲み会によく行かれる方はご存知かもしれませんが、二日酔いに効果的なツボというのもが存在しております。 まず一つ目は 合谷(ごうこく)です。 これは吐き気だけではなく頭痛・腹痛・下痢・便秘にも効果があります。 場所は上記の画像の位置、人差し指の付け根と手の甲の親指の間です。 長めに強く押すと効果があります。 参考URL: 次は 内関(ないかん)です。 効果は吐き気の緩和の他、乗り物酔いにも効果ありです。 位置は画像のように手首から指3本分ほど下の位置にあります。 頭痛に関しましては次のページをご参照ください。 効果的な薬について 二日酔いによる吐き気に対して効果的なのは水分補給でしたが、それ以外にも市販薬で治すと言った方法も、もちろんあります。 ここで注意点としてはまずこの二日酔いによる吐き気を抑える薬が二つあるということ。 一つは 吐き気止め、もう一つは 胃炎を抑える薬です。 吐き気を抑える薬を選ぶ際には 乗り物酔い用のものを選ばないようにしましょう、二日酔いと乗り物酔いは原因が違うため誤って飲んでしまっても効果がありません。 胃酸過多の方は胃炎を抑える薬がいいでしょう。 飲酒による食べ過ぎが原因の場合はこちらを選ぶのが良いと思われます。 ヨーグルトは効果的? 健康的な食べ物としても筆頭であるヨーグルトは二日酔いという場面においても活躍してくれます。 まず大量にお酒を飲んでしまうと、そのアルコールが原因で肝臓が常に稼働する状態になってしまい、たんぱく質不足になります。 この たんぱく質不足解消にヨーグルトが向いているためです。 このように効果的であるヨーグルトですが、 一番の効果は飲む前に食べることであらわれます。 そうすることで脂肪の膜が胃の粘膜に張られるようになり、 アルコールの吸収が緩やかなものとなってくれるのです。 Sponsored Link 注意点としてはこの ヨーグルトの効き目は2~3時間程度であり二次会、三次会で飲むときには効いていない可能性があるため、長丁場には注意しましょう。 効果的な食べ物や飲み物について 水分補給や市販薬以外の解決方法には効果的な食べ物を摂ることがあげられます。 まずは しじみのみそ汁でしょう。 これが特に有効的であり「めちゃくちゃ効く」と評判になることもしばしばあります。 このしじみなのですが オルニチンという二日酔いに効果があるアミノ酸が豊富に含まれており、血液に溶け込んで体内をめぐって肝機能の保護やアンモニアの解毒を行ってくれます。 そうすることで肝臓が本来の機能を取り戻しやすくなり二日酔いが治まりやすくなるのです。 他にはアルコールの吸収を妨げるタンニンを多く含む柿、アルコールを分解するグループフルーツなどがありますが、やっぱりおすすめはしじみの味噌汁です。 飲み物の場合は、血管収縮作用のある コーヒーや牛乳、ナトリウムやカリウムを補給してくれる スポーツドリンクも効果的です。 二日酔いで吐き気があっても吐けない時の対処法 吐きたくても吐けないという症状に悩まされることもあるのが、二日酔いです。 ここでよく取り上げられる議論として、「吐き気があるなら吐いたほうがいいのか、吐かないほうがいいのか」というものがあります。 たしかに吐くことで水分が失われて脱水状態にはなってしまいますが、 吐き気を我慢したまま寝てしまうことで寝ている時に吐いてしまって気道に詰まって窒息する恐れがあり危険です。 そのため寝る前の状態であるなら、吐いたほうがいいと思います。 まず、 この状態の解決方法は水分を多く摂取することでしょう。 そうすることで胃の中のものが水気を含むため、吐きやすくなります。 ただし、 吐くことでミネラルが失われるのでミネラルを補給できるようにしましょう。 うまく吐くときは可能ならば立ち上がって下を向いて吐くようにします。 吐き気に関しましては次のページも参考にしてください。 二日酔いで吐き気に加え下痢が治らない原因は? 二日酔いのはずなのに、なぜか症状が長引いて下痢や吐き気が治まらないといった症状に悩まされた人はいませんか? もしかしたらそれって二日酔いではなくて 急性胃腸炎かもしれません。 その時はまず症状の違いを確認します。 もし急性胃腸炎であるならば、 下痢や嘔吐の他に鼻水・咳・熱といった症状や唇や肌のかさつきといった症状が出てきます。 これらの症状に当てはまるならこれは二日酔いではなくて急性胃腸炎でしょう。 もし急性胃腸炎に感染していた場合は、まず市販の下痢止めや胃腸薬を飲まないようにしてください。 逆効果になる危険性があります。 もし 何らかの薬が欲しいという場合には病院に行って処方してもらうようにしましょう。 下痢に関しましては次のページも参考にして下さい。 二日酔いには迎え酒? 二日酔いには迎え酒が効果的という通説がはるか昔から語り継がれておりますが、この行為は効果があるという人とないという人に別れているので、今でもどちらを信じたらいいのかは微妙です。 一説には二日酔いというのは基本的にアルコールが分解されて発生するものなので、さらにお酒を飲むことでアルコールの分解が阻害されるので、二日酔いによる気持ち悪さは薄れるといわれているのです。 ただし、仮説ですので信ぴょう性は薄いのではないでしょうか。 これを真っ向から否定する医師の意見もあります。 これは実にまっとうな意見で 「アルコールの分解物であるアセトアルデヒドが原因なので、そのアセトアルデヒドが発生する原因になっているお酒をさらに飲むことは負担が大きくなるだけで何の意味もない」というものです。 お酒で気持ち悪くなっているのにお酒を飲むことがいいことではないというシンプルな意見ですが、納得できるでしょう。 個人的にはこの後者を支持します。 二日酔いの原因や対処法につきまして、次のサイトも参考にしてみて下さい。 最後に いかがでしたか。 今回は二日酔いに対して原因究明と解消方法を調べてまいりました。 なんとな~く水分補給がいいと言われていた理由が、今回のこの記事により皆様よくお分かりになられたと思います。 お酒を飲むことで発生する脱水症状を解決するためには水分が必要、皆さんよく理解して覚えましたね! 対処方法がわかったからと言ってお酒を大量に飲むのはよくありません。 自分の体を労わることも大切ですよ? 今回のこの記事が二日酔いに悩まされるすべての大人たちへの解決の手引きとなれば幸いに思います。 カテゴリー•

次の

東洋医学で二日酔い対策! 二日酔いに効くツボは? [ツボ・経絡] All About

二日酔いのツボ

Sponsored Link お酒を飲むことが多くなる忘新年会シーズンや歓送迎会シーズン。 それでなくてもお酒好きの人は普段から飲むことが多いでしょう。 気を付けていてもついつい飲みすぎてしまって、次の日に後悔…なんてことも。 二日酔いに即効性のある治し方をいくつかご紹介します。 知っておくといざというとき助かりますよ。 「飲まなきゃよかった・・」とならないようにぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。 ・二日酔いの原因は? ・二日酔いに即効で効くツボは? ・二日酔いに即効で効く運動は? ・二日酔いに即効で効く食べ物や飲み物は? ・二日酔いに即効で効く薬は? Sponsored Link 二日酔いの原因は? 二日酔いの原因や症状には様々で、治し方も1つや2つではありません。 naver. 肝臓の働きを活性化させ、二日酔いの症状を軽減してくれます。 少し痛いと感じるぐらいグッと親指で強めに押しましょう。 Sponsored Link 二日酔いに即効で効く運動は? 二日酔いのときに心臓に負担がかかるような激しい運動は厳禁です。 いくら汗をかこうとアルコールは汗で排出されません。 しかし、ダラーッとベッドに寝ていても症状は良くなりません。 水分補給をしっかりと行った上でのおすすめの運動をご紹介します。 ぬるめのお風呂かシャワーでさっぱり シャワーを浴びたり、ぬるめのお風呂に入ることで、血行が良くなるため、アルコール分解が促され、頭痛もスッキリします。 ただし、サウナや熱いお風呂は心臓に負担がかかるためNGです。 シャワーから出たら、水分補給も忘れずに。 軽いウォーキング 軽いウォーキングをすることで、代謝もあがりますし、酸素の吸収率が上がるため二日酔いに効果があると言われます。 ただし、できるだけ タンパク質や糖分のある食事を軽く摂取してから行い、気温の高いときは避けましょう。 二日酔いに即効で効く食べ物や飲み物は? 柿 柿の渋み成分「タンニン」はアセトアルデヒドを体外に排出してくれます。 「カタラーゼ」という成分にはアセトアルデヒドの分解を助けてくれる効果も。 また、カロテンやビタミンCも肝臓の働きを活性化させてくれますし、まさに 柿は二日酔いのための食べ物と言っても良いかもしれませんね。 しじみ 「二日酔いにはしじみ!」とよく聞きますよね。 しじみに含まれる「オルニチン」は、肝臓の働きを妨げるアンモニアを分解してくれ、肝臓が活発に働くようになります。 さらに「タウリン」が解毒作用を高めてくれたりと、体内のアルコール分解を促進してくれる食材です。 コーヒー コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮させる効果があるため、二日酔いの代表的な頭痛の症状を和らげてくれます。 また、コーヒーには利尿作用もあるためトイレの回数が増えます。 つまり、尿によって体内の毒素を大量に排出してくれます。 二日酔いに即効で効く薬は? 五苓散 二日酔いに効くと評判の漢方薬 「五苓散」。 5つの生薬から生成され、むくみやのどの渇き、吐き気や下痢などの症状を和らげてくれます。 おすすめの飲み方は、胃に何も入っていない状態の「食前」か「食間」です。 飲む前に服用すれば二日酔いの予防にも効果がありますよ。 ハイチオールC しみやそばかすの薬のイメージが強い 「ハイチオールC」。 この薬に含まれる「Lシステイン」、実は二日酔いに効果があるんですよ。 アセトアルデヒドの分解を促してくれ、身体の代謝も上げてくれるので、疲労感やだるさも和らげてくれます。 こちらも同じく 飲む前に飲めば二日酔いの予防にも効果があります。 とにかく早く楽になりたい!という人のために、 二日酔いに即効力のある方法をいくつか用意してみました。 飲み過ぎた日には試してみてくださいね。 また、二日酔いの予防にも効果がある食べ物や薬もありますので、飲み会の前に摂取するのもおすすめですよ。

次の