所謂 しょせん。 「所謂(いわゆる)」の意味とは?読み方から使い方まで徹底解説!

所謂の意味とは?読み方や使い方は?しょせんと読むのは間違い!!

所謂 しょせん

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0008 「所謂」はどうして「いわゆる」と読むのですか? A 「所謂」という熟語は、漢文風に訓読すると「謂(い)う所の」と読むことができます。 「謂う」は「言う」と同じ意味だと考えてかまいません。 「所」の方は、すこし耳慣れない使い方です。 年配の方であれば、英語の関係代名詞を習ったとき、「~するところの」という訳し方を教え込まれたご経験がおありではないでしょうか。 わかったようなわからないような気にさせられるあの訳し方、その「ところ」とこの「所」は同じなのです。 このような働きをする日本語としては、「いわゆる」ということばがあります。 そこで昔の日本人は、「所謂」を「謂う所の」と訓読する代わりに、一気に「いわゆる」と読んでしまうことにしたのです。 こういうふうに、2字以上の漢字から成る語を、1語の日本語として読んでしまうことを、熟字訓(じゅくじくん)といいます。

次の

所謂←こいつの「しょせん」感は異常wwwwwwwww: ネタめし.com

所謂 しょせん

所謂の意味 「世間でいうところ」「俗にいう」「いうところの」という意味意味になります。 所謂の由来 漢文において、「所謂」を「言うところ」と日本語で訳していました。 奈良時代頃まで、受け身を示し助動詞として使われていた「ゆ」の連体形の「ゆる」が「言う」にくっついて「いわゆる」と言う言葉になりました。 言うの受け身なので、所謂 いわゆる は「 みんなの 言うところ」、「言われていること」と言う意味になります。 所謂の文章・例文 例文1. ここは所謂お化け屋敷みたいな家だ 例文2. あそこにいる彼は所謂みんなのヒーローだ 例文3. あの有名な音楽家は聴く人の心を掴む音楽を作る所謂天才というやつだ 例文4. 彼は所謂だ 例文5. 彼女は上司から毎日食事に誘われ所謂を受けている 「しょせん」と読んで使ってしまうと悪い意味で使われる「所詮」と間違って捉えられ相手を傷つけてしまったり話が噛み合わなくなってしまうので注意しましょう。 文章を書く際に「所謂」をひらがなで「いわゆる」と書いた方が読みやすくなる場合がありますので使い分けをするといいでしょう。 ただし、出来るだけ一つの資料で漢字かひらがなどちらかに統一した方がいいかと思われます。 所謂の類義語 「一般にいう」や「世間のいう」「俗にいう」という複数人が言っているという意味の言葉が挙げられます。 所謂まとめ 「彼は会社の危機を救った、所謂救世主だ」という文は、彼が会社に何らかの貢献をし、たくさんの社員を救った、世間で言う「救世主」であることを表します。 「たくさんの社員を救った」とは文章ですので「所謂」の後には続きません。 また、多用しすぎると知ったかぶりのような印象を受けたり上から目線だと思われてしまう場合がありますので注意が必要です。

次の

「所為」の意味と使い方、類語、「所以・所謂」との違い

所謂 しょせん

所謂の意味 「世間でいうところ」「俗にいう」「いうところの」という意味意味になります。 所謂の由来 漢文において、「所謂」を「言うところ」と日本語で訳していました。 奈良時代頃まで、受け身を示し助動詞として使われていた「ゆ」の連体形の「ゆる」が「言う」にくっついて「いわゆる」と言う言葉になりました。 言うの受け身なので、所謂 いわゆる は「 みんなの 言うところ」、「言われていること」と言う意味になります。 所謂の文章・例文 例文1. ここは所謂お化け屋敷みたいな家だ 例文2. あそこにいる彼は所謂みんなのヒーローだ 例文3. あの有名な音楽家は聴く人の心を掴む音楽を作る所謂天才というやつだ 例文4. 彼は所謂だ 例文5. 彼女は上司から毎日食事に誘われ所謂を受けている 「しょせん」と読んで使ってしまうと悪い意味で使われる「所詮」と間違って捉えられ相手を傷つけてしまったり話が噛み合わなくなってしまうので注意しましょう。 文章を書く際に「所謂」をひらがなで「いわゆる」と書いた方が読みやすくなる場合がありますので使い分けをするといいでしょう。 ただし、出来るだけ一つの資料で漢字かひらがなどちらかに統一した方がいいかと思われます。 所謂の類義語 「一般にいう」や「世間のいう」「俗にいう」という複数人が言っているという意味の言葉が挙げられます。 所謂まとめ 「彼は会社の危機を救った、所謂救世主だ」という文は、彼が会社に何らかの貢献をし、たくさんの社員を救った、世間で言う「救世主」であることを表します。 「たくさんの社員を救った」とは文章ですので「所謂」の後には続きません。 また、多用しすぎると知ったかぶりのような印象を受けたり上から目線だと思われてしまう場合がありますので注意が必要です。

次の