凪 の お 暇 ドラマ。 【凪のお暇】我聞慎二の高橋一生ネタバレ!パワハラ男がヤバイ!

ドラマ『凪のお暇』はつまらない?面白い、面白くない評判評価の口コミまとめ

凪 の お 暇 ドラマ

スポンサーリンク 凪のお暇~5話・あらすじ ゴン(中村倫也)との関係を巡って慎二(高橋一生)と口論になった凪(黒木華)は体調を崩し、隣人・みすず(吉田羊)に介抱される。 おいしいご飯と温かい風呂のもてなしを受け、最近のわが身を振り返った凪は、ゴンへの依存を自覚し、危機感を抱く。 一方、自宅に戻った慎二は、凪との思い出を全て捨て去る。 そして仕事に打ち込む中、円(唐田えりか)に対する悪評を聞くが…。 YAHOO! 心配した 慎二 高橋一生 は雨が降る中、凪に会いに行く。 しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。 凪はたまたま通りかかった みすず 吉田羊 と うらら 白鳥玉季 の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。 久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。 一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。 翌日、凪は 緑 三田佳子 に誘われてラジオ体操に参加する。 自堕落な生活を続けていたため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。 その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。 妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。 そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。 そこにゴンが訪ねてくるが…。 公式から引用 続き・・・ 凪(黒木華)と、ゴン 中村倫也 が話し込んでいると、ゴンに女が訪ねて来る。 ゴンは、相変わらず女ったらしで、ゴンを待っていた女と自室に戻る。 凪(黒木華)はあっけにとられる。 うらら 白鳥玉季 とみすず 吉田羊 は、ハブられていたが、 うららの策略により、みすずは、職長として、新ビル建設業務に携わっていた。 そのビルは、皆が心待ちにしている施設だった。 自分の母親の輝いて働いている姿、見せつけたのだ。 そして、友達も親の前では仲良くない振りしていたが、実際は仲良しだった。 ママ(武田真治)いい人。 夜が明け、凪(黒木華)は、海にたどり着くと、深呼吸する。 ゴンと一緒に来た時みたいに、きれいじゃないけど、十分だと言って帰る。 ゴンもゴンで、友人たちに説教される・・・ ゴンの元に、「やりたいこともできなくなった」と、鍵を返しに来た。 その女がきっかけだった。 「ありったけの水をもらったらその先が欲しくなる、女の気持ち、分からないのか」と、友達から、怒られる。 ゴンとしては、可愛いから、可愛がっているだけ、それがなぜいけない?という感じだ。 海から家に帰ってきて、凪(黒木華)は、止めていた自炊を再開する。 凪(黒木華)は、ゴンに合鍵を返す。 「ゴンは、ちぎりパンみたいな人だ」と、言う。 「あまりにもおいしすぎる」と。 理解できないゴンに、「女子中学生みたいなものだ」と説明する。 それは、絶対食べちゃダメだと、ゴンもようやく、理解する。 凪から、鍵を返された、ゴンの凪への気持ちが動いた様子。 東大出身だった、坂本(市川実日子)は、詐欺まがいのやばい会社に勤めることになった。 「夢を見よう」という言葉に踊らされてしまった様子。 慎二 高橋一生 の会社では、男性ウケがよく、八方美人と、会社の女性たちに言われていた円(唐田えりか)。 慎二 高橋一生 は、大阪で営業成績1位なことを評価していた。 円(唐田えりか)は、それを立ち聞きして嬉しかった。 慎二 高橋一生 と、円(唐田えりか)は車の中で距離が近い。 他の人に気付かれないように、円は慎二の指に絡ませる。 凪(黒木華)は、ママ(武田真治)から電話が掛かってくる。 2号店の、ボーイとして働くことになった。 そこに、手をつないだ、慎二 高橋一生 と円が入ってくる。 スポンサーリンク 凪のお暇~5話・感想・評価 円(唐田えりか)も、嫌な女ですね。 でも、八方美人をやっていたら、八方ふさがりになってしまった様子ですね。 それの、はけ口?が慎二にいったのかな? 結局、男に八方美人していることには、変わりないな。 職場の男全員に八方美人して、また、慎二に手を付けるとは・・・ 世の中性欲が強い人が勝ちなのか、それも含めて策士なのか。 うーん、なんか、円(唐田えりか)って嫌いなタイプだわ。 凪(黒木華)は、最初こそ、親近感あったけど、いろいろと、自分を偽ってまで、人に取り入ろうとしていたことが発覚して、嫌な女なんだなと思ってきていて、やはり、慎二 高橋一生 が気に入るタイプなのだろうなと。 ママ(武田真治)の存在感良かったですね。 あんな偶然ないだろう…と思いつつも、俄然面白くなってきました。 凪は、意外とモテるタイプなのに、あんなボーイの恰好で働くのは違和感があるな。 まあ、女を売る仕事は、【お暇】には、合わないよね。 みすず(吉田羊)親子は、職長って言われていたし、ショベルカーみたいなのにも乗っていたし、あんなボロアパートに住まなくてもいいくらい、お給料もらっているのでは?と思ってしまった。 凪は、朝日を浴びて、ふらふらしていたけど、規則正しく、朝日を浴びる生活大切ですね。 それにしても、坂本(市川実日子)は、騙されるタイプなんだね。 「なんかおかしい」って嗅覚がしっかり作動しないと、人は、どんどんおかしな方向に行ってしまいがちですよね。 東大出て頭いいのにもったいないけど、頭いい人こそ、良く分からない理論に、妙に納得して騙されてしまうということもありますからね。 お数珠と言い、悪徳会社への就職と言い、坂本(市川実日子)のタイプはいそうで、リアルです。 やりがいを感じたいって言って、ブラック会社に入ってしまうとは… お気の毒。 凪は、結局、ゴン 中村倫也 のハートに火を付けたんでしょうか。 ゴンも罪な男だよな。 凪のお暇~5話・評価 4.

次の

ドラマ『凪のお暇』最終回。黒木華×高橋一生×中村倫也の恋&お暇の行方は

凪 の お 暇 ドラマ

3か月の長丁場となれば、ひとりの俳優の魅力だけで視聴者を惹き付けるのはやはり難しい。 いわゆる総合評価が極めて高かったのが『凪のお暇』。 ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 今期話題のドラマ『凪のお暇』(TBS系金曜夜10時)がとうとう最終回を迎えました。 まずは凪を演じた黒木華さんの演技が素晴らしかった。 ふんわりと柔らかく綿飴のような人格の中に強い芯を隠し持った凪を見事に演じ切りました。 そしてやはり、総括としては「高橋一生」。 この役者の不思議さについて、あらためて確認することになりました。 他の人には置き換えられない、この人にしかできない役というものがあるのだな、と感じた視聴者も多かったのではないでしょうか。 その意味でも、「高橋一生の魅力を再発見する」作品だったように思います。 高橋一生が演じた我聞慎二は、モラハラ気質。 凪とつきあっていた時は彼女を奴隷のように見下しののしってばかり。 一方、フラれた後は諦められきれずに凪を追いかけ、自分の思いが伝わらずに顔をクシャクシャにして泣きじゃくる。 しかし仕事場では一見スマートに業務をこなし部下に的確に指示し、営業実績を上げていく。 という、いわば異質な性格が一人の中に混在している難しい人物。 相手が誰かによって性格もスイッチしていくという役柄です。 そんな慎二を演じるには一筋縄ではいきません。 特に、「自然に」演じるあたりがポイント。 風変りで極端な人格を、周囲に溶け込ませ気づけば慎二という人の存在が自然に見えてくる力業。 これは高橋さんにしかできない芸当かもしれません。 「余人をもって代えがたい」という印象です。 yahoo.

次の

『凪のお暇』最終回(10話)ネタバレ感想!慎二かゴン究極の選択!凪が下した決断とは!?凪ちゃんらしいラストに感動!

凪 の お 暇 ドラマ

もくじ• 空気を読み過ぎて、人に会わせる生活で疲れ切っていました。 そんな凪には、唯一秘かに自慢できることがあります。 彼氏が同じ会社の営業部のエースで、モテモテ人気者の我聞慎二(高橋一生)と付き合っていることです。 社内の人には内緒で付き合っていますが、秘かにニンマリして心の支えになっていました。 ところがある日、我聞慎二(高橋一生)が同僚に 「凪とは体の相性がいいから付き合っている」と言っていることを聞いてしまいます。 そのことで、 凪は過呼吸を起こして、身の危険を感じて、 リセット生活を決断しました。 28才で無職になって、郊外の古いアパートに引っ越し、貯金100万円の「お暇」生活です。 きっかけを作った我聞慎二(高橋一生)とも別れて、新しい生活を始めます。 職安での出会いやアパートの住人とのふれあいで、自分らしさを探していくドラマです。 ところが、凪に未練タラタラの我聞慎二が会いに来て、穏やかな生活に波が起きます。 更に詳しいあらすじはドラマにあります。 スポンサーリンク 我聞慎二は誰?高橋一生のキャラクター 原作漫画のビジュアルでは、こんな男子ですが、わかりにくい・・・シュッとしたイケメンです。 慎二に関してはビジュアルが死ぬほど好みなので、このボディバランスを体現出来る俳優にしてほしい。 イコール菅田将暉。 堅実な公務員の父と美人で天然の母に育てられました。 営業のエースだけあって、相手が何を求めているのか、先読みをするタイプで、気遣いもさりげない! そんなモテモテの我聞慎二がなぜ?地味な凪と付き合っているのか、謎ですね! 我聞慎二の好みのタイプは、まっすぐストレートの髪の女性です。 えっ!それだけ? 今までモテモテの人生だったのでしょう。 それだけで付き合っていますが、周りには内緒ですから、モテモテは続きます。 モテモテの慎二が初めて恋に落ちた? その一方で本気になったからこそ、パワハラのように高圧的な態度で、精神に影響するモラハラな言葉で凪に接します。 好きだからこそ、いじめてしまう・・・小学生か! お暇生活を始めて、変わろうとしている凪に 「お前は変われない」と断言して、心を揺さぶります。 凪に別れを告げられても、未練タラタラの慎二は、経理部から新しい住所を聞きだして、会いに行きます。 怖い・・・もう、ストーカーの域! スポンサーリンク 慎二の家庭環境のネタバレ ドラマ「凪のお暇」相手役は高橋一生!黒木華主演 — シネマトゥデイ cinematoday 凪は慎二の実家の理想的な家庭に憧れていました。 ところが慎二は、他人の前で理想的な家族を演じている両親にうんざりしていました。 実は、慎二の実家は崩壊していて、父には四人の愛人や子供がいて、美人な母は整形依存症でした。 慎二は、実家に近寄るわけもなく、音信不通で、家庭は崩壊状態です。 そんな慎二は、営業職をしているので、人が求めていることを察知することを得意としていました。 それも空気を読み過ぎる凪と同じで、空気を読んで行動していましたが、凪のように自分を抑えている自覚はありません。 そう考えると、慎二の方が重傷かもしれません。 凪に共感するところがあるから、そんな自分を否定するところもあって、パワハラやモラハラになってしまっているのかもしれません。 スポンサーリンク 市川円との恋 「凪のお暇5」 凪がスナックの子と仲良く女子会してる話がすごく好き、報われてる感がいい。 円ちゃんはいい子でかわいい。 けど色々抱えてて辛かった。 我聞くんが巻数を重ねる度にかわいい。 市川 円(いちかわ まどか・唐田えりか)は、慎二の所属する営業部に大阪から栄転して来た25歳です。 慎二のタイプであるサラサラヘアー! かわいくて、八方美人な言動で多くの取引先を獲得してきたやり手?天然? 八方美人な態度で、場の雰囲気を崩したり、同性を敵に回すことから、 「空気クラッシャー」と呼ばれています。 慎二は、そんな円に対して、周りの悪い噂を気にせずに仕事ぶりを評価して、性格も 「八方ブスよりは良い」と言いました。 そのことからことで、円は慎二を好きになっていきます。 元々慎二の好きなタイプですから、だんだん凪よりも円に魅かれていきます。 スポンサーリンク 我聞慎二のキャストは高橋一生 我聞慎二は、 28才のバリバリ仕事が出来て、モテモテ人気の誰からも愛される男子! そんな完璧男子の我聞慎二のキャストは誰か気になりますね! 見た目は愛され男子で、実はパワハラ・モラハラ男という意外性が必要ですね! 我聞慎二のキャストは、高橋一生さん(38才)でした! 原作の慎二(28歳)と凪役の黒木華さんと意外と年が離れてました! ギャップなら、坂口健太郎さんや三浦翔平さん、岩田剛典さん、千葉雄大さん、竹内涼真さんなど・・・パワハラした時に衝撃が大きくて、話題になりそうでしたが! SNSでは、中村倫也さんや田中圭さん(ドラマ「あなたの番です」が2クールあります。 )菅田将暉さん、町田啓太さん、ジャニーズから重岡大毅さん(ジャニーズWEST)など、キャスト予想が盛り上がっています。 凪役の黒木華さんが昭和顔ですから、28才前後でなくても、30代前半の俳優さんでも似合いそうです!.

次の