ご冥福 お悔やみ。 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?

「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

ご冥福 お悔やみ

「ご冥福をお祈りいたします。 」の意味は、どのような意味なのでしょう。 「死後の幸福をお祈りいたします。 」と言う敬いの言葉です。 また、葬儀知識では、「ご冥福」をキリスト教や浄土真宗では使ってはいけないとされていますが、参列している側がそれを把握することは難しいですよね。 仏式か神式かを問われたとしても、その場に行って見ないとわなから無いものです。 そんなこともあり、参列する側は気に留めなくてもよいとされています。 ご冥福をお祈りするのは、あくまで 故人への気持ちであり遺族に対しての気持ちではありません。 遺族の悲しみを理解し遺族に対して「ご冥福をお祈りいたします。 」と使うことは、違和感を覚えます。 故人に対しての言葉を、遺族の悲しみを理解するように使うのは、使い方として正しいとは思えないからです。 実際遺族に対して、「ご冥福をお祈りいたします。 この度は、大変でしたね。 」とお話をされている姿を目にしたことがありましたが、遺族の方々は返答に困っている様子でした。 「死後の幸福を祈っています。 この度は、大変でしたね。 」と残された遺族に対して伝えているのですから、戸惑う気持ちも理解できます。 「ご冥福をお祈りいたします」と遺族に用いるのであれば、 「故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまで「故人」に対しての気持ちだと、一言付け足さなければなりません。 また、「ご愁傷様でございます。 この度は急なことで驚いております。 また、 電報とし送るのであれば、決まったテンプレートを利用することも可能ですが、言葉にして直接伝えるのであればやはり、 遺族に対して「ご冥福をお祈りします」と言う言葉を単体で使うことは間違えた使い方で、「ご冥福を」遺族に対しての言葉だと勘違いしている人も多く、オリジナルの文章で電報を送り、赤恥を書くなんてことも度々あります。 電報を送る立場も考えなければならないからです。 故人が自分に対してどのような間柄なのかをまず考えてから、文章を選んだほうがよいでしょう。 先輩の親なのか義理の親なのか、自分の友人の親なのか義理親なのかで、電報の中の呼称も内容も変わってきます。 故人のとの関係性を整理し、遺族に対して送るのか、生前故人との深い付き合いの中で送るのかを、自身で考え送ってください。 遺族に対して使っては失礼になる言葉や不機嫌になるような内容ももちろん避けるべきです。 社会人としてのマナー、マメ知識として頭の片隅には残しておかなければならないことです。 画像:alsok-denpo. com ビジネスでも、取引先の社長と公私ともに仲のよい自社の社長が 電報を送る際は、「在りし日のお姿を偲び、ご冥福をお祈りいたします。 」と故人を偲び故人の死後の幸福を祈ります。 従業員の義理の父の場合は、「御岳父様のご冥福をお祈りしますと共に安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 」などと、少しずつ 送る側の立場を尊重した文章でなければ失礼にあたりますので、気をつけたいものです。 マメ知識としては、• 施主の配偶者である場合、夫の場合「ご主人様」、妻の場合「ご令室様」と使われます。 用いる悔やみ言葉の種類だけでなく、どのような故人へ、遺族へ送るのかによって、 呼称を変え使う言葉を選定し、失礼の無い内容で伝えることが社会人としての最低限のマナーです。 場の雰囲気を考えず、大きく明るい通る声で「故人のご冥福をお祈りいたします。 元気を出してくださいね」と、あえて明るく伝えられても、憔悴しきっている遺族からすれば場の雰囲気にそぐわない対応だと感じられます。 場に合った言葉だけでなく、 身なり、 声の高さや 話し方、 メイクなど 場に合わせて使いこなせることが社会人に必要な気遣いでもあります。 葬儀の場で、大きな声で世間話をしている方々もいらっしゃいます。 歳を重ねるとそのような場でしか顔を合わせなくなるということも理由として考えられますが、それでも故人を偲び冥福を祈るのであれば、小さな声で話す、場所を変えて話す等の気遣いをしてほしいと思います。 Hohoron. comでは他にも、 いまさら聞けない葬儀の作法について説明した記事があります。 空いた時間にサッと読んで、社会人としての知識やマナーを学んでおきましょう!•

次の

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

ご冥福 お悔やみ

「ご冥福をお祈りいたします。 」の意味は、どのような意味なのでしょう。 「死後の幸福をお祈りいたします。 」と言う敬いの言葉です。 また、葬儀知識では、「ご冥福」をキリスト教や浄土真宗では使ってはいけないとされていますが、参列している側がそれを把握することは難しいですよね。 仏式か神式かを問われたとしても、その場に行って見ないとわなから無いものです。 そんなこともあり、参列する側は気に留めなくてもよいとされています。 ご冥福をお祈りするのは、あくまで 故人への気持ちであり遺族に対しての気持ちではありません。 遺族の悲しみを理解し遺族に対して「ご冥福をお祈りいたします。 」と使うことは、違和感を覚えます。 故人に対しての言葉を、遺族の悲しみを理解するように使うのは、使い方として正しいとは思えないからです。 実際遺族に対して、「ご冥福をお祈りいたします。 この度は、大変でしたね。 」とお話をされている姿を目にしたことがありましたが、遺族の方々は返答に困っている様子でした。 「死後の幸福を祈っています。 この度は、大変でしたね。 」と残された遺族に対して伝えているのですから、戸惑う気持ちも理解できます。 「ご冥福をお祈りいたします」と遺族に用いるのであれば、 「故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまで「故人」に対しての気持ちだと、一言付け足さなければなりません。 また、「ご愁傷様でございます。 この度は急なことで驚いております。 また、 電報とし送るのであれば、決まったテンプレートを利用することも可能ですが、言葉にして直接伝えるのであればやはり、 遺族に対して「ご冥福をお祈りします」と言う言葉を単体で使うことは間違えた使い方で、「ご冥福を」遺族に対しての言葉だと勘違いしている人も多く、オリジナルの文章で電報を送り、赤恥を書くなんてことも度々あります。 電報を送る立場も考えなければならないからです。 故人が自分に対してどのような間柄なのかをまず考えてから、文章を選んだほうがよいでしょう。 先輩の親なのか義理の親なのか、自分の友人の親なのか義理親なのかで、電報の中の呼称も内容も変わってきます。 故人のとの関係性を整理し、遺族に対して送るのか、生前故人との深い付き合いの中で送るのかを、自身で考え送ってください。 遺族に対して使っては失礼になる言葉や不機嫌になるような内容ももちろん避けるべきです。 社会人としてのマナー、マメ知識として頭の片隅には残しておかなければならないことです。 画像:alsok-denpo. com ビジネスでも、取引先の社長と公私ともに仲のよい自社の社長が 電報を送る際は、「在りし日のお姿を偲び、ご冥福をお祈りいたします。 」と故人を偲び故人の死後の幸福を祈ります。 従業員の義理の父の場合は、「御岳父様のご冥福をお祈りしますと共に安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 」などと、少しずつ 送る側の立場を尊重した文章でなければ失礼にあたりますので、気をつけたいものです。 マメ知識としては、• 施主の配偶者である場合、夫の場合「ご主人様」、妻の場合「ご令室様」と使われます。 用いる悔やみ言葉の種類だけでなく、どのような故人へ、遺族へ送るのかによって、 呼称を変え使う言葉を選定し、失礼の無い内容で伝えることが社会人としての最低限のマナーです。 場の雰囲気を考えず、大きく明るい通る声で「故人のご冥福をお祈りいたします。 元気を出してくださいね」と、あえて明るく伝えられても、憔悴しきっている遺族からすれば場の雰囲気にそぐわない対応だと感じられます。 場に合った言葉だけでなく、 身なり、 声の高さや 話し方、 メイクなど 場に合わせて使いこなせることが社会人に必要な気遣いでもあります。 葬儀の場で、大きな声で世間話をしている方々もいらっしゃいます。 歳を重ねるとそのような場でしか顔を合わせなくなるということも理由として考えられますが、それでも故人を偲び冥福を祈るのであれば、小さな声で話す、場所を変えて話す等の気遣いをしてほしいと思います。 Hohoron. comでは他にも、 いまさら聞けない葬儀の作法について説明した記事があります。 空いた時間にサッと読んで、社会人としての知識やマナーを学んでおきましょう!•

次の

「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?

ご冥福 お悔やみ

「ご冥福(御冥福)」の意味とは? 「ご冥福」は「死後の幸福」という意味 「ご冥福」の読み方は「ごめいふく」です。 意味は仏教や道教で「死後の幸福」となります。 さらに「死後の幸福を祈って仏事を営むこと」という意味もあります。 言葉の成り立ちは、「ご冥福」の「ご」は漢字で「御」と書く接頭語です。 「冥福」という言葉を丁寧な表現にしています。 「御冥福」と書くのも間違いではありません。 「故人の幸せ」を願うために生まれた言葉 死後の世界には、多くの苦しみがあるとされています。 その中でも幸せになってほしいという故人への思いから「ご冥福」という言葉が生まれました。 死後の世界は、極楽と呼ばれる「浄土」と「地獄」の両方があります。 地獄は6つの世界からなる六道で、生死を繰り返しながら苦しみ続けます。 六道を抜けると浄土があり、仏や菩薩が住む清浄な世界が待っていると考えられています。 「ご冥福」の正しい使い方と例文 「ご冥福をお祈り申し上げます」は故人へのお悔やみの言葉 「ご冥福」は故人の冥界での幸せを祈るときによく使われます。 ポイントは、故人に送る言葉という点です。 亡くなった人は聞くことができないのに使うなんておかしいと思われるかもしれませんが、「冥福」という言葉が死後の幸福を指し、死後の幸福は故人と関わることですから正しい使い方になります。 例文:• 例文:• (遺族に対して)「ご愁傷様です。 故人のご冥福をお祈りいたします」 「お悔やみ申し上げます」などは遺族をいたわる言葉 「ご冥福」を使わないお悔やみの言葉は、宗教の壁を乗り越えて遺族をいたわる言葉として使われます。 「お悔やみ申し上げます」• 「心から哀悼の意を表します」• 「ご愁傷様です」• 「胸中お察しいたします」 「ご冥福」を使えない宗教や宗派 「ご冥福をお祈りします」は常套句なので葬儀等に出席した際つい使ってしまいそうになりますが、浄土真宗とキリスト教、神道では冥福を祈るという考え方がないために使われません。 そこで、各宗教・宗派の死後の世界観について見ていきましょう。 浄土真宗では冥福を祈らなくてもいい 浄土真宗とは、現世で迷うことなく生きていくことに焦点を当てている宗派で、人は亡くなれば極楽冥土に行くことが定められていますので、故人の冥福を祈る必要はないと考えられています。 そのため「冥福を祈る」というお悔やみ表現は使えません。 浄土真宗の葬儀でのお悔やみの言葉には、宗教色のない「お悔やみを申し上げます」や「哀悼の意を表します」が適当です。 キリスト教に冥界や浄土はない キリスト教は仏教とは異なる死生観があります。 キリスト教では、死者は神様がいる天国へ行き永遠の命が与えられると考えられています。 カトリック系の葬儀では故人が永遠の命が与えられることを神様にお祈りします。 プロテスタント系では故人が永遠の命が与えられることを前提に神様に感謝して、残された人たちを癒すために祈られます。 死後は故人が神のもとに行き幸せになることが保証されているので、キリスト教の葬儀では「冥福を祈る」というお悔やみ表現は使えません。 お悔やみの言葉を述べるなら「安らかな眠りを祈ります」のように故人が神のもとで安心していられることを祈る言葉が相応しくなります。 神道では故人は家の守り神になる 神道では故人は家の守り神になると説かれているため、故人の冥福が祈られることはありません。 「ご冥福」以外にも「供養」や「成仏」といった仏教用語も使われませんので注意しましょう。 お悔やみの言葉としては、仏式やキリスト教のものとは違う次のような常套句があります。 「御霊(みたま)のご平安を心よりお祈りいたします」• 「御霊様(みたまさま)安らかに静まりませと、お祈りします」 「ご冥福をお祈りします」への返事の仕方 「お心遣いありがとうございます」で相手の気持ちを受ける 「ご冥福をお祈りします」は故人に向けたお悔やみの言葉なので、残された家族や遺族は返答をしなくても構いません。 挨拶をされた方の気持ちを鑑みて返事をしたい場合は、「お心遣いありがとうございます」や「ご丁寧にありがとうございます」と返答します。 「恐れ入れいます」「恐縮いたします」も使える 「ありがとう」という言葉は、哀悼の意を捧げる葬儀ではふさわしくないと考え方もあります。 そこで、代わりとして次のように返答することもできます。 「恐れ入ります」• 「恐縮いたします」• 「痛み入ります」 なお、気持ちが落ち着かず返答することが難しい状態であれば、黙礼だけでも相手に対して失礼にはなりません。 まとめ 「ご冥福」とは「死後の世界の幸福」という意味で、故人が亡くなった後も幸せでいてほしいということを祈るためのお悔やみの言葉としてよく使われます。 ただし浄土真宗とキリスト教、神道では「ご冥福」はお悔やみの言葉として使えませんので気をつけましょう。 実際に「ご冥福」を使ったお悔みメール・例文については、以下の記事もご参考ください。

次の