ダイエット おつまみ レシピ。 家で飲む!ビールに合うおつまみ自炊レシピまとめ

ワインに合う低カロリーおつまみは?太りにくいダイエットレシピ3選!

ダイエット おつまみ レシピ

お酒を飲む時は、まず野菜のおつまみを食べましょう。 なぜなら、ビールや日本酒などのお酒には糖質が多量に含まており、何も食べずに飲むと、血糖値の急上昇を招いてしまうから。 お酒を飲む前に野菜を食べて食物繊維を摂取しておけば、血糖値の急上昇を防げるようになります。 また、野菜をおつまみにすれば、食物繊維と同時に肝臓の機能を助けるビタミンB群も摂取できるので一石二鳥なんですよ。 揚げ物などの脂質や糖質が多く含まれているおつまみは避け、煮物やお刺身、お豆腐、焼き鳥(塩)などのおつまみを選ぶのがオススメです。 二日酔い防止効果のあるビタミンC、肝機能をサポートするビタミンB群、便秘や血糖値の急上昇を防ぐ食物繊維などは積極的に摂取したいですよね。 中でもおつまみの定番であるキムチはおすすめ。 キムチに含まれるナイアシンには、アセトアルデヒド分解促進作用や脂肪代謝向上効果が期待できます。 また、唐辛子の主成分であるカプサイシンには、脂肪燃焼の効果が期待できます。 さらに、ニンニクやネギ、生姜などの薬味には消化を助ける効果や抗菌作用がありますので、食べ過ぎてしまった時の胃もたれ防止にもなりますよ。 手軽!ダイエット中にオススメの市販おつまみ おつまみの定番!枝豆 おつまみの定番である枝豆。 枝豆には肝臓のアルコール分解機能をサポートするタンパク質やビタミンB群、ビタミンC、食物繊維、ミネラル(リン、カルシウム)、脂肪など多くの栄養素が含まれているので、お酒のおつまみにはぴったり。 さらに枝豆には、脂肪の蓄積を防ぐコリン、むくみを防止するカリウム、便秘解消効果のあるサポニン、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンといった栄養素も含まれています。 100gあたり121kcalと低カロリーなので、安心してたくさん食べられるのもオススメポイントです。 市販の冷凍枝豆ならサッと水で解凍するだけで食べられるので、手軽に用意できるのもメリットですね。 脂肪燃焼効果も!納豆キムチ 納豆はタンパク質や食物繊維、イソフラボン、ビタミンB群、カルシウム、ビタミンKなど様々な栄養素を豊富に含む優良食品。 カロリーは100gあたり212kcalと少し高めですが、それを補ってあまりある栄養的なメリットがあります。 この納豆に食物繊維や乳酸菌を豊富に含み、さらにナイアシンによる脂肪燃焼効果が期待できるキムチを加えれば、ダイエット効果が高く、食べ応えもある納豆キムチの完成です。 もう少しボリュームが欲しい方は、低カロリーで高タンパクなお豆腐を加えて満腹感をアップさせてみてくださいね。 おつまみと言えばこれ!ナッツ類 ナッツ類もおつまみの定番ですね。 ナッツ類には、オメガ3脂肪酸や植物性タンパク質、食物繊維、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれています。 アンチエイジング効果も期待できるので、美容とダイエットを両立させたい女性にはぴったりのおつまみ。 ただし、ナッツ類は全体的にカロリーが高めなので、1日50gを目安にするようにしましょう。 アーモンドやピーナッツ、くるみ、マカデミアナッツ、ピスタチオなど、さまざまなナッツが市販されていますので、お好みに合わせてチョイスしお酒を楽しんでくださいね。 骨まで食べられるのでカルシウムを豊富に摂取できるほか、マグネシウムや亜鉛、鉄などのミネラルも豊富です。 さらにビタミンEやビタミンB2、ナイアシンも含まれているので、アンチエイジング効果も期待できますよ。 そこに水溶性食物繊維を多く含む塩昆布を加えれば、さらに高い便秘解消効果が期待できるようになります。 塩昆布キャベツだけでも美味しいですが、きゅうりを加えると食感も良くなり、おつまみにぴったり。 調理時にボウルではなくビニール袋で混ぜ合わせれば、洗い物も減らせるので、さらに手軽に作れるようになりますよ。

次の

365日晩酌しても痩せる!スピード低糖質おつまみレシピ【作ってみた】

ダイエット おつまみ レシピ

【準備するもの】 鯖の水煮缶 1缶 ・ホールトマト缶 1缶 ・にんにくスライス 1片 ・しょうゆ、砂糖 大さじ1. 5 ・パセリ 苦手な場合は無くても大丈夫です 【作り方】 1. まず、材料を全て鍋に入れて強火にかけます。 次に煮立ったら中弱火にした後、汁気が半量になるまでどんどん煮詰めていきましょう。 このとき鍋に焦げ付いてしまわないように、ときどきかき混ぜるようにしてください。 煮詰まった後、お皿に盛りつけてパセリを振りかければ完成です! トマトも鯖も低カロリーで油を使わずに簡単に作ることができ、 見た目も赤ワインにピッタリです。 また、少しこんがり焼いた トーストやフランスパンにかけて食べるのもおすすめですよ。 まずエリンギは5mmの輪切り、砂肝も5mmの食べやすい大きさに切っておきます。 フライパンや小鍋にオリーブオイルを熱した後、にんにくを入れて炒めましょう。 にんにくの香りがしてきたら、砂肝を加えます。 砂肝に火が通ったら、エリンギを加えましょう。 オイルの中でも低カロリーなオリーブオイル、お肉の中でも 低カロリーな鶏肉の砂肝を使っているので、カロリーを気にすることなく白ワインと楽しむことができますよ。 まず茄子のヘタを取って縦半分に切った後、5㎝幅に切りましょう。 味が染み込みやすいように切り込みをいれておくと良いですよ。 茄子は水に 10分ほど浸けておきます。 梅干しは、粗めに刻んでおきましょう。 鍋やフライパンにオリーブオイルを熱し、水をしっかりきった茄子を入れて、 3分ほど中火で炒めます。 上記の鍋かフライパンに、だし汁・しょうゆ・本みりん・梅干しを入れてから煮立たせましょう。 最後にお皿に移し、冷蔵庫で 2時間ほど冷やした後、しそで飾ったら完成です!塩分が気になる場合は、梅干しは1個に減らしましょう。 【準備するもの】 無調整豆乳 200ml ・レモン汁 大さじ1 ・水切りネット・ボウル 【作り方】 1. まず豆乳を沸騰直前の 85度まで温めます。 次に、温めた豆乳にレモン汁を加えましょう。 このとき少しずつ混ぜながら 15分ほど放置するのがポイントです。 ボウルに水切りネットをセットして上記の豆乳を入れ、 1時間ほど冷蔵庫で冷やします。 冷やしたら、水切りネットを固く絞りましょう。 水切りネットに残ったものが豆乳チーズとなります! 絞り汁がボウルに残りますが、これは冷やしてレモンドレッシングとして活用できます。 我が家では温野菜にかけたりして、楽しんでいますよ。 おすすめです! できあがった豆乳チーズは食べやすい大きさに切り、クラッカーに乗せます。 これだけで立派なおつまみのできあがりです! クラッカーは無塩のものでも良いですが、私は塩味のついたクラッカーが好きなので、食べる量を調整しながら楽しんでいます。 子どもたちには豆乳チーズを使った チーズリゾットも大好評ですよ! ハムをちくわで代替したレシピ 次は、ハムなどの代替として、 ちくわとかまぼこを使った和え物を紹介しましょう! 隠し味の わさびがクセになる味わいです。 まずキャベツを食べやすい大きさに切り、サッと茹でましょう。 茹でたらキャベツを絞り、しっかり水気を取ってください。 鯖缶の汁気を取り、ボウルに出します。 キャベツ、鯖缶の中身、オリーブオイル、ポン酢、醤油を和えましょう。 刻んだ大葉を飾り付けたら完成です! このまま食べて美味しいのですが、 冷奴に乗せて食べるのも私はおすすめです。 二日酔いが心配なときなどは一緒に食べると安心ですね。 アルコールのの分解を助けてくれる物質が多く含まれる食べ物をみていきましょう。 タウリン タウリンは、 肝臓機能の働きを助ける物質です。 タウリンは主に魚介類に多く含まれていますので、 たこ、いか、ホタテ、牡蠣などの魚介類をおつまみに、お酒を楽しむと良いですね。 ビタミンE ビタミンEは、 コレステロール値を下げてくれる働きがあります。 ビタミンEは、 ナッツ類に多く含まれていますが、カロリーが高いので、 枝豆や茄子などビタミンEが多い野菜にオリーブオイルを合わせたおつまみもいいですね! ぜひ、おつまみの1つに加えてみてはいかがでしょうか? まとめ 今回は、ワインにおすすめの低カロリーなおつまみやレシピを紹介してみましたがいかがでしたか? 私のおすすめおつまみも同時に紹介してみましたので、ぜひ食べてみてくださいね! また、アルコールの分解を助けてくれる食べ物を食べたからと言って万全!というわけではありません…アルコールは適度な量で楽しむようにしましょう。

次の

365日晩酌しても痩せる!スピード低糖質おつまみレシピ【作ってみた】

ダイエット おつまみ レシピ

ダイエットにいいおつまみについて ダイエットを始めたばかりなのにお酒の席に出席しなければならない、せっかくだからお酒を楽しみたいと言う方も多いでしょう。 ダイエット中であっても、おつまみに気をつけていればお酒を控える必要はありません。 太る大きな原因の1つは糖質の過剰摂取です。 ダイエット中のおつまみは高タンパクで低糖質の食材を使ったものを選ぶと良いでしょう。 また味付けされている調味料にも気をつけましょう。 甘辛い味付けや、唐揚げや天ぷらなどに使われる衣は糖質が多く含まれています。 甘みの少ない味付けのものや小麦粉、パン粉などの衣がついてないおつまみが良いでしょう。 おつまみの定番といえば唐揚げですが、衣が厚すぎる時は中身だけ食べましょう。 お刺身、チーズ、焼き鳥はグルタミン酸が豊富です。 枝豆もタンパク質が多く含まれているのでダイエット中にもおすすめです。 するめや小魚などの乾きものはタンパク質が摂取でき、満腹感もありますよ。 おつまみの栄養について お酒を飲むと体内に摂取されたアルコールの多くは肝臓へ送られます。 肝臓ではアルコールを分解するために体内の糖分をエネルギーに変えるため、血糖値が下がります。 血糖値が下がると糖分を取り入れようと、糖質やカロリーの高いおつまみを食べてしまいます。 肝臓をいたわりながらダイエットにいいおつまみを食べるよう心がけましょう。 枝豆はタンパク質や亜鉛が豊富で、アルコールの分解を促進する働きのあるメチオニンや抗酸化物質が含まれておりお酒の席ではおすすめのおつまみです。 アスパラガスやきんぴらごぼうにも亜鉛が含まれており、正常な肝機能を維持するために役立ちます。 冷奴など大豆製品には植物由来のタンパク質が含まれています。 ご飯や麺類、フライドポテト、ピザなどは糖質が多く含まれているのでなるべく控えるようにしましょう。 作り方は簡単で、ささみにふんわりラップをかけレンジで加熱します。 ささみが冷めたらほぐし、ボールに調味料、きゅうり、ほぐしたささみを入れ混ぜ合わせます。 皿に盛りつけたら完成です。 お好みでラー油を入れても良いでしょう。 お弁当にもおすすめですよ。 作り方はきゅうりは叩いて3センチ程度に切ります。 塩もみをして水分が出てきたら洗い流します。 水気を拭き取ったらボールに入れて豆板醤、ごま油、みじん切りにした大葉、ネギを加え混ぜ合わせたら完成です。 水っぽくならないようにしっかり塩もみしてくださいね。 おつまみや箸休めにぜひ。 作り方はもやしは電子レンジで1〜2分程度加熱し、乾燥わかめは水で戻しておきます。 材料すべて混ぜ合わせたら出来上がりです。 調味料の量は材料の量で加減してください。 ラー油を加えても美味しく仕上がりますよ。 ヘルシーおつまみでダイエット中の方はぜひお試しくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の