秋篠宮家の噂。 もう騙されない−−美智子前皇后、そして秋篠宮家の浪費と乱脈の実態と陰謀

紀子様の堕胎の相手は秋篠宮様ではなく若い頃の恋人?男児生み分けのために中絶した噂は本当?

秋篠宮家の噂

ネットによってここ数ヶ月の間に広く明らかになってきている「平成四人組」と言われている人たちの問題点を列挙する。 美智子前皇后が采配している 皇族外遊(あえて外交とは言わない)の問題点 今回の秋篠宮夫妻の押しかけ外遊は、公務とはいえない。 招待をうけてのものではない。 経費の内訳を明らかにしてほしいというか、するべきでしょう。 出所は私たちの税金なんですから。 ポーランド、フィンランド訪問ということでyahooに毎日数回の記事がアップされているけれど、その都度ものすごい数の非難コメントがあがっている。 当然だろう。 この外遊に先立っての記者会見での秋篠宮夫婦の小学生並みの会見が噴飯ものだった。 相手国の歴史、政治状況、文化等の下調べをしっかりしていないのが、露呈していたから。 この程度の人が訪問国との親善を図るなんて、到底無理だとわかるものだった。 知性も教養もない。 勉強する努力もしない。 いつも抜け駆けのズルで人生過ごしてきた。 そんな人たちが、日本国の代表面で出向くのは、国益を著しく損なう。 これまでもずっとそういう楽チン「公務」として外遊(単なる観光旅行)をして来たのでしょう。 今まで彼らの「公務」もどきに関心を持たなかった人たちが、おかしいと声を挙げ始めている。 「国民をなめているのか!」という怒りの声があがっている。 外遊中、日に何度も替える紀子妃の衣装代。 警備費用。 招待ではないので、相手国が開催する行事費用も。 もちろん行き帰り及び道中のファーストクラスのフライト代も。 何千万円、否1億はかかっている?その費用内訳と、親善の効果についてのレポートを本人たちに提出してもらいたい。 レポの方は無理やり宮内庁職員に押し付けるとしても、費用明細は提出する義務がありますよ、秋篠宮さん。 税金なんですから。 宮内庁はその 明細を公表すべき。 こういう 皇族外遊の割り振りをしてきたのは、 美智子前皇后だという。 外交官として華々しく活躍されていた雅子さまを幽閉同然に閉じ込め海外に出られない様にし、その挙句ご病気にまで追い込んだ。 語学のみならず、教養も知性も、さらには外見の美しさででも、優っておられる雅子さまへの醜い嫉妬だった?令和になって、雅子皇后陛下が元外交官の本領発揮で皇室外交に本領を発揮、ご活躍されている報道を見て、あの雅子さまへのバッシングが誰の差し金だったのかに、多くの国民はようやく気づき始めた。 皇室外交に真摯に取り組むなら、雅子さま、そして語学、教養共に優れておられて外国王室にも友人の多い高円宮妃久子殿下、そしてオックスフォード大学マートンカレッジから博士号を取得された優秀な三笠宮彬子女王に担っていただくべきだろう。 語学も教養もない秋篠宮夫婦を出すのは日本の国益を損ないますよ。 なんと今までに41カ国も行っているんだとか。 どれだけ 恥をかいてきたことやら。 虚しい。 美智子前皇后が増やした 「公務」の問題点 これについては、前の記事で書いた。 天皇は祭祀を執り行うという重要な役割を担っておられる。 天皇としての役割には、その他国事行為を含む「天皇の公的行為」がある。 ここで問題にするのは、それらに入らない、平成になって飛躍的に増えた「公務」。 なぜ問題なのか。 雅子さまバッシングのネタにしたこと 美智子前皇后が公務と称し、それができないということで雅子さまをバッシングした。 美智子前皇后が行きまくった「公務」は本当に必要だったのか?そもそも、それらは皇后がなすべき公務なのか。 今上陛下は謝礼付きのお出ましはなさらないとういう。 だから、平成時代、今までになかった「公務」を新たに増やした張本人が誰かがわかるだろう。 その「公務」の多くは謝礼付きのもの。 その分前に預かっているのが秋篠宮一家ということになる。 こういうところから 癒着は始まっているんです。 他の皇族方はそういう卑しいことはなさらない。 謝礼が出ることをおいても、秋篠宮家の人たちには私たちの税金から「皇族費」として、1億2千万円が支払われている。 どこまで守銭奴なの。 「(自分が爆発的に増やした)公務を担わせる」という大義名分で 女性宮家創設を策謀していること 「小室事変」を裏読みすれば女性宮家創設の陰謀が見えてくる?「小室事変」をきっかけにして、ネットで次々に報告される前天皇皇后の「美談」に裏があることがわかってきた。 加えて、その都度新しい衣装に警備付き、そして報道付きでの退位前の常軌を逸した「お忍び外出」。 ものすごい税金がそこに投じられていることに、いくら鈍い(というか関心のなかった)人も「なんか変?」と気づき始めた。 かくいう私もそう。 そもそも、小室某と孫娘の婚約の裁可をしたのは前天皇・皇后。 小室某家のスキャンダルが出てきて、裁可取り消しができるこの期に及んでも、まだ動かないというのは、策謀があるからでは。 秋篠宮家の二人の娘に 女性宮家を創設するという。 そこに「小室圭殿下」が入ることになる。 だから、秋篠宮のあの会見からわかるのは、この夫婦と前天皇・皇后親夫婦とが「女性宮家創設」までの時間稼ぎをしていること。 小室某との破談なんて、およそ考えてもいないに違いない。 小室圭、その母がおかしいと騒いでいる人たちが未だにいる。 もちろん彼らは問題ではあるけれど、もっと大きな問題は、隠然と勢力を振るっている前天皇・皇后が依然として、何としても孫娘たちに女性宮家を創ろうとしていること。 人倫に悖る(?)ことまでして「製造した」長男はかなり問題があることが、ネット情報から漏れ出てきている。 問題があれば皇室典範の条項によって天皇にはなれない。 それを姉二人に「宮家」として支えさせるというのが、彼らの目論見である。 仮に女性宮家を創設するとしたら、品格とはおよそ縁のない秋篠宮の二人の娘よりも高円宮、三笠宮家の女王方に担っていただいた方が、どれだけ国益に適うか。 「公務」が利権がらみなこと 紀子妃の実弟である 川嶋家舟氏の「皇室利用金儲け」疑惑については、Newsポストの以下の記事に出ている。 紀子妃父の川嶋辰彦氏は、今上陛下が皇太子時代に退位を迫った 山折哲雄氏と共に松下幸之助記念財団メンバー=生長の家の会員らしい。 また、『週刊新潮』6月6日号で暴露されたように、 川嶋辰彦氏は パチンコ社長の三井何某と韓国旅行をしているだけでなく、親しい付き合いをしている。 また、その 出自が半島にあると噂されている紀子妃の母が、秋篠宮邸に悠仁さんの教育係として住み込んでいるという噂もある。 皇室にこんなとんでもない噂が出るとは、昭和天皇もさぞ嘆いておられることだろう。 週刊誌お抱え記者のヨイショ記事、さらには「美智子あげ本」出版の問題点 マスコミ、つまり新聞、週刊誌を味方につけるという点では極めて積極的な美智子前皇后。 雅子さまバッシング記事を子飼いの彼らに書かせていたのは周知の事実。 『女性自身』ならぬ『美智子自身』だと揶揄されていたとか。 私は女性週刊誌を読まないので、それらの「美智子お抱え記者」のことも、その記事についてもネットにあがるまで知らなかった。 たまにテレビに登場する渡邊みどりなる女性の、反吐の出そうなヨイショ・コメントを耳にして、分析、解釈ということができない人だと呆れたことはある。 その呆れた同胞の一人にこの4月出くわしてしまった。 矢部万紀子という。 怒りのあまり、即このブログ記事にしている。 文章に知性のかけらもなかった。 脈絡がなく、酷すぎた。 あとでこの御仁が『美智子さまという奇跡』なんていう、とんでもない本を書いていることを知った。 軽蔑しかない。 こんな表題の本を書かれて喜んでいるとしたら、前皇后にはdecencyのかけらもないとしかいえない。 日本人の美徳とは無縁。 そもそも、時系列がスッキリわからない。 論理的ではないと、問題だらけの上に、雅子さま憎しのあまり、事実を改ざんしていた。 物書きとして許されることではない。 雅子さまが水俣に謝罪にゆくべきだと「主張」しているけれど、前皇后の妹の嫁ぎ先が第二水俣病を起こした昭和電工の安西家だと知ってのこと? 前美智子皇后のマスコミ支配は今でも続いているようで、ゴミ記者の投稿も多いので、私たちがしっかりと監視する必要があるだろう。 これらゴミ記者の面々は、ネットを検索すれば一覧が出てくる。 一掃したい! 雅子さまはご結婚後、「皇室改革」を唱えられたとか。 それが前皇后の逆鱗に触れ、あの様な幽閉につながったという情報がネットに挙がっていた。 怒りがふつふつと湧いてくる。 皇統を自分たちに都合の良い秋篠宮長男に持ってゆこうと策動している問題点 皇統を横取りするために、ありとあらゆる手段(この中には人倫に悖り、かつ法に触れることも入っている?)を行使している秋篠宮夫婦と紀子妃父。 川嶋辰彦氏の背景は『週刊新潮』が暴露したので詳細は避けるけれど、怪しい組織が絡んでいることがは明らか。 こういう血筋に皇統を移すなんて喚いている「日本会議」の皆々さま。 これで本当にいいのですか。 合わせて113億円! 上皇夫妻の新住居と秋篠宮家の改修費用の問題点 退位した上皇夫妻のための新住居の費用。 まず仮住まいの高輪皇族邸(旧高松宮邸)の改修に5. 5億円(ここ、すでに完成済みなのに、上皇夫妻は未だ皇居に居座っているのですが)。 そして彼らの新住居となる「新仙洞御所」の改修費用が約70億円!そこには前皇后の衣装倉庫代4億円も含まれるそう。 これ、全て私たちの税金です。 これってひょっとして(女性宮家を想定した)娘の新住居費も入っている?上皇、秋篠宮邸の新住居で合わせて113億円。 全部私たちの税金です。 もっと他に使い道はあるでしょう。 本当に「国民に寄り添う」なら。 私たちはいつまでこんな蛭のような人たちに貪り続けられなければならないのでしょうか。 しかも上皇夫妻の新住居には カトリック(?)の礼拝堂が作られるという話が漏れ出てきている。 神道のトップが住まうところに礼拝堂の話が本当なら、「日本」への冒瀆ですよ。 私は神道ではないけれど、それでも恐ろしくなる。 監査、監督する術はないのだろうか。 無力感に苛まれる。 未だに皇居占領中 それと、2年も前から退位が決まっていたのに、御代が代わり天皇・皇后でなくなった今も、「前」のお二人は皇居を占領している。 そのため、天皇・皇后両陛下は皇居に「通勤」されなくてはならない。 これはずっとやってきた嫌がらせの一つなのでは。 早急に立ち退き、今上天皇陛下ご一家にあけ渡すべきでしょう。 yoshiepen.

次の

秋篠宮家のお噂小室圭の皇室利用ヤバい噂や謎について最新情報

秋篠宮家の噂

眞子様の結婚延期で 紀子様との仲が険悪になってしまったという噂です。 女の子にとって結婚ってみんなに祝福されて幸せに嫁ぎたいもの。 眞子様の結婚はこのまま破談になるのではないかとも見られているので、眞子様がどんな状態なのか心配です。 眞子様って恋愛をして結婚するのが当たり前だって思われていると思うんです。 というのも、秋篠宮様と紀子様も大学で出会い、ご結婚されているから。 そんな紀子様ですが実は 堕胎を経験しているという噂があるんです。 もし事実だとしたら紀子様の 堕胎の相手が誰なのか気になるところですよね。 他にも 男児を生み分けるために 中絶したという噂もある様子。 噂が真実なのか、紀子様の堕胎について調査してみました。 紀子さまの関連記事はこちらもよく読まれています! 出典: 天皇陛下の孫にあたるわけですから、もし堕胎が本当だとしたら 相当な理由があるはずです。 例えば、妊娠が 大学時代の出来事であれば堕胎したっていう可能性はあるかもしれません。 結婚と妊娠の順番が違う!っていうことになれば、皇室としては大変な問題ですもんね。 そういった場合は、堕胎という選択肢を取った可能性はあるかもしれません。 また、秋篠宮さまは昔から やんちゃで有名でしたし、 ガールフレンドも何人もいたという話もあります。 大学時代に秋篠宮さまが作られた自然文化研究会は、テニスやスキーや飲み会などを楽しむサークルとして有名です。 夜になると行きつけの スナックでみんなで 飲んだりして、 酔っ払って赤ら顔になったメンバーの写真なども有名です。 出典: ただ、皇太子様と雅子様の間に男の子が生まれないことへの配慮もあって、 第三子妊娠の時期を見計らっていたという話もあります。 仲のいい秋篠宮様と紀子様なのに第三子の出産までに12年もかかっていることで一時、不仲説なども流れましたが、悠仁様を 自然妊娠で授かったと言われています。 紀子様は眞子様、佳子様との年齢が離れすぎるのを懸念されていたということで妊娠に踏み切ったのではとも言われています。 佳子様と悠仁様は 12歳差で、紀子様が 39歳の時のご出産なので 高齢出産でしたが母子ともに健康でした。 3人目の悠仁様が待望の男の子だったということで無事に出産されましたが、佳子様出産から12年の間に 産み分けで中絶したのでは?という噂もあるんです。 真実はわかりませんが、もし仮に妊娠していて女の子だってわかる頃にはもう中絶が難しいくらい胎児が育っているような気がします。 ですので、この噂はウソじゃないかなって管理人は個人的に思っています。 中絶できる期間は 妊娠22週目までと決められています。 胎児の性別は早い場合で20週目くらいにわかることもありますが、遅い人場合は30週を過ぎてやっとわかるっていうこともあります。 妊娠12週を超えての中絶は、人工的に陣痛を起こして流産させるため 母体にかなり大きな負担がかかります。 紀子様が体調不良で公務を休まれていたという話は聞いたことがないので、性別がわかってからの中絶はなかったんじゃないかなと、管理人は個人的には思っています。 産み分けって可能なようで、特に女の子よりも 男の子の産み分けの方が 成功する確率が高いようです。 紀子様は悠仁様をご懐妊される1年前から 愛育病院に通っていたということなので男の子を産むためのタイミングを見計らっていたんじゃないかなと思います。 その頃の紀子様は普段着ないパンツスーツで体を冷やさないようにしたり、大好きなテニスもしなかったりと体調管理に気をつけていました。 あとはもう、絶対に男の子が欲しいっていう秋篠宮様と紀子様の執念みたいなものが悠仁様誕生につながったのでは?とも思っちゃいます。

次の

秋篠宮家のお噂!母親は誰?女優の加茂さくらにそっくり?真実が知りたい

秋篠宮家の噂

秋篠宮殿下のプロフィール ご紹介するまでもないかと思いますが、簡単にプロフィールを確認しておきましょう。 名前・秋篠宮文仁親王 あきしののみやふみひとしんのう• 生年月日・1965年11月30日• 続柄・今上天皇の第二皇男子• 皇位継承順位:現在第2位 皇太子殿下が天皇になった場合、順位は1位に• 配偶者・親王妃紀子様 皇太子明仁親王と 同妃美智子様(いずれも当時)の 次男として、宮内庁病院でお生まれになりました。 1990年1月12日に納采の儀が執り行われ、紀子様との婚約が正式に決定し、6月29日に結婚の儀が行われ、秋篠宮家が創設されました。 お子様は、眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王がいらっしゃいます。 Sponsored Link 秋篠宮殿下は遊び人なの? 秋篠宮殿下といえば、皇室でしっかりと公務を遂行されており、遊び人というイメージは全くありませんでしたが、なぜ遊び人という噂が広まっているのでしょうか。 それは大学時代にさかのぼります。 学習院大学に通われていた秋篠宮殿下は、 ご自身で「自然文化研究会」というサークルを作られたそうです。 そのサークルお酒を飲んで帰りが遅くなったり、当時はすでに紀子様とお付き合いもされていたそうですので、遊び人と言われてしまっているのかもしれません。 しかしお立場的に常にSPのいる生活ですし、そこまで派手に遊ぶというのは難しいですので、遊び人ということはないと思います。 秋篠宮殿下は遊び人でタイ女性に隠し子がいた? こちらの噂は、秋篠宮殿下が30歳で 単身タイにナマズの研究に行かれた時のことです。 当時から自由奔放なタイプだった秋篠宮殿下は、 そのとき当時のクリントン大統領と来日晩さん会が行われる予定だったのですが、プライベートを優先してしまったそうです。 このことから、 実はタイに女性がいるのではないか!?と言われるようになりました。 その女性は、タイの外務省に務めている方、前国王の娘の王女様ではないか、大学の研究員ではないかなど、お相手まで推測されています! 秋篠宮殿下は 私用の際はSPはつけていないそうですので、こうした噂が広まってしまっているのかもしれません。 しかし隠し子については噂で、事実とは確認できませんでした。 むしろ事実だったら大変なことになりますよね…。 秋篠宮殿下と紀子様の馴れ初めは? 秋篠宮殿下と紀子様の馴れ初めについてですが、 出会いは 学習院大学です。 紀子様のお父様は教授をされていて、秋篠宮殿下は 「川嶋教授のお嬢さんです」と紀子様を紹介されたそうです。 そして自然文化研究会に所属され、そこで仲を深められ、交際に発展したようです。 まだお二人が大学生のときに、 秋篠宮殿下がプロポーズをして結婚されました。 お二人は恋愛を経て結婚されたのですね。 皇族というお立場で普通に恋愛をして結婚できるのは、とても幸せなのではないでしょうか。 紀子様の当時のお写真を拝見すると、驚くほどきれいでびっくりします。 これは、秋篠宮殿下も一目ぼれされたのではないでしょうか! 紀子様のプロフィール そんな紀子様のプロフィールも確認しておきましょう。 名前・文仁親王妃紀子 ふみひとしんのうひきこ• 旧名・川嶋 紀子 かわしま きこ• 生年月日・1966年9月11日• 出身地・静岡県静岡市 お父様は 川嶋辰彦教授で、ペンシルバニア大学に留学していたことから6歳まではアメリカで過ごされていました。 お父様が学習院大学の助教授に就任した1973年に日本に戻り、1976年に学習院初等科へ編入。 そのまま 学習院大学へ進学し、秋篠宮殿下と出会われました。 秋篠宮殿下と結婚後は、 25歳で眞子様、 28歳で佳子様、 39歳で悠仁様を出産され、育児と公務をされてきました。

次の