ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 翻訳。 ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 翻訳

漫画「皇帝の一人娘」原作の韓国小説の内容紹介!結末のネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 翻訳

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 翻訳

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 翻訳

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

【皇帝と女騎士】待たなくても読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 翻訳

ピッコマで毎日楽しく色々と漫画を読んでいるのですが、 お気に入りの「悪女の定義」という漫画が(人気はあるのでしょうが)あまり語られていないようです。 おもしろいんですけどね。 ヒロインが賢くて痛快。 Twitterもブログも探しましたが、ほとんどなかった…ので、ネタバレ感想を記していきます。 早く単行本を出してほしいです!!! せっかくなのでピッコマの範囲は超えて、公式から辿っていきます。 式典に参加したシャティは、皇太子にエスコートされて帰ることに。 式典に出席したパンツルックのシャティがハンサムウーマンでかっこかわいいです〜!!皇太子ともカラーが合っていて良きです。 馬車に乗り込んだシャティに続いて乗り込む皇太子。 一緒に馬車に乗るのか?と少し嫌そうなシャティですが、そもそもその馬車は皇太子のものでした(笑) 馬車に乗り込んでくる皇太子がかっこかわいいんですよね〜〜イケメン。 シャティは前話で子供と話をしたことで少し落ち込んでいる様子。 皇太子は会話を聞いていたようですね(確か、祝福を受けていたから遠くの会話も聞こえるんですよね)。 盗み聞きしていつもそんな調子で色々聞こえるのは疲れないか、とシャティは聞きますが、皇太子は集中していないと聞こえないのでそんなに苦でもないとのこと。 つまりシャティのことは気になって耳ダンボになっちゃうんですよねきっと〜〜最近の皇太子かわいい。 子供が嫌いな人はいないはず、とご機嫌のシャティに皇太子は微妙な反応。 ポンコツ翻訳ではニュアンスまで掴めなかったのですが、父である皇帝から愛されて育ってないからでしょうか。 それともそんな子供にも悪どいことをする輩がいるってことなのでしょうか…わからない。 ところで、と皇太子はシャティのパンツルックを似合っていると褒めます。 じっと見つめてくる皇太子にシャティは照れます…かわいい〜〜このカップル最高です〜 そのまま皇太子はシャティの髪を手にとりながら、いつ紅葉を見に行こうか?と尋ねます。 シャティの都合に合わせるから、と迫る皇太子。 シャティの髪をクルクル弄んでる皇太子が素晴らしくエロいです。 (前に何話かでもありましたけど、皇太子、堅物そうな顔して意外と距離感が近いですよね〜〜)笑顔でビシッと皇太子の手を跳ね除けるシャティ(笑)週末に見に行く約束をし、待ちきれないと微笑む皇太子に笑顔を返すシャティがかわいいです。 帰り際、シャティの手にキスをする皇太子。 恋人みたいでは、と照れまくるシャティがかわいいいいい〜〜〜もう、アイリーンとか皇后とかレジーナとか、どうでもいいから早くくっついて!!!! 最近の皇太子の行動を思い返すシャティ。 上着を貸してくれたり、毎晩電話(?)してくるなんてレジーナと皇太子の関係と言うよりは、まるで皇太子が自分のことを好きなのではないかと…いや、好きなはずない!と悶々とするシャティ。 いや、どう見ても皇太子はシャティのことが好きだから!!!!と大声でシャティに伝えてあげたくなるわたし(皇太子、毎晩電話してきていたのか…) シャティは前世で、彼氏を親友に寝取られてひどく傷つきました。 皇太子の恋人アイリーンから皇太子を奪うことは、その行いを自分がしてしまうということ。 そんなことはしたくない、と悩むシャティ。 そもそも皇太子が自分を好きかどうかもわからないし、と悩むのは止めようと思い寝付くシャティでした。 もうシャティは完全に恋する乙女となっていますね。 相手が自分のことを好きかどうか悩み始めた時点で、大体その人のことを好きになってますよね(笑)皇太子はさっさとシャティに告白すべき。 聡明で美人のシャティにメロメロになっているのが隠せていません。

次の