サザエ さん 実写。 サザエさん:実写版ドラマ、20年後の早川さんは松井玲奈 カツオ失恋? 花沢さん、かおりちゃんの3人組で花嫁一番乗り

『サザエさん』20年後を実写ドラマ化。天海祐希と西島秀俊が共演、美男美女揃いのキャストで反響。

サザエ さん 実写

桜田は「すごく演じがいがあるなと感じました」とオファーを受けた際の心境を振り返り、「現代のサザエさんだったらこんな感じなんだな、と想像を膨らませながら観ていただけたらうれしいです」と視聴者にメッセージを送った。 桜田のコメント全文と、企画・プロデュースを担当した渡辺恒也のコメントは下記に掲載する。 「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」は、11月24日20時よりフジテレビ系でオンエア。 演出は「HERO」「マスカレード・ホテル」などを手がけてきた が担当し、2013年放送の実写ドラマ「サザエさん」にも参加していた阿久津朋子が脚本を手がけた。 なお11月24日にはスペシャルアニメ「サザエさん」も放送される。 スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」 フジテレビ系 2019年11月24日(日)20:00~21:54 スペシャルアニメ「サザエさん」 フジテレビ系 2019年11月24日(日)18:30~20:00 桜田ひより コメント ヒトデ役をオファーされたときの心境 本当にびっくりしました。 幻の8人目の家族と言うことで、調べてみると原作では1回しか登場していないとてもレアなキャラクターで、すごく演じがいがあるなと感じました。 ヒトデを演じるにあたっての意気込み ほかのキャラクターと違ってキャラクター像がなかったので、お母さん(サザエ)やお父さん(マスオ)、お兄ちゃん(タラオ)を研究して、それぞれの似ている部分も表現していきたいです。 学ぶ事もたくさんあって、自分がまた1つ成長できたなあと感じました。 視聴者へのメッセージ 皆さんが知っている「サザエさん」でヒトデ役として出演できたことはとても誇りに思っています。 現代のサザエさんだったらこんな感じなんだな、と想像を膨らませながら観ていただけたらうれしいです。 渡辺恒也(企画・プロデュース)コメント 今作のビジュアルについて 今作を企画したときに最初から決めていたことが2つあります。 1つは、ヒトデを一家のメンバーとして登場させたいということ。 もう1つは、20年後の姿をアニメのイメージを崩さず現代風にアレンジして表現するということです。 サザエさんの20年後、というのは登場人物が単に20歳年を取ったということだけでなく、物語の舞台が2019年の現代に近い設定になっているということでもあります。 キャスト・スタッフ一同で考えに考え抜いたトライの結果ですので、是非ドラマ本編でその姿をご確認いただければ幸いです! ヒトデ役の桜田ひよりのキャスティングについて 私たちがいつも見ているあのサザエさん一家に、その後の20年間に何か変化が起きたとしたら……と考えたとき、原作の1コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に登場しているヒトデちゃんを出さないわけにはいかない!と思い立ち、今回、実写のキャラクターとして初めて登場させることになりました。 17歳というと多感な年ごろですが、あのフグ田家の娘として生まれたわけなので、不良になっているわけがない。 でももしかしたら、明るくて誰からも人気者なサザエさんを母親に持った娘としては、ちょっとだけ素直になれない一面があったりするのではないか……ということで、脚本家や監督とも話してキャラクターを膨らませていきました。 桜田さんとは5年ほど前にお仕事をご一緒したことがあったのですが、その時すでに年相応な子供らしさの中にもしっかりした自分の芯を持っているお芝居をする印象があったので、サザエさん一家の8人目の家族という難しい役に対しても、きっと自分の中で正解を見つける作業をして役に取り組んでいただけるという信頼がありました。 現場のヒトデを見て感じたことは、磯野家・フグ田家の人々と暮らしてきた17年間の歳月がしっかり感じられる人物像になっているということです。 サザエさんとの関係だけでなく、父親であるマスオさん、兄であるタラオとの関係や、カツオやワカメとの距離感も、ひとつひとつ丁寧に演じていただけたと思います。

次の

サザエさん:天海祐希主演で実写ドラマ化 20年後の磯野家描く

サザエ さん 実写

スッタフ・キャスト 原作 — 長谷川町子『サザエさん』 脚本 — 阿久津朋子 プロデュース — 渡辺恒也 演出 — 鈴木雅之 フグ田サザエ — 天海祐希 フグ田マスオ — 西島秀俊 磯野カツオ — 濱田岳 磯野ワカメ — 松岡茉優 フグ田タラオ — 成田凌 フグ田ヒトデ — 桜田ひより 磯野フネ — 市毛良枝 磯野波平 — 伊武雅刀 波野ノリスケ — 八嶋智人 波野タイコ — 堀内敬子 波野イクラ — 稲葉友 花沢花子 — 森矢カンナ かおりちゃん — 黒川智花 早川さん — 松井玲奈 中島— 岡崎体育 貝塚タカシ — 中林大樹 穴子さん — 小手伸也 花火師のヒラマサ — 佐戸井けん太 サブちゃん — 勝俣州和 伊佐坂先生 — 浅野和之 (画像引用元 ) スポンサードサーチ 実際版サザエさん「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」あらすじ 20年後の磯野家の人々は…カツオ(31歳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折するのを繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。 ワカメ(29歳)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。 タラオ(23歳)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。 また、波平(74歳)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。 そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守るフネ(70代)。 マスオ(48歳)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。 もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとサザエ(44歳)は奮起する。 盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。 サザエは磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうかー。 fujitv. しかしうまくいかず何度目かの挫折の危機に直面していた。 29歳のワカメ(松岡茉優)はアパレル関連のデザイナーをやっているがデザインがなかなか採用されずにいた。 そんな矢先に恋人・貝塚タカシ(中林大樹)からプロポーズされ仕事を辞めるか悩んでいる。 23歳のタラちゃん(成田凌)は、就職活動中だが、やりたいことが見つからず、面接を落とされる毎日を送っていた。 74歳の波平(伊武雅刀)は定年退職を迎え、子供達との距離の取り方に悩み中。 70代のフネ(市毛良枝)はそんな夫を支え、48歳のマスオ(西島秀俊)は出世したものの中間管理職として板挟みの会社員生活を送っている。 そして44歳になったサザエ(天海祐希)はそんなもやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうとしていた・・・! とりあえず突如現れた高校生の娘・ヒトデ(桜田ひより)に毎日キャラ弁を作っている。 地元の盆踊りの日、サザエは家を出ているカツオとワカメを呼び出し、久々に家族で食卓を囲むことにした。 ちなみにこの盆踊り後に上げられる花火で花火師のヒラマサ(佐戸井けん太)が引退するらしい。 タラちゃんはヒラマサの花火を楽しみにしていた。 しかしあいにくの雨。 盆踊りも花火も中止になるだろう。 食卓を囲む磯野家では、ワカメを結婚を、タラオは就活への不安を、カツオは洋食店を辞めることを家族に打ち明ける。 とくにカツオが店を辞めることに対しては家族は猛反対! みんなの本心を見抜いたサザエは 「カツオとワカメは仕事をやめない。 タラちゃんは就活やめなさい! とりあえずやめてやりたいことを見つけてみたらいいんじゃない?」 とアドバイスする。 タラちゃんは歳の近い親戚・イクラちゃん(稲葉友)が学生のうちに起業したことでコンプレックスを感じているらしい。 「僕はイクラちゃんとは違う」と、とても気にしている。 それでも押し切るサザエ。 でもサザエはヒトデが嫌がるキャラ弁作りをやめないらしいw そんな議論を繰り広げる磯野家だったが、豪雨で庭の木が折れてしまう。 ずっと見守ってくれていた木が折れたことに波平は大ショックを受ける。 翌日、なんだかんだサザエの言われた通りにすることにしたカツオ、ワカメ、タラオ。 そんで中止になった花火をやりたいと地域の人たちにお願いするサザエ。 色々尽力した甲斐あって、無事にヒラさんの最後の花火を上げられることになった。 磯野家のみんなで花火を見る。 楽しい思い出になった。 タラオはニュージランドに自分探しの旅に出かけることになった。 ワカメは彼氏と別れてデザインの仕事を頑張ることになった。 カツオは洋食屋を続けることになった。 サザエはキャラ弁を作り続けることになった。 そんな感じでめでたしめでたしの「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」であった。 タラちゃんもギリギリ許せる。 でも カツオにはいつまでも悪賢く立ち回る人生を送って欲しかった!!! ちょっとイメージが崩れた。 そんで1番イメージ崩れたのは花沢さんだなw なんだかんだカツオのよき理解者っていうポジションはあの頃から一緒だけど「お前誰?」レベルに可愛くなっててビックリした! 見た目の雰囲気はもちろん、昔はもっとズバズバ言うサバサバ系女子だった気がするんだけどな🤔 現在では見た目は可愛いし言動は普通。 理想の彼女じゃねぇかwww 実写版・20年後の花沢花子。 20年経ってもサザエは強いw 最終的にはサザエの一言でそれぞれやりたいようにやることに決めたカツオ、ワカメ、タラちゃん。 自分で決断しろよ・・・って感じですけど、誰かに背中を押してもらい時ってあるよね。 本当はやりたい(タラちゃんはやりたくない)けど自信がない3人の背中を押してくれたサザエさん。 やっぱりサザエさんは 20年経ってもいい姉&いい母だったってことですね😌 ところでヒトデとかいうサザエの娘がシレッと登場して驚いたけど、これは公式のサザエさんにも登場した幻のキャラクターらしいですw 1954年に発刊された雑誌「漫画読本」創刊号に掲載された一コママンガ「サザエさん一家の未来予想図」で、たった一度だけ登場したキャラクターとのこと。 見ても見なくてもいい普通なドラマでしたw 西島さんがアニメ版マスオさんに寄せて「え゛ぇ!!」の演技をしてくれてたのが唯一面白かったかな😂.

次の

実写「サザエさん」主演は天海祐希!西島秀俊、濱田岳、松岡茉優、成田凌らも出演(コメントあり)

サザエ さん 実写

ドラマ「明日、ママがいない」などで知られる女優・が同キャラクターを演じる。 フグ田ヒトデは、サザエ&マスオ夫妻の第2子でありタラオの妹。 1954年発刊の雑誌「漫画読本」の創刊号に掲載された1コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に一度だけ登場しており、その後の漫画やアニメでは一切描かれてない。 現在公演中の舞台「サザエさん」では、セリフでのみ言及されている。 [PR] 写真左下にヒトデが! - 1コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」の原画 -(C)長谷川町子美術館 ドラマのヒトデは17歳で、放課後は友達とカラオケ、スマホを片時も離さないイマドキの高校二年生。 末っ子らしい要領の良さと物おじしない性格で、とある理由からサザエに対してつい距離をとってしまい、一家の団らんに対しても照れくささを隠せないでいる。 フグ田ヒトデ役の桜田ひより - (C)フジテレビ 今年キャラクターと同じ17歳になる桜田は、オファーを受けた時の心境について、「本当にびっくりしました。 幻の8人目の家族と言うことで、調べてみると原作では1回しか登場していないとてもレアなキャラクターで、すごく演じがいがあるなと感じました」とコメント。 「他のキャラクターと違ってキャラクター像がなかったので、お母さん(サザエ)やお父さん(マスオ)、お兄ちゃん(タラオ)を研究して、それぞれの似ている部分も表現していきたいです」と意気込んでいる。 [PR] フジテレビ編成部の(企画・プロデュース)は、ヒトデの登場理由について「私たちがいつも見ているあのサザエさん一家に、その後の20年間に何か変化が起きたとしたら……と考えたとき、原作の1コマ漫画『サザエさん一家の未来予想図』に登場しているヒトデちゃんを出さないわけにはいかない! と思い立ち、今回、実写のキャラクターとして初めて登場させることになりました」とコメント。 桜田の起用ついては、「桜田さんとは5年ほど前にお仕事をご一緒したことがあったのですが、その時すでに年相応な子供らしさの中にもしっかりした自分の芯を持っているお芝居をする印象があったので、サザエさん一家の8人目の家族という難しい役に対しても、きっと自分の中で正解を見つける作業をして役に取り組んでいただけるという信頼がありました」と語っている。 44歳のサザエ()をはじめ、48歳のマスオ()、31歳のカツオ()、29歳のワカメ()、23歳のタラオ()、70代のフネ()、74歳の波平()といった20年後の磯野家を捉えている。 (編集部・倉本拓弥).

次の