モバイル suica 機種 変更。 格安SIMへ乗り換えてもモバイルsuicaは使える?mineo・UQモバイルで実際に使ってみた!

スマホが故障した場合の手続き「EASYモバイルSuica」編

モバイル suica 機種 変更

iPhoneに登録することで便利に使えるモバイルSuica。 このモバイルSuicaは複数端末で同期して使用することはできません。 そのため機種変更の際には、新機種へSuicaを移行する手続きをしなくてはいけません。 ここでは機種変更する際の手続き方法についてご紹介します。 iPhoneから新しいiPhoneへ移行する方法 機種変更を行う前に、旧機種で移行の手続きをしましょう。 Suicaはひとつの端末にひとつしか追加できません。 そのため旧機種でSuicaを削除していない場合、新しいiPhoneにSuicaを追加することができなくなってしまいます。 また新旧の端末が同じApple IDでないと移行できませんので注意しましょう。 旧機種での手続き まず旧機種からSuicaを削除しましょう。 削除してもSuicaのデータはJR東日本のサーバーに退避されるので、データが消えることはありません。 「Wallet」を起動します。 「Wallet」に設定されたSuicaを選択しましょう。 3.右上にあるボタンをタップし、「このカードを削除」を選びます。 新機種での手続き 旧機種でSuicaを削除したら、今度は新端末でSuicaを再設定します。 まず、新しいiPhoneがApple PayのSuicaが利用できる設定になっているかを確認しましょう。 「Wallet」を起動します。 Apple Payの案内画面に従って「続ける」をタップします。 カードの種類で「Suica」を選びます。 サーバーに退避させたSuicaが表示されたら「次へ」をタップして完了です。 Android端末からiPhoneへの移行方法 Android端末(モバイルSuica)からiPhone(Apple PayのSuica)へ移行するにも、手続きが必要です。 旧機種が手元にあるうちに忘れないように手続きをしましょう。 ではAndroid端末からiPhone移行する際の手続きを紹介します。 旧機種を操作しSpicaをサーバーに退避させる まずは旧機種(Android端末)を操作して、Suicaの情報をサーバーに退避させます。 モバイルSuicaアプリを起動します。 トップページで「その他」タブから「会員メニューを」タップします。 Suicaのパスワードを入力しログインします。 「携帯情報端末の機種変更」をタップします。 「機種変更をする」をタップすると、Suicaの情報がサーバーに退避できます。 新機種(iPhone)で再設定を行う 1. まず、iPhone同士の移行と同様に、 Apple PayがSuicaを利用できる設定になっているか確認します。 App StoreからSuicaアプリをダウンロードします。 Suicaアプリを起動し、一覧画面左下にある「機種変更」をタップします。 ログイン画面で、モバイルSuicaに登録したメールアドレスとパスワードを入力し「完了」をタップします。 Suicaパスワード情報変更入力画面で新しいパスワードを入力し「完了」をタップします。 会員登録内容確認画面で「機種変更する」をタップし、携帯情報端末機種変更画面で「実行する」をタップします。 iPhoneからAndroid端末へは移行できない iPhoneからAndroid端末に機種変更した場合、Suicaは移行できません。 正確には「Apple PayのSuica」をAndroid端末に引き継ぐことができないのです。 Apple PayでSuicaを使用していた場合は、一度退会する必要があります。 そしてApple Payに登録しているすべてのSuicaの払い戻し手続きを行いましょう。 払い戻しの手続きをするとチャージされていた金額は銀行口座へ払い戻しとなります。 ただし銀行口座へ振り込む際に手数料が発生するため、できるだけ使いきったほうがお得です。 もし払い戻し手続きを忘れていた場合は、新機種でモバイルSuicaをダウンロードし「会員専用退会・払い戻し」専用の申請フォームから手続きを行いましょう。 Suicaをスムーズに移行するには、旧機種での手続きが欠かせません。 機種変更の際 には忘れずに手続きを行いましょう。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

モバイルSuica電話機の機種変更をした場合の手続きは?

モバイル suica 機種 変更

ガラケーの人がモバイルSuicaを使い続けるための対処法 ガラケー 3Gケータイ、フィーチャーフォン を使っている人が モバイルSuicaを使い続けるための方法は スマートフォンに機種変更することです。 私はこれまでガラケーを使っていました。 しかし、ガラケーではモバイルSuicaを使うことができなくなってしまったため、 スマートフォンに機種変更しなければならなくなってしまいました。 私がガラケーからスマホにした理由 私がガラケーからスマホに機種変更した一番大きな理由は、 ガラケーではモバイルSuicaを使うことができなくなってしまったからです。 昨年、私はガラケーではモバイルSuicaを使うことができなくなるというニュースを目にしました。 そのニュースによると、 2020年からガラケーではモバイルSuicaを使うことができなくなってしまうと書いてありました。 そのため非常に残念ですが、 今まで使っていたガラケーを捨てて、 スマートフォンへ機種変更することにしました。 ガラケーではモバイルSuicaを使えない いわゆるガラケー ケータイ、フィーチャーフォン は 2020年2月以降、 事実上モバイルSuicaが使えなくなります。 jreast. pdf より引用。 jreast. pdf より引用。 引用はじめ SF(電子マネー)による鉄道利用 SF(電子マネー)でのお買い物 店頭、JR東日本のモバイル端末対応Suicaチャージ専用機での現金チャージ 定期券〔有効期限までの鉄道利用〕(継続購入・新規購入は不可) モバイルSuica特急券〔受取り済みのチケットによる新幹線利用〕 (特急券選択情報が「使う」に設定されている場合に限る) オートチャージ〔ご登録のビューカードの有効期限まで利用可能〕 (有効期限切れ後は新しい有効期限のビューカードでも利用不可) 引用おわり ガラケーは機種変更が必要 ガラケー ケータイ、フィーチャーフォン を使っている人が 引き続きモバイルSuicaを利用する場合は、 携帯電話の機種変更が必要です。 モバイルSuica機種変更の流れ ガラケー端末のモバイルSuicaアプリで「機種変更手続き」を行う。 家電量販店などで機種変更をする。 機種変更したスマートフォンで、 モバイルSuica対応端末で残りの機種変更手続きをする。 一括ゼロ円か一括1円で機種変更する方法 今現在ガラケー FOMA端末、3Gケータイ を使っている人は 運が良ければ家電量販店で 端末代金が一括ゼロ円か一括1円で 機種変更 契約変更 することが可能です。 一部の家電量販店ではそういうキャンペーンをしています。 私は家電量販店でこのキャンペーンを利用して ガラケーからiPhone8に機種変更しました。 かかった費用は事務手数料の約3000円だけでした。 現在、家電量販店ではiPhoneXRやiPhone8などのスマートフォンの 一括1円か一括ゼロ円キャンペーンが行われています。 3Gケータイからの契約変更 ガラケーからスマートフォンへの機種変更のやり方を以下の記事に書きました。 FOMAガラケーからスマホへ 私が以前使っていた携帯電話は FOMAガラケー 3Gケータイ です。 今回、家電量販店の一括1円キャンペーンを利用して、 ガラケーをiPhone8に機種変更しました。 ガラケーだとずいぶん前からヤフー知恵袋などのウェブサイトが見られなくなってしまい、 不便に感じていました。 一括1円キャンペーンを利用すれば、 約3000円で新品のiPhoneが買えるということもあり、 思い切ってスマートフォン iPhone にしました。 スマートフォンの選び方 第1の選択:iPhoneかそれ以外か スマートフォンは携帯電話ではなく、小さなパソコンです。 パソコンには、 OS オーエス と呼ばれるものがあります。 OSというのはパソコンを動かすための基本的なシステムのことです。 Windowsと呼ばれるものが、 一般的なパソコンのOSです。 スマホのOS スマートフォンもパソコンと同じです。 スマートフォンにもOSがあります。 スマートフォン選びでまず始めにすることは、 このOSを選ぶことです。 OS選びは事実上の二択です アップル社のiOSか グーグル社由来のAndroidか、 選択肢は事実上の二つです。 OSはOSメーカーが一度作ったら、 ほったらかしにしても良いというわけではありません。 OSは時間の経過とともに 何かしらの不具合が出てくるのが普通です。 そのためOSにはメーカーによるサポートが必要です。 ただしメーカーも営利企業なので、 何十年もサポートしてくれるわけではありません。 大体の場合は数年でサポートを打ち切られてしまいます。 そしてサポート期間が終了したOSを使ってはいけません。 なぜならサポート期間が過ぎたOSを放置していると、 セキュリティの上での問題が発生する可能性があるからです。 私はiPhoneを選んだ 私はiPhoneを選びました。 iPhoneにはアップル社が開発したiOSが搭載されています。 私はiPhoneを選んだ理由は Androidスマホよりも iPhoneの方が OSのサポート期間が長いからです。 私がインターネットで調べた限りでは、 iPhoneのOSのサポート期間は 5年から6年くらいだそうです。 一方、AndroidのOSのサポート期間は 2年半くらいなのだそうです。 AndroidスマホはOSの更新サポート期間が およそ2年間程度しかないため候補から外れました。 そのため私のOS選びは iPhone iOS に決まりました。 第2の選択:どのiPhoneを購入するか 私はとりあえずiPhoneを購入することにしました。 次にiPhoneの、どのタイプの機種を購入するかを決めました。 iPhoneでモバイルSuicaを使える機種 私の場合はモバイルSuicaが使える機種でないと、 スマートフォンに機種変更する意味がありません。 そのためiPhoneの中でも、 モバイルSuicaが使える機種をまず選ぶことにしました。 そうするとiPhone7以降の機種を購入すれば良いことがわかりました。 iPhone7以降のどの機種を選ぶか 私はiPhone8を選びました。 iPhone XRの1括1円キャンペーンも実施されていましたが、 顔認証 Face ID のiPhone XRよりも 指紋認証のiPhone8を選びました。 理由その1 iPhone8までは 指紋認証とホームボタンがあるから。 iPhone8は指紋認証とホームボタンがある最後のiPhoneの機種です。 購入時 iPhone10以降の機種だと、 顔認証 Face ID という認証システムが採用しています。 iPhone8までは 指紋認証システムが採用されています。 そしてiPhone8まではホームボタンがあります。 実際に使ってみましたが、 ホームボタンは使い勝手が良いです。 理由その2 iPhone7よりもiPhone8の方がiOSのサポート期間が1年長いから 指紋認証とホームボタンがあるiPhoneの機種のうち、 モバイルSuicaが利用できる機種は iPhone7とiPhone8です。 iPhone7とiPhone8のうち、 OSのサポート期間が長いのはiPhone8の方です。 私が調べた限りでは iPhone8は2022年くらいまでiOSが使えるそうです。 そのため私はiPhone8を購入することにしました。 iPhoneのメリット 私が実際にiPhoneを使ってみて、 良い点と悪い点を書き出してみました。 サポート期間が長い AndroidスマホではなくiPhoneを購入した理由は Androidスマホよりも iPhoneの方がOSのサポート期間が長いからです。 私が調べた限りでは iPhone8は2022年くらいまでiOSが使えるそうです。 せっかく一括1円でiPhoneを買うことができたので 場合によっては格安SIMも利用してできるだけ長く、 そして、できるだけ安くiPhoneを使い続けたいと思っています。 指紋認証はすごい iPhoneに変えてみて、 私は初めて指紋認証というものを使ってみました。 いちいち暗証番号を押さなくてよいのは便利だと思います。 WiFiが使える 私はポケットWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 どんなときもWiFiを 自分のiPhoneにWiFi登録すると iPhoneのモバイルデータ通信をオフにしてもインターネット接続ができます。 この方法によって、 モバイルデータ通信量を節約することができます。 モバイルデータ通信量を節約できれば、 毎月の料金を安くすることができます。 一括1円の契約手続きでの料金シミュレーション結果によると、 私の毎月の料金は約1000円になる見込みです。 設定上、通信データ量が500MBを超えると、 私の所にデータ量到達通知メールが届くことになっています。 ですが、私のiPhoneの使用状況だと データ通信量が500MBを超えることはなさそうです。 メールアドレスは変わらなかった ガラケーからiPhoneに機種変更しても、 ドコモのメールアドレスは変わりませんでした。 iPhoneでもガラケーと同じように SMS ショートメッセージサービス が使えました。 ペイペイが使えるようになった ガラケーだと、ペイペイのようなキャッシュレス還元のキャンペーンに参加することができませんでした。 スマートフォンに機種変更して、 ようやくペイペイが使えるようになりました。 これで私もキャッシュレス決済による割引生活を始めることができるようになりました。 iPhoneに機種変更したデメリット 前の機種の電話帳が引き継げなかった 前の機種 ガラケー にあった赤外線の通信機能がiPhoneにはないため、 電話帳を引き継ぐことができませんでした。 無料通話分がなくなった 私がFOMAを契約していた時は、 毎月の携帯料金の明細の中に 無料通話と無料通信の枠がありました。 そしてその無料通話分と無料通信分は 翌月に繰り越すことができました。 私はほとんどガラケーを使ってなかったので、 毎月のように無料通話分と無料通信分を繰り越していました。 そのため私の毎月の携帯料金は 通話料金と通信料金が無料になっていた月もありました。 その繰越可能な無料通話と無料通信の枠が スマホのプランだとなくなりました。 無料通話分が無くなったため、 30秒20円の通話料金が ダイレクトに毎月の携帯料金に反映されるようになりました。 その結果、今までよりも毎月の通話料金が高くなる可能性が出てきました。 ポケットに入れにくくなった iPhoneはガラケーよりもサイズが大きいです。 ガラケーと同じような感覚でiPhoneをポケットに入れようとしても、 サイズが大きいのでポケットに入れにくいです。 無理やりポケットに押し込めば入らないこともないですが、 せっかく新品で買ったiPhoneなのでなるべく傷をつけたくありません。 iPhoneを携帯する時に良い方法がないか考え中です。 ワイヤレス充電器が中国品ばかり AmazonでiPhone8用のワイヤレス充電器を買おうとしたところ、 販売業者が中国の業者ばかりでした。 Amazonサクラチェッカーを使って どの業者のワイヤレス充電器が良いのか探していますが、 サクラチェッカーのレビュースコアが低い商品が多く、 なかなか良い商品が見つかりません。 ライトニングケーブルも中国品ばかり AmazonでiPhone用のライトニングケーブルを買おうとしたところ、 これも販売業者が中国の業者ばかりでした。 Amazonサクラチェッカーを使って どの業者のライトニングケーブルが良いのか探していますが、 サクラチェッカーのレビュースコアが低いものが多く、 良い商品が見つかりません。 電話のかけ方がわかりづらい 特に、 着信履歴にタッチすると、 自動で相手にリダイヤルする仕様はかなり不便です。 バッテリーの持ちが悪い ガラケーは一度充電すると、 2週間くらいは電池がもちました。 iPhoneは1週間ももちません。 その他のデメリット ドコモメールの設定方法がわかりづらい アプリだらけで画面が見づらい 押せるボタンが一つしかない ホームボタンだけ 前の機種よりも文字が小さくなった MICROWAVE.

次の

Suicaアプリにログインできない人が急増…原因はパスワードの仕様変更

モバイル suica 機種 変更

Android のおサイフケータイ便利ですよねっ! この機能に関しては、iPhone の Apple Pay なんか霞むほどに使い勝手は Android のほうが上だと個人的には思います。 そんな便利な Android のおサイフケータイですが、機種変更の際、アプリ毎におサイフケータイの機種変更(移行)手続きをしないと新しい機種で利用することができません。 そのままにして対策をしなければ一生使えないまま・・・。 モバイル Suica は特に悲惨で、移行手続きのためにコールセンターに電話をかけなければならないのですが、「まったく電話が繋がらない」というのはネットでも超有名で、「失敗したら詰み」なんて言われています。 でも安心してくださいっ! おサイフケータイの機種変更(移行)手続きを忘れてしまった場合でも条件を満たしていれば、機種変更後でもおサイフケータイの登録情報を新機種へ移行できますっ! 今回は「Androidスマホでおサイフケータイの移行手続きを忘れて機種変更してしまったときの対処方法」を紹介します。 機種変更前の端末• 機種変更後の端末• (必要な端末は要用意) これだけです。 まずは SIM カードを入れかえます• 新しいスマホと以前のスマホ両方とも電源をオフにします。 まずは、新しいスマホから SIMカードを取り出します。 取り出した SIM カードを以前のスマホに入れて電源をオンにします。 ここから以前の端末でしばらく処理を行います。 iD の機種変更(移行)手続き手順• 以前のスマホで、おサイフケータイアプリを起動して、その中の iD をタップし、iD アプリを起動させます。 iD アプリが起動したら、右上の「︙」アイコンをタップします。 出てきたメニュー内の「機種変更」をタップします。 あとは指示通りに手順をこなすと現在作業中のこの端末(以前のスマホ)で iD が利用できなくなります。 移行手続きが完了して iD の情報はサーバーへ一時的に退避されます。 モバイル Suica の機種変更(移行)手続き手順• モバイル Suica は、Google Pay で利用していても、手続きにはモバイル Suica 公式アプリが必要になります。 インストールしていない場合は Google Play からダウンロードしてインストールしてください。 モバイル Suica アプリを起動します。 モバイル Suica のログイン画面に切り替わりますので、Suica パスワードを入力して「モバイルSuicaログイン」をタップしてください。 ログインできたら、わかりにくいのですが下の方の「会員メニュー」をタップ。 会員メニュー内の「携帯情報端末の機種変更」をタップします。 あとは指示に従って移行手続きをすると、モバイル Suica の情報が一時的にサーバーへ退避されて移行手続きが完了です。 その他のおサイフケータイ利用電子マネーの移行手続きも同じ その他、Edy や WAON なども同様に「機種変更の手続き」などのメニューから移行手続きをすることができます。 利用しているおサイフケータイの種類ごとに個別に手続きをしてください。 個別に行わなければならないのは面倒ですが、新しいスマホで使うためにはそれしか方法がありません。 以前の端末で移行手続きができたら SIM を入れ替えます 利用中のおサイフケータイ系電子マネーの移行手続きがすべて完了したら・・・• 以前のスマホの電源をオフにして SIM カードを抜きます。 新しいスマホに SIM カードを戻します。 電源をオンにします。 あとは、各おサイフケータイ系電子マネーアプリ毎に設定をしていけば完了です。 電子マネーアプリの設定は、電話番号やその他サービスアカウントで紐づけされていますのでログインしたり等すれば自動的におサイフケータイの情報が戻ってきます。 モバイル Suica の注意点 モバイル Suica は、公式アプリにログインすれば、Google Pay にも自動的に反映されます。 しかし、モバイル Suica 公式アプリ側へクレジットカード登録はしないようにしてください。 Google Pay 側で登録したクレジットカードのモバイル Suica は年会費無料なのですが、公式側で登録したクレジットカードではモバイル Suica は年会費が発生します。 ややこしいので注意してくださいね。 あとがき もしも、機種変更前におサイフケータイの移行手続きするのを忘れてしまった場合でも、この方法を使えばおサイフケータイは新しい端末へ移行することができます。 自力でなんとかこれをこなすことができれば、繋がらない電話にイライラすることもありませんし、同じミスをしてしまった友人・知人を助けてあげることもできます。 というわけで今回は、「Androidスマホでおサイフケータイの移行手続きを忘れて機種変更してしまったときの対処方法」をお送りしました。

次の