ラプラス 絶対零度 剣盾。 【剣盾】【評価】ラプラスは本当に大したこと無いな → ラプラスで一番怖いのはマジでこれw

剣盾S5 最終86位 最高7位 ラプラス軸積みサイクル †絶対零度スタン†

ラプラス 絶対零度 剣盾

オイッス~ブロGです。 ポケモン剣盾シングルバトルシーズン5に使用した構築の記事になります。 【シーズン5使用構築】 【構築コンセプト+概要】 サイクル戦をしているうちにいつの間にか相手が詰んでいる状況を作る。 ガオガエンの威嚇+とんぼがえりで有利対面を作り、相手の選出を探りつつタイミングを見てドラパルトorガオガエンで鬼火を撒く。 サイクルの中で相手のダイマックスエースを見極め、こちらのダイマックスで無理やり止めることで最終的にこちらの選出の何かしらが通るように立ち回る。 プレイヤーの腕と運の両方が試されるが幅広い相手に対応できる構築になった。 命中不安定技をいくつか採用しているが、1発や2発くらいであれば外してもリカバリーが効くようにもなっている。 役割対象は全ポケモン。 上記に加えトゲキッスやギルガルドに後出しすることも多いためこの配分で問題なし。 基本的に後攻でとんぼ返りを打ちたいがたまに見かけるドサイドンに上から鬼火を入れなければいけないため、最遅は本構築においてはありえない。 その他、ピクシーやニンフィアなどの突破ルート確保がしにくいポケモンに対しても絶対零度の採用により汎用性を損なわず選出に組み込める。 特性に関してはこのPTにおいては貯水一択。 最遅 実数値22 でも特に問題なし。 ドラパルト+ガオガエンで重いロトム、アシレーヌ、ラプラスに対する駒。 ヒヒダルマを対面で処理できるよう気合いの襷を持たせた。 技構成に関しては、 ヒヒダルマ、ミミッキュ、トゲキッス、その他高速アタッカーへの打点としてジャイロボール 水ロトム、アシレーヌ、ラプラスへの大きな削りとしてパワーウィップ ヒートロトムやガオガエンへサイクルで削りを入れるためにステルスロック をそれぞれ採用。 はたき落とすがほしい場面もあったが、ドラパルト+ガオガエンの選出をした際に対水タイプへの打点が少なすぎたため今回は採用を見送った。 エアスラッシュが等倍で入り、高耐久でないポケモンへの無限の勝ち筋を評価し、最後まで構築から外せなかった。 たまに見かけるアローラキュウコンからの壁展開やバンギラス以外のステロ展開、殻を破るポケモンの行動を阻止する(願望) その他、アーマーガアやカビゴンに必要に応じてトリックを入れ、ドラパルトで詰ませるルートを作る。 展開次第でダイマックスを切ってガンガン殴っていく。 「ギャラドスで詰んじゃう~~ヤバイ~~~」といった際にもダイジェット+ダイウォールを絡めることでダイマックスターン明けも上からのスカーフエアスラ連打で突破することが可能。 スカーフトゲキッスの最強ムーブである。 流行りの配分とそこまで差はないので問題なし。 S:無振り 対面での殴り合いに強いHAアッキミミッキュ 本構築で最も重いバンギラスへの貴重な格闘打点。 その他、パッチラゴンやサザンドラなどと幅広く打ち合う。 バンギラス入りには確実に選出し、その他刺さりがよさそうであれば選出する。 保管枠。 「キョダイラプラス+アッキミミッキュの並びが強い! 」と騒がれていた気がするが、ラプラスが落ちるタイミングで壁が残り1ターンになることが非常に多く、舞った後に壁が切れるので並びとしては特にシナジーは感じられなかった。 並びとして選出する場合はラプラスに光の粘土を持たせるべき。 【シーズン5 結果】 メインROM最終83位、サブROM最終259位 最終日前々日に2ロム2桁の状態から最終日に潜った。 1日空いたことで両ロム200位くらいからスタートし、メインロムは4連勝で2桁に乗せることができたので撤退。 AM8:20頃 切断は3桁帯にずっといたが、7~8試合に1回はされたので結構された方な印象。 強制で試合が終わってしまうバグ(強制切断?)もあったため3桁帯を抜けるのが大変だった。 【所感】 初の最終2桁を達成できて満足しています。 (サブロムも地味にそこそこ高い) 構築の完成度としてはそれなりだと自負しているので、質問等がありましたらYoutube配信に来てコメントしてください。 テレワーク期間中につきゲームをやる時間の確保がうまくいっているので、最近は配信しまくっています。 シーズン5の対戦も全試合配信したのでアーカイブに残っています。 気になる方は見ていただければと思います。 (ところどころガバガバですが許してください) シーズン6も全試合配信でやっていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

次の

剣盾S5 シングル【最終32位】

ラプラス 絶対零度 剣盾

ラプラスとは 出典: ポケットモンスター赤・緑 初代 から登場しているポケモンです。 アニメポケットモンスターにも、初期の頃から サトシの手持ちポケモンとして登場していたので、印象に残ってる人も多いと思います。 タイプは 水・氷で、メジャー所の電気・格闘・岩・草から弱点を突かれてしまうのに、こちらから半減以上に出来るのは水・氷のみなので、非常に戦い辛いという印象を受けますね。 体重も重いため、草結び・けたぐりの威力が120で受けてしまいます。 素早さ以外は全体的に良い感じなので、氷タイプさえなければ準伝説ポケモン「スイクン」のような使い方が出来るんですが… 3種類の特性 ラプラスには、「貯水」「シェルアーマー」「うるおいボディ」という 3種類の特性があります。 ポケモングローバルリンク情報 2016年4月6日現在 によると、やっぱり貯水で使用している人が多いみたいですね。 それぞれの効果をご紹介します。 貯水は、水タイプの技を受けると体力が回復する、という強力な効果を持っています!回復手段が眠るしかないラプラスにとっては非常にありがたい特性ですね!水タイプの攻撃を読んで繰り出すなど戦い方の幅が広がります。 これが 一番オススメの特性です。 シェルアーマーは、相手の攻撃が急所に当たらない、ということで、こちらも 耐久が売りであるラプラスにとってはありがたい特性ですね。 急所でイライラしたくない人はこの特性にしましょう。 うるおいボディは、天候が雨状態だと状態異常状態が回復する、という効果で、6世代からは天候が弱体化されたということもあり、シングルでは使いにくい特性ですね。 育成論 さて、ここから本題である育成論の紹介に入っていきます。 まずはどんなラプラスが一般的に使われているか、ご紹介しましょう。 この画像は、2016年4月6日現在のシングルレートのデータです。 やはり特殊型が多いですね。 技使用率No.1である 「ぜったいれいど」は、不利な相手を突破することが出来る一撃必殺の技 で、それを使えるのがラプラス最大の強みですね。 XY時代までレート環境で猛威を奮っていた零度スイクンを見ても、その強さは明らかです。 これからは、「特殊型」とあまり使われていない「物理型」の2種類をご紹介したいと思います。 特殊型 出典: これが 一番おすすめの育成論です!技構成は「絶対零度・氷の礫・波乗りorハイドロポンプ・フリーズドライ」で、火力を求めるならハイドロポンプ、安定を求めるなら波乗りといった感じですね。 持ち物は「とつげきチョッキ」 がオススメです。 この「フリーズドライ」という技は、氷タイプでありながら 水タイプに抜群を取れる、という技なのです。 威力は70なのでそこまで高くないのですが、タイプ一致なのでそれなりの打点になります。 まあ不利体面なら零度打ったほうがいい場面もありますが… 性格は 「控えめ」努力値は「HP140防御132特攻196特防20素早さ20」がオススメです。 スイクンや、受けループなどに対して役割が持てるようになり、絶妙な耐久で相手を突破していきます。 特性「貯水」により、スイクンはほぼ突破出来ますね。 物理型 出典: 性格「陽気」技構成は「たきのぼり・りゅうのまい・氷の礫・思念の頭突きor絶対零度」格闘タイプを呼ぶことが多いので、思念の頭突きのほうがオススメ出来ますね。 りゅうのまいを入れることにより、 全抜き出来る!かも?しれないアタッカーが完成です! 努力値振りは「攻撃252素早さ252」で、1回りゅうのまいを積めば、 最速115族 ライコウなど まで抜くことが出来ます。 りゅうのまいを積んでも火力が足りないので、持ち物は 「いのちのたま」がいいですね。 努力値振りは、素早さを110族までに落として耐久にまわしてもいいと思いますが、火力は絶対に削れません、削る余裕がありません。 まあこちらの型はあまり実用的ではないので、使うなら上の特殊型のほうがいいです。 格闘全般 出典: この辺りは、 上から格闘技をぶち込まれるのでまず勝てません…裏のポケモンに任せましょう。 一発耐えれればいいんですが、居座るのはあまりにもリスキーなのでやはり裏のポケモンに任せるのが安定でしょう。 というわけで格闘タイプを受けることが出来る、クレセリアなどをパーティに入れることを推奨します。 ただ、積んでくるタイプの格闘タイプも多いので、クレセリアなどが起点にならないよう注意する必要がありますね。 得意なポケモン ドラゴン全般 出典: やはり氷タイプなだけあって、ドラゴンタイプには強いです。 襷を持ってるガブリアスの場合でも、 氷の礫を打てばいいので問題なしですね!この先制技がある点もスイクンとの差別点であり、 ラプラスの強みですね。 水タイプや耐久ポケモン 出典: スイクンなどからは、貯水なら 基本的に打点がないので圧倒的有利ですね!また耐久ポケモンに対しては、絶対零度の 試行回数が稼げることが多いので、こちらも有利に立ち回ることが出来ます。 ただ、スイクンは ミラーコートを持ってる可能性もあるので、フリーズドライからではなく、絶対零度から入って様子を見たほうが得策です。 また、水タイプに有利と言ってもロトムやランターンなどは、ボルトチェンジなどで逃げられたりして結構きついです。 Twitterの声 最後に 出典: いかがでしたでしょうか?ラプラスは、非常に使いやすく可愛いポケモンなので、この記事を参考にして頂いて、自分なりに納得のいくラプラスを使って頂けると幸いです。 それではありがとうございました!いいポケモンライフをお過ごしください! カスミが歌っている、ラプラスを題材にしたエンディングテーマです!穏やかな気持ちになるいい曲なので是非!.

次の

【剣盾S5シングル最終78位】火をふく青い龍

ラプラス 絶対零度 剣盾

【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策【絶対零度の超耐久!厨ポケ破壊】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はラプラスの育成論と対策を考えていきたいと思います。 初代からいる人気ポケモンの一体ですが、氷タイプがドラパルトやサザンドラといったドラゴン厨ポケに刺さったり、フリーズドライによってギャラドスに4倍弱点が取れたりと厨ポケの多くにタイプ一致弱点を打ち込めるポケモンです。 キョダイマックスラプラスはこちらをどうぞ ラプラスの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ラプラスの特徴2】完全両刀の攻撃特攻ステータス ラプラスの攻撃種族値・特攻種族値は両方85なので物理アタッカーとしても特殊アタッカーとしても育てることができます。 ただ、タイプ一致で使い勝手がいい技が特殊に偏っているため特殊アタッカーとして育てられることが多いですね。 【ラプラスの特徴3】絶対零度&フリーズドライ&うたかたのアリア ラプラスは強力な3つの技を覚えます。 1つは氷タイプ以外に効果がある一撃必殺の絶対零度 2つ目は水タイプにも効果抜群になるフリーズドライ そしてみがわりを貫通する音技かつ水のタイプ一致技であるうたかたのアリアです。 絶対零度はみがわりを覚えさせることでドヒドイデなどの受けポケモン対策としてよく使われる型ですね。 【ラプラスの特徴4】特性ちょすい・夢特性うるおいボディ ラプラスは通常特性に水技を吸収するちょすい、急所に当たらなくなるシェルアーマーを持っています。 ただでさえ耐久が高いラプラスですが、これらの特性によりさらに安定した耐久が得られます。 また、夢特性はうるおいボディとなっており、雨のとき毎ターン終了時に状態異常が回復します。 ねむるを覚えるので、雨が降っている間は無限回復が可能です。 (当然あくびや麻痺、どくどく状態なども雨が降っている間は毎ターン回復します。 ) ラプラスの育成論と戦い方 ラプラスは初代からいるポケモンなので様々な型があります。 ここでは初心者でも使いやすい型を紹介します。 【ラプラスの育成論】受けポケモン対策ラプラス• 特性:ちょすい• 個体値:A抜け5V(A逆Vが理想)• もちもの:たべのこし• 主要な受けポケモンごとの戦い方は下記の通りです。 SにまわしてもOK。 S60で無振りアーマーガア抜き。 詰まれて終わるのを回避する。 4回うてれば1回は当たる計算。 絶対零度のPPはポイントアップで必ず最大にしておくことが大事。 型が少し違いますがみがわりラプラスを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ラプラスの対策 物理タイプ一致(高火力)弱点を打てるポケモンで対策するのがおすすめです。 岩:バンギラス・ギガイアス・ドサイドン• 電気:ストリンダー・パッチラゴン・アイアント• 草:パワーウィップ(ギャラドス・ナットレイ・ゴリランダー)• 格闘:ローブシン・ルカリオ・ルチャブル・ヒヒダルマ・鉄壁ボディプレス(アーマーガアなど) というのも一般的なラプラスはとつげきチョッキを持たせてトゲキッスやロトム相手に打ち合えるようにしている個体も多く、特殊方面はもともと高めの種族値もありかなり固くなっていることが多いです。 そのため、できれば物理タイプ一致技で攻めていくと刺さりやすいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策【絶対零度の超耐久!厨ポケ破壊】 いかがでしたでしょうか。 今回紹介した以外にも様々な型が考案されているので、いろいろな型を試してみると楽しいかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の