読売新聞 選考。 【17卒採用選考】読売新聞のES・面接の選考体験記 業務職

読売新聞 広告とは、今更聞けない発行部数、普及率・読者層等の特徴、料金、広告サイズ等を徹底解説

読売新聞 選考

読売新聞社の選考方法について説明します。 応募職種によって異なりますが、記者職の場合はプレエントリーに始まり、エントリーシートの提出、筆記試験、一次面接(グループディスカッション含)・二次面接、インターンシップ、最終面接というステップを踏みます。 面接では、二次面接が選考の比重が大きく、影響しますので対策は必要です。 面接において第一印象が与える影響は大きい 自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、 どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 ニュースのチェック・筆記試験対策・文章作成訓練は必須 読売新聞社に入社するためには、エントリーシート ES の内容をより深く考察したり、日々のニュース社会の出来事に目を配っておかなければなりません。 また、最初の関門となるのが筆記試験です。 ある程度勉強していれば解けるマークシート式の問題はベースとして考え、長文論述は事前対策がかなり必要だと考えてください。 いずれにしても、過去問による対策、文章作成の訓練は最低限用意しておく必要があります。 日本を代表する新聞社だけあって記者職の出身大学は特に有名大学がずらりと並んでいます。 東京大学をはじめとする旧帝大クラスや私立大学では早慶クラス、GMARCH(学習院・明治・青山・立教・中央・法政)クラスでないと、かなり厳しい採用状況だと考えた方がよいでしょう。 その他の職種では、やや幅広くなりますが、それも一般の企業に比較すると厳しい採用状況です。 入社水準として設定されているものがあると考えた方がよく、さらに秀でた能力が必要です。 ただし、学部学科も全学部全学科と記載されており、幅広く採用していることから、実力をしっかり鍛えればチャンスは大いにあるでしょう。 高学歴に加えマスコミ就職対策を練っておく 就職のためには、ただ高学歴である打絵でもいけません。 マスコミ就職に対しての対策を十分に練っておくことが大事です。 最も競争率が高い記者職は、約30名程度となっています。 3本社制を敷いているため、各本社に、10名前後しか入れない狭き門だと考えた方がよいでしょう。 地方取材の中核を担う「地域報道記者」という選択もあるものの、基本は、各本社の管理地域内での異動になるでしょう。 広告業務を希望する場合は大阪本社、西部本社に勤務する可能性もある 広告業務を希望する場合は、東京本社で一括採用を行っているため、東京本社だけでなく、大阪本社、西部本社に勤務する可能性もあります。 筆記試験(編集記者職および業務職)は、同じ内容で一斉に実施するため、志望する本社に関わらず都合のよい会場で、受験することが可能です。 読売新聞社の選考情報についてみてきました。 読売新聞社の選考情報は高学歴が必須・採用人数は編集記者職・業務職・技術総合職合わせて約100名程度 読売新聞社の選考情報で、知っておくべき学歴と採用人数を見てきました。 選考情報として、採用実績には有名大学がずらりと並ぶ厳しい実態があります。 国立であれば旧帝大クラス、私大だと早慶クラスが求められる学歴と考えた方が良さそうです。 それ以外でも、GMARCHクラス(学習院・明治・立教・中央・法政)以上、関西であれば、関関同立以上が最低限の学歴として求められることが、選考情報からわかります。 まず、難関の筆記試験を突破すること、最も選考の比重が高い2次面接へ進むこと、この2つを突破できれば、採用人数枠に入る道が開けてきます。

次の

2020年定期採用試験【記者職】募集要項

読売新聞 選考

広く社会に関心を持ち、問題意識を持って行動できる人。 人物本位の選考です。 募集概要 読売新聞社 定期採用試験 職種 記者職:取材記者、写真記者 業務職:広告、販売戦略、事業(イベントビジネス)、経営管理 メディアエンジニア職 「東京本社」「大阪本社」「西部本社」で、それぞれ募集職種が異なります。 yomiuri. 勤務地 記者職:取材記者の初任地は、原則として、採用された各本社管内 下記 の道府県庁所在地などにある支社や総・支局です。 それ以外の職種は、採用された本社の局や部に配属されます。 yomiuri. (記者手当、営業渉外手当、技術手当など) 諸手当(各本社共通) 通勤交通費は全額会社補助。 60-160キロの場合、新幹線通勤補助あり。 昇給(各本社共通) 年1回 賞与(各本社共通) 夏期と冬期 休日休暇(各本社共通) 年間休日106日。 (いずれの時期においても1週1日を下回らないこと) 年次有給休暇は初年度15日、最大30日。 永年勤続休暇、慶弔休暇など。 さらに、妊娠によるつわりや通院のための母体保護休暇が15日間あります。 育児休業は子どもが2歳に達する年度末まで取得できます。 保険(各本社共通) 雇用・労災・健康・厚生年金 試用期間(各本社共通) あり 入社後6か月間 その他条件は本採用時と変更なし その他の情報 詳細情報 主な募集職種 事務系 営業系 販売系 技術系 IT系 専門系 技術系で特に生かせる専攻:機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系 主な勤務地 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄、海外 応募資格 大学、大学院卒業見込みの方 または 大学、大学院卒業の方(2015年3月~2020年3月卒の方) 積極採用対象 大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)、海外大生 採用予定学科 法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系.

次の

読売新聞社のインターンシップに参加するための選考対策

読売新聞 選考

小峰隆夫(こみね・たかお)氏 1947年生まれ。 埼玉県出身。 東京大学経済学部卒。 経済企画庁物価局長、調査局長など歴任。 大正大学地域構想研究所教授。 専門は日本経済論。 選評:日本の経済政策 明快に評価 本書は平成30年間の日本経済の動向と諸政策の評価を、マクロ経済学の視点から明快かつ率直に論じた上質の日本経済論だ。 国民経済全体の変動を語るとき、平板さや無味乾燥さを避けることは難しい。 価値判断に関わる根拠もていねいに書き込まれており、類書にない面白さがある。 景気対策の多くは、経済を短期的に「刺激」することはあっても、長期的には経済を「まひ」させる。 本書は消費税率引き上げの際の景気後退防止策や、異次元の金融緩和など、短期決戦型の政策を長く続けることの危うさを指摘する。 経済政策の立案において、日本の民主政治では責任の所在が不確かではないか、国民への人気取りに終始してはいないかと本書は厳しく問うている。 将来を見据えた重要な警告だ。 平成の日本経済は内外から多くの危機に見舞われた。 そのためもあって国家介入の度合いが高まったことは事実だ。 本書から、巨大な国民経済を制御することの難しさを学び取ることができる。 平成を振り返りながらも、著者の目はこれからの日本経済の行く末にある。 この前向きの姿勢も選考委員の共感を呼んだ大きな理由であった。 (選考委員 猪木武徳) 【選考委員】座長=猪木武徳・大阪大学名誉教授、山内昌之・武蔵野大学特任教授、北岡伸一・国際協力機構理事長、白石隆・熊本県立大学理事長、吉川洋・立正大学学長、老川祥一・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆代理、東京本社・取締役論説委員長、松田陽三・中央公論新社代表取締役社長 (2020年06月10日 読売新聞)•

次の