五月雨で 意味。 五月雨式の意味や読み方って!?ビジネスシーンやメールでの使い方も!

「五月雨」とは?「五月雨式」と合わせて意味と使い方を解説

五月雨で 意味

五月雨式の意味や読み方って!? 五月雨式は、「さみだれしき」と読みます。 「五月雨式」の意味としては、幾度か中断をはさみながら、ダラダラと長引いて続くことを表す言葉として使われています。 五月雨式の類語としては、・断続的・途切れ途切れ・だらだらと・ずるずると、などがあります。 では、五月雨式の「五月雨」は、どのような意味を持って使われるようになったのでしょうか? なぜ五月雨が用いられるようになったかと言うと、五月雨は旧暦の五月頃にダラダラと降ったりやんだりする雨、今で言う「梅雨」を表現する言葉として用いられていたようです。 このダラダラと降ったりやんだりする雨「五月雨」に「式」を付けると、「人が行う行動」と言う意味になります。 ですから、「五月雨式」は、中断をはさみながらダラダラと長引いて続く事を、丁寧な表現としてビジネスシーンで使われるようになりました。 例えば、納品であれば一度にすべて納品できず、数回にわけて納品するような場合、「五月雨式に申し訳ございません」というように使います。 メールであれば、状況の変化に応じて数通にわたりメールでやり取りした時などは、最後のメールで「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめくくるように使います。 会議などでは、意見や提案がうまくまとまらず平行線になってしまい、長引くことってありますよね。 そのような時に「会議が五月雨式になってしまった」と言うような使い方をします。 五月雨式の使い方や例文も 五月雨式の意味が分かったところで、今度は、ビジネスシーンでの使い方を見ていきましょう。 実は、こういったシーンで「五月雨式」を使うと、単に「申し訳ございません」と言うよりも、より丁寧で上品な印象を相手に与えることが出来るのです。 「何度もお手間をとらせて申し訳ございません」と意味ですので、女性の場合は、あえて「五月雨式」を使うと堅苦しい印象となってしまうかもしれませんね。 五月雨式は、「断続的に続く状態」を表す言葉でもあります。 ですから、こんなシーンでも使うことが出来ます。 ですから、一括で納品できないと伝えたとしても、「あれだけ大量に注文したんだから、一括で納品してよ」と強く要求される可能性があります。 ですから、ここで「五月雨式の納品になってしまい申し訳ありません」といってみましょう。 この表現は、言葉としては短いですが、意味としては「一度にまとめて納品できず(お手間をかけさせてしまって)申し訳ありません」となります。 ですから、相手の怒りを少しでも押さえつつ、どういった納品方法になるのかということも端的に伝えることが出来るのです。 スポンサーリンク 五月雨式をメールで使う場合は!? 五月雨式の使い方や意味に関しては、おおむね理解して頂けましたでしょうか? 上記でも、メールでの五月雨式の使い方を少しご紹介しましたが、ここでもう少し詳しく解説したいと思います。 例としては、自分だけの判断で処理することが出来ないような場合、上司や会社の判断をあおがないといけない時ってありますよね。 そのような場合、えてして何度も連絡を取らなければならなくなりませんか? このような場合でも、最後の連絡に「五月雨式になってしまい申し訳ありません」としめれば、「何度もお手間を取らせてしまい申し訳ありません」と言うよりスマートですよね。 取引先への納品が一度にできないような場合でも、「完成したものから五月雨式にはなってしまいますが納品させて頂きます」と連絡をしておけば、相手方にも誠意が伝わるメールになりますよね。 五月雨式を英語で使う場合は!? 五月雨式を英語で使う場合はどのような使い方ができるのでしょうか? 一度にまとめて、詳細が報告出来ない場合などに使う方法をご紹介します。 「途切れ途切れの報告になってしまい申し訳ありません。 」になります。 もし、英語で使う場合は参考にしてみて下さいね。 五月雨式と矢継ぎ早って使い方が違う!? 五月雨式の他に、続く時に使われる表現で矢継ぎ早と言う言葉がありますが、使い方や意味は同じなのでしょうか? 五月雨式が「断続的」「途切れ途切れ」「だらだらと」などの表現に使うのに対し、矢継ぎ早は「立て続けに」「間を置かずに」などの表現に使います。 続くと言う意味では、どちらも同じですね。 しかし、五月雨式が「途切れ途切れ」や「だらだらと」続く表現に使われることに対し、矢継ぎ早の「立て続けに」「間を置かずに」では、意味や表現としては反対になりますね。 「矢継ぎ早」の語源として、矢を次々と間を置かずに素早く射る事が出来る有能な武者の事を表現した言葉という事を考えれば、使い方や意味も変わってきますね。 まとめ 五月雨式は、基本的に謝罪をする時に使われる言葉ですが、ビジネスシーンでは謝罪の仕方もビジネスマンとしての評価を受ける対象となりますよね。 ちょっとした気遣いではありますが、より丁寧で上品な日本語の表現を使える事で、相手の印象も大きく変わってきます。 知っていて損のない表現の一つですから、ぜひ使ってみてくださいね。

次の

五月雨の意味や語源・由来とは?実は五月雨は六月によく降ります。

五月雨で 意味

五月雨式に申し訳ございませんとは!? 「五月雨式に申し訳ございません」という言葉を仕事の場やメールで見かけたら、なんて読むの?どんな意味?って思いますよね。 まず読み方ですが、五月雨式「さみだれしき」と読みます。 五月雨「さみだれ」と言うお天気用語から来ていて、式が付く事で人が行う行為となります。 五月雨は「さつきあめ」と「さみだれ」という二つの読み方があるのですが、 五月雨式で使われている読み方としては、さみだれを使って「さみだれしき」となります。 五月雨は、昔使われていた陰暦で5月頃に降る雨のことを指しています。 今の歴では6月頃になるので、梅雨の事を指す言葉になります。 梅雨といえば、断続的にしとしとと降り続く雨、だらだらとなかなかやまない雨というイメージですよね。 「五月雨式に申し訳ございません」と言う言葉は「五月雨のように、何度も中断してしまったりだらだらと長引いてしまって申し訳ありません」という意味合いになります。 ビジネスにおける会話やメールなどで、一度の連絡できちんと報告が終われず、何度も何度も連絡をしてしまうこと、ありますよね。 「あれも言い忘れた!」「これも言い忘れた!」と、二度三度に渡って追加連絡しなくてはならなくなってしまった時ですね。 二度目なら「たびたびすみません」で済みますが、三度目四度目になってくるとなんて切り出せば良いのか考えてしまいますよね。 そんな時の免罪符という感じで、会話や文章の冒頭や最後に「五月雨式になってしまい申し訳ございません」という言葉を入れて使います。 五月雨式の使い方やメールの例文 では、五月雨式という言葉はどのように使えばいいのでしょうか。 例文などもしっかりとチェックしていきましょう。 五月雨式という言葉自体の意味は「何度も何度もだらだらと続く」という意味でしたよね。 ということで、ポジティブな言葉ではなくネガティブな言葉というイメージです。 「五月雨式にありがとう!」とか「五月雨式に楽しかったです!」と言うような使い方はしません。 会議などで、なかなか意見が出なかったりまとまらなかったりして、だらだらと長引いてしまうことってありますよね。 このような時に、「今日の会議は五月雨式になってしまってなかなか終わらなかった」と言うような使い方をします。 「五月雨式」を文章やメールで使う場合は、謝罪の言葉と合わせて使うのが適当です。 五月雨式という言葉をメールで使うときの例文としては「五月雨式になってしまい申し訳ございません」という言葉をその時の状況と組み合わせて使います。 依頼されている商品を一度にまとめて納品ができないような場合は、 「五月雨式の納品になってしまい申し訳ありません」というような使い方をします。 また、相手先への連絡を焦ってしまい次々に修正の報告や連絡をしなくてはいけなくなってしまった時に「五月雨式のご連絡になってしまい申し訳ございません」というような使い方をします。 メールの冒頭部分かメールの最後に、お詫びの言葉としてつけるようにするのが良いですね。 また会話の中で使う場合は、 「五月雨式に来ている依頼を確認してまとめておいてね」 「五月雨式に来ている連絡を確認して整理しておいてね」 という感じで使います。 本来、五月雨式に連絡をしてしまうと「まとめる」という不要だったはずの余計な仕事が増えてしまいます。 五月雨式に申し訳ございませんと言うような謝り方をすれば、難しい言い回しが使えるデキる大人!と思うかもしれませんがそうではありません。 大事なのは五月雨式にならないことです。 五月雨式になってしまうと、連絡漏れや確認ミスなどを誘発してしまいしやすいですし、チェックなどに余計な時間がかかってしまい、双方の不利益となってしまいます。 しっかりと要件をまとめて、一度の連絡で済ませる事が一番簡潔ですしスマートですよね。 スポンサーリンク 五月雨式の使い方としてポジティブな例も 五月雨式は、基本的にビジネス用語として使う場合が多いと言うお話をしてきましたよね。 またポジティブな言葉としては、会話やメールでは使わないという話もしました。 しかし、ごく限られた状態ではポジティブな言葉として使われることもあります。 たとえば大きな公園などの場合です。 『花が時期をずらしながら五月雨式に咲くように剪定しています』 『園内には色々な種類の花があるので、五月雨式に楽しむことができますよ』 というような使い方があります。 この場合は、五月雨式に次々と開花する様子が分かりますよね。 また、時期によってのいろいろな花を楽しむことができる様子も分かります。 これは五月雨式がポジティブな言葉と合わさるという稀有な例になっているかもしれません。 このように、バラバラと連続して途切れなく行われるのが良いとされる場合にも五月雨式という言葉は使われます。 最初はビジネス用語でしたが、口語としても普及してきているんですね。 五月雨式まとめ いかがでしたでしょうか? 五月雨式なんていうと、新社会人などでは「なぜ急に天気の話!? 」となったりヘタをすると読めないという場合もあるようです。 五月雨式はビジネス用語として使うとかっこ良く聞こえるかもしれませんが、その行為自体は良い行為とは言えませんよね。 出来る事ならば、「五月雨式」にならないことが大切です。 自分では、五月雨式と言う言葉を使う事が無いようにしたいものですよね。

次の

「五月雨」の意味とは?「五月雨式」やメールでの使い方も解説

五月雨で 意味

雑学クイズ問題 「五月雨(さみだれ)」という言葉の意味は? A. 梅雨 B. 五月に降る雨 C. 季節外れの冷たい雨 D. 豪雨 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 五月雨の意味や語源・由来とは?実は五月雨は六月によく降ります。 勘違いされている五月雨の意味 少し難しい日本語に「 五月雨(さみだれ)」という言葉がありますよね。 なんとなく響きのかっこいい言葉ですが、実は五月雨という言葉の意味ってあまり知られていないんです。 そもそも皆さんは「五月雨」という言葉を聞いた時、どのような意味を想像するでしょうか? 多くの人は五月の雨と書いて「五月雨(さみだれ)」と読むため、 五月に降る雨のことを想像するかもしれませんね。 しかし、実は五月雨は五月に降る雨のことではなく、 どちらかというと現在の日本では六月以降に降る雨のことなんです。 五月の雨なのに六月以降に降る雨なんてなんだからかなりややこしいですよね。 五月雨の正しい意味とは? それではさっそく 五月雨という言葉の正しい意味について解説していきます。 五月雨という言葉を辞書などを使って調べると以下のような意味であることがわかります。 ・陰暦の五月ごろに降る長雨 ・途切れがちに繰り返したり、だらだら続いたりするさま 社会に出てからは報告などが複数回にまたがる時などに「五月雨になってすいません。 」と言ったりしますよね。 また、先ほど五月に降る雨のことではないと書きましたが、 五月雨とは陰暦の五月ごろに降る長雨、つまり梅雨のことも意味しています。 五月雨の語源由来とは? 続いて五月雨という言葉の語源由来について解説していきます。 そもそもなぜ 梅雨は六月ぐらいから始まるのに五月の雨と書いて「五月雨」なのか少し不思議ですよね。 これは五月雨の意味でも解説しましたが、もともとは日本の暦が現在の暦ではなく、 陰暦を使っていたころに出来た言葉だからなんです。 陰暦の五月は「さつき」と読み、 現在の暦の六月の時期に該当していました。 陰暦が使われていた昔から六月には雨が途切れがちに繰り返し降ったり、いつまでもだらだらと降り続いたりしていたことがわかりますよね。 また他に「五月」が付く言葉に「 五月晴れ」というものもありますが、これも五月の健やかな晴れの事を意味する言葉ではありません。 「五月晴れ」についても「五月雨」と同様に陰暦のころから使われている言葉であり、 梅雨の合間に訪れる晴れの日のことを昔は「五月晴れ」と呼んでいたのです。 以上が五月雨という言葉の意味や語源由来についてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 梅雨」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ 五月雨は五月に降る雨のことだと思われているが誤用である。 本来の意味は「陰暦の五月ごろに降る長雨」「途切れがちに繰り返したり、だらだら続いたりするさま」のことであり、梅雨のことを意味する。 日本の暦に陰暦が採用されていた時代の言葉であり、陰暦の五月(さつき)については現在の暦の六月ぐらいに該当する。 また「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉についても陰暦のころに出来た言葉であり、梅雨の合間の晴れの日の事を意味する。

次の