エアコン 水漏れ ドレンパン 掃除。 エアコンの水漏れの原因!ドレンパンの掃除方法を紹介!

エアコン水漏れの原因。ドレンホースの掃除方法と修理代金。

エアコン 水漏れ ドレンパン 掃除

・ ・ ・ ・ 吹出口から「ボタボタ」と水漏れする 室内機内部で発生した水を排水するドレンホース、エアフィルターやエアコン本体に原因があると考えられます。 ドレンホースを確認する 冷房時など、運転モードによっては室内機内部に水(結露水)が発生します。 通常は水受け皿(ドレンパン)からドレンホースを通って室外に排出されますが、ドレンホースが折れ曲がっていたり、ホースが詰まっていると、正常に排水できず、吹出口から水漏れすることがあります。 冷房・除湿時の排水のしくみについて、詳しくは下記をご覧ください。 ドレンホースの排水口が水に浸かっている場合は、水に浸からない位置へ移動させてください。 またドレンホースが折れ曲がっている場合は、ドレンホースを伸ばしてください。 ドレンホースにゴミが詰まっている場合は、点検・修理が必要です。 エアフィルターや室内機内部をお手入れする エアフィルターの目詰まりや室内機内部の汚れによって、発生した結露水を正常に排水できず、吹出口から水漏れする場合があります。 エアフィルターを取り外し、お手入れをしてください。 汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤でつけ置き洗いし、柔らかい布で水分を取り陰干しで充分乾燥させてから取り付けてください。 エアコンにお掃除機能がついている場合でも、エアフィルターの状態を確認し、お手入れをしてください。 エアフィルターのお手入れ方法について、詳しくは下記をご覧ください。 室内機内部のお手入れは、エアコンクリーニングが必要です。 エアコンクリーニングはお買い上げの販売店、またはパナソニック修理ご相談窓口にご依頼ください。 上記を確認しても改善がない場合は、お買い上げの販売店、またはパナソニック修理ご相談窓口に点検・修理をご依頼ください。 修理料金の目安も確認できます。 吹出口に水滴がついて落ちる 設定温度や風向きによって吹出口に結露することがあります。 風向を「上向き」にする 上下風向きルーバーの方向を「下向き」で運転を続けると、冷気がルーバーにあたり、結露が発生して吹出口に水滴がつく場合があります。 風向を「上向き」にする、または風向自動にしてください。 上記を確認しても改善がない場合は、お買い上げの販売店、またはパナソニック修理ご相談窓口に点検・修理をご依頼ください。 修理料金の目安も確認できます。 吹出口から霧が出る 部屋の空気がエアコンの冷たい風で冷やされて霧状になり、吹出口から霧が出ているように見える現象が発生する場合があります。 部屋と吹き出す風との温度差により発生することが多いため、しばらくすると消えます。 異常ではありませんので、しばらくお待ちください。 しばらく待っても改善がなく、吹出口から霧が出る場合は、お買い上げの販売店、またはパナソニック修理ご相談窓口に点検・修理をご依頼ください。 修理料金の目安も確認できます。 背面から水漏れする 室内機の設置やドレンホースのトラブル、本体の故障などによる水漏れが考えられます。 本体の設置状況、状態確認が必要なため、お買い上げの販売店、またはパナソニック修理ご相談窓口に点検・修理をご依頼ください。 修理料金の目安も確認できます。

次の

自分でできる!業務用エアコン水漏れ対応!

エアコン 水漏れ ドレンパン 掃除

すぐに試せる!水漏れ対処法2種 最初に確認して欲しいのは、 室内機から外に繋がっているドレンホースです。 ドレンホースとは、エアコンの室内機から外へ繋がっている排水ホースのこと。 エアコンの室内機と室外機をつなぐため、壁に穴を空けていますよね。 配管を外から見てずーっと下にたどっていくと…。 ありました! 途中で切れている細い管が排水ホース、つまりドレンホースです。 ドレンホースはエアコン内部の水分を、外に出すためについています。 穴が空いた状態で外につながっているので• ホースの穴からゴミや虫が入りつまる• エアコン内部の水と一緒にホコリが排出され、ホース内でつまる という状況が起きやすく、排水されなくなった水がエアコンの室内機からしみ出てしまうんです。 つまり ドレンホースのつまりが取れれば、エアコンからの水漏れが解消される可能性が強い!ということになります。 ちなみに! 温度が低すぎるとエアコン内部に水が付きやすくなります。 もしかしたら、エアコンの設定温度を上げるだけで、水漏れが解消する可能性もあります。 28度まで温度を上げて、試運転してみるのも1つの手です。 さぁ、いよいよつまりを解消していきましょう! 自宅にあるものでできる!ドレンホース掃除に必要な道具と事前準備 <準備するもの>• 割りばし or 使い古しの歯ブラシ• 掃除機• ガーゼ or さらし• 輪ゴム 2本ぐらい まず割りばしを使って、ドレンホースの入り口をかき出します。 入り口には、土やホコリが詰まりやすいので 大きなゴミは最初にかき出しておいてください。 この後、掃除機を使って本格的につまりの原因を取りのぞいていきます! 先に大きなゴミを取りのぞいておかないと、掃除機が故障する原因となります。 掃除機まで故障してしまわないよう、ホースの中に水分が残っていないかも合わせて確認してくださいね! そしてホースの先にガーゼを巻きつけましょう。 ゴムは2本つかい、しっかり巻きつけるのがポイントです。 これで準備はOK。 それでは早速、掃除機で吸っていきます! 【その1】掃除機をつかって吸う ドレンホースからゴミを吸い出すには、掃除機が一番です。 掃除機に水が入る可能性があるので、慎重に。 「掃除機まで壊れてしまった…(泣)」とならないように、あくまで自己責任でお願いしますね。 ドレンホースをしっかり持つ 空気がもれないよう、しっかり持ちましょう。 掃除機で吸う 2秒吸ったらはなしてください! 「ズズズ」っと水を吸っている音がしたら、すぐにはなしてOK。 排水する 掃除機をはなしてドレンホースを下に向けると、水が出てきます この繰り返しです! 【その2】掃除機がないときはホースを使って自力で吸う! 水漏れを直すにはとにかく、ドレンホースの汚れを吸いださなければなりません。 掃除機がない場合は、自分で吸い出すのも効果的です。 しかし「ドレンホースに直接クチを付けて吸う!」という方法は衛生面が気になりますよね。 できれば園芸などで使用する散水用のホースなどワンクッションおいて吸い出した方が、汚水を吸い込む心配も軽減できるので安心です。 ドレンホースの入り口に散水用ホースを付ける 接合部分をしっかり握って、空気が漏れないようにします 2. 散水用ホースの先からおもいっきり吸う! 散水用ホースが長すぎると吸うのが大変なので、30cm程度にカットすると良いですよ! ドレンホースのつまりが原因であれば、これで一件落着のはず! それでも水漏れが続く場合、どう対処したらいいでしょうか? エアコンの水漏れはどこから?考えられる原因と対処法 ドレンホースのつまりが原因だった場合、エアコンの水漏れは自力で直すことができます。 しかし掃除機で吸い出しても水漏れが続く場合は、ちょっとやっかいです。 「もーめんどくさい!」となる気持ちもよく分かります。 しかし エアコンの水漏れの原因を知っておけば、防ぐこともできるんです。 まずは• エアコンはなぜ冷えるのか?• なぜ水が発生するのか? 水漏れの原因を探るために、まずはエアコンに水が付く理由をご説明します。 そもそもなぜ、エアコンから「水」が漏れる? エアコンから水が漏れるのは、エアコン内部が冷え、そこに水滴がつくから。 その水分がたまると、エアコンからの水漏れにつながります。 氷の入ったコップを思い浮かべてみてください。 時間がたつと、コップの周りに水滴が付きテーブルがびちゃびちゃになった経験はありませんか? 温度が下がると空気中の水が「水」に戻ろうとします。 そのため、温度が低くなるコップに水滴がついたり、窓に結露ができたりするんです。 エアコンの内部にも、同じことが起きています。 だから、水とは無縁の機会に思えるエアコンから、水漏れが発生するんですね。 原因をさぐる前のチェック項目2つ 早速エアコンを調査!…といきたいところですが、ちょっと深呼吸。 原因をしらべる前に、確認してほしいことが2つあります。 コンセントを抜く エアコンの水漏れをさぐる前に、必ずコンセントを抜いてください。 水が出ているので、 漏電のキケンがあります。 火事などの2次被害とならないよう、 必ずコンセントは抜いてくださいね。 床にバケツをおく 水漏れした状態のまま放置しておくと、 下の階へ水漏れする可能性があります。 どこに水滴がおちるか見当が付いて入れば、バケツを置いておきましょう。 水漏れが広範囲になる場合、 ピクニックシートなどしいておくと安心です。 サクションポンプとは「吸い出す」ことが目的のアイテム。 ドレンホース用のサクションポンプがあれば、より強い力でゴミを吸い出すことができます。 価格も2,000円前後とお手頃なので、「修理代を節約したい!」と思ったら試してみる価値はあるかもしれませんね。 それでもエアコンの後ろから 水漏れするようなら、ドレンホースの劣化やホースが途中で折れているかも。 修理業者さんを探して、修理依頼をした方がよさそうです。 【原因2】水が降ってくる!?吹出口からの水漏れ 吹出口から水漏れしている場合、 内部の熱交換器に水が付きやすくなっている可能性があります。 エアコンをつけた後、上から水滴が降ってきて「うわっ冷たい!」と思ったことはありませんか? 吹出口から水漏れしている可能性大! このとき、 すぐできる対応が2つあります。 風向きを「上向き」に変える• フィルター掃除をする それでも水漏れが改善されない場合は、修理業者さんに相談してみましょう。 ) 「出張料あり」となっていないメーカーも、場所によっては 出張料がかかる場合もあるようです。 実際に修理を行わなくても「点検料」として5,000円程度必要になるメーカーもあります。 こうしてみると、かなり高額ですね…。 できれば水漏れとは縁のないエアコン生活を送りたいものです。 ではエアコンからの水漏れを、予防する方法はあるのでしょうか? エアコンの水漏れは予防できる! 一度水漏れしてしまったら、 なんども繰り返してしまうエアコンの水漏れ。 その原因はホコリやゴミなどの汚れが、たまっていく事にあります。 年に1度はエアコンクリーニングをしよう エアコンからの水漏れを予防するには、定期的なエアコンクリーニングがおすすめです。 エアコンの水漏れは、修理をした後に繰り返す傾向にあります。 くり返さないためには、ホコリやゴミをためないよう日頃のお手入れが大切。 フィルター掃除だけでは取りきれないホコリやゴミは、高圧洗浄でのお掃除が必要です。 奥につまったホコリやカビをしっかり落とすことで、ドレンホースのつまりを防ぎ、 水漏れの再発を防ぐことができます。 つまり エアコンクリーニングは、エアコン水漏れを防ぐための予防注射と言えるんです! エアコンスプレー等で済ませずに、中までしっかり高圧洗浄できるエアコンクリーニングを習慣にしてくださいね。 では、エアコンを分解して高圧洗浄を行います。 同時に室外機のクリーニングも行えば、エアコンからの水漏れ予防に効果的ですよ! まとめ いかがでしたか? エアコンからの水漏れを発見したら、• まずドレンホースを掃除する• それでもダメなら、原因を探る• 定期的なエアコンクリーニングで水漏れを予防しよう この3つのポイントに気をつけて、対処していってくださいね! 一番大切なのはエアコンの水漏れを予防すること。 ホコリやゴミが水漏れの原因になるのなら、それを前もって取り除く必要があります。 そのために、定期的なエアコンクリーニングが必要なんです。 みんなのハウスクリーニングでは、 1台12,800円でエアコンクリーニングができます! あなたのエアコンから、水漏れがなくなることを願っています。

次の

エアコンの水漏れの原因と解決方法

エアコン 水漏れ ドレンパン 掃除

【STEP6】パーツを水洗いする ここからはいよいよエアコンパーツの洗浄工程について説明していきます。 まず、電装品に水がかかってしまわないようにするために、ビニール袋などを被せておきます。 その後、ファンやドレンパン、エアコンの本体カバーなどをジャバジャバと水洗いしていきます。 一般的には中性洗剤とスポンジを使ってお風呂場などで洗う事が多いのですが、今回は高圧洗浄機で一気にカビ汚れを落としました。 カビ落としのポイントは、大量の水で洗い流すということ。 これだけ分解した状態で洗浄しても、キレイにカビを取り除くためには結構な量の水が必要でした。 一度このような形で水洗いをすれば、エアコン洗浄スプレーなどではカビをきれいに落としきれないということがよくわかると思います。 ドレンパンやファンを水洗いした後は、しばらく水切りと乾燥を行います。 洗浄後のドレンパンと送風ファンは、こんなにもきれいになりました。 これでドレンパンに溜まっていたカビ汚れの詰まりも解消されました。 【STEP7】ドレンホースの詰まりを吸引して取り除く ここからはドレンホースの詰まりを解消するため、サクションポンプを使ってドレンホースの詰まりを取り除きます。 まず、サクションポンプをドレンホースに差し込みます。 後はポンプのハンドルをぐいっと引っ張れば、ドレンホースの詰まりを取り除くことができます。 ここまでの作業でドレンパンの詰まりと、ドレンホースの詰まりの両方の詰まりを解消することができました。 【STEP8】エアコンを元通り組み立てる しっかりと乾燥させたら、先ほどと逆の手順でドレンパンや送風ファン、電装BOX、本体カバーなどを組み上げていきます。 お疲れ様でした。 これでエアコンのドレンパンの分解洗浄は完了です。 最後に一言 今回は、【エアコン室内機水漏れ】ドレンパンのDIY分解掃除方法まとめについてお話しました。 エアコンからの水漏れの原因の多くはドレンパンやドレンホースの詰まりなので、その対処法はエアコンを分解して詰まった汚れを取り除く必要があります。 エアコンの分解洗浄は本当に根気のいる作業ですし、時期によってはサウナのような部屋の中で汗をダラダラかきながらの作業になるため、本当に途中で何度も挫折思想になることと思います。 でも、しっかりと詰まりを取り除く事ができたら、ドレンパンもファンもきれいサッパリキレイにすることも出来ているため、組み立て後のエアコンの風の気持ちの良さは格別です。 どうしてもメカに弱くて、自分ではできないという場合はプロに頼むか、もう10年近く使っているエアコンであれば、そろそろ買い替え時期(エアコンが故障し始めるタイミング)に差し掛かってきていますので、新品に買い替えてしまうのも一つの選択肢です。 是非参考にしてみてください。 それでは!.

次の