気兼ね 意味。 「気兼ねなく」の意味と使い方・上司への使い方・敬語

ビジネスでの「気兼ねなく」の意味と使い方、類語と例文を解説!!

気兼ね 意味

「気兼ねなく」の使い方 動詞と組み合わせる場合 「気兼ねなく」は動詞と組み合わせて使うことが多いです。 例としては、 ・気兼ねなく飲める ・気兼ねなく楽しめる ・気兼ねなく接する ・気兼ねなく話せる ・気兼ねなく振る舞わせる ・気兼ねなく会える といったようになります。 例えば、「気兼ねなく話せる異性」 といった場合は「何も遠慮することのなく話せる異性」という意味になるので「恋愛に発展しない異性」と解釈できます。 名詞と組み合わせる場合 「気兼ねなく」は名詞と組み合わせて使うこともできます。 例としては、 ・気兼ねない友達 ・気兼ねない仲間 ・気兼ねない仲 ・気兼ねない間柄 ・気兼ねない関係 といったようになります。 また人以外にも「気兼ねない話」と使うことができます。 例えば「気兼ねない友達」といった場合は非常に仲の良い・気を許して付き合っている友達ということになります。 「お〜して下さい」という形は、相手に何かを要望・懇願する意を表します。 「気兼ねなく」の中でもよく使われる「どうぞお気兼ねなく」という表現は、「お気遣いなさらないで下さい」といった意味になります。 「気兼ねなく」の例文 「気兼ねなく」の例文を紹介します。 ・彼は気兼ねなく音楽を聴き続けている。 ・これは兄の物なので気兼ねなく使うことができる。 ・すぐに帰るので、どうぞお気兼ねなく。 ・彼女とは話題がなくても気兼ねなく過ごせる間柄である。 ・一人の方が気兼ねなくのびのびと暮らすことができる。 ・今日は気兼ねなくお酒を飲むことができる。 ・気兼ねなく発言できる職場を目指している。 ・彼は気兼ねなく話せる気さくな人です。 ・このお店は気兼ねなく入ることができる。 ・何かご質問がある場合は、お気兼ねくご連絡下さい。 ・私で何かお役に立つことがございましたら、お気兼ねなくお申し付け下さい。 ・ご要望などがございましたらお気兼ねなくお申し付け下さい。 ・至らぬ点もあるかと思いますが、ご用向きなどありましたら私まで遠慮なくお申し出下さい。 ・今後もご入用の節は、お気兼ねなくお申し越し下さい。 「気兼ねなく」の類語・言い換え 「気兼ねなく」の類語を紹介します。 ご遠慮なく 「遠慮」は、 「人に対して言語・行動を控えめにすること」を意味しています。 「遠慮なく」は、他人に対して遠慮しないでと思いやって使う他に、自分が遠慮なく物事を行うときに使う言葉でもあります。 自分の行為に対しては「遠慮なく」で、相手の行為に対しては「ご遠慮なく」と使います。 もう少し軽い感じであったら「遠慮せず」「遠慮しないで」などと言うこともできます。 ビジネスシーンで「遠慮なく」は多く使われます。 「ご遠慮なく」は、目上の相手に対して使える表現ですが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、そういった場合は「遠慮なさる」を使うのが良いでしょう。 「なさる」は「する」の尊敬語なので目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・何かお役に立てることがございましたら、ご遠慮なくおっしゃって下さい。 ・何か必要なものがございましたら、どうぞご遠慮なくお申しつけ下さい。 ・何かご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問いあわせ下さい。 ・お言葉に甘えて、遠慮なく頂戴いたします。 気にせず 「気にせず」は、 「配慮や心配をしないで」「気にかけないで」「気をつかわずに」という意味です。 「気にせず」は、相手の配慮を優しく断る・気にかけなくて良いことを丁寧に伝える言葉になります。 「気にせず」を敬語表現にすると、 ・お気になさらず ・お気になさらないで下さい ・どうかお気になさらずに といったようになります。 「気にせず」は主に他人から謝罪されたときに使う言葉です。 例えば相手から「大変申し訳ありませんでした」と言われた場合に「とんでもないです。 どうぞお気になさらないで下さい」と言うことができます。 相手は悪いことをしたと反省しているので、それに対して「大丈夫」という意味を込めて「気にしないで」を使います。 他にも訪問先でお茶を出されたときに、「そこまでしなくて大丈夫ですよ」という意味を込めて、「お気になさらないで下さい」と言うことができます。 例文 ・(相手から謝罪された時)滅相もないです。 どうぞお気になさらないで下さい。 ・ご連絡いただいた件、恥ずかしながら初めて気付いた次第でございます。 どうぞお気になさらないようお願い申し上げます。 ・私のことは気にせず楽しんできて下さい。 お気軽に 「気軽」は、 「物事を深刻に考えず、もったいぶらないこと」「こだわりなく事をするさま」を表します。 「気軽」は文字通り「気を軽く」と書くので、 「深く考えずに、楽な気持ちで」というニュアンスになります。 「気軽に」は相談してほしいとき・何かを持ちかけてほしいときなどに使用します。 また、面識のない相手に対して、楽な気持ちで接してほしいという目的で使用される事もあります。 「気兼ねなく」とほぼ同じ意味ですが、「気兼ねなく」と言うよりも「気軽に」と言った方が、なんとなく違和感なく受け止めらる感じがします。 「お気軽に」は口語でもメールや手紙など書き言葉としても使用できます。 例文 ・いつでもお気軽にお声がけ下さい。 ・スタッフ一同、お待ちしておりますのでいつでもお気軽にお越しください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 忌憚なく(きたんなく) 「忌憚(きたん)」は、 「忌みはばかること」「遠慮する」といった意味になります。 「忌憚」の「憚」は「はばかる」と読み、「差し障りを覚えてためらう」という意味です。 したがって「忌憚なく」は 「遠慮してためらうことなく」ということを表しています。 「忌憚」は基本的に「忌憚なく〜」「忌憚ない〜」など否定の言葉を伴って使われます。 「忌憚なく」の使用場面としては、言いにくい内容の意見を、遠慮なく・気を遣わずに発言するよう相手に伝えるときに用いられます。 また「忌憚」を使った言葉の中で 「忌憚のない意見」はよく使われます。 「忌憚のない意見」は「遠慮して避けることのない意見」といった意味で、相手に遠慮せずに、言いにくいことも言う素直な意見のことを表しています。 「忌憚なく」は目上の相手や目下の相手など立場に関係なく使用することができます。 例文 ・忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう、お待ちいたしています。 ・彼女の提案について忌憚なく意見を述べた。 ・どうか忌憚なく全て話してほしい。 気楽に・どうぞ楽に 「気楽」は、 「苦労や心配がなく、のんびりしているさま」「物事にこだわらないこと」「頓着しないこと」「呑気」という意味になります。 「気楽」は主に緊張している場面などで、「気楽に」「どうぞ楽に」と使います。 「気兼ねなく」とほぼ同じ意味ですが、「気兼ね」よりも少しフランクな・気の抜けたような言い方になります。 「気楽に・どうぞ楽に」は目上の相手に対しては失礼に当たりますが、目下の相手や同等には使える表現です。 例文 ・気楽に進めていきましょう! ・どうぞ楽にしといて下さい。 ・気楽に良い合わせて下さい。 気を張らずに 「気を張る」は、 「気持ちを引き締める」「心を奮い立たせる」という意味になります。 「気を張らずに」は「緊張しなくて良い」というニュアンスを持ちます。 「気を張らずに」は「気楽に」とほぼ同じ意味になります。 例文 ・気を張らずに頑張りましょう! ・お客さんがたくさんいるからといって気を張ることはない。 腹を割って 「腹を割る」は 「包み隠さず真意を明かす」という意味です。 「腹を割る」は本当の気持ちや考えを打ち明けるとき・本心をさらけ出したいときに使います。 ただ「腹を割る」はビジネシーンではあまり使わない表現ですが、覚えておくと良いでしょう。 例文 ・腹を割って話したかったができなかった。 ・人生について腹を割って話した。 歯に衣着せぬ 「歯に衣着せぬ」は、 「相手に遠慮せず、思っていることを包み隠さずに言うこと」を表します。 「歯に衣着せぬ」は「思ったことを言う」ことなので褒め言葉として使われることもあります。 例文 ・彼女の発言は歯に衣着せぬ物言いであるが、正論で誰もが納得のいくことを言っている。 ・歯に衣着せぬ物言いで褒められると、とても自信になる。

次の

「心置きなく」の意味と使い方・類語・敬語・語源・反対語

気兼ね 意味

「気兼ねなく」の使い方 動詞と組み合わせる場合 「気兼ねなく」は動詞と組み合わせて使うことが多いです。 例としては、 ・気兼ねなく飲める ・気兼ねなく楽しめる ・気兼ねなく接する ・気兼ねなく話せる ・気兼ねなく振る舞わせる ・気兼ねなく会える といったようになります。 例えば、「気兼ねなく話せる異性」 といった場合は「何も遠慮することのなく話せる異性」という意味になるので「恋愛に発展しない異性」と解釈できます。 名詞と組み合わせる場合 「気兼ねなく」は名詞と組み合わせて使うこともできます。 例としては、 ・気兼ねない友達 ・気兼ねない仲間 ・気兼ねない仲 ・気兼ねない間柄 ・気兼ねない関係 といったようになります。 また人以外にも「気兼ねない話」と使うことができます。 例えば「気兼ねない友達」といった場合は非常に仲の良い・気を許して付き合っている友達ということになります。 「お〜して下さい」という形は、相手に何かを要望・懇願する意を表します。 「気兼ねなく」の中でもよく使われる「どうぞお気兼ねなく」という表現は、「お気遣いなさらないで下さい」といった意味になります。 「気兼ねなく」の例文 「気兼ねなく」の例文を紹介します。 ・彼は気兼ねなく音楽を聴き続けている。 ・これは兄の物なので気兼ねなく使うことができる。 ・すぐに帰るので、どうぞお気兼ねなく。 ・彼女とは話題がなくても気兼ねなく過ごせる間柄である。 ・一人の方が気兼ねなくのびのびと暮らすことができる。 ・今日は気兼ねなくお酒を飲むことができる。 ・気兼ねなく発言できる職場を目指している。 ・彼は気兼ねなく話せる気さくな人です。 ・このお店は気兼ねなく入ることができる。 ・何かご質問がある場合は、お気兼ねくご連絡下さい。 ・私で何かお役に立つことがございましたら、お気兼ねなくお申し付け下さい。 ・ご要望などがございましたらお気兼ねなくお申し付け下さい。 ・至らぬ点もあるかと思いますが、ご用向きなどありましたら私まで遠慮なくお申し出下さい。 ・今後もご入用の節は、お気兼ねなくお申し越し下さい。 「気兼ねなく」の類語・言い換え 「気兼ねなく」の類語を紹介します。 ご遠慮なく 「遠慮」は、 「人に対して言語・行動を控えめにすること」を意味しています。 「遠慮なく」は、他人に対して遠慮しないでと思いやって使う他に、自分が遠慮なく物事を行うときに使う言葉でもあります。 自分の行為に対しては「遠慮なく」で、相手の行為に対しては「ご遠慮なく」と使います。 もう少し軽い感じであったら「遠慮せず」「遠慮しないで」などと言うこともできます。 ビジネスシーンで「遠慮なく」は多く使われます。 「ご遠慮なく」は、目上の相手に対して使える表現ですが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、そういった場合は「遠慮なさる」を使うのが良いでしょう。 「なさる」は「する」の尊敬語なので目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・何かお役に立てることがございましたら、ご遠慮なくおっしゃって下さい。 ・何か必要なものがございましたら、どうぞご遠慮なくお申しつけ下さい。 ・何かご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問いあわせ下さい。 ・お言葉に甘えて、遠慮なく頂戴いたします。 気にせず 「気にせず」は、 「配慮や心配をしないで」「気にかけないで」「気をつかわずに」という意味です。 「気にせず」は、相手の配慮を優しく断る・気にかけなくて良いことを丁寧に伝える言葉になります。 「気にせず」を敬語表現にすると、 ・お気になさらず ・お気になさらないで下さい ・どうかお気になさらずに といったようになります。 「気にせず」は主に他人から謝罪されたときに使う言葉です。 例えば相手から「大変申し訳ありませんでした」と言われた場合に「とんでもないです。 どうぞお気になさらないで下さい」と言うことができます。 相手は悪いことをしたと反省しているので、それに対して「大丈夫」という意味を込めて「気にしないで」を使います。 他にも訪問先でお茶を出されたときに、「そこまでしなくて大丈夫ですよ」という意味を込めて、「お気になさらないで下さい」と言うことができます。 例文 ・(相手から謝罪された時)滅相もないです。 どうぞお気になさらないで下さい。 ・ご連絡いただいた件、恥ずかしながら初めて気付いた次第でございます。 どうぞお気になさらないようお願い申し上げます。 ・私のことは気にせず楽しんできて下さい。 お気軽に 「気軽」は、 「物事を深刻に考えず、もったいぶらないこと」「こだわりなく事をするさま」を表します。 「気軽」は文字通り「気を軽く」と書くので、 「深く考えずに、楽な気持ちで」というニュアンスになります。 「気軽に」は相談してほしいとき・何かを持ちかけてほしいときなどに使用します。 また、面識のない相手に対して、楽な気持ちで接してほしいという目的で使用される事もあります。 「気兼ねなく」とほぼ同じ意味ですが、「気兼ねなく」と言うよりも「気軽に」と言った方が、なんとなく違和感なく受け止めらる感じがします。 「お気軽に」は口語でもメールや手紙など書き言葉としても使用できます。 例文 ・いつでもお気軽にお声がけ下さい。 ・スタッフ一同、お待ちしておりますのでいつでもお気軽にお越しください。 ・ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 忌憚なく(きたんなく) 「忌憚(きたん)」は、 「忌みはばかること」「遠慮する」といった意味になります。 「忌憚」の「憚」は「はばかる」と読み、「差し障りを覚えてためらう」という意味です。 したがって「忌憚なく」は 「遠慮してためらうことなく」ということを表しています。 「忌憚」は基本的に「忌憚なく〜」「忌憚ない〜」など否定の言葉を伴って使われます。 「忌憚なく」の使用場面としては、言いにくい内容の意見を、遠慮なく・気を遣わずに発言するよう相手に伝えるときに用いられます。 また「忌憚」を使った言葉の中で 「忌憚のない意見」はよく使われます。 「忌憚のない意見」は「遠慮して避けることのない意見」といった意味で、相手に遠慮せずに、言いにくいことも言う素直な意見のことを表しています。 「忌憚なく」は目上の相手や目下の相手など立場に関係なく使用することができます。 例文 ・忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう、お待ちいたしています。 ・彼女の提案について忌憚なく意見を述べた。 ・どうか忌憚なく全て話してほしい。 気楽に・どうぞ楽に 「気楽」は、 「苦労や心配がなく、のんびりしているさま」「物事にこだわらないこと」「頓着しないこと」「呑気」という意味になります。 「気楽」は主に緊張している場面などで、「気楽に」「どうぞ楽に」と使います。 「気兼ねなく」とほぼ同じ意味ですが、「気兼ね」よりも少しフランクな・気の抜けたような言い方になります。 「気楽に・どうぞ楽に」は目上の相手に対しては失礼に当たりますが、目下の相手や同等には使える表現です。 例文 ・気楽に進めていきましょう! ・どうぞ楽にしといて下さい。 ・気楽に良い合わせて下さい。 気を張らずに 「気を張る」は、 「気持ちを引き締める」「心を奮い立たせる」という意味になります。 「気を張らずに」は「緊張しなくて良い」というニュアンスを持ちます。 「気を張らずに」は「気楽に」とほぼ同じ意味になります。 例文 ・気を張らずに頑張りましょう! ・お客さんがたくさんいるからといって気を張ることはない。 腹を割って 「腹を割る」は 「包み隠さず真意を明かす」という意味です。 「腹を割る」は本当の気持ちや考えを打ち明けるとき・本心をさらけ出したいときに使います。 ただ「腹を割る」はビジネシーンではあまり使わない表現ですが、覚えておくと良いでしょう。 例文 ・腹を割って話したかったができなかった。 ・人生について腹を割って話した。 歯に衣着せぬ 「歯に衣着せぬ」は、 「相手に遠慮せず、思っていることを包み隠さずに言うこと」を表します。 「歯に衣着せぬ」は「思ったことを言う」ことなので褒め言葉として使われることもあります。 例文 ・彼女の発言は歯に衣着せぬ物言いであるが、正論で誰もが納得のいくことを言っている。 ・歯に衣着せぬ物言いで褒められると、とても自信になる。

次の

「憚る(はばかる)」の意味とは?正しい使い方や例文を徹底解説!

気兼ね 意味

「気兼ねなく」の意味 「気兼ねなく」の意味は「気軽に」や「遠慮なく」 「気兼ねなく」(きがねなく)は、「気軽に」や「遠慮なく」という意味があり、他人を気遣った表現です。 「気兼ね」は「遠慮」を意味していて、他人に配慮して気を使うことを指しています。 遠慮する気持ちを、否定を意味する助動詞「ない」で打ち消して「遠慮なく」という言葉が成り立ちます。 したがって「気兼ねなく」は相手が遠慮することなく話してほしい、振舞ってほしいという時に使われます。 「気兼ねなく」の使い方と例文 動詞と組み合わせる使い方 「気兼ねなく」は動詞と組み合わせることで、相手に遠慮しないでほしいという配慮ある表現になります。 尊敬語の動詞とも組み合わせることができ、例文は次のようになります。 「気兼ねなくおっしゃってください」• 「気兼ねなくお申しつけください」• 「気兼ねなく言ってください」• 「気兼ねなくご相談ください」• 「気兼ねなくご連絡ください」• 「気兼ねなく話せる上司」• 「気兼ねなく入れる店なので楽でいい」• 「気兼ねなく聞いてください」 名詞と組み合わせた使い方 気を使わなくてもいい相手、遠慮のいらない人間関係を説明する場合に、「気兼ねなく」は名詞と結びついた使い方がよくされます。 「気兼ねなく」を「気兼ねない」と語尾変化させて、名詞を続けます。 「気兼ねない」を使えるような相手とは、遠慮がいらないだけでなく、気を許しているような仲のいい関係が築かれています。 例文は次の通りです。 「気兼ねない人」• 「気兼ねない友人」• 「気兼ねない仲」• 「気兼ねない上司と同僚」 「気兼ねなく」の敬語表現 ビジネスシーンでもよく使われる「気兼ねなく」という言葉ですが、「気兼ねなく」の敬語表現を知っておくと、上司や目上の人にも使えて便利です。 「気兼ねなく」の敬語は「お気兼ねなく」 「気兼ねなく」に敬意を表す接頭語の「お」をつけることで「お気兼ねなく」とすると、丁寧な表現になります。 「お気兼ねなく」に「~ください」を文尾に続けた使い方がよく使われて、目上の人にも使える丁寧な表現になります。 ただし上司によっては尊敬語を多用することでかしこまりすぎるので嫌がることがありますので、そのような相手には尊敬表現ではなく「気兼ねなく」を使っても構いません。 相手との距離感によって、「気兼ねなく」と「お気兼ねなく」を使い分けましょう。 「お気兼ねなく~してください」は手紙やメールで使われる 「お気兼ねなく~してください」というフレーズは口語だけでなく、手紙やメールでの書き言葉としても使われます。 読み手を配慮しながら敬意を表すことのできる便利な表現です。 「お気兼ねなく」を使った例文• 「お気兼ねなくおっしゃってください」• 「もしもお気づきのことがありましたら、お気兼ねなくご質問されてください」• 「ご馳走というほどのものは用意できませんが、お気兼ねなくおいでください」 「気兼ねなく」の類語 「気兼ねなく」にはたくさんの類語がありますので、ここでは日常会話からビジネスシーンまでよく使われる類語を紹介します。 「遠慮なく」は相手や自分にも使える「気兼ねなく」の同義語 「遠慮なく」は相手に言動や行動を控えめにすることなく、自由にしてくれて構わないという相手を気遣う表現です。 また自分が自由にさせてもらうという状況でも使われる言葉です。 例文: 「遠慮なくお召し上がりください」 「遠慮なくいただきます」 「遠慮なく」に接頭語の「ご」をつけた「ご遠慮なく」で、相手に敬意を表した使い方もできます。 例文: 「ご遠慮なくおっしゃってください」 「気軽に」は「気兼ねなく」よりも砕けた表現 「気軽に」は「気兼ねなく」の類語で「気を楽にして」や「物事を深く考えすぎずに」という意味です。 「気兼ねなく」よりもやわらかい表現になり、目上の人でも親しい間柄ならば使うことができます。 「気楽に」では砕けすぎていると感じられるならば、「お気楽に」と尊敬の意味を表す接頭語「お」をつけることで敬語表現にもなります。 例文: 「気軽に話せる間柄」 「いつでもお気軽にお申し付けください」 「心置きなく」なら安心感も与えらる 「心置きなく」は「遠慮せずに」や「心配をせずに」という意味の言い回しです。 また「安心して」という意味もあり、「気兼ねなく」の類語の中でも相手を落ち着かせるといった作用もある言葉です。 例文: 「心置きなくお話しください」 「気兼ねなく~してください」の英語表現 英語で「not hesitate to do」 「気兼ねなく~してください」という言い回しには英語で「not hesitate to do」というフレーズがよく使われます。 「hesitate」は「躊躇する」や「遠慮する」という意味の動詞を「not」で打ち消すことで、「気兼ねなく~する」という意味になります。 接頭語の「お」を付けた「お気兼ねなく」は尊敬表現で、「気兼ねなく」を同じくビジネスシーンでもよく使われます。

次の