悪役 令嬢 は 引き 籠り たい 転生 したら 修羅場 が 多い。 ムッティーのブックマーク一覧

ふりがなのブックマーク一覧

悪役 令嬢 は 引き 籠り たい 転生 したら 修羅場 が 多い

幼馴染の魔剣士アレス、獣人ミーナ、エルフの魔法使いレイラと共にダンジョンを攻略しているユーリは、戦闘後に極稀に付与される『スキル覚醒』を修得した。 だが、ユーリが付与されたスキルは今までに聞いたことの無い『瑕疵 バグ 』という最弱の代物だった。 ユーリはそのスキルの影響で、レベルもステータスも最弱になってしまう。 ただでさえ他のメンバーよりも戦闘力が低く、パーティのランク昇格の足枷になっていたところ拍車をかけてしまう結果となったのだ。 そんな時に、突如A級モンスターのケルベロスが俺達の目の前に出現して、ユーリは3人が逃げるための囮にされてしまい非業の死を遂げた……。 はずなのだが、気が付くとユーリはギルドの建物の前に立っていた。 ケルベロスに遭遇してパーティに裏切られた記憶があるのに、どうしてこんなところにいるのだろう。 今の状況に混乱しつつ、ユーリは人気の無い路地裏に入り込んでステータスを確認した。 「……!! なんだよこれ!?」 ユーリは目を見開き思わず声を上げた。 レベル9999 魔力、攻撃力、防御力、素早さ、その他全てのステータスが9999となっていたのだ。 そんな彼女に転生した百合好きの少年、圓 まどか は今度こそ平和で平穏な、好きなだけ百合を愛でられる人生を送りたいと願うのだが……。 乙女ゲームのボツ設定が復活してラピスラズリ公爵家が国王陛下のための毒剣一族だったり、関わりたくない王族の現国王陛下が向こうからやって来たり、関わりたくない攻略対象の家族や本人とやたら関わったりと、もう滅茶苦茶。 これは破滅フラグ回避という悪役令嬢の本業を全くできないまま、二歳で商会経営、三歳で外政参加、他種族差別撤廃に向けた活動、五歳で隣国の中枢の不祥事解決、隣国の領主就任、と様々な事業を前世のぶっ壊れスペックで解決していく、本当は百合を愛でて暮らしたいだけの悪役令嬢 ? の物語。 攻略対象の一人が正式登場するのは三章時点、それ以降も攻略対象本人よりも関係者の登場回数の方が多いです。 主人公は一途にその人のことを想っているため男女問わず第一位は揺るぎません。 相思相愛相ヤンデレです。 大体のキャラや展開に元ネタが存在しますので、下敷きのテクストの差異をご堪能ください。 実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、ここに書かれている思想全てを作者のものと考えるべきではないことをここに記しておきます。 1終盤、Act. 4-33,44、Act. 6-30〜32、など。 『鑑定』スキルしか使えないユース。 幼い頃に冒険者にあこがれた彼は、自分が向いていないと知りながら、直向きな努力で冒険者となった。 しかし、ある日突然「お前は明日から来なくていい」とクビを宣言されてしまう。 理由を尋ねるユースに、リーダーのレイズは言う。 「俺たち【シルバーロード】も、この間のクエストで晴れてSランクパーティーになった。 これで俺たちも超一流の仲間入りをしたわけだが……ハッキリ言って『鑑定』しか使えないお前は、俺たちに不釣 り合いなんだよ」 気持ちの整理がつかないまま、ユースは宿屋に戻った。 選別と言われ渡された箱には、ダンジョン探索で手に入った物が入っている。 とはいえ、全て彼らがいらないと判断したガラクタばかり。 鑑定で見ても、古すぎて使い物にならない代物がほとんどだった。 そんな中に黒い水晶を見つける。 その水晶の力をきっかけに、『鑑定』スキルが【継承】に進化した。 新たな力を手に入れたユースは、新天地で活動するため街を出る。 その道中で、新米パーティーの女の子たちに出会ったことで、彼の運命は大きく好転する。 一方、ユースを追放したパーティーは、新たな仲間を加えて冒険に出発していた。 意気揚々とクエストを受ける彼らだが、思わぬ形でピンチに陥ることに? これは夢を追い続けた男が、冒険者として、人の師として成長していく物語だ。 alphapolis. 完結済み 主人公セシルは、十三歳の誕生日に秘められた魔法の才を開花させる。 しかしセシルが生まれた国は魔法が禁忌とされる国であった。 セシルは魔法使いであることを隠して生きる道を選ぶのだが、優しく甘え ん坊な王子と出会い恋に落ちる。 幸せは長く続かず、紆余曲折を経て、その王子に十五歳の誕生日に処刑されてしまう。 しかし、再び目が覚めると十三歳の誕生日に戻っていて……? 一度目の人生は 教会の孤児院で育った、ただの村娘。 二度目の人生は 癒しの魔法が使える聖女。 そして三度目の人生は 冷酷無慈悲な侯爵家次男坊アルベリクの 専属メイド兼、庭師!? 他人に関心がなく、氷のような瞳をしたアルベリク。 だけど二人きりだと……!? ツンデレな彼に、見つめられ、抱きしめられ、翻弄され続けるセシルの毎日が幕を開ける……。 【章について】 序章 聖女セシルが終わる時 第一章 三度目の始まり 第二章 専属メイド兼、庭師!? 第三章 甘い香りとティータイム 第四章 ファビウス邸の日常 第五章 二人きりでの馬車の旅 第六章 男ばかりの訓練所 第七章 王子と指輪と誕生日 第八章 争乱と奇跡の力 最終章 終焉とやり直しの秘密 俺は毒にも薬にもならない、しがないサラリーマンだ。 よく分からないから。 面倒だし。 何より相手が見えない事が怖い。 だから何かの間違いなんだ。 こんなモブキャラな俺の部屋にダンジョンが出現した事も、80日後に世界中にダンジョンが出現する事も。 だがヒヨコのPちゃんが言うんだから間違いはないのだろう。 でも俺はイヤだぞ「80日後にダンジョンが出現します。 そのまま放っておくと、ダンジョンが拡大して世界が滅 亡します。 でも大丈夫、レベルアップも魔法もあります。 捕まっちゃうよ? 人前で緊張して吐いちゃうよ? だから黙って俺はレベル上げて生き残る。 そんな俺が、クセのある人達と世界を救う? お話 筆頭公爵家の末娘エキナセアは、両親から望まれずに生まれてきた。 しかも幼い頃から虚弱で不定愁訴の塊。 家族から無視され、愛されずに育った彼女の心の支えは、幼なじみの第三王子のリュカ殿下。 十歳の時その憧れのリュカ殿下との婚約が決まったが、その御披露目パーティーでアナフィラキシーショックで倒れて破談になり、しかも生死をさ迷う。 一命は取り留めるが辺境伯の叔父の所へ追い払われて、その存在を消された。 しかし、その辺境地は彼女にとっては寧ろパ ラダイス。 世界一の先生と最高の学友達と共に勉学に励み、地域の人々と触れ合いながら、自分と周りの人々の健康生活向上を目指す。 やがてエキナセアは大学で医学を学ぶために都の自分の屋敷に、侍女として戻って来る。 そして思い出の場所で偶然リュカ殿下と再会を果たす。 虚弱で自己肯定感が低いが、頭脳明晰で発想力に優れ、人々を結ぶ輪を広げていく才能を持つ少女エキナセア。 まだ、かろうじて幸せだったころでした。 フライア・ディールスはヴェッセル王国に住む公爵令嬢。 第一王子であり王太子であるイーノク・ヴェッセルと婚約をしており、順風満帆な人生を歩んでいる……はず、だった。 しかし、フライアが十五歳のある日。 王国の住む一人の男爵令嬢が光の魔力に目覚めた。 それがきっかけで、イーノクはフライアを蔑ろにするようになり、毎日のようにその男爵令 嬢シンディの元へと通い詰めるようになる。 仕事を放り出すということからフライアの仕事は増えるばかり。 それでも、必要とされるのならば。 そう思っていたフライアだが、イーノクはフライアを利用するだけ。 その結果、いつの間にか貴族たちはフライアのことをこう呼んでいた。 ** これは、お飾り王妃と呼ばれた女性が一度目の人生のようにならないために行動していると、隣国の公爵令息に溺愛されていたというお話。 「私はもう、貴女たちのためになんて動かないわ」 「自分の人生、自分のために生きてみせる!」 日刊ジャンル別ランキング(異世界恋愛) 最高52位 ある日、突然、とある理由で異世界に転移させられたのは二十四歳OLのジュリ。 仕事は順調、忙しいけれどブラックじゃなかったし、彼氏と別れて一年なるけど友達や会社の先輩と合コンしたり飲み会したり、結構充実してたのに。 【彼方からの使い】とか言われる異世界人として、あれ? もしかしてチートとかいうやつ?! と思ったら。 え? 【スキル】も【称号】もないの? あるのは?【技術と知識】。 うん、よくわからない。 悶々とした感情を抱えて日々を過 ごすけれど、あることを境にようやく馴染み始めた生活が大きく変わっていくことに。 元OL、ジュリが『ものつくり』で異世界を逞しく楽しく気ままに生き抜くお話です。 不気味な笑い、妙なこだわり、ちょっと強気な性格で、我が道爆進します。 チートなのか、そうでないのかわからない、そんな彼女の周りはちょいちょいチートが出没します。 なるべくそういった話にならないようにするつもりですが進むにつれて連続して出てくる可能性もあるのでご了承ください。 広き心でお読みいただければ幸いです。 HJネット小説大賞2019 受賞しました。 本当にありがとうございました。 2020年書籍化予定です。 2028年4月 今日も俺はダンジョンに潜っている。 高木 海斗は アルバイトがわりに毎日ダンジョンに潜っている。 貧弱ステータスのモブキャラ海斗は毎日スライムを狩って、せっせと小遣稼ぎをする探索者。 人呼んでスライムスレイヤー LV3。 以前、調子に乗ってゴブリンに挑戦して、ボコボコにされ命からがら逃げ出した過去がある。 スライムスレ イヤー LV3 の海斗がいつものようにスライム狩りをしていると見たこともない 金色のスライムが現れ、撃退するとそこにはサーバントカードと呼ばれるレアアイテムが残されていた。 貧弱モブキャラのダンジョン冒険活劇になる … かも知れません。 まさか本当にこんなことになってしまうなんてな。 確かに少子化は深刻な問題だけど、何でよりにもよって今年からだったんだ......。 まぁ、ひと昔前からの不況で本当に日本の人口減少が冗談にならないレベルでやばいのかもしれないけれど。 本当に何で今年から.......。 『早期婚活促進プログラム』 これはこの国が全国の高校生たちに義務付けた今年から施行の糞制度。 全国の恋人のいない高校生たちは、この制度によって各学校ごと に勝手にランダムで仮恋人契約を結ばされてしまう。 そして次々と建設されていく国営の寮へと収容されて同居を義務付けられる様になった ほんと何で俺が高2に上がると同時にこんな糞制度が.......。 それに2カ月毎に相手が変わっていくこの制度だけど、何で俺の相手はよりにもよって超絶美人ばっかりなんだ....。 『最悪、よりにもよって何であんた。 激萎え。 』 『絶対に変なことだけはしないでね。 』 『私があんたのことを好きになることは未来永劫ないから覚えておきなさい。 』 『んー、次に期待かな。 』 うん..... そうなるよな。 今まで異性にモテたことのない俺とは身分が、カーストが違いすぎる。 本当にストレスがやばい。 こんなことを言うのも失礼中の失礼だけど、俺も友達のカズみたいにモテない身分にあったモテそうにない女性をペアに...... まぁ結局、最後は皆優しくしてくれる様になるんけどな。 きっとまだこの後も学校生活は続くし、また他で関わることがあるかもしれないと円満に終わらせようとしてくれているんだろう。 だから俺も彼女たちの配慮を尊重して綺麗に終わらせてあげる。 「ねぇ、だからさ。 お願い。 わかってるよね.......。 太一郎」 あぁわかっている。 そう円満にお別れだ。 え? もうすぐ始まる3学年では女性側からペアになりたい男子を指名できる指名制度が実施される? あぁ、それ全く俺には関係のない制度だ。 知らん。 どうでもいい。 とりあえず次の相手は誰だろうか.....。 「はぁ..... 考えるだけでまた胃が。 」 くっ...... いつになったら恋人本契約を結び、この糞法から抜け出せるんだ。 やっぱり卒業までのあと一年我慢しかないか..... はぁ 死んだはずの俺の魂が異世界転移に巻き込まれて、挙句の果てに異世界転生。 半端じゃない魔力を誰かに利用されそうだから、隠してみる。 でも自分でも使えるようになりたいから、特訓もする。 剣を貰ったから腕を磨いて、魔法も使ってみたいから教えてもらえる人を探そうかな。 って、話せる精霊と出会うなんて予想外…… 強くなりたいから街まで行って、成り行きだけど冒険者(見習い)にもなって、やっぱり知りたいこともたくさんあるから街を出て学生になったり、 誰かを助けたり、守るために戦ったり。 **** こんな転生に意味があるのか、前世と同じぐらい生きてみても分からなかった。 だけど、思い知る。 もし、俺が転生した意味があるとするのならば、彼らを救うためだったのだと。 **** 不定期更新です。 中学3年のある放課後丸山 和人は以前、告白をされた漆畑 楓と言う生徒を呼び出し告白をした。 しかし・・・それは最初から俺を貶めるための罠だった。 丸山は結局まんまと罠にはまり最終的に誰にも相手にされない孤独を生きることになった。 だが、丸山はそんな地獄の日々を見事やり抜きやっと高校生活を送ろうとしていた。 しかし、平穏な日々はこなかった。 ・・・・・・・・ なんと、同じクラスにあの忌々しい彼女にそっくり過ぎる白崎凛と言う 女子生徒が現れた。 しかも彼女は俺のことを知り初恋相手だと言い、休み時間に突然クラス全員に聞こえる声で、告白をしてきた。 これは、そんな丸山が描く3年間のものの青春ラブコメである。 そのかりそめの婚約者であり、「鉄の伯爵」と呼ばれる謎の男。 男爵令嬢のアンジェは外交官である父達と外国で幸せに暮らしていた。 ところが帰国後、突然の父の死により、後見人となった叔父に領地も財産も取り上げられ、小さな双子の弟妹を抱えながら、みすぼらしい貧乏生活を余儀なくされる。 それでもアンジェはくじけず に得意の語学を生かし翻訳で生活を支えていた。 しかし叔父はそんなアンジェを厄介払いする為に歳の離れた老貴族との縁談を決めてしまう。 あまりの仕打ちに絶望するアンジェだが、その前に現われたのは国の英雄と評判の『鉄の伯爵』のあだ名を持つエインズワース伯爵。 アンジェの父の遺言で伯爵はアンジェに婚約を申し込む。 絶対絶命のアンジェはその手を取り、彼のかりそめの婚約者となる。 貧乏暮らしから一転、華やかな暮らしがはじまり伯爵は献身的にアンジェを支える。 その優しさに、アンジェは彼に心惹かれはじめる。 だけど伯爵の態度は謎めいていて……。 5月25日に発売です】 王立学園の卒業パーティーで公爵令嬢であるセレスティーネは、婚約者である王太子レトニス殿下から突如婚約破棄を告げられた。 わけがわからないセレスティーネは理由を尋ねるが、レトニスから、わからないおまえは、人として欠陥があると言われショックを受ける。 しかも、王太子の傍らには子爵令嬢の姿が。 何故!どうして!と憤るセレスティーネの背に突然剣が突き立てられた。 結局理由がわからない まま、セレスティーネは息絶えた。 十五年後、セレスティーネは伯爵令嬢として生まれ変わった。 悪役令嬢の自分の生は終わったのだから今度は平穏にと思った彼女だが、なんとまたも自分は悪役令嬢だった。 Eランクで調合師関係でいつも薬草採取の仕事をしているゼンは他のギルドの連中からは、ストレスの捌け口として置かれていた。 しかし、依頼の途中でゼンは国宝級である『蘇生の薬草』をたまたま手に入れる。 ヒロインたちである、『崋山烈火』というSランクのクランの4人の美女も、同様ゼンをただのゴミだと思っていた。 しかし、彼女たちは邪神との戦いでギリギリ封印に成功するが 、邪神の最後の足掻きとも言えよう魔法に彼女たちには死が迫った。 しかし、メンバーの1人の咄嗟の判断で転移魔法を詠唱し、違うところへと転移した一同だが、転移したさきで力尽きてしまう。 そこを偶然通りかかったゼンが彼女たちを自分の職業でもある調合師を一杯活用し、また『蘇生の薬草』も使用し、1年がかりで全員を治す。 その行為に彼女たちはゼンに恋をしてしまう。 そして、その人柄故に彼女たち以外もゼンに恋をしてしまうそんな物語。 Eランクである俺がSランクたちからの熱烈な求婚がすごいのだが......。 「僕は、死ななければならない」 前世の記憶を理解したルーファスは、自分がかつてプレイした乙女ゲームのラスボスだと気付く。 世界を救うには、死ぬしかない運命だと。 しかし闇の化身として倒されるつもりが、事態は予期せぬ方向へと向かって……? 「オレだけだぞ。 他の奴には、こういうことするなよ!」 無表情で無自覚な主人公は、今日も妹と攻略対象を溺愛する。 今にわたしが、真の恐怖というものを教え込んでやるから な。 けれど不穏な影があった。 人の心に、ルーファスは翻弄されていく。 萌え死と戦いながら、ルーファスは闇を乗り越えられるのか!? ヒロインは登場しません。 アルファポリスにも掲載。 Bランク冒険者のスパーダは、ある日パーティーからクビを宣告される。 パーティーを追放された事で、食費に消える大金を満足に得られる事が出来なくなったスパーダ。 そんな死活問題に頭を悩ませ途方に暮れていると、「スーちゃん」と彼を呼ぶ幼馴染のリンゼという少女が現れる。 なんと彼女はSラ ンク冒険者になっており、昔の弱弱しい面影はすっかり消え去っていた。 「わ、私Sランク冒険者になったよ! だから、結婚してスーちゃん!!」 「……は?」 唐突に求婚されたスパーダ、当然断るが彼はまだ知らなかった。 割と数が増えてきたので、この辺りでまとめを作ってみようと思いました。 私は物心ついた時から、いや、恐らく物心つく前から、スパンキング系統が好きでした。 同じ様に暴力が入っていても適度な戦闘もの等はRタグをつけなくても許される感じですが、スパンキング・お仕置き系統はRタグが無条件につけられている気がします。 私自身は行き過ぎたエロやグロ・暴力を入れない限 りRタグをつけないようにしています。 何故なら、私と同じ様な嗜好を持つ若い人達にも安心出来るサイトで作品を見たり読んだりして欲しいからです。 欲求が爆発して危ないサイトを覗くよりも、安心出来る場所で欲求を発散させた方が遥に安全・健全だと思ったからです。 今後は、スパンキング系統の作品を書いたら、単発で投稿すると同時にこのまとめの方にも加えていくつもりです。 目次のタイトルと投稿作品のタイトルは同じものです。 上から投稿順となっております。 お好きな物語を選んでお読み下さい。 そういうものが苦手な方や、嫌悪感を抱く方は、閲覧ご注意下さい。 その他の全作品は『pixiv百科事典』に同タイトルで投稿している作品です。 2014年7月10日、エンジニアの安田誠二はJL869便で成田から商用で北京へ向けて飛び立った、 しかし北朝鮮の海州沖を飛行中突如機体は爆発し誠二は機体もろとも京畿湾の藻屑と消えた。 再び誠二が気が付いたとき、そこは何と四百年前の朝鮮文禄の役の真っ只中にあった。 本小説は「江戸に落ちたエンジニア」のシリーズもの、今度は戦国期に落ちた物語です。 主人公の誠二は黒田長政らに助けられ持てる技術を駆使し朝鮮を生き抜く、やがて秀吉死後の騒乱と化し た日本で黒田官兵衛・長政父子を助け、関ヶ原で勝利した東軍大将 徳川家康の軍勢と天下を賭け琵琶湖湖畔で激突する。 (本小説は2015年に一度投稿した小説の一部内容を編集したものです) 世界にダンジョンが現れて30年。 今やダンジョン探索士は当たり前の職業となっていた。 うだつの上がらない探索士である只野一人は、ガチャが具現化する能力【スキルガチャダス】を偶然手に入れる。 自分でガチャを引くことも出来るが、他人にも引かせる事が出来る事に気付いた只野は一回一万円でガチャを引く権利を販売する事に。 レアリティに応じて魔法やスキル、ステータス向上などの恩恵が得られるガチャは大好評。 客にガチャを引かせた売上金で自分自身もガチャ を引き、どんどん強くなる只野。 金と力を手に入れた只野は資金を元手に、夢のS級探索士を目指す。 応援ありがとうございます。 その者は、己の前世の記憶を持っていた。 王位継承権を巡る政争にて、側室の子であるからと真っ先に貴族諸侯から見限られた第三王子。 その護衛役として役目を全うした女騎士としての記憶を所持したまま転生を果たした者が、いた。 そんな彼女が転生したのは生前と同じ世界。 それも、己が死んだその直後に赤ん坊として再び生を受けていた。 今度は、伯爵令嬢————フローラ・ウェイベイアとして。 17を迎えた誕生日。 生家から半ば強制的に国王陛下の甥にあ たる公爵殿の花嫁選びの為に開催されるパーティーに参加しろと言いつけられ王宮に向かう事になってしまったフローラ。 今生は平凡に生きるんだ、などと考える彼女であったが、王城に向かったその瞬間、平凡に生きられたであろう未来は見事に歪んでしまう。 何がどうあってか、知らないうちに国王陛下まで上り詰めていた元護衛対象による執着心によって。 アルファポリス でも連載しております。 書籍化決定しました!! いつもありがとうございます 人• 理由は単純、弱いから。 強くなろうと思い、なんでも願いを叶えてくれるという悪魔を召喚した。 悪魔はその願いを叶え、二人は夫婦となる。 童顔低身長のショタ高校生、一ノ瀬一和。 彼はある日同学年のギャルJK、犬飼織姫と出会う。 ひょんなことから織姫の頼みを聞くことになった一和。 「あたしのさ、ペットになってよ」 「……はい?」 ほぼ成り行きで織姫のペットになった一和。 その日から一和を待ち受けていたのはギャルJK織姫にこれでもかと可愛がられまくる毎日だった。 「よろしくわんこ!」 「やっぱ可愛いなあわんこは!」 「カワイ~!」 「あり がとね、わんこ!」 こうしてペットになったショタ高校生と飼い主になったギャルJKの日々が始まる。 しかし一和をペットにしたいのは一人だけでなく……? ショタ男子がペットとしてひたすら可愛がられる毎日が始まる。 これはペットのショタ男子と飼い主のヒロインによる激甘ラブコメ。 よろしくお願いします! 悪友に誘われ新しくVRMMOゲーム、インフィニティ・ワールド・オンライン、通称IWOを始める主人公。 ロマンを求めて選んだスキルはクソビルド?それが転じて最強職? これは適当に初期設定をしたせいで最強職になってしまった主人公が我が道を行き、周囲を巻き込んでゆく物語である。 主人公のアイン15歳の少年は、【鑑定士】という、物を鑑定する以外に能のない不遇職。 ある日、ダンジョンで、仲間の失敗によってモンスターの大群に襲われる。 一人置き去りにされたアインは、奈落へと落ちる。 そこでアインは、地下深くに生える特別な木 ・【世界樹】の精霊と、それを守る賢者に出会う。 彼女らの力を借り、アインの鑑定能力は超進化。 全てを見切る【神眼】を手に入れる。 敵の動きを完璧に見切り、つけば即死の相手の弱点を見破り、相手の使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする。 最強の力を身につけ、アインは地上へ脱出し、第二の人生を送るのだった。 異世界へ拉致された主人公。 新しい魔物を創ったり、予想外な成長に困惑したり。 世界樹の愚痴を聞いたり、なだめたり。 世界樹のため、世界のため、世界樹の治療と環境改善を目指し、迷宮はどんどん大きくなる。 そんなお話。 ---------------------------------- -------------- 始めは少々危険な場面がありますが、ダンジョンが成長してからはその様な場面は少なくなり、周りの生物の方がダンジョンに抗う感じになります。 俺TUEEEならぬ、ダンジョンTUEEEもの。 チート能力ならぬ、チートダンジョンの予定。 (チート能力者が居ないとは言っていない) ---------------------------------------------------- 初投稿です。 暖かい目でみてください。 最低でも週1投稿を目指します。 異世界なのだから、元の世界の常識が当てはまらなくても、おかしくないのでは? をコンセプトに、スキルやら魔法やらの仕組みを表現できたらと思っています。

次の

恋愛 異世界小説一覧(15ページ目)

悪役 令嬢 は 引き 籠り たい 転生 したら 修羅場 が 多い

作者:• 知り合いの山林の整備を終えた帰りにキャンプをしていた東雲義教たちは、キャンプ場で不思議な嵐に遭遇し、気づけばそこは先史時代であった。 「文明を築くがよい」 女神(?)に宣告されていきなりフロンティア生活がスタート 無くして分かる文明の恩恵、大自然の猛威、次々と襲い掛かってくる障害を知恵と工夫と技術で乗り越え生きるために開拓に励む 「これ何て『無人島ストーリー』?」 「いや『文明』じゃないか?」 「ベリーハードの『鉄腕疾走』や」 文明的な快適な生活を目指して義教たちの挑戦が始まった。 歴史[文芸] 連載:全171部分• 開拓史 体力系技術者• R15 残酷な描写あり• 作者:• アイリス大賞6金賞受賞に伴い、一迅社様にて書籍化の話が進行中です。 ありがとうございます。 気が付いたら乙女ゲームの悪役令嬢アルベルティーナでした! 基本惨殺フラグや自業自得の残酷な国外追放フラグが満載な悪役令嬢。 こうなったら、私を溺愛するお父様にお願いして領地に引きこもって徹底的にやり過ごして見せる! 王子もヒロインもしるものかー! 領地に引きこもりながら残虐行為からは一切距離を取りつつ、死亡フラグ=攻略対象者を餌付けしたり、可愛がったり、自分勝手に生活を魔改造しながら、悠々自適な有閑貴族としてヒキニート令嬢として暮らしていくが・・・・あれ? なんだか周りの様子がおかしいぞ? 前半はコメディ多め、後半シリアス入ります。 ハピエン予定です。 異世界[恋愛] 連載:全94部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 ラブコメ 女主人公 ほのぼの 後半シリアス アイリス大賞6 書籍化• R15 残酷な描写あり• 作者:• 〈黒穴〉に入った者は、力と富を得られる。 そんな伝説を信じて〈黒穴〉に飛び込んだ戦士レカンは、異世界に落ちる。 彼が目にしたものは、みたことのない迷宮と、みたことのない魔獣だった。 レカンの冒険の旅が始まる。 書籍1巻から3巻、コミック1巻から2巻、発売中。 いずれもKADOKAWA様より。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全586部分• スキル 魔法 迷宮 旅 出会い 陰謀 魔獣 貴族 伝説 薬師 女騎士 神官 神殿 女施療師 魔法剣 マッド サイエンティスト 竜肉美味 婚約破棄 因果応報• 残酷な描写あり• 作者:• ある日、目が覚めたら転生していた。 時は戦国乱世の真っただ中。 織田信長が生まれる十六年前。 管領細川家の家督を巡り、『両細川の乱』の最中にある日本で一人の転生者が六角家の家督を継いだ。 後に近江六角佐々木氏の全盛期を築き上げ、天下人として畿内に覇を唱えた男。 その名は六角定頼 「これは……人生バラ色じゃあないか」 無敗の王者に転生した男は、明日をも知れぬ乱世の中にあって勝ち残り確定ルートにほくそ笑む。 歴史[文芸] 連載:全98部分• IF戦記 逆行転生 シリアス 男主人公 和風 戦国 群像劇 内政 歴史フィクション 育成 親子 商業史 ESN大賞2 集英社WEB小説大賞• R15 残酷な描写あり• 作者:• 気付いたら古代中国に転生していた社畜の男が、色々やらかしながら天下人に……ならずに、悠々と過ごしていこうとするお話です。 比較的真面目な作風になるかと思われますが、作者の考察により歴史的事件が史実とは違った感じになります。 主人公と一部の人間の年齢にご都合主義があります(資料で生没年が???とかになっている人物限定ですが)ので、そう言うのが嫌いな人は見ないほうが良いかもしれません。 名前の呼び方も普通は曹操なら曹孟徳なのですが、資料や作者の記憶の関係上、曹操・劉備等と言った感じで表現していきますのでご了承下さい。 感想欄でのネタバレ・展開予想が有った場合は削除させて頂く場合がございますので、何卒ご了承お願い致します。 タイトル修正。 タグは増える予定。 歴史[文芸] 連載:全120部分• オリジナル戦記 IF戦記 史実 時代小説 逆行転生 三國志 微チート 不定期更新 ESN大賞2• R15 残酷な描写あり• 作者:• 45歳の冴えないサラリーマンが異世界に転生?! 趣味なし、バツイチ、恋人なしの灰色の人生を送っていた男が、辺境の騎士の家に転生し、その能力をいかんなく発揮していく。 また、主人公には妻を複数娶ることになりますので、そのような設定を好まない方はご注意ください。 (第3巻まで発売中。 第4巻の発売決定しました) なお、本編「トリニータス・ムンドゥス~聖騎士レイの物語~」も書籍化されています。 (第2巻まで発売中) また、同時収録の読切としまして「ドワーフライフ~夢の異世界酒生活~」が両作品に掲載されます。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全528部分• 冒険 ファンタジー 異世界 転生 酒を愛する主人公 酒が世界を動かす 内政系? 政治関係少々 ドワーフライフ 基本はシリアス 男主人公• R15 残酷な描写あり• 作者:• 病気でもないのに、疲れやすく、休みがちな更紗。 それでもなんとか就職して頑張っていたけれど、ついに倒れた彼女が招かれたのは異世界の女神の部屋。 「あなたは魔力を必要とする体質なのに、魔力のない地球に生まれてしまった」という衝撃の一言。 「地球からはあなたのような体質の人が何人も行っている世界なの。 存在して魔力を吸ってくれるだけでいいから」と、魔力のあり余っている世界に強制的に送り出された。 そんな穏やかな空気清浄機のはずの更紗の落とされたところは、実は魔物のあふれる世界で、魔物が強くて一歩も外に出られない。 「いるだけでいいはずだったのに……」まず外に出る努力から始まる異世界スローライフ。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全39部分• 日常 女主人公 10歳スタート 魔法 油断してると 食べられる 保護者あり そのうち外へ出ます• R15• 作者:• 【2019年12月末、BKブックス様より第1巻が発売】 迷宮の魔物を倒すと『真名』と呼ばれる不思議な力と知識を得られる世界が存在した。 その世界で生まれた貴族の息子デニスは、貴族とは思えない貧しい生活をしていた。 長男ではなく領地を継げないデニスは、生きていくために迷宮に潜り『真名』を手に入れようとする。 一方日本に生まれた雅也は、夢の中でデニスの精神と繋がっていることに気付いた。 デニスが『真名』を手に入れた時、不思議な『真名』の力を雅也も使えるようになったと分かり驚愕する。 しかも雅也だけでなく他にも『真名』が使えるようになった人々が世界中にいることが分かり、世界各国はその力に興味を持った。 異世界のデニスは雅也からもたらされた地球の科学技術の知識で領地経営に乗り出し、雅也は『真名』の力を使って企業家として成功していく。 2つの世界でそれぞれが無双する話です。 投稿は不定期となります。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全178部分• オリジナル戦記 真名 内政 主人公最強 スローライフ 都市計画 二人の主人公 産業革命 書籍化• 残酷な描写あり• 作者:• 崩壊した東京。 手にはスマホ。 錬金術なんてスキル。 そのうえモンスターまで出てきて、まるでポストアポカリプスもののゲーム世界。 カクヨム様でも同時掲載しています。 ローファンタジー[ファンタジー] 連載:全224部分• 青春 冒険 近未来 ポストアポカリプス 乱世じゃ乱世じゃ ダンジョン 錬金術チート スマホ魔法 転生 ブラック国家 エナドリ• R15• 作者:• 努力すれば、いつか自分だって。 幼い頃に聞いた冒険譚の主人公のようにだってなれるはず。 そんな希望を胸に秘め、ただ一つ身につけた剣技【パリイ】でひたすら目の前の木剣を弾き続けた。 「パリイ」 やがて、剣を振るわずして千の木剣を弾けるようになった男は思う。 いくら努力しても、望んだ結果は得られなかった。 そろそろ自分も夢から醒める頃合いなのかもしれない。 おかげさまで 日間総合ランキング1位 週間総合ランキング1位 月間総合ランキング1位 四半期総合ランキング1位 年間総合ランキング1位 達成(いっとき) また累計で38位(!)ぐらいとなりました。 ありがとうございます!• ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全77部分• 冒険 パリイ ファンタジー 男主人公 主人公最強 ほのぼの 勘違い 才能なし 書籍化 コミカライズ• R15 残酷な描写あり.

次の

【おすすめ】小説家になろう50選!マイナー・有名作品まとめて紹介する

悪役 令嬢 は 引き 籠り たい 転生 したら 修羅場 が 多い

幼馴染の魔剣士アレス、獣人ミーナ、エルフの魔法使いレイラと共にダンジョンを攻略しているユーリは、戦闘後に極稀に付与される『スキル覚醒』を修得した。 だが、ユーリが付与されたスキルは今までに聞いたことの無い『瑕疵 バグ 』という最弱の代物だった。 ユーリはそのスキルの影響で、レベルもステータスも最弱になってしまう。 ただでさえ他のメンバーよりも戦闘力が低く、パーティのランク昇格の足枷になっていたところ拍車をかけてしまう結果となったのだ。 そんな時に、突如A級モンスターのケルベロスが俺達の目の前に出現して、ユーリは3人が逃げるための囮にされてしまい非業の死を遂げた……。 はずなのだが、気が付くとユーリはギルドの建物の前に立っていた。 ケルベロスに遭遇してパーティに裏切られた記憶があるのに、どうしてこんなところにいるのだろう。 今の状況に混乱しつつ、ユーリは人気の無い路地裏に入り込んでステータスを確認した。 「……!! なんだよこれ!?」 ユーリは目を見開き思わず声を上げた。 レベル9999 魔力、攻撃力、防御力、素早さ、その他全てのステータスが9999となっていたのだ。 そんな彼女に転生した百合好きの少年、圓 まどか は今度こそ平和で平穏な、好きなだけ百合を愛でられる人生を送りたいと願うのだが……。 乙女ゲームのボツ設定が復活してラピスラズリ公爵家が国王陛下のための毒剣一族だったり、関わりたくない王族の現国王陛下が向こうからやって来たり、関わりたくない攻略対象の家族や本人とやたら関わったりと、もう滅茶苦茶。 これは破滅フラグ回避という悪役令嬢の本業を全くできないまま、二歳で商会経営、三歳で外政参加、他種族差別撤廃に向けた活動、五歳で隣国の中枢の不祥事解決、隣国の領主就任、と様々な事業を前世のぶっ壊れスペックで解決していく、本当は百合を愛でて暮らしたいだけの悪役令嬢 ? の物語。 攻略対象の一人が正式登場するのは三章時点、それ以降も攻略対象本人よりも関係者の登場回数の方が多いです。 主人公は一途にその人のことを想っているため男女問わず第一位は揺るぎません。 相思相愛相ヤンデレです。 大体のキャラや展開に元ネタが存在しますので、下敷きのテクストの差異をご堪能ください。 実在の人物や団体などとは関係ありません。 また、ここに書かれている思想全てを作者のものと考えるべきではないことをここに記しておきます。 1終盤、Act. 4-33,44、Act. 6-30〜32、など。 『鑑定』スキルしか使えないユース。 幼い頃に冒険者にあこがれた彼は、自分が向いていないと知りながら、直向きな努力で冒険者となった。 しかし、ある日突然「お前は明日から来なくていい」とクビを宣言されてしまう。 理由を尋ねるユースに、リーダーのレイズは言う。 「俺たち【シルバーロード】も、この間のクエストで晴れてSランクパーティーになった。 これで俺たちも超一流の仲間入りをしたわけだが……ハッキリ言って『鑑定』しか使えないお前は、俺たちに不釣 り合いなんだよ」 気持ちの整理がつかないまま、ユースは宿屋に戻った。 選別と言われ渡された箱には、ダンジョン探索で手に入った物が入っている。 とはいえ、全て彼らがいらないと判断したガラクタばかり。 鑑定で見ても、古すぎて使い物にならない代物がほとんどだった。 そんな中に黒い水晶を見つける。 その水晶の力をきっかけに、『鑑定』スキルが【継承】に進化した。 新たな力を手に入れたユースは、新天地で活動するため街を出る。 その道中で、新米パーティーの女の子たちに出会ったことで、彼の運命は大きく好転する。 一方、ユースを追放したパーティーは、新たな仲間を加えて冒険に出発していた。 意気揚々とクエストを受ける彼らだが、思わぬ形でピンチに陥ることに? これは夢を追い続けた男が、冒険者として、人の師として成長していく物語だ。 alphapolis. 完結済み 主人公セシルは、十三歳の誕生日に秘められた魔法の才を開花させる。 しかしセシルが生まれた国は魔法が禁忌とされる国であった。 セシルは魔法使いであることを隠して生きる道を選ぶのだが、優しく甘え ん坊な王子と出会い恋に落ちる。 幸せは長く続かず、紆余曲折を経て、その王子に十五歳の誕生日に処刑されてしまう。 しかし、再び目が覚めると十三歳の誕生日に戻っていて……? 一度目の人生は 教会の孤児院で育った、ただの村娘。 二度目の人生は 癒しの魔法が使える聖女。 そして三度目の人生は 冷酷無慈悲な侯爵家次男坊アルベリクの 専属メイド兼、庭師!? 他人に関心がなく、氷のような瞳をしたアルベリク。 だけど二人きりだと……!? ツンデレな彼に、見つめられ、抱きしめられ、翻弄され続けるセシルの毎日が幕を開ける……。 【章について】 序章 聖女セシルが終わる時 第一章 三度目の始まり 第二章 専属メイド兼、庭師!? 第三章 甘い香りとティータイム 第四章 ファビウス邸の日常 第五章 二人きりでの馬車の旅 第六章 男ばかりの訓練所 第七章 王子と指輪と誕生日 第八章 争乱と奇跡の力 最終章 終焉とやり直しの秘密 俺は毒にも薬にもならない、しがないサラリーマンだ。 よく分からないから。 面倒だし。 何より相手が見えない事が怖い。 だから何かの間違いなんだ。 こんなモブキャラな俺の部屋にダンジョンが出現した事も、80日後に世界中にダンジョンが出現する事も。 だがヒヨコのPちゃんが言うんだから間違いはないのだろう。 でも俺はイヤだぞ「80日後にダンジョンが出現します。 そのまま放っておくと、ダンジョンが拡大して世界が滅 亡します。 でも大丈夫、レベルアップも魔法もあります。 捕まっちゃうよ? 人前で緊張して吐いちゃうよ? だから黙って俺はレベル上げて生き残る。 そんな俺が、クセのある人達と世界を救う? お話 筆頭公爵家の末娘エキナセアは、両親から望まれずに生まれてきた。 しかも幼い頃から虚弱で不定愁訴の塊。 家族から無視され、愛されずに育った彼女の心の支えは、幼なじみの第三王子のリュカ殿下。 十歳の時その憧れのリュカ殿下との婚約が決まったが、その御披露目パーティーでアナフィラキシーショックで倒れて破談になり、しかも生死をさ迷う。 一命は取り留めるが辺境伯の叔父の所へ追い払われて、その存在を消された。 しかし、その辺境地は彼女にとっては寧ろパ ラダイス。 世界一の先生と最高の学友達と共に勉学に励み、地域の人々と触れ合いながら、自分と周りの人々の健康生活向上を目指す。 やがてエキナセアは大学で医学を学ぶために都の自分の屋敷に、侍女として戻って来る。 そして思い出の場所で偶然リュカ殿下と再会を果たす。 虚弱で自己肯定感が低いが、頭脳明晰で発想力に優れ、人々を結ぶ輪を広げていく才能を持つ少女エキナセア。 まだ、かろうじて幸せだったころでした。 フライア・ディールスはヴェッセル王国に住む公爵令嬢。 第一王子であり王太子であるイーノク・ヴェッセルと婚約をしており、順風満帆な人生を歩んでいる……はず、だった。 しかし、フライアが十五歳のある日。 王国の住む一人の男爵令嬢が光の魔力に目覚めた。 それがきっかけで、イーノクはフライアを蔑ろにするようになり、毎日のようにその男爵令 嬢シンディの元へと通い詰めるようになる。 仕事を放り出すということからフライアの仕事は増えるばかり。 それでも、必要とされるのならば。 そう思っていたフライアだが、イーノクはフライアを利用するだけ。 その結果、いつの間にか貴族たちはフライアのことをこう呼んでいた。 ** これは、お飾り王妃と呼ばれた女性が一度目の人生のようにならないために行動していると、隣国の公爵令息に溺愛されていたというお話。 「私はもう、貴女たちのためになんて動かないわ」 「自分の人生、自分のために生きてみせる!」 日刊ジャンル別ランキング(異世界恋愛) 最高52位 ある日、突然、とある理由で異世界に転移させられたのは二十四歳OLのジュリ。 仕事は順調、忙しいけれどブラックじゃなかったし、彼氏と別れて一年なるけど友達や会社の先輩と合コンしたり飲み会したり、結構充実してたのに。 【彼方からの使い】とか言われる異世界人として、あれ? もしかしてチートとかいうやつ?! と思ったら。 え? 【スキル】も【称号】もないの? あるのは?【技術と知識】。 うん、よくわからない。 悶々とした感情を抱えて日々を過 ごすけれど、あることを境にようやく馴染み始めた生活が大きく変わっていくことに。 元OL、ジュリが『ものつくり』で異世界を逞しく楽しく気ままに生き抜くお話です。 不気味な笑い、妙なこだわり、ちょっと強気な性格で、我が道爆進します。 チートなのか、そうでないのかわからない、そんな彼女の周りはちょいちょいチートが出没します。 なるべくそういった話にならないようにするつもりですが進むにつれて連続して出てくる可能性もあるのでご了承ください。 広き心でお読みいただければ幸いです。 HJネット小説大賞2019 受賞しました。 本当にありがとうございました。 2020年書籍化予定です。 2028年4月 今日も俺はダンジョンに潜っている。 高木 海斗は アルバイトがわりに毎日ダンジョンに潜っている。 貧弱ステータスのモブキャラ海斗は毎日スライムを狩って、せっせと小遣稼ぎをする探索者。 人呼んでスライムスレイヤー LV3。 以前、調子に乗ってゴブリンに挑戦して、ボコボコにされ命からがら逃げ出した過去がある。 スライムスレ イヤー LV3 の海斗がいつものようにスライム狩りをしていると見たこともない 金色のスライムが現れ、撃退するとそこにはサーバントカードと呼ばれるレアアイテムが残されていた。 貧弱モブキャラのダンジョン冒険活劇になる … かも知れません。 まさか本当にこんなことになってしまうなんてな。 確かに少子化は深刻な問題だけど、何でよりにもよって今年からだったんだ......。 まぁ、ひと昔前からの不況で本当に日本の人口減少が冗談にならないレベルでやばいのかもしれないけれど。 本当に何で今年から.......。 『早期婚活促進プログラム』 これはこの国が全国の高校生たちに義務付けた今年から施行の糞制度。 全国の恋人のいない高校生たちは、この制度によって各学校ごと に勝手にランダムで仮恋人契約を結ばされてしまう。 そして次々と建設されていく国営の寮へと収容されて同居を義務付けられる様になった ほんと何で俺が高2に上がると同時にこんな糞制度が.......。 それに2カ月毎に相手が変わっていくこの制度だけど、何で俺の相手はよりにもよって超絶美人ばっかりなんだ....。 『最悪、よりにもよって何であんた。 激萎え。 』 『絶対に変なことだけはしないでね。 』 『私があんたのことを好きになることは未来永劫ないから覚えておきなさい。 』 『んー、次に期待かな。 』 うん..... そうなるよな。 今まで異性にモテたことのない俺とは身分が、カーストが違いすぎる。 本当にストレスがやばい。 こんなことを言うのも失礼中の失礼だけど、俺も友達のカズみたいにモテない身分にあったモテそうにない女性をペアに...... まぁ結局、最後は皆優しくしてくれる様になるんけどな。 きっとまだこの後も学校生活は続くし、また他で関わることがあるかもしれないと円満に終わらせようとしてくれているんだろう。 だから俺も彼女たちの配慮を尊重して綺麗に終わらせてあげる。 「ねぇ、だからさ。 お願い。 わかってるよね.......。 太一郎」 あぁわかっている。 そう円満にお別れだ。 え? もうすぐ始まる3学年では女性側からペアになりたい男子を指名できる指名制度が実施される? あぁ、それ全く俺には関係のない制度だ。 知らん。 どうでもいい。 とりあえず次の相手は誰だろうか.....。 「はぁ..... 考えるだけでまた胃が。 」 くっ...... いつになったら恋人本契約を結び、この糞法から抜け出せるんだ。 やっぱり卒業までのあと一年我慢しかないか..... はぁ 死んだはずの俺の魂が異世界転移に巻き込まれて、挙句の果てに異世界転生。 半端じゃない魔力を誰かに利用されそうだから、隠してみる。 でも自分でも使えるようになりたいから、特訓もする。 剣を貰ったから腕を磨いて、魔法も使ってみたいから教えてもらえる人を探そうかな。 って、話せる精霊と出会うなんて予想外…… 強くなりたいから街まで行って、成り行きだけど冒険者(見習い)にもなって、やっぱり知りたいこともたくさんあるから街を出て学生になったり、 誰かを助けたり、守るために戦ったり。 **** こんな転生に意味があるのか、前世と同じぐらい生きてみても分からなかった。 だけど、思い知る。 もし、俺が転生した意味があるとするのならば、彼らを救うためだったのだと。 **** 不定期更新です。 中学3年のある放課後丸山 和人は以前、告白をされた漆畑 楓と言う生徒を呼び出し告白をした。 しかし・・・それは最初から俺を貶めるための罠だった。 丸山は結局まんまと罠にはまり最終的に誰にも相手にされない孤独を生きることになった。 だが、丸山はそんな地獄の日々を見事やり抜きやっと高校生活を送ろうとしていた。 しかし、平穏な日々はこなかった。 ・・・・・・・・ なんと、同じクラスにあの忌々しい彼女にそっくり過ぎる白崎凛と言う 女子生徒が現れた。 しかも彼女は俺のことを知り初恋相手だと言い、休み時間に突然クラス全員に聞こえる声で、告白をしてきた。 これは、そんな丸山が描く3年間のものの青春ラブコメである。 そのかりそめの婚約者であり、「鉄の伯爵」と呼ばれる謎の男。 男爵令嬢のアンジェは外交官である父達と外国で幸せに暮らしていた。 ところが帰国後、突然の父の死により、後見人となった叔父に領地も財産も取り上げられ、小さな双子の弟妹を抱えながら、みすぼらしい貧乏生活を余儀なくされる。 それでもアンジェはくじけず に得意の語学を生かし翻訳で生活を支えていた。 しかし叔父はそんなアンジェを厄介払いする為に歳の離れた老貴族との縁談を決めてしまう。 あまりの仕打ちに絶望するアンジェだが、その前に現われたのは国の英雄と評判の『鉄の伯爵』のあだ名を持つエインズワース伯爵。 アンジェの父の遺言で伯爵はアンジェに婚約を申し込む。 絶対絶命のアンジェはその手を取り、彼のかりそめの婚約者となる。 貧乏暮らしから一転、華やかな暮らしがはじまり伯爵は献身的にアンジェを支える。 その優しさに、アンジェは彼に心惹かれはじめる。 だけど伯爵の態度は謎めいていて……。 5月25日に発売です】 王立学園の卒業パーティーで公爵令嬢であるセレスティーネは、婚約者である王太子レトニス殿下から突如婚約破棄を告げられた。 わけがわからないセレスティーネは理由を尋ねるが、レトニスから、わからないおまえは、人として欠陥があると言われショックを受ける。 しかも、王太子の傍らには子爵令嬢の姿が。 何故!どうして!と憤るセレスティーネの背に突然剣が突き立てられた。 結局理由がわからない まま、セレスティーネは息絶えた。 十五年後、セレスティーネは伯爵令嬢として生まれ変わった。 悪役令嬢の自分の生は終わったのだから今度は平穏にと思った彼女だが、なんとまたも自分は悪役令嬢だった。 Eランクで調合師関係でいつも薬草採取の仕事をしているゼンは他のギルドの連中からは、ストレスの捌け口として置かれていた。 しかし、依頼の途中でゼンは国宝級である『蘇生の薬草』をたまたま手に入れる。 ヒロインたちである、『崋山烈火』というSランクのクランの4人の美女も、同様ゼンをただのゴミだと思っていた。 しかし、彼女たちは邪神との戦いでギリギリ封印に成功するが 、邪神の最後の足掻きとも言えよう魔法に彼女たちには死が迫った。 しかし、メンバーの1人の咄嗟の判断で転移魔法を詠唱し、違うところへと転移した一同だが、転移したさきで力尽きてしまう。 そこを偶然通りかかったゼンが彼女たちを自分の職業でもある調合師を一杯活用し、また『蘇生の薬草』も使用し、1年がかりで全員を治す。 その行為に彼女たちはゼンに恋をしてしまう。 そして、その人柄故に彼女たち以外もゼンに恋をしてしまうそんな物語。 Eランクである俺がSランクたちからの熱烈な求婚がすごいのだが......。 「僕は、死ななければならない」 前世の記憶を理解したルーファスは、自分がかつてプレイした乙女ゲームのラスボスだと気付く。 世界を救うには、死ぬしかない運命だと。 しかし闇の化身として倒されるつもりが、事態は予期せぬ方向へと向かって……? 「オレだけだぞ。 他の奴には、こういうことするなよ!」 無表情で無自覚な主人公は、今日も妹と攻略対象を溺愛する。 今にわたしが、真の恐怖というものを教え込んでやるから な。 けれど不穏な影があった。 人の心に、ルーファスは翻弄されていく。 萌え死と戦いながら、ルーファスは闇を乗り越えられるのか!? ヒロインは登場しません。 アルファポリスにも掲載。 Bランク冒険者のスパーダは、ある日パーティーからクビを宣告される。 パーティーを追放された事で、食費に消える大金を満足に得られる事が出来なくなったスパーダ。 そんな死活問題に頭を悩ませ途方に暮れていると、「スーちゃん」と彼を呼ぶ幼馴染のリンゼという少女が現れる。 なんと彼女はSラ ンク冒険者になっており、昔の弱弱しい面影はすっかり消え去っていた。 「わ、私Sランク冒険者になったよ! だから、結婚してスーちゃん!!」 「……は?」 唐突に求婚されたスパーダ、当然断るが彼はまだ知らなかった。 割と数が増えてきたので、この辺りでまとめを作ってみようと思いました。 私は物心ついた時から、いや、恐らく物心つく前から、スパンキング系統が好きでした。 同じ様に暴力が入っていても適度な戦闘もの等はRタグをつけなくても許される感じですが、スパンキング・お仕置き系統はRタグが無条件につけられている気がします。 私自身は行き過ぎたエロやグロ・暴力を入れない限 りRタグをつけないようにしています。 何故なら、私と同じ様な嗜好を持つ若い人達にも安心出来るサイトで作品を見たり読んだりして欲しいからです。 欲求が爆発して危ないサイトを覗くよりも、安心出来る場所で欲求を発散させた方が遥に安全・健全だと思ったからです。 今後は、スパンキング系統の作品を書いたら、単発で投稿すると同時にこのまとめの方にも加えていくつもりです。 目次のタイトルと投稿作品のタイトルは同じものです。 上から投稿順となっております。 お好きな物語を選んでお読み下さい。 そういうものが苦手な方や、嫌悪感を抱く方は、閲覧ご注意下さい。 その他の全作品は『pixiv百科事典』に同タイトルで投稿している作品です。 2014年7月10日、エンジニアの安田誠二はJL869便で成田から商用で北京へ向けて飛び立った、 しかし北朝鮮の海州沖を飛行中突如機体は爆発し誠二は機体もろとも京畿湾の藻屑と消えた。 再び誠二が気が付いたとき、そこは何と四百年前の朝鮮文禄の役の真っ只中にあった。 本小説は「江戸に落ちたエンジニア」のシリーズもの、今度は戦国期に落ちた物語です。 主人公の誠二は黒田長政らに助けられ持てる技術を駆使し朝鮮を生き抜く、やがて秀吉死後の騒乱と化し た日本で黒田官兵衛・長政父子を助け、関ヶ原で勝利した東軍大将 徳川家康の軍勢と天下を賭け琵琶湖湖畔で激突する。 (本小説は2015年に一度投稿した小説の一部内容を編集したものです) 世界にダンジョンが現れて30年。 今やダンジョン探索士は当たり前の職業となっていた。 うだつの上がらない探索士である只野一人は、ガチャが具現化する能力【スキルガチャダス】を偶然手に入れる。 自分でガチャを引くことも出来るが、他人にも引かせる事が出来る事に気付いた只野は一回一万円でガチャを引く権利を販売する事に。 レアリティに応じて魔法やスキル、ステータス向上などの恩恵が得られるガチャは大好評。 客にガチャを引かせた売上金で自分自身もガチャ を引き、どんどん強くなる只野。 金と力を手に入れた只野は資金を元手に、夢のS級探索士を目指す。 応援ありがとうございます。 その者は、己の前世の記憶を持っていた。 王位継承権を巡る政争にて、側室の子であるからと真っ先に貴族諸侯から見限られた第三王子。 その護衛役として役目を全うした女騎士としての記憶を所持したまま転生を果たした者が、いた。 そんな彼女が転生したのは生前と同じ世界。 それも、己が死んだその直後に赤ん坊として再び生を受けていた。 今度は、伯爵令嬢————フローラ・ウェイベイアとして。 17を迎えた誕生日。 生家から半ば強制的に国王陛下の甥にあ たる公爵殿の花嫁選びの為に開催されるパーティーに参加しろと言いつけられ王宮に向かう事になってしまったフローラ。 今生は平凡に生きるんだ、などと考える彼女であったが、王城に向かったその瞬間、平凡に生きられたであろう未来は見事に歪んでしまう。 何がどうあってか、知らないうちに国王陛下まで上り詰めていた元護衛対象による執着心によって。 アルファポリス でも連載しております。 書籍化決定しました!! いつもありがとうございます 人• 理由は単純、弱いから。 強くなろうと思い、なんでも願いを叶えてくれるという悪魔を召喚した。 悪魔はその願いを叶え、二人は夫婦となる。 童顔低身長のショタ高校生、一ノ瀬一和。 彼はある日同学年のギャルJK、犬飼織姫と出会う。 ひょんなことから織姫の頼みを聞くことになった一和。 「あたしのさ、ペットになってよ」 「……はい?」 ほぼ成り行きで織姫のペットになった一和。 その日から一和を待ち受けていたのはギャルJK織姫にこれでもかと可愛がられまくる毎日だった。 「よろしくわんこ!」 「やっぱ可愛いなあわんこは!」 「カワイ~!」 「あり がとね、わんこ!」 こうしてペットになったショタ高校生と飼い主になったギャルJKの日々が始まる。 しかし一和をペットにしたいのは一人だけでなく……? ショタ男子がペットとしてひたすら可愛がられる毎日が始まる。 これはペットのショタ男子と飼い主のヒロインによる激甘ラブコメ。 よろしくお願いします! 悪友に誘われ新しくVRMMOゲーム、インフィニティ・ワールド・オンライン、通称IWOを始める主人公。 ロマンを求めて選んだスキルはクソビルド?それが転じて最強職? これは適当に初期設定をしたせいで最強職になってしまった主人公が我が道を行き、周囲を巻き込んでゆく物語である。 主人公のアイン15歳の少年は、【鑑定士】という、物を鑑定する以外に能のない不遇職。 ある日、ダンジョンで、仲間の失敗によってモンスターの大群に襲われる。 一人置き去りにされたアインは、奈落へと落ちる。 そこでアインは、地下深くに生える特別な木 ・【世界樹】の精霊と、それを守る賢者に出会う。 彼女らの力を借り、アインの鑑定能力は超進化。 全てを見切る【神眼】を手に入れる。 敵の動きを完璧に見切り、つけば即死の相手の弱点を見破り、相手の使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする。 最強の力を身につけ、アインは地上へ脱出し、第二の人生を送るのだった。 異世界へ拉致された主人公。 新しい魔物を創ったり、予想外な成長に困惑したり。 世界樹の愚痴を聞いたり、なだめたり。 世界樹のため、世界のため、世界樹の治療と環境改善を目指し、迷宮はどんどん大きくなる。 そんなお話。 ---------------------------------- -------------- 始めは少々危険な場面がありますが、ダンジョンが成長してからはその様な場面は少なくなり、周りの生物の方がダンジョンに抗う感じになります。 俺TUEEEならぬ、ダンジョンTUEEEもの。 チート能力ならぬ、チートダンジョンの予定。 (チート能力者が居ないとは言っていない) ---------------------------------------------------- 初投稿です。 暖かい目でみてください。 最低でも週1投稿を目指します。 異世界なのだから、元の世界の常識が当てはまらなくても、おかしくないのでは? をコンセプトに、スキルやら魔法やらの仕組みを表現できたらと思っています。

次の