フォートナイト 二段階認証 小学生。 うちにあるSwitchはユーザーが4人登録してあり、フォートナイトをそれぞれや...

フォートナイト 二段階認証をせがまれたときの注意点

フォートナイト 二段階認証 小学生

フォートナイトというゲームが小学生の間で大人気です。 私の小学4年生の息子もハマっています。 息子が、「まいぜんシスターズ」のゲーム実況をyoutubeで観るのが好きで、フォートナイトの実況動画も一緒に観たことがあったので、「フォートナイトやってみたいんだけど」と息子に言われた時も「いいんじゃない?」と気軽にOKしました。 フォートナイトは建築要素が加わったバトルロワイヤルゲームで、まいぜんシスターズがわりとほのぼの系なこともあり、別に問題があるとは思いませんでした。 「自分のおこづかいで買うならいいよー」という私に、無料でダウンロードできるよと言うので、ビックリ。 そのかわり、任天堂スイッチでオンラインゲームをするにはお金がかかるということで、なるほどそっちでお金をとるのか…と思っていたのですが… 私もずっと勘違いをして、「Nintendo Switch Online」に加入していたのですが、このブログを読んだ方から、 フォートナイトは無料でオンラインプレイできるとご指摘いただきました。 フォートナイトは有料化対象外でした! (この記事を読んだことがきっかけで、「Nintendo Switch Online」に加入した方がいらっしゃいましたら、私の無知のために大変ご迷惑をおかけしてしまいました。 深くお詫び申し上げます。 ) 息子がフォートナイトで遊ぶようになってから、 ボイスチャットしたいだの、 課金したいだの、今までしたことのないことを次々と言い出しはじめ、あらららら~という感じです。 フォートナイト、子供に許可するにはいろいろと問題があったようで…。 この記事は ボイスチャットに問題はないのか 息子がフォートナイトで遊び始めると、なにやら見知らぬ子供の声が聞こえてくることから、ボイスチャットなるものを知りました。 ヘッドフォンとマイクをつけると、同じチーム内で会話できるのですね。 我が家にはヘッドフォンマイクはなかったので、会話には参加していませんでしたが、暴言をはく子供もいて、感じが悪い。 息子も嫌な思いをしたこともあるようですが、そのうち「学校の友達とボイスチャットで遊びたい」と言うようになりました。 息子も見知らぬ相手と話すのは嫌なので学校の友達限定だと言うし、夫も「仲間同士で作戦をたてながらゲームをしたほうがグッと面白くなるのはわかる」と理解を示したので、ボイスチャットを許可しました。 現実の友達だけならばOKかと ボイスチャットの良いところとして• ヘッドフォンをすると音のする方角がわかり、敵を見つけやすくなる• 仲間に敵の存在を知らせることができる• その他、いろいろと作戦を話し合える• 友達同士でワイワイ楽しめる ということがあるらしく、フォートナイトで遊ぶ楽しみが倍増するようです。 現実の友達とのみプレイするならば、特に問題ないかなと思っています。 誰かの家に集まらなくても一緒に遊べるので、非常に便利な機能といえます。 現実では知らない人と「フレンド」になってボイスチャットをするのは、心配ですね。 ネット上の友達ができて、それが良い人ならばプラスにもなるでしょうが、そんなのわからないですし。 子供のふりをして大人が紛れ込んでいる可能性もないとはいえませんし。 個人情報は話さないように…と注意していても、油断してうっかりということもあり得ます。 長時間プレイしたくなる危険は大 フォートナイトはかなり楽しいらしく、ボイスチャットなしでもハマるようですが、お友達とプレイしていると、途中で抜けづらいという面もあるようです。 引き止められることもあれば、友達が遊んでいると自分もまだ遊びたくなったり…。 自分のフレンドがゲームをはじめたり、youtubeを観たり、オンラインに繋ぐと状況がわかるというのもなんだかな~と思います。 初めのころは、一緒にゲームをするのが楽しくて楽しくて、かなり気をとられていました。 我が家では、平日はゲームは1時間以上しないという約束でしたが、やたらと時間オーバーするようになり、「ゲーム1週間禁止!」と腹を立てたこともたびたび。 「友達のところはそんなに厳しくないのに」などと息子は不満げでしたが、「ママも子供の楽しみを奪うようなマネはしたくないんだよ。 でも、イヤホンの使い過ぎは耳に悪いし、ゲームのしすぎは目にも脳にも悪いから、それを守ることのほうが大事なんだよ」というようなことを話すと、息子にも気持ちは伝わったようでした。 それでも、「もう少しでやめるから」と言い訳しつつ、時間オーバーしたりしています。 ゲーム禁止にすると数日はものすごく良い子だったりしますが、またすぐに時間を忘れますね…。 もうボイスチャットはやめさせようかなと思ったりもしましたが、一緒にプレイしているお友達の親も長い時間ゲームをしているのを黙って見逃しているわけでもないようで…。 子供たちの間でも親の目が厳しくなってきたので気を付けようという雰囲気にはなってきたようです。 子供にだって、 他にやらなくてはいけないことがあるのはわかっているし、 他にやりたい遊びもある。 たいていの子はそうじゃないかなと思います。 とはいえ、ゲームをしていると1時間は結構あっという間なので、ついオーバーしてしまう気持ちもわからなくはないです。 ちょっと甘いですが、ギチギチに厳しくはしていません。 課金は必要なのか 息子に課金したいと言われたときには、「ダメに決まっているよ」と即答しましたが…。 許しました。 フォートナイトは無料で遊べるゲームです。 ただ、2~3か月ごとに変わるシーズンで「バトルパス」というものがあり、これがあると遊びの幅が大きく変わるようです。 1000円くらいで購入できます。 息子に、いかにバトルパスが魅力的な代物であるか力説され、確かに欲しくなるのもわかるなと納得しました。 私はフォートナイトに興味はありませんが、自分もプレイするならば絶対に欲しくなるでしょう。 おこづかいの使い道としては悪くないと思います。 勉強や習い事やお手伝いをがんばったご褒美としても、ちょうど良いかなと思います。 というわけで、息子の貯金箱からお金をもらい、私がクレジットカードで決済するという方法で購入しています。 それ以外に、どうしても欲しいエモート(プレイヤーのダンス)があって、課金したことがあります。 800円くらいでした。 息子がマネして踊っている姿は実に楽しそうで、幸せな感じです。 課金1ヶ月1000円程度なら許容範囲かなと思っています。 課金がエスカレートする心配は? 誕生日プレゼントに現金がいいとか課金を増やしたいなどと言われたら、断固拒否するつもりでしたが、うちの子の場合は大丈夫でした。 「次のシーズンのバトルパスはどうしようかな?やっぱりあったほうがいいかな?」と悩んでいるくらいなので、問題なさそうです。 息子の話では、総額数万円にもなっているお友だちもいるそうです。 小学生なのに、どこからそんなお金が…。 息子の友達の中には、課金をしすぎてお母さんに禁止され、自分では欲しい物を買うことができなくなったので人に頼んで買ってもらおうとする子もいるらしいです。 「二段階認証」をしている場合はフレンドにプレゼントすることができるのでそれを利用するそうですよ。 小学生も高学年になると悪知恵が働くようになってきますね…。 うちの息子も「お金払うからお願い」と頼まれたそうですが、断らせました。 私自身は最近Switchは全然使っていないのですが、子どもはどんどんいろいろなことを始めるので、親もしっかり学ばないといけないですね。 年齢制限について フォートナイトが15歳以上を対象にしていると知り、小学生がプレイするのはまずいのではないかと思いましたが、大人が監視できるならば問題ないと思っています。 一応バトルゲームなことと、ボイスチャットができたり、課金システムがあったりと注意が必要なので、年齢制限がついているのだと思います。 (あくまで私個人の感想です) 幼稚園児や小学生が読む「コロコロコミック」に情報が載っているくらいですし、内容に危険はないかと。 確かに、フォートナイトは中毒性のあるゲームのようですが、親と子供の心がけ次第かなと思い、我が家では遊ばせています。 プロコンは必要? 息子が、フォートナイトするにはプロコンのほうが使いやすいので欲しいと言い出し、「サンタさんに頼めば~?」などと答えていましたが、ジョイコンが壊れて非常に使いづらい状態になってしまったので、純正ではなく中国製の安いものを購入することにしました。 プロコンのほうが、かなり操作は楽なのだそうです。 たとえ非純正でも。 それから、任天堂スイッチでボイスチャットをするとき、我が家では初めの設定にとまどいました。 同じヘッドセットをお使いの場合、このような記事もあります。 さいごに 子供がボイスチャットを始めて1年が経ったので追記です。 まだまだフォートナイトに飽きる様子もなく、学校のお友達と楽しくプレイしています。 コロナ対策で休校が続いておりますが、ボイスチャットで毎日友達と会話ができているので、ずっと家にこもっているストレスもかなり軽減されているようです。 ボイスチャット仲間がたくさんいてくれて良かったな~と思っています。 最近、下の記事を読んでくださる方が多いので、みなさん運動不足解消法を探しているのかな~と思います。 よろしければ、こちらの記事もお読みください。

次の

フォートナイトの年齢制限、日本では何歳?SwitchやPS4で注意することは?

フォートナイト 二段階認証 小学生

どんな問題があるのかな? 問題点1 課金システムがある! 基本は無料のゲームですが、お金をかければ、見た目を自分の好みに変えることができます。 ただし、 課金したからと言って、強くなるわけではありません。 また、すでに課金している人は、シーズンが変わるごとに「シーズンパス」を購入することになります。 不安があるなら、課金ができないように設定しよう! このようなオプションは1,000円くらいから買えます。 子どものお小遣いでも十分手に届く範囲かもしれません。 フォートナイトをやり続けていると 自分独自のキャラクターを持ちたい、とか コスチュームなど見た目にこだわりたい、とか 子どもたちが憧れる気持ちも分かります。 けれど、親が逐一チェックする余裕がない、課金が怖い、など 不安に思う方は、 課金ができないように設定しましょう。 基本は 無料でも十分に楽しめるゲームです。 親御さんがきちんと管理をできるのなら、 必要性を感じた時にだけに課金を許してあげるのもいいかもしれませんね。 問題点2 知らない人と簡単に「フレンド」でつながれる! フォートナイトには、「フレンド申請」というシステムがあります。 「フレンド申請」が来て、承認すると、「フレンド」になり、一緒に遊ぶことができます。 小4の長男も実際、ゲーム終わりに無意味にボタンを連打しているうちに 知らないうちにフレンド申請を承認してしまった(!)ようで 実際の友達ではない人と「フレンド」になってしまっています。 今のところ何もアクションがないので放置していますが、 引き続き注意が必要だと思っています。 「フレンド」は実際の友達とが安心! 長男も学校や習い事の友達と、「フレンド」になっています。 そして「デュオ」(二人組)や「スクアッド」(四人組)で グループを組み、一緒に戦って楽しんでいます。 問題点3 「ヴォイスチャット」でトラブルになる? フォートナイトでは、ヴォイスチャットができます。 マイクやヘッドセットを着用し、ゲーム中に相手と会話ができるのです。 会話をするには、マイク付きのヘッドセットが必要ですが、 相手がしゃべっている声や、周りの銃撃音や足音を聞くだけなら、 iPhone付属のイヤホンや、100円ショップで売っているイヤホンでも大丈夫です。 ヴォイスチャットのリスクは二つあります。 しかし、あらかじめルールを決めておく必要があります。 個人情報は絶対にしゃべらない! 特に知らない人とヴォイスチャットをやる場合、 名前や住所を聞かれても絶対にしゃべらないように しっかりと子どもに伝えておきましょう。 相手を傷つけることは言わないようにしよう! 普段はおっとりしている、我が家の長男ですら ゲームが佳境に入ってくると姿勢も前のめりになり、 目がギラギラ、獲物を狙うハンターのようになります。 一人でも多くの敵を倒したい。 優勝したい。 撃ちあったり防御したりしながら、子どもたちも興奮してしまうようです。 どんな状況や結果になったとしても、 ヴォイスチャットで相手を傷つけることを口走らないように気を付けましょう。 問題点4 子どもが攻撃的になる? フォートナイトは 対象年齢が15歳以上になっています。 実在する銃器を使って敵を倒していきますが、 血しぶきが出たり目を背けたくなったりするような、残虐なシーンは一切出てきません。 キャラクターも、子ども受けするようなかわいらしいものから ゴツくて格好いいものや、健康的な女性らしいものまで、多種多様です。 そのため、対象年齢問わず日本をはじめ世界中の子どもたちも参戦し、 戦闘を楽しんでいるようです。 とは言え、やはり生き残りをかけたバトルロイヤルゲームですから、 子ども達も熱くなりますし、 銃で撃つマネをしたりするかもしれません。 我が家でもゲームが終わった後は、 小4の長男と小2の次男、未就学児の三男まで一緒になって 家の中でフォートナイトごっこをして遊んでいます。 仮面ライダーやスーパー戦隊の武器を手に、 壁に身を隠したり、「ポーション」(劇中に出てくる復活の薬)を飲んだり、 ぴょんぴょん飛んだりしています。 (フォートナイトではまっすぐ歩くだけでは敵に撃たれやすいので、 ぴょんぴょん飛んで銃撃をかわします。 その真似です。。 ) 過激な言動はしないよう、見守りましょう! 先のヴォイスチャットでも同様、「ぶっ殺す」とか「死ね」とか 小学生の男の子にもなるとそんな言葉も出てくるかもしれません。 あまりにも過激な言動が出てきたらそこは親の出番。 しっかりと注意しましょう。 問題点5 熱中しすぎてエンドレス状態になる? フォートナイトのゲーム時間は、 どこまで勝ち残れるかにもよりますが、大体 15分~30分程度です。 長男は何度も優勝していますが、いつも20分くらいで終わっています。 大人のもっとハイレベルな戦いになってくると、30分くらいかかるそうです。 フォートナイトはなかなかゲームの辞め時が難しいようです。 勝った時は「よし、次も!」となるし、 負けた時は「次こそは!」となるし、 親の管理が行き届かない子は、それこそ時間無制限にエンドレスでやっています。 また、子ども同士が「フレンド」になって 「デュオ」(二人組)や「スクアッド」(四人組)で戦っていると、 ますます自分だけ先に辞める、というのは勇気がいることのようです。 そのためフォートナイトは「中毒性が高いゲーム」と言われることもあります。 一日のゲーム時間を守って戦おう! 長男もそうしていますが、 学校の友達と「今日フォートナイトを何時からやろう」と約束するときは あらかじめ自分のゲーム時間を伝えておくといいかもしれません。 親の管理の元、楽しくゲームができるといいですね。 それゆえ、フォートナイトは子どもに悪影響を与える、という人もいます。 しかし、 ルールを守れば子どもでも楽しく遊ぶことができるのも事実です。 前回記事 のように、実際に子どもに良い結果をもたらすこともあります。 うちならどうするのか? 親としてどこまで認めるのか、譲歩するのか、 あるいは 絶対にしてはいけないことは何なのか、 など、ゲームを始める前にしっかりと方針を決めておくのが良いと思います。 ルールをしっかり決めて、楽しく遊びましょう。

次の

うちにあるSwitchはユーザーが4人登録してあり、フォートナイトをそれぞれや...

フォートナイト 二段階認証 小学生

少し前から LINEでのイジメなどが取り上げられていますが、 通信ゲームでのトラブルも問題となっています。 私たちが子供のころとは異なり、最近は 通信ゲームでお友達と遊ぶ小学生が増えているのです。 しかし、私たちの時代にはオンラインゲームがなかったこともあり、通信ゲームの仕組みがわからない親御さんも多く、 「どんなトラブルが起こっているの?」 「うちの子は巻き込まれていない?」 など、気づきにくいですよね。 そこで、今回は通信ゲームの中でも無料で遊ぶことができ、小学生の中で爆発的に流行っているオンラインゲーム「フォートナイト」について、• そもそもどんなゲームなのか• 親に内緒で課金できる方法について• オンラインゲームについての注意点 を、中心にまとめました。 FORTNITE(フォートナイト)はどんなゲーム? FORTNITE(フォートナイト)は、 15歳以上対象の バトル系オンラインゲームです。 無料でダウンロードできるため、基本的には無料で遊ぶことができます。 プレイ方法• プレステ4(プレイステーション4)• Xbox One• スイッチ(Nintendo Switch)• スマホ(iPhone・Android)• タブレット(iPhone・Android)• パソコン(Windows・Mac) さまざまな媒体で遊ぶことができます。 どの媒体を使っても無料でダウンロードすることが可能で、中でも 任天堂Switchを使っている人が多いようです。 ゲーム内容「バトルロイヤル」 ゲーム内容は、「ある大きな島に最大100人のプレイヤーが集まり、そこで敵を倒して、最後の1人になれば勝利!」というものです。 1人で島へ行くモードもありますが、人気なのは、お友達とチームを組んで(最大4人)島へいき、最後の1チームを目指すものです。 お金を得ないと、ゲーム配信元は、開発費や運営費が補えません。 そのため、ほとんどの無料配信ゲームでは、 「基本的なプレイは無料でできるけど、その上を目指すには「 課金アイテム」が必要」というシステムをとっています。 フォートナイトも例外ではなく、さまざまな課金アイテムがあります。 課金しなくても遊べるけど、ずっと遊んでいると、かっこいい武器や武器の色、スキン(アイコン)が欲しくなるんです。 ボク、誕生日プレゼントに「バトルパス」が欲しい! ということだったので、11歳のお誕生日プレゼントにバトルパス(2,800円)を購入しました。 バトルパス シーズン期間中(70日間)は、そのシーズンの経験値(1~100)を上げればアイテムがどんどん貰えます。 課金しなくても貰えますが、バトルパスを買うとアイテムがたくさんもらえるんです。 つまり、上の画像のように経験値7まで進んだ場合、• 課金なし:アイテム3つ• バトルパスを購入:アイテム14つ となります。 バトルパスには、950円と2,800円のものがあり、2,800円のものだと経験値(ティア)が25からスタートできます。 課金の危険性 私は課金には反対ではありませんが、子供が課金する場合は、「親に相談したうえで、お小遣いの範囲で払える分であるならば」という条件がつきます。 というのも、子供だけでなく大人にもいえることですが、オンラインゲーム課金の場合は、• お金を使ったという感覚がない• 買ったものがバーチャルなので本人以外にはわかりにくい• トラブルに巻き込まれやすい などの危険性があるからです。 また、親のスマホやタブレットを使ってプレイしている場合は、簡単に課金できる可能性もあります。 「うちは課金させないし、クレジットカード登録をしていない任天堂スイッチで遊んでいるから大丈夫」ではないんですよ! フォートナイトの「ギフト」 フォートナイトでは、 「ギフト」として 課金アイテムをお友達に送ることができるんです。 そのため、課金しているのがお友達にバレると、• くれくれフレンズが増える• 代理購入をたのまれる などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。 くれくれフレンズ• お友達と仲良くしたい• 気になるお友達の気をひきたい• 人気ものになりたい などの理由からか、お友達にギフトをあげるお子さんもいます。 1つ500円~2,000円くらいするものを、お誕生日プレゼントとかではなく無条件でお友達にあげるのは、やりすぎだと思いますし、物をあげることで手に入れたお友達は、物をあげなくなったときに離れていくのではないかなぁ。 と心配です。 ただ、これは各家庭でのルールがあると思うので難しいですね。 私が小学生のころも、お友達からおもちゃを貰う。 奢ってもらう。 という問題はありました。 ただ、おもちゃを貰った場合は、貰った側の親が気づくことが多いですが、 オンラインギフトは、もらった側の親が気づかない場合がほとんどです。 たとえ、 自分の子供は課金していなくても、もしかしたら、 お友達からもらっている可能性もあるんです! 課金していることが他のお友達にバレ、学校で「オレにも買ってくれや」と迫られる。 なんてことも実際にあったようです。 自分のお子さんが、1,000円近くするものを何度もお友達からもらっている(場合によっては、たかっている)ことに、気づいていない親御さんは多いと思います。 代理購入 「お小遣いは持っているけど、課金はさせてもらえない」というお子さんであれば、ギフトを送ることができるお友達に代理購入をしてもらうことも可能です。 つまり、「うちは課金させていません!」と言っても、課金しようと思えばできるんです。 楽しくオンラインゲームをするために 課金は悪いことではないと思います。 お金の大切さ• 課金のルール などを話し合うよい機会だと思います。 スマホの使い方だけでなく、オンラインゲームとの向き合い方もしっかり親子で話し合っておきましょう。 そして、 あなたはまったく興味ないとは思いますが、 子供が楽しんでいるものがどんなものか、気にしてみるのも大事です。 私は、「15歳以上対象のバトルゲームなんて、小学生が遊ぶものではない」と思っていたのですが、「ゲームと現実の違いをしっかり学び、ルールを守って遊ぶのであれば、まぁ仕方がないのかな」と思うようになりました。 何もかも禁止するのではなく、うまく利用するのも大事です。 フォートナイトで自主勉強 うちでは朝から晩までやれ フォートナイトだ フォートナイトだ フォートナイトだー!とあまりにはまっているので、フォートナイトを使って自主勉強をするように仕向けてみました。 月に2回くらいからのスクールもあり、楽しく勉強することができますよ。

次の