志麻 さん の レシピ 本。 タサン志麻さん(家政婦)の料理依頼方法や料理教室は?レシピ本も紹介!|ココアのマーチ

やっぱり美味しい志麻さんの料理!「鶏のニンニククリーム煮とニンニクご飯」を作ってみたら激ウマでした。

志麻 さん の レシピ 本

自宅でもさぞかしすごい作り置きをしているのでは!? と思ったら、 「自宅では作り置きはしていません。 まとまった時間もありませんし、作り置きってけっこう大変じゃないですか(笑)。 我が家は仕事から帰って30分以内にちゃちゃっと作って、家族みんなで食べるのが基本です。 新刊では、私がプライベートで食べているレシピを初公開しています。 短時間の調理でもおいしく作るのに欠かせないと思うポイントや、これは省いてOKという部分をテクニック写真つきでわかりやすく紹介しています」(志麻さん)。 2.まな板に塩・こしょうして肉をのせ、肉の上面にも塩・こしょうする。 3.強火で熱したフライパンに油をひき、肉を1分ほど触らずに焼き色をつける。 4.肉をひっくり返して1分ほど触らずに焼き色をつける。 5.アルミホイルに取り出して包み、肉汁を落ち着かせる。 6.フライパンににんにくを入れ、弱火で炒め、焼き色がついたら皿に取り出しておく。 7.フライパンに温かいごはんを入れ、おたまの背でごはんを広げながら炒める。 8.香りづけのしょうゆを鍋肌に回しかけ、塩・こしょうを少々加えて味をととのえる。 9.器にごはん、水菜、切ったステーキを盛り、アルミホイルにたまった肉汁をかけ、にんにくをのせる。 「作り置き」よりもカンタンでおいしい! 志麻さんの自宅レシピシリーズ(全3回) 第1回 第2回 第3回 タサン 志麻 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。 その後、日本の有名フランス料理店等で15年働く。 2015年にフリーランスの家政婦として独立。 家事代行マッチングサービス「タスカジ」で定期契約顧客数がナンバーワンとなり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになった。 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、クール最高視聴率を記録。 現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理に腕をふるうほか、「つくりおきマイスター養成講座」の講師や料理教室、食品メーカーのレシピ開発などでも活動。 フランス人の夫と子どもと3人で暮らす。

次の

タサン志麻の料理レシピや本が凄い?結婚した夫(旦那)や年収を調査!

志麻 さん の レシピ 本

ESSE2018年9月号で、レシピなしでつくれるごはんを紹介したところ「毎日がラクになった」との声多数。 忙しい人が気負いなくつくれる料理が求められているようです。 今回ご紹介するのは、どんなキッチンでも、どんな材料でも、即興でおいしい料理をつくる伝説の家政婦・志麻さんによる、レシピなし料理への道です。 タサン志麻さんの料理法はレシピなしの出たとこ勝負。 そんな料理の極意を教えてもらいました。 「訪問先によって食材も環境もそれぞれだから、レシピどおりになんてまず無理。 それにレシピがあることで、かえって『そのとおりにつくらなければ』と思い込んでしまうから、料理を気軽に楽しめなくなってしまう。 家庭料理は、本来はもっとアバウトでいいはずなんです」 おいしいプロの味を家庭で再現してくれると話題の志麻さんですが、フランスの家庭料理の大らかさを知って、その調理法はどんどんシンプルになったとか。 基本的な考え方さえ知っておけば、「細かな計量などは手放していい!」と断言します。 「今回お伝えする8つのポイントを活用してみて。 「洋食はニンニクや唐辛子を効かせればイタリアンに。 まな板に先に塩をふっておくとラク!「下味をしっかりつければ、あとからいろいろな調味料をたさなくても、味が決まります。 塩はいつもの1. 「メインは肉に塩をふって焼くだけ、つけあわせはゆで野菜かサラダ、と考えれば簡単に。 肉に塩をふる分、野菜は薄味でOK。 「日々の料理がマンネリ…」なんてときも、このワザを覚えておけば怖いものなし! 食材もムダにせず使いきれます。 量の感覚がつかめない人は「いつものマグカップにここまで入れると1カップ」というように、身近な道具に代えてみて。 そこでおすすめなのが、トマト缶とコンソメを入れて、洋風にアレンジすること。 家族も驚きのひと皿に!」 いつものトマトを、薄~く輪切りにして大皿に盛りつければ、なんだかフレンチの前菜みたいな雰囲気に。 著書に(扶桑社刊)などがある.

次の

志麻さんの激うまナポリタンの作り方レシピ「沸騰ワード10」

志麻 さん の レシピ 本

タスカジの「伝説の家政婦」として先陣を切ってテレビで活躍し始めた 志麻さんですが、2017年後半から破竹の勢いで知名度を上げているのが マコさんです。 志麻さんとマコさんをちょっとだけ比較。 「特別なディナー」志麻さん 志麻さんは元フレンチレストランの料理人で、家にある食材と調味料で 星付きレストランの味を作り出してくれます。 「ふだんの食卓」マコさん 一方、マコさんは 元保育園勤務の栄養士さんで、 子どもが食べやすい料理を大量に作ってくれます。 マコさんは「 ビニール袋を使った調理」というスゴ技を持っていて、ビニール袋を使った「 セミ真空調理」でワンランク上の簡単おいしい料理を、なんと3時間で平均25品! 品数だけなら志麻さん(3時間で平均17品ほど)以上です。 レシピ本『 』は大好評。 志麻さんのレシピ本レビュー 処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』. この本の特徴 志麻さん初のレシピ本。 いつもの冷蔵庫の食材が 少ない食材と最低限の調味料で誰でも一流レストランの味とメニューが再現できます。 特別な日のパーティ料理にはもってこいでした! ゲストの評判も良くって、ママの株も上がった気がします。 私が一番好きだったレシピ 『 農家の野菜スープ』です。 実はヨーロッパには「農家の~」と名のつく料理がけっこうあります。 「農家の~」レシピでは 野菜がたくさんとれるので子どものことを考えて折に触れレシピを集めているのですが、この志麻さんの『農家の野菜スープ』は 絶品でした。 何度も作りたくなる味で、慣れれば冷蔵庫の中の残り物に合わせて入れる野菜をちょっと変えても良さそうだしリピ決定です! この本のイマイチなところ この本は「 冷蔵庫にあるもので短時間においしくできるプロのプロセスのコツ」がつまっている本です。 レシピだけでなくプロの調理の プロセスのコツを紹介。 タスカジの仕事は3時間なので、3時間の間に初めて見る 冷蔵庫の食材を一瞬でみわけ、メニューを組み立て、調理の手順を考えるというプロセスを追体験できます。 この本には「 残りは後で〇〇に使う」や「 〇〇で使った残りの人参を」などとアドバイスが添えてあります。 料理が苦手な私にはこのアドバイスが ふだんの買い物のときにとても役立っていますが、母は「私はふつうのレシピが並んだ本がいいわぁ〜…」と言っていました。 ごちゃごちゃしていてレシピが見にくいのだそうです。 この本がおすすめな人 志麻さんのことを知ってる人。 ちょっと面倒に感じても「志麻さんのレシピならやってみたい! 」と思える人。 塩の使い方 志麻さんが教えてくれる 塩の使い方は必見! 3時間で平均して17品を作り出す 志麻さんの神業レシピが詰まった1冊で、冷蔵庫に残りがちな食材を使った「 残り物使い切りメニュー」やキャベツ一つで5品の料理を作る「 食材使い切りレシピ」のほか、志麻さんが番組内で 芸能人宅で作った料理のレシピも掲載。 『沸騰ワード10』の番組公式レシピ本。 私が一番好きだったレシピ この本の タンドリーチキンは絶品です。 タンドリーチキンは最近テレビでもよく見るし、「タンドリーチキン風」とか「タンドリー風味」のレシピも多いですよね。 何度か作ったことがありますがいつも微妙。 志麻さんのタンドリーチキンは別格で 子どもに大大大好評! 「また作ってね! 」と言われたので「今度は一緒に作ろうよ」と言ってみると、料理なんてしたがらなかった息子も「うん!! 」と即答。 うちは 子どもの食育にも一役買ってくれました。 この本のイマイチなところ 写真の 画質がイマイチでしょうか。 なんとなく美味しく見えません。 テレビのイメージが残っているので期待値が高すぎるのかもしれません。 調味料の表記に「塩を適量」という表現が散見されます。 個人的に お塩の量だけは「適量」はやめてほしい。 メニューに ルーを使わないハヤシライスや ガパオライスなども載っていますがうちでは頻繁には作らない料理だし、特に 「毎週作りたい! 」と思うほどでもありませんでした。 あと、ちょっと 手間がかかるでしょうか。 私は志麻さんを知っているので「志麻さんの作り方だからやってみよう」と思えますが、志麻さんを知らない方なら「こんな手順を踏まなくても美味しく作れるのに」と思うかもしれません。 この本がおすすめな人 『沸騰ワード10』で志麻さんのスゴ技 を見てた人。 番組で料理本出してる芸能人たちが「へぇ〜! 」「わぁー! 」連発してた志麻さんの活躍は痛快でしたもんね。 あの志麻さんレシピが再現できます。 志麻さんの料理を「 手間をかけずに」を押し出した1冊。 前作が少し面倒だったので、その不満に対応したのでは…などと邪推してしまいます。 私が一番好きだったレシピ 個人的に好きだったのがどんな魚介にも合いそうな 魚介のためのソースです。 ずっと作りたかったけど上手に味が決まらなかったソースをマスターできた気がします。 子どもに一番ウケたのは ポトフでした。 私はずっと「ポトフはどんな食材でもどんな作り方で そこそこ食べられるものができる簡単料理」だと思っていましたが、 志麻さんのコツを使えば まったく違う料理になりました。 ポトフは野菜がたくさんとれるので、ポトフの味がワンランク上がると 子どもたちの野菜の摂取量もぐんと上がって嬉しい! うちの定番料理になっています。 この本のイマイチなところ. 志麻さんは元料理人のフランス人お義母さんをリスペクトしているようなので、勝手に「お義母さんの影響なのでは…」なんて思っているのですが、全体的に(レシピが、ではなく)内容が 欧米寄り気がします。 ふつうに「 オーブンに入れておくだけ」料理が並んでいますが、うちにはそもそもオーブンなんてないし(電子レンジのオーブン機能は過去の苦い経験から封印中)…。 コンフィなどの料理も子育て世代には使い勝手が悪く感じます。 そもそも油料理はそれほどしたくないし、せっかく油であげるならコンフィよりも 鶏の唐揚げの方が子どもに喜ばれるので。 この本がおすすめな人 料理が得意で、志麻さんのスゴさを知っている人。 私は志麻さんのいつものレシピをさらに手軽に挑戦できます。 「作りおき四天王」• 洋風作りおきの志麻さん• 子どもウケ抜群レシピの元保育園勤務栄養士のマコさん• 和風作りおきの元介護施設勤務栄養士のKotoさん• お酒のつまみ料理の元小料理屋の女将たーちゃんさん 私が一番好きだったレシピ この本は「 食材5つで献立をどう広げるか」というコンセプトがすごく良かったです。 レシピの前にテーマになる5つの食材が紹介されていて、5つの食材を用意しておけば 何食か分の料理が一気に作れます。 作り方も 写真付きで丁寧に紹介されていて読みやすいし分かりやすいし、和洋中に子ども向けとおつまみ系で、 家庭料理のジャンルと年齢層を全体的にカバーしているので 料理苦手ママに嬉しいレシピ本だと思います。 この本のイマイチなところ 食材5つを使い回すというコンセプトのせいか、作り方が写真付きで丁寧に紹介されているからか、 レシピ数は多くありません。 メニューも一般受けするものばかりで、どれも「 どこかで見た料理」ばかり。 コンセプト以外の目新しさはあまり感じられません。 料理ができる方には得るものは少ないかも。 この本がおすすめな人 私のような 料理苦手ママ。 作っても作っても「料理の腕が上がってる」という実感が得られない私みたいな人。 お料理に苦手意識がないのなら、こちらがおすすめです。 このレシピ本は何品か作っただけで、ワンランクもそれ以上もレベルアップできるほどの小さなコツが満載です。 何度も作ってマスターしたい料理だらけです。 また、志麻さんのちょっと手の込んだレシピを少し手軽に気軽に挑戦できる1冊でもあります。 (志麻さんを知って入ればこの本のレシピの「手軽さ」が分かりますが、一般的なレシピ本に比べて手軽さをウリにするほど手軽ではないので志麻さんを知らない人には「手軽さも微妙、レシピの日常使いも微妙…」と感じられるかも) タスカジで働く? いいかも! タスカジは現在求人募集中! 家事代行マッチングサービス「タスカジ」はテレビによる知名度アップも追い風になって完全に人手不足。 新しい「伝説の家政婦」たちを募集しています。 副業に無料登録が大人気 タスカジのスタッフ登録は 完全無料です。 一度、登録しておけば働きたくなった時にすぐに働けるので「無料登録」自体が人気急上昇中。 主婦として 自分が今までやってきた家事と育児がそのまま仕事のスキルとして生かせるのが人気の理由。 さらに 働く場所も時間も頻度も仕事内容も自分で自由に決められるため子育てと両立しやすく、 最高時給2,100円という高条件、 1回3時間勤務と決まっていてガッツリ稼げるので人気急上昇中。 「タスカジ」のおすすめ本 タスカジの作りおき本 「作りおき四天王」マコさん 家庭で(セミ)バイリンガルを目指す英語子育てに今やオンライン英会話は必須! こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の