豊臣 秀吉 政策。 太閤検地とは?豊臣秀吉が行った目的と理由をわかりやすく解説

豊臣秀吉

豊臣 秀吉 政策

尾張国守護代に連なる織田弾正家に正室の子として誕生した信長とは対照的に、尾張国愛知郡中村郷で足軽の子という低い身分に生まれたのが秀吉。 信長の下で手柄を挙げ、地位を手に入れ、本能寺の変後には 天下人にまでなりました。 二人とも戦国時代の三英傑に名を連ねていますが、あまりにも生まれも育ちも違う二人になります。 きっと考え方や国に対する政策なども違っていたのでしょう。 今回は 政治・政策の観点から信長と秀吉を見てみましょう。 スポンサーリンク 織田信長の政治・政策• 「座」を廃止し誰でも自由に商売をすることが出来るようにした。 曖昧だった貨幣の価値を明確にして円滑に流通する様にした。 数多くあった関所を廃止し、人や物が行き来しやすいように道路も整備した。 大津や草津、堺といった物流の拠点となる場所を支配下においた。 身分や人種に関係なく優秀な人材は積極的に登用した。 拡大した領地に家臣を配置し、隣国の警戒にあたらせた。 信長がキリスト教を迫害しなかったのは、火薬をつくる材料を円滑に手に入れるためだったとも言われています。 また、南蛮渡来の珍しい物も手に入れ、軍事力も安定して大好きな目新しい物まで手に入るという一石二鳥だったようです。 また、一向一揆鎮圧や延暦寺焼き討ちなどから仏教を嫌っていたと思われがちな信長ですが、一方では寺院の保護もしています。 当時、僧の中には酒や女に溺れ、横暴の限りを尽くしていたものも多くいたようで信長はそのようなことを嫌っていたようです。 破天荒な性格の信長ですが、必要ない物は廃止、求められているから制度化するといった非常に合理的な考えの下、政治を行っていたことがわかりますね。 スポンサーリンク 豊臣秀吉の政治・政策• 従来の荘園制度を廃止、全国の農地の収穫高を調べさせて課税制度を見直し、その土地で耕作する農民も決められた 太閤検地。 農民の一揆を抑えるために農民たちが持っていた武具を没収した 刀狩。 武士が町人や商人、百姓など他の身分になることを禁じ、また百姓が職人や商人などになることを禁止。 知行改めを行い下剋上抑止。 各国内にある小さな城や砦を壊してしまうことで一揆や反乱の拠点とならないようにした 一国一城。 国替えを行い、国を治める大名と農民・商人等が強く結びつくことを防止。 その後、軍は引き上げる。 徳川家康、毛利輝元、宇喜多秀家、上杉景勝、前田利家による最高機関「五大老」の合議制で政治を整え、さらに五大老からの命令を受けて実際に行政を行う前田玄以、浅野長政、増田長盛、石田三成、長束正家による「五奉行」を編成。 伴天連追放令を出して、キリスト教の宣教師たちに国外に出ることを命令、ただし貿易は続けた。 二人の政策における大きな違いは、信長が自由主義を基に政治を行ったのに対して、秀吉は税制改革や身分制度などの取り決めをしっかり行いました。 現在は仕事を自由に選択でき、国際化社会と呼ばれるほど様々な国の人と交流し、海外で活躍する人も増えてきました。 また、貨幣の価値は明確にされ、土地にもきちんと所有者がおり、税もおそらく適切に徴収されています。 そう考えると現在の政治の元は二人の政策の「良いとこ取り」なのかもしれませんね。

次の

豊臣秀吉さんの政権を幕府と呼ばないのはなぜなのでしょう

豊臣 秀吉 政策

豊臣秀吉 とよとみひでよし。 旧織田家の筆頭家老・柴田勝家 しばたかついえ を倒し、織田家筆頭家老に就任後、 小牧 こまき ・長久手 ながくて の戦いで、 織田信雄 おだのぶかつ ・徳川家康連合軍に対して、 有利な和睦条約を突きつけて勝利を収めることになり、 天下人としての大きな一歩を踏み出すことになります。 また公家衆の関白職の争いを収める為自らがこの問題に介入して関白職に就任。 こうして名実ともに天下人になった豊臣秀吉。 彼は天皇の名の元に天下の諸大名へ「総無事令 そうぶじれい= 大名間の争いをやめさせる目的の政策 」を発令することになります。 こうして着々と天下を静謐にすることを目的とした統一事業を推進。 今回は彼の天下を静謐することを目的とした事業として、 歴史の教科書にも記載されている「刀狩り」についてご紹介していきたいと思います。 センゴクを100倍楽しむ全記事一覧は 関連記事: 刀狩りの本当の目的とは 秀吉が発令した真の刀狩りの目的。 それは一揆の防止でした。 百姓達の武装勢力として戦国時代で勢いを持っており有名な団体といえば、 根来衆 ねごろしゅう や雑賀衆 さいかしゅう 達と言えるでしょう。 彼らは武士ではなく鉄砲の操縦技術を有した百姓達である反面、 他国の大名に雇われて戦に参加。 戦に参加することで高額な報奨金を得ていた傭兵団のような存在でもありました。 秀吉は紀州を拠点として活動していた根来衆・雑賀衆達を討伐するべく、 紀州征伐を行います。 この戦いは秀吉軍の圧倒的な兵力の前に傭兵団である根来衆・雑賀衆が、 秀吉と和睦することで決着がつくことになるのです。 秀吉は彼らと和睦を結んだ時に刀狩り令の原型を条件に組み込んでおります。 その内容は自らに抵抗してきた百姓達の命を許す代わりに、 鉄砲・刀・槍等を放棄して百姓らしく田畑を耕して生きていくことが条件でした。 この条件を飲んで根来衆・雑賀衆は和睦に応じるのです。 このように戦国時代では上記のように 根来衆・雑賀衆は傭兵団みたいな存在でしたが、 村々に武器を有しており、 領主や大名に対して不満があれば一致団結して反乱を起こしておりました。 秀吉は百姓達から武器を取り上げることによって彼らが農業に専従することを促し、 年貢を大名や領主達へしっかりとおさめることで、 年貢収入を経済の基盤とする目的としておりました。 刀狩りにはもうひとつの意味があるのではないのか「レンの私見」 もう一つ刀狩りには大きな目的があったとレンは考えます。 それは農業専従者である百姓と 戦闘のプロフェッショナルである武士との区別をしっかりと行うための兵農分離が、 目的ではないのでしょうか。 上記でもご紹介しましたが百姓達の武装反乱が各地で起きていた戦国時代ですが、 武士も反乱を起こしていることがしばしばありました。 しかし百姓達が主導で反乱を起こしたのか。 それとも武家が主導で主君に対して反乱を起こしたのか、 明確な区別がなかなか付けることができずにおりました。 明確な判断ができないとなれば、誰を罰すればいいのかわかりません。 そのため秀吉はこれら反乱を起こす者達の区別をはっきりとするため、 刀狩りを行い武器を百姓達から取り上げることで、 反乱を起こした武家と百姓達をしっかりと区別する意味合いもあったのではないのでしょうか。 これら二つが刀狩りの真の目的でした。 刀狩りの様子とは 刀狩りは上記のような真の目的と建前上の二段構えの目的を持って、 発令されることになります。 では百姓達はこの命令に素直に頷いて武器を差し出したのでしょうか。 今回は刀狩りの様子を伺ってみましょう。 宣教師であるルイス・フロイスが示した「日本史」という書物には、 刀狩りが行われた九州の大名である有馬 ありま 家の様子が記されております。 「日本史」によると刀狩りを行う役人は村々に対して 「おーい。 刀・槍・弓・鉄砲など武器を持っている家はちゃんと差し出せよ。 もし差し出さなかったら家宅捜索するからな。 」とちょっと緩めですが、 しっかりとプレッシャーもかけて命令を布令しております。 こうして役人の前に色々な武器達が勢ぞろいしていくことになりますが、 もし差し出すことに協力しなかった百姓にはガチで家宅捜索が行われることになります。 役人達は差し出さなかった百姓の家に出向いて家宅捜索を行い、 武器を見つけると没収していったそうです。 有馬家ではこの刀狩りを行った結果、1万6千の武器が回収されたそうです。 かなりの武器を百姓達が有していたことになりますね。 また全国各地で行われたこの政策によって没収された武器は数十万になったそうです。 ではこの没収した武器は一体どこに消えていったのでしょうか。 刀狩りによって没収された武器達の行方は?? さて秀吉の政策によって百姓の村々から没収された武器達。 これらの武器は一体どこに消えていくのでしょうか。 一部は秀吉が刀狩りの建前となっていた方広寺建立に消化されていったと考えられます。 方広寺に大きな大仏を建立するため、かなりの量の鉄が必要であったことは間違えなく、 百姓達から回収した武器を溶かして使用していたと思われます。 戦国史ライター黒田レンの独り言 さて秀吉が行った刀狩りによって集められた武器達は一体どこに行ったのでしょうか。 レンは日本全国の百姓達からかき集めた武器全てを大仏建立に使用したのかという点に 疑問を持っております。 それはなぜか。 何十万もの武器を方広寺の大仏建立や方広寺の釘に使用するなんて、 豪華好きの秀吉にしてはいかにもケチではありませんか。 大阪城築城の時や聚楽第を建築した時にはあんなに金をぶち込んだにも関わらずです。 そこでレンが考えた回収した武器の使い道として、 次の戦のために使用するであろう鉄砲の弾に使ったのではないのでしょうか。 秀吉は天下統一事業が完成すると朝鮮半島に向かって兵を送り込んでいきます。 この時に秀吉は刀狩りで回収した武器の中で、 あんまり価値のないものや釘として使えない武器達を集めて、 鉄砲の弾薬として使用したのではないのでしょうか。 かなり突飛な話ですが、 朝鮮半島を従属させていた中国の明とやり合うにはそれなりの軍勢と武器・弾薬が、 準備されてなくては勝てないと思うからです。 ちょっとずれているかもしれませんが、筋が通っていないわけではないと思います。 皆さんは刀狩りで回収された武器達が一体どこに消えてしまったのか。 どのようにお考えになられますか。 参考文献 新星出版社 豊臣秀吉 榎本秋著など はじめての三国志: 関連記事: 関連記事: —古代中国の暮らしぶりがよくわかる—.

次の

織田信長と豊臣秀吉

豊臣 秀吉 政策

豊臣秀吉 とよとみひでよし。 旧織田家の筆頭家老・柴田勝家 しばたかついえ を倒し、織田家筆頭家老に就任後、 小牧 こまき ・長久手 ながくて の戦いで、 織田信雄 おだのぶかつ ・徳川家康連合軍に対して、 有利な和睦条約を突きつけて勝利を収めることになり、 天下人としての大きな一歩を踏み出すことになります。 また公家衆の関白職の争いを収める為自らがこの問題に介入して関白職に就任。 こうして名実ともに天下人になった豊臣秀吉。 彼は天皇の名の元に天下の諸大名へ「総無事令 そうぶじれい= 大名間の争いをやめさせる目的の政策 」を発令することになります。 こうして着々と天下を静謐にすることを目的とした統一事業を推進。 今回は彼の天下を静謐することを目的とした事業として、 歴史の教科書にも記載されている「刀狩り」についてご紹介していきたいと思います。 センゴクを100倍楽しむ全記事一覧は 関連記事: 刀狩りの本当の目的とは 秀吉が発令した真の刀狩りの目的。 それは一揆の防止でした。 百姓達の武装勢力として戦国時代で勢いを持っており有名な団体といえば、 根来衆 ねごろしゅう や雑賀衆 さいかしゅう 達と言えるでしょう。 彼らは武士ではなく鉄砲の操縦技術を有した百姓達である反面、 他国の大名に雇われて戦に参加。 戦に参加することで高額な報奨金を得ていた傭兵団のような存在でもありました。 秀吉は紀州を拠点として活動していた根来衆・雑賀衆達を討伐するべく、 紀州征伐を行います。 この戦いは秀吉軍の圧倒的な兵力の前に傭兵団である根来衆・雑賀衆が、 秀吉と和睦することで決着がつくことになるのです。 秀吉は彼らと和睦を結んだ時に刀狩り令の原型を条件に組み込んでおります。 その内容は自らに抵抗してきた百姓達の命を許す代わりに、 鉄砲・刀・槍等を放棄して百姓らしく田畑を耕して生きていくことが条件でした。 この条件を飲んで根来衆・雑賀衆は和睦に応じるのです。 このように戦国時代では上記のように 根来衆・雑賀衆は傭兵団みたいな存在でしたが、 村々に武器を有しており、 領主や大名に対して不満があれば一致団結して反乱を起こしておりました。 秀吉は百姓達から武器を取り上げることによって彼らが農業に専従することを促し、 年貢を大名や領主達へしっかりとおさめることで、 年貢収入を経済の基盤とする目的としておりました。 刀狩りにはもうひとつの意味があるのではないのか「レンの私見」 もう一つ刀狩りには大きな目的があったとレンは考えます。 それは農業専従者である百姓と 戦闘のプロフェッショナルである武士との区別をしっかりと行うための兵農分離が、 目的ではないのでしょうか。 上記でもご紹介しましたが百姓達の武装反乱が各地で起きていた戦国時代ですが、 武士も反乱を起こしていることがしばしばありました。 しかし百姓達が主導で反乱を起こしたのか。 それとも武家が主導で主君に対して反乱を起こしたのか、 明確な区別がなかなか付けることができずにおりました。 明確な判断ができないとなれば、誰を罰すればいいのかわかりません。 そのため秀吉はこれら反乱を起こす者達の区別をはっきりとするため、 刀狩りを行い武器を百姓達から取り上げることで、 反乱を起こした武家と百姓達をしっかりと区別する意味合いもあったのではないのでしょうか。 これら二つが刀狩りの真の目的でした。 刀狩りの様子とは 刀狩りは上記のような真の目的と建前上の二段構えの目的を持って、 発令されることになります。 では百姓達はこの命令に素直に頷いて武器を差し出したのでしょうか。 今回は刀狩りの様子を伺ってみましょう。 宣教師であるルイス・フロイスが示した「日本史」という書物には、 刀狩りが行われた九州の大名である有馬 ありま 家の様子が記されております。 「日本史」によると刀狩りを行う役人は村々に対して 「おーい。 刀・槍・弓・鉄砲など武器を持っている家はちゃんと差し出せよ。 もし差し出さなかったら家宅捜索するからな。 」とちょっと緩めですが、 しっかりとプレッシャーもかけて命令を布令しております。 こうして役人の前に色々な武器達が勢ぞろいしていくことになりますが、 もし差し出すことに協力しなかった百姓にはガチで家宅捜索が行われることになります。 役人達は差し出さなかった百姓の家に出向いて家宅捜索を行い、 武器を見つけると没収していったそうです。 有馬家ではこの刀狩りを行った結果、1万6千の武器が回収されたそうです。 かなりの武器を百姓達が有していたことになりますね。 また全国各地で行われたこの政策によって没収された武器は数十万になったそうです。 ではこの没収した武器は一体どこに消えていったのでしょうか。 刀狩りによって没収された武器達の行方は?? さて秀吉の政策によって百姓の村々から没収された武器達。 これらの武器は一体どこに消えていくのでしょうか。 一部は秀吉が刀狩りの建前となっていた方広寺建立に消化されていったと考えられます。 方広寺に大きな大仏を建立するため、かなりの量の鉄が必要であったことは間違えなく、 百姓達から回収した武器を溶かして使用していたと思われます。 戦国史ライター黒田レンの独り言 さて秀吉が行った刀狩りによって集められた武器達は一体どこに行ったのでしょうか。 レンは日本全国の百姓達からかき集めた武器全てを大仏建立に使用したのかという点に 疑問を持っております。 それはなぜか。 何十万もの武器を方広寺の大仏建立や方広寺の釘に使用するなんて、 豪華好きの秀吉にしてはいかにもケチではありませんか。 大阪城築城の時や聚楽第を建築した時にはあんなに金をぶち込んだにも関わらずです。 そこでレンが考えた回収した武器の使い道として、 次の戦のために使用するであろう鉄砲の弾に使ったのではないのでしょうか。 秀吉は天下統一事業が完成すると朝鮮半島に向かって兵を送り込んでいきます。 この時に秀吉は刀狩りで回収した武器の中で、 あんまり価値のないものや釘として使えない武器達を集めて、 鉄砲の弾薬として使用したのではないのでしょうか。 かなり突飛な話ですが、 朝鮮半島を従属させていた中国の明とやり合うにはそれなりの軍勢と武器・弾薬が、 準備されてなくては勝てないと思うからです。 ちょっとずれているかもしれませんが、筋が通っていないわけではないと思います。 皆さんは刀狩りで回収された武器達が一体どこに消えてしまったのか。 どのようにお考えになられますか。 参考文献 新星出版社 豊臣秀吉 榎本秋著など はじめての三国志: 関連記事: 関連記事: —古代中国の暮らしぶりがよくわかる—.

次の